December 23, 2010

スカイプCEO、世界的なシステム障害の現況・原因を語る:Skype CEO Tony Bates - update on Skype downtime


Skype CEO, Tony Bates, spoke to Om Malik about the massive outage the service experienced yesterday. It seems that "a handful of Windows clients failed and set off a chain reaction that brought down Skype." He looks exhausted...


昨日世界的にスカイプが繋がらなくなった件で、トニー・ベイツCEOがGigaOMのオム・マリックに現況を説明した。

サービスは80%復旧したようだ。気になる原因だが、なんでも「片手で数えられるぐらいの少数のWindowsクライアントに障害が起こり、それがチェーンリアクションを引き起こし、スカイプ本体がダウンした」そうだ。

原因は分かっているので再発しないよう対策もできる、「メガ・スーパーノード」の導入に余分なコストはかからない、迷惑をかけたユーザーには返金する、詳細はまた追って、ということだ。

さすがに憔悴し切ってるなぁ…。

---

First explanation posted on Skype blog yesterday;
昨日公式ブログに出た最初の説明;
Some of these computers are what we call ‘supernodes’ – they act a bit like phone directories for Skype. If you want to talk to someone, and your Skype app can’t find them immediately ... your computer or phone will first try to find a supernode to figure out how to reach them.

Under normal circumstances, there are a large number of supernodes available. Unfortunately, today, many of them were taken offline by a problem affecting some versions of Skype. As Skype relies on being able to maintain contact with supernodes, it may appear offline for some of you. - Skype
スカイプは、従来の電話やIM(インスタント・メッセージ)ネットワークのようなネットワークではなく、稼働するために何百万ものコンピュータや携 帯電話同士の個々の接続に依存しています。いくつかのコンピュータは、我々が「スーパーノード」と呼んでいるもので、これらはスカイプにとって電話帳に似 たような働きをします。もし、ユーザーが誰かと話したいと思い、スカイプのアプリケーションがその人をすぐに探せない場合(例えば、異なる場所やデバイス から接続している場合など)、ユーザーのコンピュータや携帯電話は彼らを探す方法を探るために、まず、このスーパーノードを探そうとします。

通常の状態であれば、多くのスーパーノードが使用可能状態にあるのですが、本日は、多くのスーパーノードがいくつかのスカイプのバージョンに影響を及ぼす障害によって、オフライン状態になってしまっています。スカイプはスーパーノードとの接続状態で使用できるため、何人かのユーザーの方々にはオフラ インと表示されているかもしれません。現在、スカイプではこの障害を解決するために、エンジニアが新しい「メガ・スーパーノード」を早急に作成しているところです。―Skype日本語ブログ - 本日のスカイプの障害について

UPDATE:
Now stabilized. 復旧。




[GigaOM]

December 21, 2010

ヒットラーもタイム「今年の人」だった:Hitler was TIME's Man Of The Year in 1938


1927 Charles Lindbergh, solo flight across the Atlantic (c) TIME
チャールズ・リンドバーグ/NY-パリ大西洋単独横断飛行

1930 Mohandas Gandhi (c) TIME
モハンダス(モハトマ)・ガンジー/独立運動指導者

December 19, 2010

タイム「今年の人」受賞挨拶にジュリアン・アサンジ乱入の巻:SNL - Julian Assange vs. Mark Zuckerberg



hahaha... Julian Assange, Readers' Choice for TIME's Person of the Year 2010, interrupted Mark Zuckerberg's 'Person of the Year' thank-you message on last night’s Saturday Night Live.

米タイム誌が、読者投票トップのウィキリークス創始者ジュリアン・アサンジを置いて10位のフェイスブック創始者マーク・ザッカーバーグを「今年の人」に選んだが、その授賞の挨拶をするザッカーバーグにアサンジが突然割り込む設定のコメディ(動画上)が夕べ深夜番組サタデーナイトライブで流れて、ちょっとした話題だ。日本からは観れないかな…。

Bill Hader's Julian Assange (c) SNL
豪邸でスコッチやりながらムワハハハと笑う
ビル・ヘイダー扮するアサンジ
[Transcripts]

MZ: Hi, I'm Mark Zuckerberg. On Tuesday afternoon, I was named as a TIME magazine's Person of the Year. Well, this is a great honor for me. I could not have accomplished it without half a billion users to make Facebook a social network...

JA: Hello again. It's me, Julian Assange. He-ll-o... So, you may have heard that I was released from British prison on bail on Thursday. It's nice. Tonight, I want to take a moment to congratulate Time Magazine on the excellent selection of Mark Zuckerberg as Person of the Year. Time Magazine always on the cutting edge, discovering Facebook only weeks after your grandmother.

What are the differences between Mark Zuckerberg and me? Let’s take a look. I give you private information on corporations for free and I’m a villain. Zuckerberg gives your private information to corporations for money and he’s man of the year.

Thanks to Wikileaks, you can see how corrupt governments operate in the shadows and lie to those who elect them. Thanks to Facebook, you can finally figure out which Sex and the City character you are. I'm a Samantha, but if the Swedish police ask, I'm a Charlotte.

If you want to make a movie about Mark Zuckerberg, you’ll have to make stuff up to make it interesting. If you want to make a movie about me, just to rate it R, you’ll have to leave stuff out.

TIME chose Mark Zuckerberg for a Person of the Year because he was the more dynamic choice. Let's check back in with him.

MZ: ...and I think we can all agree that's an algorithm for fun! hahaha...

JA: In conclusion, a final reminder that no matter how I die, even if there's a video of me peacefully dying of natural causes, it was murder. And here's a status update; Democracy is dead. Happy Holidays.



MZ:  どうも、マーク・ザッカーバーグです。火曜午後タイム誌の「今年の人」に選ばれちゃいました。いやーこんな名誉なことありませんね。これもひとえにご利用くださる5億人のみなさんがFacebookを今のようなソーシャルネットワークにしてくれたおか…

JA:  ヘローアゲイン、僕だよ僕、ジュリアン・アサンジ、わすれちゃったかな~? ムワッハハハハ(笑) もうみんな聞いたと思うけど木曜イギリスの刑務所から無事保釈されちゃいました。やっぱり外はいいね。さて今夜はマーク・ザッカーバーグを「今年の人」に選んだタイムの英断に心から祝辞を述べたいと思ってこうして出てきましたよ。いやーやっぱり常に先端を走るタイム・マガジンだけのことあるね、みんなのばあちゃんの耳に入ってたった数週間でフェイスブックの存在に気づいたんだからな~。

マーク・ザッカーバーグと僕の違いは何か? 

僕は企業のプライベートな情報をみんなに無料で提供する、悪者。ザッカーバーグはみんなのプライベートな情報を企業に有料で提供する、パーソン・オブ・ザ・イヤーだ。

ウィキリークスのお陰でみんなは政府が裏でどれだけ腐敗したことをやってて、彼らを選んだ国民にどれだけ嘘ついてるか知ることができる。フェイスブックのお陰でみんなは自分が「セックス・アンド・ザ・シティ」のどの登場人物に当てはまるかやっと知ることができる。ちなみに僕はサマンサ。スウェーデン警察に聞かれたらシャルロットかな。ムワッハハハハハ。

マーク・ザッカーバーグの映画を作ろうと思ったら、いろいろ話を作らないと面白くならない。僕の映画はありのまんまでR指定だ。ムワッハハハハ。[...]

最後にひとつ。僕がどういうかたちで死のうと ―たとえ安らかに自然死する僕の映像があったとしても― それは殺人だと思ってくれ。ステータスアップデートはこう。

「民主主義は死んだ。ハッピー・ホリデイズ」

Julian Assange on TIME cover, Dec 13, 2010


Time's reader's choice poll results
タイム読者オンライン投票結果





1Julian Assange ジュリアン・アサンジ
382026
2Recep Tayyip Erdogan トルコ首相
233640
3Lady Gaga レディー・ガガ
146378
4Jon Stewart and Stephen Colbert スチュワート&コルベア
78145
5Glenn Beck グレン・ベック
91746
6Barack Obama バラク・オバマ
27478
7Steve Jobs スティーブ・ジョブズ
24810
8The Chilean Miners チリ坑夫
29124
9The Unemployed American 失業中のアメリカ人
19605
10Mark Zuckerberg マーク・ザッカーバーグ
18353


UPDATE: 同じ動画。こっちは日本から見れるかな…?


[Hulu via Forbes]


December 18, 2010

クリスマスの絵本のiPadアプリが明日まで無料だよ~ん:moglue offering iPad app 'Twas The Night Before Christmas' for free now

Moglue is offering its first iPad app 'Twas The Night Before Christmas' ($2.99) on http://bit.ly/e2UXS3 for free 'till tomorrow (PT).  It supports English, Korean, and Japanese. Chinese and iPhone & Android versions are coming in January.

Moglue is a startup that provides 'an interactive ebook building platform which enables anyone to create interactive ebook easily and quickly.'  Its founder, TaeWoo, (who sat next to me at RealTime CrunchUp last year) e-mailed me to tell that he had just got an investment from GS SHO. Sounds like a good start.


moglueのiPadアプリ「Twas The Night Before Christmas」($2.99、日・韓・英対応)が今なら無料でダウンロードできるそうです。セールは明日日曜(西海岸時間)まで。

moglueは、誰でも簡単に素早くインタラクティブなeブックが作れるプラットフォームを提供するスタートアップで、これが記念すべき第1作目。中国語版、iPhone、Android版も来月出るそう。創業者のTaeWooさんの話だとGS SHOって会社から投資もついたってよ? 

去年リアルタイムクランチアップで隣に座ったよしみで先ほどメールで教えてくれたのだけど、まあ、無料だし耳寄りかなーと。うまくいくといいね。

公電漏えい容疑者ブラッドリー・マニングの地獄:WikiLeak's Alleged Leaker Bradley Manning in Hellish Solitary Confinement

Bradley Manning, alleged leaker of secret government documents to WikiLeaks, turned 23 in jail Friday.  His attorney told Daily Beast's Denver Nicks that those are the books on his birthday and Christmas wish list;


Decision Points, by George W. Bush
Critique of Practical Reason, by Immanuel Kant
Critique of Pure Reason, by Immanuel Kant
Propaganda, by Edward Bernayse
The Selfish Gene, by Richard Dawkins
A People's History of the United States, by Howard Zinn
The Art of War, by Sun Tzu
The Good Soldiers, by David Finkel
On War by Gen. Carl von Clausewitz
- Bradley Manning's Prison Hell |- The Daily Beast

But his condition seems to be deteriorating.  As Salon's Glenn Greenwald reported on Wednesday, he's been sitting in a solitary confinement for seven straight months already.
Since his arrest in May, Manning has been a model detainee, without any episodes of violence or disciplinary problems.  He nonetheless was declared from the start to be a "Maximum Custody Detainee," the highest and most repressive level of military detention, which then became the basis for the series of inhumane measures imposed on him.

From the beginning of his detention, Manning has been held in intensive solitary confinement.  For 23 out of 24 hours every day - for seven straight months and counting -- he sits completely alone in his cell.  Even inside his cell, his activities are heavily restricted; he's barred even from exercising and is under constant surveillance to enforce those restrictions.  For reasons that appear completely punitive, he's being denied many of the most basic attributes of civilized imprisonment, including even a pillow or sheets for his bed (he is not and never has been on suicide watch).

[...]And as is true of many prisoners subjected to warped treatment of this sort, the brig's medical personnel now administer regular doses of anti-depressants to Manning to prevent his brain from snapping from the effects of this isolation.

- The inhumane conditions of Bradley Manning's detention - Glenn Greenwald - Salon.com

On top of that, he's been held under Prevention of Injury (POI) watch. No means to kill himself. No exercise. Not even allowed to go insane. Ah...that's horrible... Why?

US authorities have stepped up their efforts to prosecute Julian Assange by offering Bradley Manning, the American soldier allegedly responsible for leaking hundreds of thousands of government documents, the possibility of a plea bargain if he names the Wiki-Leaks founder as a fellow conspirator. Freed on bail – but US steps up efforts to charge Assange with conspiracy - Americas, World - The Independent

There.  Maybe Manning is the only bargaining chip the US got for putting Julian Assange on criminal charge.


ウィキリークスに機密情報を漏えいした容疑で捕まったブラッドリー・マニング兵が昨日、独房で23回目の誕生日を迎えた。The Daily BeastのDenver Nicks記者が弁護士から聞いた話によると、クリスマスと誕生日のお祝いには以下の本を家族に買ってくれと頼んでいるそうだ。



Decision Points, by George W. Bush
Critique of Practical Reason, by Immanuel Kant
Critique of Pure Reason, by Immanuel Kant
Propaganda, by Edward Bernayse
The Selfish Gene, by Richard Dawkins
A People's History of the United States, by Howard Zinn
The Art of War, by Sun Tzu
The Good Soldiers, by David Finkel
On War by Gen. Carl von Clausewitz
- Bradley Manning's Prison Hell |- The Daily Beast


だが、SalonのGlenn Greenwald記者が水曜伝えたところでは、現在拘留されているバージニア州クアンティコの米海軍ブリッグ(一時勾留場所)の環境は地獄らしい…。
5月に逮捕されてからのマニング兵は暴力・素行の問題もなく模範生だ。にも関わらず、彼は最初から、軍の勾留で最も抑圧レベルが高い「最大監視下の抑留者」と宣言され、その後もそれを根拠に一連の非人間的扱いを受けた。

始めからマニングは厳重警備の独房に隔離され、1日24時間のうち23時間 ―それも7ヶ月連続で、これを執筆している最中にも刻々と時間は積み重なっている― 独房に完全に独りで座る生活だ。自分の独房の中でさえ行動は厳重に制限されている。運動も禁止で、運動しないよう監視カメラが常時見張っている。そしてこれは懲罰以外の何ものでもないと思うのだが、普通の市民的扱いの禁固で認められているものの多くが否定されている。ベッドは枕もシーツもない。

[...]また、この種の扱いを受ける囚人の多くがそうであるように、このブリッグでも隔離の影響でマニングの脳がキレぬよう、医療班が定期的に抗うつ剤を投与している。 - The inhumane conditions of Bradley Manning's detention - Glenn Greenwald - Salon.com

しかも「Prevention of Injury(POI)」監視下に置かれているので怪我もオチオチできない。自殺も運動も発狂もできない生き地獄…。まだ刑はひとつも確定してないのに酷い話である。ジュリアン・アサンジを刑事告訴するにはアサンジもリークに関与したというマニングの証言がどうしても必要だから(アサンジは否定してるので)、締め上げてるんだろか? 

The Independentが、「アサンジの指図でリークしたと証言したら司法交渉に応じてもいいと政府がマニングに働きかけてる」という噂を伝えた…。

In the video below, you can view the gate of the brig where Manning has been held.
拘留中のブリッグは以下動画に正門が写ってるよ。






[Salon, The Daily Beast, The Independent]

December 16, 2010

ヤフー、Deliciousなど8サービス閉鎖?:Yahoo Closing Delicious?

Sunset...

MyBlogLog co-founder, Eric Marcoullier, tweeted out the shocking 'Sunset Slide.'  As you can see, products to be shut down indlude YahooBuzz, AltaVista, AllTheWeb, MyBlogLog, and Delicious.  What's up next...?

MyBlogLog共同創業者エリック・マークリエが先ほどツイートしたスライド(上)が衝撃を呼んでいる。米ヤフーが今週社内で従業員にプレゼンした資料なのだが、左の「Sunset(日没)」リストにあるのが今後閉鎖する8つのサービス。ご覧のようにYahooBuzzAltaVistaAllTheWebMyBlogLog、そしてDeliciousの名前まで出ているのだ。あ~あ、次はどこ?

UPDATE: delicious blog » What’s Next for Delicious?
The official blog says that it's not going to be closed. They're just looking for a buyer.
Delicious公式ブログに「閉鎖はない。買収先を探しているだけだ」という見解が出た。


[SearchEngineLandAllThingsD]

December 15, 2010

WikiLeaksの「サイバー戦争」を他のDDoS攻撃と比べてみると…:The Internet Goes to War - Arbor Networks

ABC News proclaimed “Welcome to Infowar, Version 1.0″. Fox warned of the “growing data war”. And the Guardian provided minute by minute coverage on the opening salvos of this first “Internet-wide Cyber War”. [...] So are we now in a permanent state of cyber-war?

[...]So if we’re in a Cyber-War, then very large (50+ Gbps) traffic floods and sophisticated application attacks are the front-lines. Which brings us back to the question of Wikileaks and the retaliatory hactivist attacks. Were these attacks massive high-end flooding DDoS or very sophisticated application level attacks?

Neither. - Arbor Networks Security
ウィキリークスの公電公開に抗議する人、擁護する人の間でDDoS攻撃が飛び交い「サイバー戦争」とArbor Networks Securityによると量・質ともに影響は少なく、「戦争と言うよりは暴動」レベルらしい。

同社がまとめたDDoS攻撃概況(この種のデータでは史上最大)によると、今年は50Gbps超えのDDoS攻撃も何度か記録されたという。また、攻撃の内容も高度になっており、トラフィックを浴びせてサイトをダウンさせる2000年式のDDoS攻撃より、今はアプリケーションを狙って攻撃しリアルタイムの売上げ集計を激落ちさせたりするプロのハッカーの方が怖いんだってね。

Growth in DDoS Attacks Over Time (c) Arbor Networks Security
世界インフラストラクチャ セキュリティ調査加盟ISP120社が報告した各年最大のDDoS攻撃
ウィキリークス報復攻撃の最大値(赤)はそこまで大きくない

"DDoS activity against multiple Wikileaks hosting sites on third day (December 1)
following 'Cablegate'. The DDoS traffic (red) never grew beyond 3-4 Gbps."
公電公開3日目(12/1)、ウィキリークスのサイトが受けたDDoS攻撃(赤)
これも3-4Gbpsは超えていない (c)  Arbor Networks Security


ATLASを使って同社が得たデータによると、今回ハクティビスト(ボランティアでハックする社会運動家)がアプリで行ったDDoS攻撃の大半(70%)はMac&PCにダウンロードできる「Low Orbit Ion Canon(LOIC)」プログラムとウェブベースのJavascript版(JS-­LOIC)からのものだった。

20%は新型「LOIC-2」発。LOICはIRCだけだが、LOIC-2はRSS、Twitter、Facebook経由の遠隔操作も可能なもので、HTTP処理時間を長くして攻撃対象に負荷をかけたりもできる。

「げ、もうLOIC-2出たの?」と思ったら、なんと匿名ハッカーたちは既にマルチスレッド対応で最高265サイトまで同時にHTTP攻撃できる「High Orbit Ion Cannon(HOIC)」と「Geosynchronous Orbit Ion Cannon(GOIC)」というのまでリリースしたんだって。いやぁ…。


[The Internet Goes to War - Arbor Networks Security]

December 14, 2010

英法廷、ジュリアン・アサンジの保釈認める:Julian Assange granted bail

Julian Assange on his way to court today
暗窓バンで法廷に向かうアサンジ
(c) Peter Macdiarmid -Getty Images
WikiLeaks founder Julian Assange was granted bail today in London on five conditions; "£200,000 in security, surety of £40,000 from two people, a curfew, daily reporting to police, and surrender of his passport."

Sweden-side lawyers have two hours to lodge an appeal.

ウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジ氏の釈放が先ほど認められた。スウェーデン側は2時間以内に異議申立てしなくてはならない。

英紙ガーディアンによると保釈の条件は5つ。
  1. 保釈金£200,000(2631万円)
  2. 2人から保証金£40,000(527万円)
  3. 夜間外出禁止
  4. 最寄りの警察に毎日報告を上げること
  5. パスポート放棄
弁護士が昨夕面談に行った際には、先週より生活環境は厳しくなっていたそうで、毎日30分の休憩時間を除き、TV・本・他の受刑者と接触のない独房に隔離され、24時間監視カメラが見張り、マスコミからの手紙は一切届いてなかった。アサンジ氏は食事の時に抜けた歯が独房から盗まれたと文句を言っていたそうだ。

UPDATE: Julian Assange to stay in jail as Sweden fights bail decision - guardian.co.uk
なんと!スウェーデン検察が異議申立てして刑務所に戻っちゃったよ。公聴は48時間後。

UPDATE2:  Released. 釈放になった。友人の別荘にかくまってもらう。


[Gguardian]

December 11, 2010

バーナード・マドフの長男自殺:Bernie Madoff's Son Found Dead in Apparent Suicide


"Nobody wants to hear the truth. Take care of my family." - last note to lawyer (source:ABC)

On the 2nd anniversary of his father's arrest, Mark Madoff, the older son of Ponzi schemer Bernard Madoff, was found dead earlier this morning. He hanged himself by the dog leash in his NY apartment. RIP.

米史上最大の金融詐欺で父親が逮捕された日から今日で2年。懲役150年の刑期を務めているナスダック元会長バーナード・マドフの長男マーク・マドフさんが自殺した。

2年前の今日、家族に罪を告白し「1週間待ってくれ」と頼む父親を無視し、FBIに通報したのはマークさんだった。彼自身は刑事犯には問われていないが、どの会社にも雇ってもらえず被害者からの誹謗中傷が絶えなかった。ABCによると、弁護士に残した最後のメールには「誰も本当の話など聞きたくない。家族を頼む」とあった。

4歳の息子を連れてフロリダに住んでいる妻に「愛している、息子を見てくれ」とメールした後、NYのアパートで2歳になる息子の隣の部屋で、犬の紐で首を吊って死んでいた。




December 10, 2010

ケイティー・ペリーがシングル3枚連続トップ。Firework歌詞和訳:Katy Perry Breaks Chart Records With 'Firework' + Lyrics


Katy Perry claimed her fourth #1 single with 'Firework' this week.
Perry's third consecutive chart topper makes her the first female artist to achieve the feat in eleven years, after Monica achieved three successive number ones with 'The Boy Is Mine', 'The First Night' and 'Angel Of Mine' in 1998 and 1999.-Digital Spy

象と駱駝に囲まれて結婚したケイティー・ペリー。その2ndアルバム「ティーンエイジ・ドリーム」から3枚目のシングルカットとなる「Firework」が今週ビルボードNo.1に輝いた。1枚のアルバムからNo.1シングル3枚以上を出す女性アーティストは史上10人目。3枚「連続」制覇はモニカ(1998-1999年「The Boy Is Mine」)に次ぐ史上3人目。

うちも娘が朝から晩まで聴いてて耳タコだ。コールドプレイ×クリスマスサウンドっぽいかな。


『Firefly』(対訳)

Do you ever feel like a plastic bag
Drifting throught the wind
Wanting to start again

Do you ever feel, feel so paper thin
Like a house of cards
One blow from caving in

Do you ever feel already buried deep
Six feet under scream
No one seems to hear a thing

Do you know that there's still a chance for you
Cause there's a spark in you

You just gotta ignite the light
And let it shine
Just own the night
Like the Fourth of July

Cause baby you're a firework
Come on show 'em what you're worth
Make 'em go "Oh, oh, oh!"
As you shoot across the sky-y-y

Baby you're a firework
Come on let your colors burst
Make 'em go "Oh, oh, oh!"
You're gonna leave 'em fallin' down-down-down

You don't have to feel like a waste of space
You're original, cannot be replaced
If you only knew what the future holds
After a hurricane comes a rainbow

Maybe you're reason why all the doors are closed
So you can open one
that leads you to the perfect road

Like a lightning bolt, your heart will blow
And when it's time, you'll know

=repeat=

Boom, boom, boom
Even brighter than the moon, moon, moon
It's always been inside of you, you, you
And now it's time to let it through

=repeat=
自分はビニール袋だって思うことない?
風に揺られてフワフワ漂う
始めからやり直したい袋

紙みたいに薄っぺらって思うことない?
トランプで組み上げた家
フッと吹けば崩れてしまう

もう深く埋葬されてるって思うことない?
叫んでも6フィートの土に閉ざされて
誰の耳にも届かない、みたいな

でも知ってる?まだチャンスはあるんだよ
あなたの中に火花はあるんだから

ただ火をつけてやるだけでいい
そして 光らせてやるの
この夜をひとり占めにしちゃおう
7月4日(独立記念日)の花火みたいに

だってベイビー あなたは花火
自分の価値 見せてやろうよ
みんなをOh, oh, oh!って言わせてやろう
この空ずっと 翔けながら

ベイビー あなたは花火
自分のカラー 炸裂させようよ
みんなをOh, oh, oh!って言わせてやろう
みんな落ちてくよ ずんずんずん

粗大ごみだなんて感じることない
あなたはあなた 誰も代わりにはなれない
未来が見えたらいいのにね
嵐の後には 虹が出る

ドア全部閉まってるのは自分のせいかも
だったら自分で開けちゃおうよ きっと
ドアの向こうには完璧な道が続いてる

稲妻みたいに心が弾ける
その時これだって 分かるはず

=リピート=

ブーン、ブーン、ブーン
月、月、月よりもまだ眩しい
you、you、youの中にずっとあったもの
今こそ解き放とう

=リピート=




[TV Newsroom]

December 8, 2010

A氏の戦争(備忘録)

アメリカに来たのは、卵。
おいしい卵が食べられると思って来たの。

そしたらあんまり味がなくってね。
「なーんだ、なんのために来たのかな」って(笑)。

そのうち戦争になって母親に連れられて日本に帰った…。

December 7, 2010

4chan、ウィキリークスと取引停止の銀行などDDoS攻撃:4chan rushes to WikiLeaks' defense - Ars

Absolutely hilarious graphic by Arstechnica
いや、これが見せたかっただけ…(画像クリックで拡大)

The forces of Anonymous have taken aim at several companies who are refusing to do business with WikiLeaks. 4chan's hordes have launched distributed denial-of-service attacks against PayPal, Swiss bank PostFinance, and other sites that have hindered the whistleblowing site's operations. ―Arstechnica

ウィキリークスと取引き停止した企業各社に英語圏最大のネット掲示板「4chan」がDDoS攻撃を開始、ネットがWW3化している。

寄附口座を停止した米ネット決済サービス「ペイパル」は本体は持ち堪えたがブログが一時落ちた。ウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジ氏の口座を凍結したスイスの銀行「PostFinance」は17時間以上前から落ちており、現在も繋がらない。最新のターゲットは性犯罪容疑アサンジ氏を今朝逮捕したスウェーデン検察庁サイトだが、こちらも現在落ちている。

「Operation Payback」というバナーで攻撃を呼びかけたグループの自称スポークスマン(Coldblood)は「政府の圧力に屈した」サイトはすべて攻撃対象だと話している。

UPDATE: Facebook and Twitter Suspend Operation Payback Accounts - Forbes
It seems they do more harm than help... it's gone out of hands. 
うーむ、応援のつもりでやってるんだろうけど、ダメージの方が大きい気がする。

UPDATE2:More WikiLeaks: The 24-hour Athenian democracy | The Economist
"Anons do understand their limitations. [...] It is not cyberwar. It's a propaganda coup."
ザ・エコノミストがDDoSやってる世界中の名無しにチャット取材。「抗議活動であってサイバー戦争ではない、限度はわきまえてる」とのこと。

UPDATE3: First arrest made in WikiLeaks revenge attacks
It's a Dutch 16-yr-old boy. He's already admitted to being part of the attacks on Visa and Master Card. 最初の逮捕者が出た。オランダ在住16歳。同国ハイテク犯罪捜査班が逮捕した。マスターカードとビザカードのサイトの攻撃に協力した点は既に自供済みらしい…。

ジュリアン・アサンジ氏が豪紙に寄稿「使者を撃つな」:Don't shoot messenger for revealing uncomfortable truths

IN 1958 a young Rupert Murdoch, then owner and editor of Adelaide's The News, wrote: "In the race between secrecy and truth, it seems inevitable that truth will always win."

His observation perhaps reflected his father Keith Murdoch's expose that Australian troops were being needlessly sacrificed by incompetent British commanders on the shores of Gallipoli. The British tried to shut him up but Keith Murdoch would not be silenced and his efforts led to the termination of the disastrous Gallipoli campaign.

Nearly a century later, WikiLeaks is also fearlessly publishing facts that need to be made public.

Read more; Don't shoot messenger for revealing uncomfortable truths | The Australian

出頭の朝、故国の新聞ザ・オーストラリアンに載った長文記事をザッと訳しておく。

Don't shoot messenger for revealing uncomfortable truths

Julian Assange, December 8, 2010, The Australian


1958年、アデレードの「The News」編集長兼オーナーだった若き日のルパード・マードックは、こう書いた。「秘密と真実を競わせたら真実が常に勝つ。それは避けようがない」

彼の論考はおそらく、父キース・マードックの暴露報道を受けてのものだったろう。氏はガリポリの海岸で無能な英国司令官らのせいで豪州志願兵の命が無為に犠牲になった事実を報じた。英国は彼の口を封じようとしたが、それで黙るキース・マードックではなかった。彼の努力はやがて功を奏し、壊滅的被害を出したガリポリの戦いは終わった。

あれから1世紀近く経った今、WikiLeaksも恐怖にもめげず果敢に、公表すべき事実を公開している。

僕はクイーンズランドの田舎町に育った。そこではみんな自分の思うことを明け透けに喋っていた。大きな政府は信用しない、用心して見張らないと腐敗するかもしれないから―そんな土地柄だった。実際、フィッツジェラルド審問前のクイーンズランドは、政府が腐敗まみれの暗黒の時代だった。政治家が真実を伝えるべきメディアに報道規制をかけるとどうなるか。それを示す何よりの証拠だ。

こうしたことは僕の体の中にずっと残っている。WikiLeaksはこうした価値を軸に据え、その周辺に創成された。インターネット技術を全く新しいやり方で活用しながら真実を報じる―この発想は僕がオーストラリアで授かったものだ。

WikiLeaksがあみ出したのは、「科学的ジャーナリズム」という新しいタイプのジャーナリズムである。我々が他の報道機関と一緒に連携して働くのは、人々にニュースを伝えるためもあるけど、報じる内容が事実に間違いないんだよ、と証明するためでもある。科学的ジャーナリズムにおいては、ニュース記事を読んだその人が、記事のベースとなる元の文書までクリックして見ることができる。こうすれば読み手は自分の目でニュース判断ができる。この記事は本当だろうか? 記者は正確に伝えたのか? と。

民主主義社会には強いメディアが不可欠だ。WikiLeaksはその一翼を担う。政府を正直な状態にキープするお手伝いをするメディアのね。WikiLeaksはこれまでにもイラク、アフガン戦争に関する厳然たる真実を白日の元に晒し、企業の不正をスクープしてきた。

僕を反戦主義者と呼ぶ人もいる。念のため断っておくが、それは違う。国には戦争にいかなければならない時もある。正義のための戦争もある。だが、こうした戦争について政府が国民に嘘をつき、戦線に国民の命と税を出すよう嘘の上塗りを迫るほど間違ったことはない。戦争が正当化できるものなら、そのまま真実を述べればいい。支持するかどうかは国民が決めることだ。

ウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジ逮捕:Wikileaks' Julian Assange Arrested


Wikileaks founder, Julian Assange, turned himself in to Scotland Yard this morning to face a Swedish arrest warrant. The bail was denied today, and he'll remain in custody until 14 December.

ウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジがロンドン警視庁に出頭し、逮捕された。性犯罪容疑については保釈金による釈放も可能のはずだが、それは拒否され、14日まで身柄は拘束される。

Related:
Don't shoot messenger for revealing uncomfortable truths - Julian Assange
ジュリアン・アサンジ「使者を撃つな」(出頭の朝、豪紙に残した原稿)
Wikileaksジュリアン・アサンジ編集長逮捕 - ギ

マンザナー強制収容所の日系人とUSSカリフォルニア:110% American - Japanese Internees at Manzanar

"100% American Japanese Internees at Manzanar"
by Mike McKenna, EastSide Magazine, Spring 2008


I read this three-page article on the 10,046 Japanese Americans imprisoned in Manzanar, approx. 100 miles south from where we stayed last Christmas.


The first Japanese-American internees set foot in Manzanar on March 25, 1942. On the same day, the USS California sunk by the 7 December 1941 Japanese raid on Pearl Harbor was raised from the sea floor.  The author draws a parallel between those two American symbols.


The free local magazine was on the side table.  With nothing else to read, I picked it up.  It was only after I finished reading did I realize the issue dates back to two years ago. Bizarre.  It was even more bizarre 'cause I found a lot more books and mags in the same room right next morning. Maybe I have to visit Manzanar someday. Not as part of my ski trip, though.  I should drive down Hwy 395.

これは去年スキーの投宿先で拾った記事。他に読むものもなかったので、ポツンとテーブルにあった無料ローカル誌を拾い読みしていたのだが、読み終わって日付けを見たら2年前の雑誌だった。おかしなこともあるものだ。翌朝起きたら同じ部屋に他にも本・雑誌が沢山散らばっていたので余計に狐につままれた気分だった。―一度きちんと行かなくちゃな、マンザナー。スキーのついでとかじゃなく。

Farm, Farm Workers, Mount Williamson in background
Ansel Adams Photo Collection (c) Library of Congress

110% American - Japanese Internees at Manzanar

 BY MIKE MCKENNA

 - in Japanese

1941年12月7日は、アメリカ屈辱の日*である。

あの運命の日曜朝、日本は真珠湾を攻撃し、アメリカは第二次世界大戦参戦を余儀なくされた。2000人を超える男女がこの日ハワイで命を落とし、戦艦5隻が沈没。うちUSSカリフォルニアは100名を乗せ海に沈んだ。

1942年2月19日もアメリカ屈辱の日だが、こちらは遙かに知名度が低い。あの運命の日、フランクリン・ルーズベルト大統領は大統領行政命令9066号に署名し、ヘンリー・スティムソン陸軍長官に西部全州における日系アメリカ人退去・「軍事エリア」収容に関し「長官が必要と判断する適正な行動」をなんでも良いので取るよう指示した。現在「戦争収容所」として知られている場所のことだ(おそらく最もふさわしい呼称は強制収容所)。

アラバマヒルズすぐ北のオーウェンズ・ヴァレー。夕暮れ時に雪を頂くシエラネバダの山影に抱かれるマンザナーの一帯も、そんな強制収容所のひとつだった。

Girl and volley ball, Manzanar
Ansel Adams at Manazar collection(c) Library of Congress



December 2, 2010

駐米中国大使館の公電がリークしたらこんな内容?:What China may be saying about America - NYT

Thought-provoking, fun-to-read column. From Tom Friedman's "What China may be saying about America,"  a fictional rendition of a Chinese Washington embassy cable leaked by WikiLeaks;

Finally, record numbers of U.S. high school students are now studying Chinese, which should guarantee us a steady supply of cheap labor that speaks our language here, as we use our $2.3 trillion in reserves to quietly buy up U.S. factories.

「ウィキリークスが駐米中国大使館の公電をリークしたら大体こんな感じだろう」と、NYタイムズ紙トム・フリードマン論説委員が中国の外交官になり切って書いた公電が笑えた。


What China may be saying about America


by Tom Friedman, New York Times

- in Japanese

在ワシントン大使館発 在北京中華人民共和国外交部行き
最高機密指定/件名:今日のアメリカ

中国にとっては好ましい状況です。アメリカは相変わらず政治の二極化が根深く、米国から経済・国家世界一の地位を奪う目的を掲げる中国にとっては好ましい情勢が続いています。が、何よりも大きな楽観材料は、アメリカ人が全くしょうもないことで二極化していることですね。

こちらには自らすすんで自滅する空気が漂っており、まるでアメリカが世界中のありったけの時間と金をみみっちい政治に注ぎ込んでいるかのようです。彼らが言い争うことと言えば例えば — 作り話じゃないですよ— 空港のセキュリティ警官がどこをどう触るか、といったこと。またある時は — これは朗報 — 最近ロシアと行った核軍備削減条約のことで喧々諤々。共和党はオバマ大統領の弱体化に執着する余り、イランなどの問題で米露協力体制強化に役立つはずの条約をみすみすドブに捨てる有り様なのです。米露接近をもたらすものは、我が国の孤立を招く要因にもなり得るので、米国の国益より我が国の国益を優先し、本条約の上院批准を阻止したアリゾナ選出Jon Kyl 上院議員には多謝多謝です。さっそく大使がKyl上院議員夫妻をMr. Kaoの中華レストランまで夕食に招き、米国の(我が国の、と読む)国益を守る絶え間ない努力を讃えました。

アメリカ人は先日、彼らが「選挙」と呼ぶところのものを終えたばかりです。どんな行事かと言いますと、まあ要するにある政治家が他の政治家より多くの金を集めるんですな(全部自分が規制するはずの企業から)。向こうの男が先手を打つ前に、その男にまつわるもっとでかい嘘を、もっとじゃんじゃん頻繁にTVで流せるように。我々はこれを見て安堵しましたよ。つまり彼らには、膨れ上がる財政赤字、学力低下、崩れゆくインフラ、才能ある移民の減少など自国の構造的問題の解決になるようなことは一切真面目にやるつもりがない、ということですから。

大使は最近、アメリカ人が高速列車と呼ぶところのもの— Acela —にも乗りました。ワシントンからNYCまでの区間ですから、北京と天津を結ぶ我が国の新幹線なら90分で移動が可能な距離ですが、3時間もかかったのです。 — 定刻通りで! 大使は途中で大使館に携帯で電話をかけられたのですが、1時間で12回も通話落ち— これも作り話ではありません。大使館の我々の間ではこんなジョークもあるんですよ。「今は中国から来る電話も隣の部屋と話してるようだが、アメリカで隣の部屋から来る電話は中国と話してるように聞こえる!」。在ザンビア中国大使館に駐在経験のある連中なんかもアメリカに比べたらアフリカの携帯サービスの方がまだマシだった、とよく話してますよ。

ところがこれがアメリカ人にはまるで目に入らない。海外旅行を滅多にしないので、どれだけ自国がよその国に追い越されてきたかも知らないのです。そんな井の中の蛙のアメリカ人が今度は、どんなに自国が「素晴らしい」国かをめぐって大喧嘩してるんですから、大使館の我々から見れば笑止千万ですよ。何度も言いますが、これも作り話ではありません。ワシントン・ポスト月曜朝刊トップにちゃんと共和党サラ・ペイリンとマイク・ハカビーが「アメリカの素晴らしイズム」を否定したと言ってオバマを非難した記事がデカデカ載ってますよ。アメリカ人は素晴らしくなるよう努力するのではなく、まだまだアメリカも素晴らしいぜ、と言い合うような国になってしまったのです。素晴らしいという形容は他人様だけが自分について言える言葉であって、自分で自分を「素晴らしい」と宣言しても素晴らしくなれないことすら彼らは分かってないようです。

外交政策についてですが、オバマがアフガニスタンから米軍を撤退する可能性は全くないです。それをやれば共和党議員に弱虫呼ばわりさるのが分かっているので、これからもアメリカは1日当たり1億9000万ドルの出血大赤字を出し続けるでしょう。従って、アメリカには他地域で我が国と争ってるような軍事的余力はありません。特に北朝鮮。あそこでは我々の狂った友人が半年置きにアメリカの鎖を引っ張って騒いでいます。あれも中国になだめてくれとアメリカ人が泣きついてくるようにやってるわけですが。アメリカ人がアフガニスタンから本当に撤退する頃にはアフガン人はアメリカが心底嫌いになってるはずなので、あの国に既に進出済みの我が国の鉄鋼会社もきっとアフガニスタンのレアな鉱山資源を全部買い占めることができるでしょう。

国会に選出された新人共和党議員は、人間がもたらした気象の変化を科学者がいくら説いても信じないような議員ばかりです。アメリカの政治家は大体が弁護士 — 我が国の議員みたいにエンジニアや科学者ではなく — なので、科学についてトンチンカンなこと言っても、誰も何も言いません。これは良いことですよ。クリーンエネルギー技術の開発を促進する法案は支持しない、ということですからね。クリーンエネルギーは我が国の今後5カ年計画の柱。しかしアメリカは、我が国の風力・ソーラー・核・電気カー各産業支配に向けた努力をただ指くわえて見てるだけでしょう。

最後に。米国では今、中国語を学ぶ高校生の数が過去最高に達しています。我が国は準備金2兆3000億ドルで静かに米国の工場買い占めに動いているわけですが、お陰でここにも我々の言葉が話せる安価な労働力の安定供給が望めそうです。以上、米国内における中国情勢は良好。

それにしてもあれが中国でなくて良かった。アメリカ人に我々の公電が読めないのは何より何よりです。

ワシントン大使館より

---


Related:
Julian Assange says WikiLeaks wants to expose China and Russia as much as US - The Guardiain
↑ ジュリアン・アサンジ「ウィキリークスは米国同様、中国・ロシアも漏えいしていく構え」

December 1, 2010

ノーベル賞経済学者スティグリッツ「銀行家は刑務所に行け、さもなくば経済再生はない」:Nobel Economist Stiglitz 'Jail the Bankers'

As Wikileaks readying another massive leak of bank's internal documents, you may wonder "for what?"   Then, read what Nobel prize winning economist Joseph Stiglitz recently told AOL's DailyFinance...
ウィキリークスが大手銀行の内部文書公開を予告した件で「なんで銀行が?」と思った人は、こないだ2001年ノーベル経済学賞受賞者のコロンビア大ジョセフ・スティグリッツ教授がDailyFinanceに語った話が参考になるかも。

This is a really important point to understand from the point of view of our society. The legal system is supposed to be the codification of our norms and beliefs, things that we need to make our system work. If the legal system is seen as exploitative, then confidence in our whole system starts eroding. And that’s really the problem that’s going on.

A lot of the predatory practices in automobile loans are going to be able to be continued. Why is it OK to engage in bad lending in automobiles and not in the mortgage market? Is there any principle? We all know the answer to that. No, there’s no principle. It’s money. It’s campaign contributions, lobbying, revolving door, all of those kinds of things.

これは社会的観点から理解しておくべき極めて重要なポイントです。法システムとは本来、我々の規範と信念、我々のシステムがうまく機能するのに必要なものを法典化したものであるはず。もし当の法システムが搾取的と見なされたらその時には我々のシステム全体が蝕まれ始める。そしてこれが今まさに起こっている問題なんですよ。

自動車ローンの人を食い物にする商慣行の多くは今後も続くでしょう。なぜに車なら不良貸付けOKで、住宅ローン市場ならダメなんです? 何かそこに原理原則のようなものはある? 答えはみんな知っての通りです。ない。そんな原理原則なんてもの全くない。あるのは金、選挙献金、ロビーイング、回転ドア(頻繁な人事交代、天下り)、そんな類いのものばかりだ。


November 30, 2010

ウィキリークスの噂でバンカメ株下落:Bank of America shares drop on WikiLeaks fears

BAC.N
Bank of America Corp's (BAC.N) shares declined 3 percent on Tuesday amid investor fears the largest U.S. bank by assets may be at the center of WikiLeaks next document release.
On Monday, Julian Assange, founder of the WikiLeaks, said his group plans to release tens of thousands of internal documents from a major U.S. bank early next year, according to an interview posted online by Forbes Magazine. - Reuters
 "At the moment, for example, we are sitting on 5GB from Bank of America, one of the executive's hard drives," he said. "Now how do we present that? It's a difficult problem. We could just dump it all into one giant Zip file, but we know for a fact that has limited impact. To have impact, it needs to be easy for people to dive in and search it and get something out of it." - Julian Assange, 2009, Computerworld


フォーブスが10月に行ったインタビューでウィキリークス創始者ジュリアン・アサンジ氏が「次のターゲットは米大手銀行。来年早々にも内部文書を大量にリークする」と予告していたことが昨日わかり、「もしかしてバンク・オブ・アメリカか?」という噂が飛び交い、同行の株価が今日3%下落した。

なぜバンカメ?

氏は2009年Computerworldにこう話しているのだ。「例えば今、僕らの手元にはバンク・オブ・アメリカの幹部1名のハードドライブから入手した5GB分のデータがある。さて、どうあれを披露するのか? これが難しい問題なのだ。全部巨大なZipファイルにただ突っ込んでもいいが、それではインパクトが限られてしまう。インパクトを持たせるためには、みんな簡単にデータに飛び込んで検索し、そこから何か拾っていけるかたちにしなきゃいけない」

 う~む…。

グーグルがグルーポンに買収提示:Google’s Groupon Offer: $5.3 Billion, With $700 Million Earnout - BoomTown

Biggest Cyber Monday deal ever. Just in from Kara Swisher;

According to sources close to the situation, Google has offered $5.3 billion for Groupon, in what would be its largest acquisition yet if completed.

Sources said the deal for the social buying site seemed likely to be struck, even as early as tomorrow, although it certainly could fall apart right up to the end.

FYI, Google bought YouTube for $1.65Billion.

サイバーマンデー最後のビッグニュース。WSJカーラ・スウィッシャー記者が情報筋から聞いた話によると、グーグルがグルーポンに53億ドルの買収提示をしたようだ。グーグル創業以来最大のオファー(因みにYouTubeは16.5億ドル)。早ければ明日にも買収成立の運びとなる。もちろん空中分解の可能性もあるけども、こんな好条件だれが断るだろう。

UPDATE: Groupon rejected the offer. …と思ったら断った。

November 28, 2010

「グーグルをハックしたのは中国」ウィキリークスが機密外交電文25万本をリーク:Wikileaks - China Was Behind Google Hacking

Whistle-blowing website Wikileaks has disclosed a quarter-million confidential American diplomatic cables mostly from the last three years, and the site is currently under DDOS. You can still view them at NYTimes, Guardian, Spiegel.  Some highlights from NYTimes below.

内部告発サイト「ウィキリークス」が予告通り米国の機密外交光電約25万本を公開し、サンクスギビング明けの眠たい朝からDDOS攻撃でダウンしている。

今回漏えいしたのは、米国務省とアメリカ大使館・領事館など世界中の外交の前線との間を行き交った主に過去3年間の電文(密通者逮捕の経緯)。外交の内幕が分かる内容だけにオバマ政権は公開を控えるよう強く求めてきた。公開前に英ガーディアン独シュピーゲル、仏ル・モンド、西エル・パイスにも流していたので、そちらでコピーが読めるよ。NYタイムズ(ガーディアンからのもらい原稿。アメリカで事前に流されたCNNとWSJは「報道協定違約金10万ドル」の交換条件にサインを拒んだ)から何点か拾っておこう。

・South Korea wants to reunite both Koreas
韓国は北朝鮮が内破した場合、南北統一に本腰を入れる

Gaming out an eventual collapse of North Korea: American and South Korean officials have discussed the prospects for a unified Korea, should the North’s economic troubles and political transition lead the state to implode. The South Koreans even considered commercial inducements to China, according to the American ambassador to Seoul. She told Washington in February that South Korean officials believe that the right business deals would “help salve” China’s “concerns about living with a reunified Korea” that is in a “benign alliance” with the United States.

北朝鮮がいずれ崩壊する可能性: 米韓政府高官は経済的困難と政権継承がもとで北朝鮮が国家内破を起こした場合を見据え、南北統一の展望を話し合った。在ソウル米大使によると、韓国は中国に金銭的に色をつけて誘うことすら検討していた。彼女が2月ワシントンに伝えた話によると韓国政府高官は、中国としかるべき事業提携を結べば、米国と「良好な同盟」関係になる「再統一後のKoreaと共生することに対する中国側の懸念」も和らぐと信じている、という。

・China's Politburo directed the Google hacking
グーグルのシステム侵入を指揮したのは中国共産党中央委員会政治局だった

A global computer hacking effort: China’s Politburo directed the intrusion into Google’s computer systems in that country, a Chinese contact told the American Embassy in Beijing in January, one cable reported. The Google hacking was part of a coordinated campaign of computer sabotage carried out by government operatives, private security experts and Internet outlaws recruited by the Chinese government. They have broken into American government computers and those of Western allies, the Dalai Lama and American businesses since 2002, cables said.

世界的コンピュータ侵入活動: 今年1月北京アメリカ大使館に中国人コンタクトが話した情報によると、中国国内にあるGoogleのコンピュータシステムへの侵入を指揮したのは中国共産党中央委員会政治局(Politburo)だったと、ある外交電文は伝えている。例のGoogle侵入は中国政府がリクルートした政府諜報員、民間のセキュリティの専門家、インターネットのアウトローが行うコンピュータ・サボタージュ活動の一環。彼らは2002年から米政府および西側同盟諸国、ダライ・ラマ、米企業のコンピュータに侵入する活動を行ってきたと電文は伝えている。

・Afghanistan VP carrying $52 million in cash
現金5200万ドル所持して旅するアフガン副大統領
Suspicions of corruption in the Afghan government: When Afghanistan’s vice president visited the United Arab Emirates last year, local authorities working with the Drug Enforcement Administration discovered that he was carrying $52 million in cash. With wry understatement, a cable from the American Embassy in Kabul called the money “a significant amount” that the official, Ahmed Zia Massoud, “was ultimately allowed to keep without revealing the money’s origin or destination.” (Mr. Massoud denies taking any money out of Afghanistan.)

アフガン政府汚職疑惑: アフガニスタン副大統領が昨年アラブ首長国連邦を訪問した際、地元のドラッグ取締管理局職員が所持品の中に現金5200万ドルを発見した。在カブール米大使館からの電文によると所持金は「相当額」だったが、Ahmed Zia Massoud氏は出元と行き先も明らかにしないまま結局持参を許されたそうだ(氏本人は現金国外持ち出しを否定)。

・Putin and Berlusconi have close relationship
プーチンとベルルスコーニは仲良し
An intriguing alliance: American diplomats in Rome reported in 2009 on what their Italian contacts described as an extraordinarily close relationship between Vladimir V. Putin, the Russian prime minister, and Silvio Berlusconi, the Italian prime minister and business magnate, including “lavish gifts,” lucrative energy contracts and a “shadowy” Russian-speaking Italian go-between.

アメリカの在ローマ外交官が2009年イタリア人コンタクトから得た情報によると、ロシアのウラジミル・V.・プーチン首相とイタリアのシルビオ・ベルルスコーニ首相(大物実業家)は異常に近しい間柄で、ロシア語に堪能な「闇の」イタリア人を間に立て、「贅沢な贈答品」や儲かるエネルギー事業契約を交わし合っている。


・What Ramzan Kadyrov brought to a ravish wedding?
ラムザン・カディロフ大統領が用意した結婚式のお祝い

Even in places far from war zones and international crises, where the stakes for the United States are not as high, curious diplomats can turn out to be accomplished reporters, sending vivid dispatches to deepen the government’s understanding of exotic places.

In a 2006 account, a wide-eyed American diplomat describes the lavish wedding of a well-connected couple in Dagestan, in Russia’s Caucasus, where one guest is the strongman who runs the war-ravaged Russian republic of Chechnya, Ramzan Kadyrov.

The diplomat tells of drunken guests throwing $100 bills at child dancers, and nighttime water-scooter jaunts on the Caspian Sea.

“The dancers probably picked upwards of USD 5000 off the cobblestones,” the diplomat wrote. The host later tells him that Ramzan Kadyrov “had brought the happy couple ‘a five-kilo lump of gold’ as his wedding present.”

戦地・国際危機から遠く離れた、アメリカの国益がそんなに高くない現場でも好奇心旺盛な外交官たちはベテラン記者顔負けの取材力を発揮し、生き生きとした報告を送り、見知らぬ土地に対する政府の理解を深めるのに一役買っている。

慧眼のアメリカ人外交官から入った2006年の報告によると、露コーカサスDagestan一帯に広い人脈を抱えるカップルの豪華挙式には、戦争で荒廃したチェチェン共和国からラムザン・カディロフ大統領が出席。

客たちは酔っ払って子どもの踊り子に100米ドル紙幣のおひねりを投げ、夜のカスピ海にウォータースクーターに繰り出した。

「ダンサーらが玉砂利から拾った金はおそらく5000米ドル台はくだらないだろう」と外交官は書いている。後で主催者から聞いた話によると、ラムザン・カディロフは幸せなカップルに結婚式のお祝いの品として「5kgの金塊」を持参したという。
小説のネタに使えそうね。

Wikileaks[NYTimes, Guardian, Spiegel]

November 24, 2010

人間は恩赦ゼロのオバマ、七面鳥を恩赦:Obama Pardons ThanksgivingTurkeys (not people)

命拾いしたアップル
(c) Win McNameee - Getty Images;  LA Times

More than 45 million turkeys we cook for this Thanksgiving.

Obama pardoned two lucky ones "Apple" and "Cider" on Wednesday. They grew up in California, got names selected with local schoolkids' votes, and sent to the White House.

CBS pointed that Obama hasn't pardoned any human in his first 22 months in the office. According to the Office of the Pardon Attorney, "there were 494 petitions for pardons received during that period (first 20.5 months), bringing the total of petitions pending to 1,140."

Since Disneyland stopped hosting pardoned turkeys this year, they will spend the rest of their lives at George Washington's Mount Vernon Estate and Gardens.

全米で4500万羽の七面鳥が料理されるサンクスギビングの日を前に、オバマ大統領が今日、ホワイトハウスに送られてきた七面鳥のアップルとサイダー(アップルサイダーかい!)に「恩赦」を出すお決まりの行事を行い、「人間に恩赦を出せ、人間に~」と恩赦専門弁護士たちをイラつかせている。

CBSが伝えた米恩赦司法局(Office of the Pardon Attorney)の記録によると、「就任後20ヶ月半で受理した恩赦請願は494件で、累計1140件が恩赦待ち」だが、オバマ大統領はまだ一度も恩赦を発令していないのだそうな。CBSの戦後歴代大統領の恩赦数を見ると、昔は恩赦乱発状態だったが、最近はめっきり減っているのがわかる。ブッシュ前大統領も就任22ヶ月ではまだ出してなかったそうだから、おいおい出すのかな…。

因みにアップルとサイダーはカリフォルニアのフォスターファーム社の農場で育ち、名前は州内学童が投票で選んだ。今年はディズニーランドも恩赦された七面鳥の身受けをパスしたので、ホワイトハウス近郊の農場で余生を送る。



Related:
Obama Pardons Turkeys - but Not People CBS News
Pardon people, too, Mr. President - MiamiHerald

米、韓国の黄海に原子力空母ジョージ・ワシントン派遣:USS George Washington Departs For South Korea


A day after North Korea's attack on South Korean island, the nuclear-powered USS George Washington, which carries 75 warplanes and has a crew of over 6,000, left US navy base in Yokosuka.  Obama sent it after speaking by phone with South Korean President Lee Myung Bak (Forbes). It's headed to the Yellow Sea for four-day (Sunday through Dec. 1) military exercises with South Korean forces.


"This exercise is defensive in nature," U.S. Forces Korea said in a statement. "While planned well before yesterday's unprovoked artillery attack, it demonstrates the strength of the ROK (South Korea)-U.S. alliance and our commitment to regional stability through deterrence." - Reuters

Col. Dave Lapan of the Pentagon told CNN Wednesday the exercise will be a show of force, meant to discourage any future attacks; "This exercise is directed at being a deterrent for the North Koreans."  The ship's motto is "The Spirit of Freedom." (AOL).

Below, the host of French 24hr international news channel France24 questions why China is so supportive of North Korea. Related: China Won’t Help U.S. On North Korea, And Here’s Why - Gady Epstein - Beijing Dispatch - Forbes


北朝鮮の韓国延坪島砲撃の翌24日、アメリカの原子力空母「ジョージ・ワシントン」が戦闘機75機、乗組員6000余名を積んで米海軍横須賀基地を発った。フォーブスによると李明博韓国大統領と電話で相談後、オバマが派遣したものらしい。日曜から来月1日までの4日間、黄海で米韓合同演習を行う。

「この演習は防衛目的のものだ」と在韓米軍は声明で明らかにした。「昨日の正当な理由のない砲撃のずっと前から計画されていたものだが、これで米韓同盟の強さと、戦争抑止力強化を通して地域の安定を確保する任務に対する我々のコミットメントの強さを示す」 - Reuters

米国防総省報道官デイヴ・ラパン大佐も軍事力を示し、さらなる攻撃を牽制する「北朝鮮を抑制するための演習だ」とCNNに話している。因みに同空母のモットーは「自由のスピリット」、革命戦争中ジョージ・ワシントンが手紙で国民の気運を表現した言葉だそう(AOL)。

ちょっと海外で不思議がられてるのは中国の態度。「北朝鮮と近しいんだからコラって言って仲立ちしてあげなよ」と期待してるんだけど「北も南も穏便に~穏便に~」と言うばかりであんま何もしてない(ように見える)。フランスの24時間国際ニュース専用局「France24」司会者(下)も「なぜ中国はそんなに北朝鮮の肩入れするの?」と現地特派員に尋ねているよ。



「中国はここ数年、北朝鮮へのエネルギー・経済支援を強化しています。アメリカの朝鮮半島への影響力を和らげる重要な戦略的バッファー(緩衝材)と見なしてるのです。さらに、国境で戦争が起こっても困るし、難民がドッと流れこんできても困りますからね」と答えてますね…そりゃそう、国境接してるもんね…。外交的な事情は「中国はアメリカを助けてくれない。その理由」という題でForbesが詳しく書いている。

November 22, 2010

核兵器の運転手たびたび酔っ払い:US Nuke Drivers Sometimes Got Drunk

(c) New York

US OST agents who drive nuclear weapons around the country were involved in 16 alcohol-related incidents in two years, the Energy Department's Office of Inspector General revealed in a report(pdf).

In two incidents, agents were even arrested or detained by police.

OST agents drive nuclear weapons, components and nuclear materials around the country. The report says they conducted the investigation "after hearing complaints of alcohol abuse among agents in the Office of Secure Transportation (OST)".


アメリカのあちこちに核兵器を運んで回る米エネルギー省国家核安全保障局運輸セーフガード局(Office of Secure Transportation:OST)職員が、2007年から2009年の間に16件もアルコール関連の不祥事を職務中に起こしていたことが同省監察総監室の調べで分かった。

OSTは核兵器・核兵器部品・核関連物資を運ぶ担当部局で職員は約600人いる。報告書(pdf)によると、調査は「OST職員が酒を飲んでる」という苦情を受け行われた。

16回のうち監察が問題視しているのは「安全輸送任務」中、ホテルにチェックイン後に起こった2つの事件で、2007年には公共の場で酔っ払った職員1名が逮捕され、2009年にはバーで不始末をおこした職員2名が手錠をかけられ警察に一時拘留された。

広報によると飲酒運転はしていない模様。

Related:
5 times we almost nuked ourselves by accident
アメリカは5度被曝しかけた

[BBC, Washington Post, CNN, NYTimes]

iPad 2は来春発売?:iPad 2 Coming in April?

Brian Marshall of Gleacher & Company predicted that iPad 2 will hit retail shelves in April.

"I think April is the proper time-frame for an iPad 2. Since I'm projecting that Apple will release a CDMA iPhone in March, both will help to equalize Apple's seasonality." - Computerworld magazine
Apple's seasonality...

アメリカは今週、感謝祭のお休みモード。
特大セールのブラックフライデーに向け、みんな臨戦体制に入っている。

そんなタイミングで次世代iPadの噂である。Gleacher & Companyアナリストのブライアン・マーシャル氏が「次世代iPadは来春発売になるよ」とComputerworldに語って、ぐるぐる広まっているのだ。

台湾の業界祇DigiTimesも「次のiPadのサプライヤにはIbiden、Tripod Technology、TTM Technologiesが選ばれた。出荷準備が大詰めを迎える2月にはさらにサプライヤが加わる見込み」と伝えた。さて、どうなることやら。

[その他の噂]
・最近アップルはカーボンファイバー素材の特許を取った。今度のiPadは今の重いアルミじゃなく、軽量で強度に優れたカーボンファイバーの筐体になるんじゃないか?
・Facetimeビデオチャット専用カメラがつく
・容量が増える
・Wi-Fiとモバイルブロードバンドの受信感度も改善する


[via Fox News]

November 21, 2010

反日映画『葉問』:Ip Man


I saw Ip Man (葉問), semi-fictional biopics about Ip Man or Yip Man – Bruce Lee’s master.

My son got interested in the 2008 Hong Kong film when his Chinese classmates jokingly called their friend Ip 'Ip Man.' He had no idea that Ip Man stands against villain Japanese occupants.

At the opening, the movie claims "This is based on the true story."  I totally believed in it an told my son, "See?  Japan did horrible things to China. No wonder the Chinese hates the Japanese."   Then I checked some reviews and realized it's more fictional account than a true story. From Salon;
So be advised that almost none of what you see in "Ip Man" actually happened, and in some sense that's too bad, because the real Ip sounds like a fascinating figure. He was a pre-revolutionary police officer, a reported opium addict, and a refugee who fled the Communist takeover in 1949 for a new life in British Hong Kong. But all those factors make him undesirable as the hero of a work of rousing nationalist agitprop. So instead we get Yen's remarkable performance as a man of prodigious Buddhist-Confucian composure and tranquility, who goes from wealth to poverty to near-slave status, and finally must fight a public gladiatorial match against a sinister Japanese general and karate master (Hiroyuki Ikeuchi, who imbues what could have been a cardboard villain role with dignity and grace).
From Wikipedia;
Yip went to live in with Kwok Fu during the Second Sino-Japanese War and only returned to Foshan after the war, where he continued his career as a police officer. Yip left Foshan for Hong Kong in 1949 after the Communists established the People's Republic of China on the Chinese mainland.[...]

Yip was known to be an opium addict, and he obtained opium illegally from the black market. The cost of opium was considered high at that time and Yip needed a dependable source of income to support his opium smoking habit and his family members, who were still living in Foshan. As such, he opened a martial arts school to teach Wing Chun.
Hmnnn...  Now I understand why it didn't get a Japanese theatrical release...  It's too bad because we really really  loved the martial art performance by Donnie Yen.  Ikeuchi's karate was good, too.  God, nobody ever watches it in Japan?  If they edit the opening claim, I believe it's OK.  I mean it's a movie... (UPDATE: A reader noted that they will release Ip Man 2 as Ip Man in Japan next year...wait, what?)

Anyway I told my son that 'Ip Man was an opium addict. He opened a martial arts school to support his opium smoking habit, and eventually became world-renowned master' (it sounds more humane now).  We laughed a bit.

But again, I dugg a bit further and found out that Japan was behind the opium trading in China that time.  Gosh, that sounds awful.  And... you know what?   Japan's wartime "Opium King" behind the black market was Hajime Satomi (Satomi can be a family name).  Oh My...  You can view his tombstone pic and English article here.


2008年の香港映画『Ip Man (葉問)』(イップ・マン序章)を観た。

Ip Man (葉問)』はブルース・リーの師匠Ip Manを主人公にした映画だ。息子が、中国系のクラスメートたちがIp君を「Ip Man!」と冗談で呼んでるの見て興味持ったらしい。まさか日本兵が悪役だなんて思わなかったみたいね。

オープニングで「この映画は実話に基づくものです」と流れるので私もすっかり間にうけて、「ほらね、日本はこんな酷いことしたんだから、中国に嫌われて当たり前なのよ」と息子にとりあえず諭し、念のため観終わった後、映画評チェックしてみたら…そんなに実話でもないことが分かった。
『Ip Man』に描かれたことのほとんどは現実には起こってない。これはある意味、残念。というのも現実のIpはなかなかの傑物だからね。革命前は警官で、報道によると阿片中毒で、1949年中国共産党占拠を逃れて英国統治下香港に新天地を求めて渡った。どれもこれも国威発揚の共産主義アジプロ作品のヒーローには好ましくない要素ばかりだ。そこで映画では甄子丹演じる仏教・儒教の不動の境地を得た拳の天才が、富裕な暮らしから奴隷同然の貧困に身をやつし、最後には邪悪な空手マスターの日本人将軍(池内博之がこの絵に描いたような悪役を尊厳と品位をもって演じている)と命がけの戦いをする、という設定にしたのだ。- Salon

第2次日清戦争中、YipはKwok Fuのところに居候した。戦後はじめて佛山に戻り、前の警察官の仕事を続けた。Yipは共産党が中国本土に中華人民共和国を開国した後、1949年に仏山を出て香港に渡っている。[...]

Yipは有名な阿片中毒で、阿片は闇市場から違法に入手していた。阿片は当時、高価と見なされていた。Yipは阿片吸いの習慣を続け、まだ仏山に残したままの家族を養うためにも頼りになる収入源が必要だった。そのため詠春拳の武館を開いたのである。- Wikipedia

どうりで日本で上映されないのか…それはそれですごく勿体ない気がするなあ。主人公扮する甄子丹(ドニー・イェン)の拳は本当に本当に素晴らしいので。池内も黒オーラ凄い。こんなの映画なんだし最初の「実話」のくだり変えるだけでOKなんじゃないの? 

(UPDATE:『Ip Man 2』[英国人が悪者]の方は来年『イップ・マン 葉問』として日本上映予定だと読者さんが教えてくれた。1の原題を2につけて1がないことにするなんて、セ、セコ過ぎる…。お互い『Ip Man』の話をしてると思ったら海外の人は1で日本の人は2だった、とか起こるわけね。最悪だ)

後で「阿片中毒で、阿片買う金欲しさに武館開いたら世界的に有名になっちゃったみたいよ」と息子に言って、ちょっとウケた後、もう少し調べてみたら…

なんと中国の阿片の闇市場には当時日本もすごく関与していて(NHK特集)、ななななんとそれを一手に取り仕切っていた男の名が里見甫ではないの!Satomi連発の英文記事と墓を呆然と眺めて終わる週末であった…。


Related:
「葉問 (イップ・マン)」(原題) Ip Man: 踊 る 大 香 港
徒然なるエッセイ: 『葉問』観ました。
2008-12-19 - 香港電影迷宮+blog
葉問 2 / Ip Man 2
妖花アラウネ物語論・前篇-黒いお金
妖花アネウネ物語論・後篇-阿片経済と世界大戦の世紀
Opium King's ties believed went to the top | The Japan Times Online

Official Page/公式ページ
Mandarin Films | 東方電影 香港官方網站 - IpMan 葉問

November 20, 2010

米国防省、サイバー攻撃の権限拡大を要請:Pentagon wants to wage cyber attacks

The Pentagon has said it will release a national defense cyber-security strategy by year's end.

Cyber Command's chief, Gen. Keith B. Alexander, who also heads the National Security Agency, wants sufficient maneuvering room for his new command to mount what he has called "the full spectrum" of operations in cyberspace.

Offensive actions could include shutting down part of an opponent's computer network to preempt a cyber-attack against a U.S. target or changing a line of code in an adversary's computer to render malicious software harmless. They are operations that destroy, disrupt or degrade targeted computers or networks.

[...]CIA has argued that such action is covert, which is traditionally its turf.- "Pentagon is debating cyber-attacks" Washington Post

サイバー国家防衛戦略の年内とりまとめを進めているアメリカで、国防省サイバーコマンド司令官兼国土安全保障省(NSA)トップのキース・アレクサンダー将軍が、敵国をサーバー空間で全面攻撃できる権限を求め、オバマ政権の法務サイドが「違法じゃないの?」と難色を示している。

ここで言うサイバー攻撃とは例えば敵国のコンピュータネットワークをシャットダウンして先制攻撃をしかけたり、敵国のコンピュータのコードを書きかえて悪玉ソフトウェアを無効化する工作などのこと。相手国のコンピュータやネットワークを破壊・撹乱・劣化させる活動を指す。

法務が気にしているのは監視活動に伴うプライバシー侵害などなど。CIAはそれは本来自分たちの職務だ、とけん制しているのだけど…(「米国防省、CIAがテロリストのおとり用に作った掲示板を奇襲! 」なんてこともありましたからね)。日本はサイバー国家防衛戦略って何かやってたっけ…?


Related:
国防省サイバー担当が語る:東京の郊外より・・・:So-netブログ
米サイバー司令部の本格的始動の意味合い : 現下の国際問題

[Washington Post]

November 15, 2010

「絞首台と化しそうだったTwitter」というタイトルにTwitterがある理由:Googler Accuses Twitter Engineer of Sex Attack

(c) Gawker
This entry (English Title:'NSFW: Playing Hangman on Twitter') topped TechCrunch Japan's most read entries last week.   So I checked what 500+ bookmarkers have a say. Then I realized nobody really knows what happened to which major internet companies!  That's not good when "Twitter" is in its title...

さっきTechCrunch日本語版の先週の記事ランキング見てたら、トップに「絞首台と化しそうだったTwitter」という記事があった。

ああ、あのGoogle社員の女性ブロガーがTwitterの男性エンジニアを暴行で訴えた件を、TechCrunchが記事公開後削除した件か…となにげにコメント見て驚いた。誰も削除された記事の内容を知らないのだ! これじゃあ、「Twitterを絞首刑」というタイトルも意味不明じゃないのかな…。

疑わしきは罰せずという意見には私も賛成だけど、この件に関しては、「男性側の話も聞かないと判断できないよ、片側の主張だからね!」と書き方に気を付けたら報道はアリだと思う。判決まで待たないと報道もできないんじゃ「AがBを訴えた」という世の中の記事は全部ボツなっちゃう。

本件は「ちょっと触られたぐらいで大袈裟にブログ&ツイートで名指しで騒いで欠席裁判煽ってるグーグル女子」という見方もできるけど、彼女は「こういう目に遭うのは今回が初めてじゃない」と書いてるので、それが本当なら「やっと初めて声をあげたら世のギーク全部敵に回して狂言扱いの憐れなグーグル女子」という話かもしれない…よ?

女性側の訴え


グーグルのノイリン・シャーリー(Noirin Shirley)さんはアトランタでApacheCon開催中、TwitterエンジニアのFさんに性的暴行を受けたとしてアトランタ警察に届け出た。女史がブログに書いた詳細によれば”事件”はカンファレンス閉会後、ホテルの部屋隣のアイルランドパブで交流会のとき起こったらしい…。

トイレに行こうとしたらFさんに呼び止められて、話があるけどちょっといいかなと聞かれました。私はApache役員で相談を受けるのは珍しいことでもないので行きました。すると個室に連れていってスツールに座り、掴んで引き寄せてキスしてきたんです。必死で押し返そうとしながら興味ないと言ったら(言葉が足りなかったかもしれないけど、はっきり意思表示しなかったとは思いません)、手を下着に突っ込んできていじくり回してきました。私はダッと逃げ出してみんなのところに戻り、大きい体格の男の人の影に隠れました。[...]翌日彼は欠席でした。

私も何杯か飲んだ後でしたし、スカート丈も、ステージ上がって踊るとき気にしなくていいよう、下に自転車用のショーツ履くぐらいの丈だったし、パーティーでは他の男の子たち何人かといちゃついてたのは事実です。

こういうこと起こるのも今回が初めてじゃないし、全然。テクノロジーのカンファレンスでこういうことが起こるのも今回が初めてではありません。でも、こういうかたちで声をあげたのは今回初めてです。馬鹿な奴に私の1日を台無しにされても、本人はそれについて何ら取り調べ受けなくていいなんて感覚にはもうウンザリなんです。怖がるのもウンザリ。別の格好にしなきゃダメだと言う人にもウンザリ。 隙が生まれるからビールは控えた方がいいと言う人にもウンザリ。男には君の気持ちが読めないんだから、君が読まなきゃダメ、誤解する印象を与えないようにしなきゃ、という人にもウンザリ。

けど私、誤解する印象なんか与えてないです。男の人が私の気持ち読めないというのも事実とは違います。暴行なんか受けるの嫌です。ほとんどの男の人はその気持ち、ちゃんと読んでくれてますよ。[...]

男性側は沈黙を守っている。まさかフラれるとは思わなかった、という辺りなんじゃ…。

November 14, 2010

グーグル昇給リーク社員解雇の本当の理由:Google raise leaker fired because he put employees at risk of mugging

While everybody is wondering what happened to Google employee who leaked the news that Google fired employee who leaked that all Googlers get 10% raise and $1000 bonus, yet another Googler talked about the real reason why the raise leaker was fired.

Googleが「全員10%昇給+$1000ボーナス支給」のニュースをフォーチュン誌にリークした社員を数時間以内に超スピード解雇した件で、みんな「リーカー解雇の話をリークした社員は解雇しないのかね?」と心配する中、もうひとりのグーグラーが本当の解雇理由をCnetにリークした。
This, according to him, is the insider's view: "The leaker was promptly fired because he or she selfishly and thoughtlessly put 20,000 co-workers in immediate danger of being mugged while carrying holiday bonus cash on their way home in the dark that very evening. And because the leaker directly disobeyed repeated and very explicit instructions from the top, not to leak this bonus news prematurely before evening when all workers were home safe.

(彼は本件を社員の立場からこう見ている。「リークした社員が即刻解雇になったのは、彼/彼女が自己中心に、分別なく、当夜暗い夜道をホリデーボーナスの現金抱えて帰宅する同僚2万人を盗難の危険に晒したからだ。また、全社員が夕方無事帰宅するまでボーナスのニュースは外部にリークせぬようトップから繰り返し言葉で指示を受けたのに、従わなかった) - Cnet

If that's true, as some readers comment, handing out stacks of C-notes is Google's problem, not the leaker's. むぅ…。「1000ドル札束で払った話が本当なら、グーグルの危機管理の方が問題なんじゃないの?」というコメントに1票だなぁ…。

[Cnet]

史上最低のAPEC首脳集合写真:The Most Boring APEC "Silly Shirts" Class Photo Ever

APEC leaders in "smart casual"; 2010 Yokohama summit 何が「スマートカジュアル」だ!
(c) Charles Dharapak/AP (via The Boston Globe)

Since 1993, Asia-Pacific Economic Co-operation (APEC) leaders have posed together for a group photo in native attire for what's come to be known as a "silly shirts" class photo.  But this year, Japan passed on it (again!).
The government official declined to give a reason for this year's fashion decision, but traditional kimono, once the preferred dress of samurai, aristocrats and workers alike, could have made some of the leaders look uncomfortable, including Hu, who favors dark Western business suits.-No kimonos for APEC leaders in Japan - Reuters
But China provided their own costume, right?

APEC 2001 Shanghai summit 中国も配ったろうに!(c) Andrew Wong/Reuters
An era ends as APEC summit ditches the 'silly shirt' photo - The Globe and Mail

Look!  Hu was quite comfortable in the most challenging Chilean poncho!

APEC 2004, Chile あのポンチョでも笑顔を振り撒いた胡錦濤主席
(c) Adrian Wyld/The Canadian Press (via The Globe and Mail)
If kimono is too much trouble, why not trying chanchanko next time?  Seems like a quick solution to me, no? Obama is getting ready to host next year's APEC in Hawaii, remarking "I look forward to seeing you all decked out in flowered shirts and grass skirts."


chanchanko 次回こそ(c) l-espoir

Oh...My...God. APEC first ladies dressed in weird kimonos designed by Hiroko Koshino
天狗かい!コシノヒロコの着物で写真を撮るAPEC首脳夫人(c) Jiji

G20の影に隠れて存在感の薄いAPEC唯一最大の見せ場は、最後に各国首脳が主催国の「Silly Shirts(馬鹿シャツ)」を着て撮る集合写真。1993年にクリントンが軍ジャケ配って以来の伝統で、来年はオバマがハワイサミットで「葉っぱのスカート配ってやるぜ」と早々に張り切ってる

ところが今年の主催国・日本は大阪に次いでまたまた着物をパスし、ドレスコードは味も素っ気もない「スマートカジュアル」。ディナー直前で着替える暇ないのはわかるけど、残念この上ない。

「今年のファッション選考理由について政府はコメントを拒んでいるが、西洋風ビジネススーツを好む胡(胡錦濤国家主席)はじめリーダーの中には、かつて侍・貴族・労働者の別なく好まれた伝統的着物がしっくり馴染まない人もいたのかも」とロイターは書いてるけど、中国だって自分が主催国の時はちゃんと中国服配ったじゃんね。それに胡主席、あの史上最も変なチリのポンチョもまんざらでもなくニコニコ着てたんだから、気の回しすぎじゃないの?

次回はぜひチャンチャンコでやってもらいたいものだ。