October 17, 2018

サウジ記者失踪~婚約者の寄稿:My Fiancé Jamal Khashoggi Was a Lonely Patriot @nytimes

(c) CNN

My Fiancé Jamal Khashoggi Was a Lonely Patriot - NY Times

BY Hatice Cengiz, New York Times


- in Japanese


ジャマル・カショギ(Jamal Khashoggi)に出会ったのは今年5月、イスタンブールの会議のときです。中東湾岸情勢のことに関心があったので名前は知っていたんですね。30分ぐらい政治の話をしました。ジャマルは祖国サウジアラビアでいま信じられないようなことが起こっている、とても心配だと語っていました。

会議の後、お礼のメッセージを送ったところから連絡を取り合うようになり、ほどなく恋愛に発展。中東の政治のことにもしっかり声をあげるジャマルの精神性と勇気を心から慕い、彼が戦い続けた民主主義、人権、表現の自由。、それを求める思いで結ばれた恋でした。

実家はトルコのカイセリ県の出で、ジャマルはジャーナリストとして30年間働き、サウジ・ガゼット紙などの記者を歴任し、Arab NewsとAl Watanの編集長、TV局経営、評論活動の傍ら、サウジアラビア政府・政界トップの政策顧問を務めた人物です。元情報局長であるTurki al-Faisal王子の顧問を務めた経験もあります。

世界中を飛び回る人生でしたが、サウジアラビアが一番だと言っていました。帰ることは叶わない身になってしまいましたが。ムハマド・ビン・サルマン皇太子を批判する有識者と活動家が一斉摘発されたとき、ジャマルはスーツケース2個をもって亡命した身だったのです。

でも祖国を誰よりも愛した人でした。反体制活動家と紹介されるたびに、それは違うと言って、「ペンの力で国のために働くフリージャーナリスト」と言い直していたものです。サウジアラビアを捨てたのは、そうする以外、報道を続ける道がなかったからです。

祖国で牢屋に閉じ込められている友達のことを思って塞ぎ込んでいるときには、「まだこうして自由に書けるのだから」となぐさめたものです。声と影に追われる悪夢にうなされる夜もあり、朝電話をかけるといつも、声を聞いてホッとしたよ、やっと笑顔になれた、と言っていました。まさか悪夢が現実になるとはあのときは思いもしませんでした。

ジャマルは実直で、心が広く、温かいところが本当に好きでした。最初は世界的に著名な評論ジャーナリストというシャープなイメージでしたが、そのずっと奥にあったのは、痛いほどの望郷の思いに駆られて苦悩する、どこにでもいるひとりの人間の姿です。マディーナの街をまた歩いてみたい、生まれ育ったあの街、友と飽きるまで語り明かしたあの街を一度でいいから歩いてみたいと、いつも言っていました。

ワシントンDCに仕事の拠点を移して1年以上になるのに、なかなか馴染めなかったようで、「祖国も家族も友達もない、精神風土も違う異国暮らしは荷が重すぎる」と言っていました。とても孤独でした。「愛するHaticeもいるし、健康な体も何もかもある。でもここには人生を分け合う人がだれもいない」と言うジャマル。結婚では愛と思いやり、そして何よりも人生をともに歩む伴侶を求めていたのです。

愛するふたりで新しい人生を歩むことを夢見てジャマルは、ワシントンからイスタンブールに飛びました。結婚に必要な書類をもらいに。余生を幸せに生きたい一心で、あの運命の日の10月2日午後、サウジ領事館に足を踏み入れたのです。

ふたりには夢がたくさんありました。まず新居をもつこと。結婚したらアメリカにいる友達に早く会わせたい、もう朝ひとりで目覚めなくてもいいんだね、と毎日毎日言ってました。あれだけの苦悩を抱えていながら、ジャマルはそれを決して人には言わなかった。いつも山のように強くありたいと願い、がんばり続けていたのです。

サウジの領事館に(前の奥さんとの)離婚証明書を受け取りにいく日の朝はとても明るかったです。その日は私も大学を休んで一緒に行きました。領事館の窓口の人には午後1時に出向くように言われていたし、悪いことが起きるような予兆はどこにもありませんでした。

領事館に向かう道々、あとで新居用の家電を見て、晩ごはんは家族、友達と一緒に食べようねと、その日の予定まで話し合っていたんです。ジャマルは領事館に着くと、颯爽と中に入っていきました。もしすぐ出てこなかったらトルコの当局に通報するようにと言い残して。それが最後のお別れになるとわかっていたら、私が代わりに入っていったのに。そう気づいたときには時すでに遅く、ジャマルは二度とビルから出てくることはありませんでした。彼は永久に消え、私の心もあの日あの場所で永久に失われてしまったのです。

あのときふたりは別々の世界に永久に分かれてしまったのだと思います。どこに行ってしまったの? 生きてるの? まだ生きているなら、今どうしているの? 疑問は堂々巡りを繰り返し、時ばかりがむなしく過ぎていきました。



今日はジャマルの誕生日です。本当は身近な人たちを招いて、寂しがり屋のジャマルのために愛情たっぷりの温かい誕生会を開く予定でした。本当なら今頃はもう夫婦になっていたはずでした。

あれから12日経ちますが、ジャマルの行方は未だにわからないままです。毎朝目覚めるたびに今か今かと連絡を待ちわびる自分がいます。正式発表はまだですが、サウジアラビアは未だに生存を裏付ける証拠を出していませんので、ほぼ絶望的です。やはりジャマルを暗殺したという報道は本当なのかと、最悪の事態を想定せざるをえません。

もし報道が事実だとするなら、ジャマルはムハンマド・ビン・サルマン皇太子の配下の若者たちに殺害され殉職したことになります。それは私のみならず、良心とモラルを持つすべての人にとって大きな喪失です。ジャマルが他界したとするなら、これはもはや糾弾で済む話ではありません。政治信条に関わりなく、法に則り罪を贖うべき話です。

トランプ大統領がホワイトハウスに私を招きたいと話していることをニュースで知りました。イスタンブールのサウジ領事館であの日何が起こったのか、真相究明に力を貸してくださるのであれば喜んでお受けしたいです。

ジャマルは弾圧に反旗を翻し、最後は自由を求めるサウジ国民のために自らの命を捧げました。もうこの世にいないのだとしても(そうは思いたくないですが)、今日この日、彼の遺志を継ぐジャマルが無数に誕生することを願ってやみません。ジャマルの思いと志に共鳴する人はトルコ、サウジアラビア、そして世界中にいるはずです。弾圧は決して長続きしません。暴君も最終的には自分の犯した罪から逃げ切ることはできないのです。

愛する人がこの世を去ると、あの世はもう怖くないし、そんなに遠い場所にも思えません。辛いのはこの世です。どこを探しても、もうここにあの人はいないのですから。

July 10, 2015

記者席の小競り合い:BuzzFeed v Leigh Sales

記者席が前なことに気をよくしたバズフィードのMark Di Stefano記者(元ABC)が、後ろのABC放送ベテランアンカーのLeigh Sales記者に「前が見えなかったら、ごめんよ~」とウキウキとツイートしたら…
「バズフィードの後ろに座るとこんなこともできるからやめられないのよ」とツイされ、あえなく撃ち落された。
「毎度10通りにムカつく、バズフィードです」




February 27, 2015

アカウンタビリティ≠説明責任:Definition of Accountability

今、「アカウンタビリティ」っていうのがあって、みなどう訳してるんだろうなと思って検索したら「説明責任」というのが飛び込んできた。これはちょっと狭義過ぎると思う。

アカウンタビリティと聞いて私が思い浮かべるのは、「自らの行動に対し責任を引き受けること」である。consequence、retributionとコンビ。説明責任を果たすだけでなく、自分の行動に落ち度があればそれを自分の非として認め、相応の処罰を受け、最悪辞める、ここまでがワンセット。説明責任は、その一要素に過ぎない。

「He's held accountable for his action.」という言い回しでもわかるように、株主なり有権者なり上司なり「責任追及」する人間が別にいて、そこに説明できなければ、責任をとらされる状態。

反対は、「shift the blame on others(責任転嫁)」。アカウンタビリティが低い政治家は、国会答弁でシドロモドロの人を言うのではない。のらりくらりと言い逃れして秘書をクビになんぞして現職に居座り続ける人のことを指す。

accountabilityとresponsibilityの違い


このふたつは似てるようで違う。ここの定義によると、「リスポンシビリティ(責任、担当)」はヘマをやってもやらなくても存在するが、「アカウンタビリティ」は①他人と共有できない、②行動が起こった後に発生する、という違いがあるのだという。言われてみればそうかな。

たとえば、在庫確保するのが仕事のトムさん。在庫を確保するのはトムさんのリスポンシビリティだ。在庫がある限り、トムさんのアカウンタビリティが問われることはない。アカウンタビリティが問われるのは、いざ在庫が切れたときである。

チーム全員でリスポンシビリティは共有できる。が、チームで問題を起こしてアカウンタビリティを問われる(責任をとらされる)のはひとり。

追記:  そういえば昔、「おまえら自由にやれ。俺はおまえらの責任とってクビになるために会社きてんだからさ」とかなんとか言って朝から晩まで麻雀してる上司がいたが、今思うとあれはアカウンタビリティの高い偉人だった。


January 15, 2015

「テロリストは全員イスラム教徒」の嘘を数字で検証:Are All Terrorists Muslims? No



Dean Obeidallah debunks the myth on The Daily Beast.

When I saw Charlie Hebdos attack, the first thing that came into my mind was Anders Breivik, the Christian terrorist who killed 77.  I was wondering how the number stands between Islamic vs non-Islamic terror attacks.  Now I know.


Are All Terrorists Muslims? It’s Not Even Close

by Dean Obeidallah, The Daily Beast


- in Japanese

「イスラム教徒が全員テロリストと言ってるんじゃないですよ。だけどテロリストは全員イスラム教徒じゃないですか」―何度この言葉を耳にしたことだろう。

Fox司会のBrian Kilmeadeも言った(動画上0:39-)し、週末にはテロの"専門家"のSteve Emersonが「英バーミンガム市はイスラム教徒だらけで他教徒を締め出している」とデマを言って謝った。Foxだけなら「所詮は視聴者の頭を悪くすることしか考えていないような局だからなあ」と受け流すこともできるが、常識人の中にもこういうことを言い出す人がいるのは、困ったものだ。

この言葉の後に彼らは決まってこう言うのだ。「なぜキリスト教徒、仏教徒、ユダヤ教徒のテロリストはいないんでしょね?」

確かに、イスラム教徒でイスラムの名のもとに凶悪犯罪を起こす人はいる。われわれイスラム教徒から見たらあんなの信仰でもなんでもない、ただの政治活動なのだが、そうは言ってもイスラムはイスラム、否定はしない。

でも、これを書くとショックかもしれないが、欧州・米国でテロ行為を働く人間の大半はイスラム教徒以外の人なのだ。

知らないのはあなたが悪いのではない。マスコミのせいだ。

少し興味をもった人のために数字を少々並べてみよう。まずヨーロッパ。過去5年間に起こったテロ攻撃のうちイスラム教徒による犯行は何%だと思う? 正解は2%未満である。

ユーロポール(欧州警察機構)が昨年発表した報告で書いてるように、欧州のテロは分離主義グループによる犯行がほとんどだ。たとえば2013年ヨーロッパで起こったテロ攻撃は152件で、うち「宗教的理由」による犯行はたったの2件。逆に民族国粋主義や分離主義思想の者による犯行と断定されたものは84件にものぼった。

具体的にどういう犯行のことを言ってるのかというと、たとえばコルシカ島のフランスからの国家独立を求める「コルシカ民族解放戦線(FLNC)」、ここは2013年12月、フランス国内2つの市で警察署に同時爆破テロを仕掛けている。2013年後半ギリシャでは極左の革命的人民闘争軍が、右派政党「黄金の夜明け」の2人を射殺した。イタリアでは「無政府主義者連盟(FAI)」が記者に爆弾を送るなどのテロ攻撃を繰り返した。いちいち書いたら枚挙にいとまがない。

こういう事件は果たしてニュースになっただろうか? おそらくなってない。犯人がイスラム教徒だったら? マスコミは報じたのか? 答えは、言わずもがなである。

2011年にはアンネシュ・ブレイビクという男がノルウェーで77人を殺害し史上最悪のテロ犯罪と騒がれた。犯行声明で彼は反イスラム、反移民、「キリスト教のヨーロッパ」支持の立場を明らかにしたが、これがアメリカでどれほど報じられただろう? もちろんニュースにはなった。だが、イスラム教徒のテロリストだったらあんな扱いでは済まなかったはずだ。アメリカではブレイビクが「キリスト教徒のテロリスト」だと書くだけで怒り出す人までいた(例: Foxニュースのビル・オライリー)。

仏教徒のテロリストはいるのか? いる。ミャンマーでは過激派の仏教徒がイスラム教徒を殺し、何ヶ月か前にはスリランカでイスラム教徒の家や店が放火されイスラム教徒4人が殺害された。

ユダヤ教徒はどうか? 2013年に米国務省がまとめたテロの報告書によると、イスラエル人入植者によるテロ犯罪は399件という話だ。俗に言う「プライスタグ」攻撃で、ユダヤ教テロリストがパレスチナ市民を襲って93名が負傷、多くのイスラム教礼拝堂とキリスト教教会が荒らされた。

米国もヨーロッパ同様、イスラム教徒によるテロ犯罪の割合いは少ない。FBIが1980年から2005年までの間に米本土で起こったテロ犯罪を調べてみたところ、94%はイスラム教徒以外の者による犯行だった。42%は南米移民系グループで、続いて24%は極左翼による犯行という。

2014年ノースカロライナ大学が行った調査では、9/11同時多発テロ後、イスラム教徒が関与するテロリズムで亡くなったアメリカ人は累計37人。同じ時期に殺人事件で亡くなったアメリカ人は19万人にものぼる(PDF)。

2013年にはテロリストより幼児に殺される確率の方が高かったぐらいだ。この年ボストンマラソン爆破テロで亡くなったアメリカ人は3人、幼児に銃の誤射で撃たれて亡くなったアメリカ人は5人だった。

これが実態なのに、マスコミは非イスラム教徒のテロの取材にはまったくやる気を示さない。なぜか? ビジネス上の判断だ。恐ろしい「他者」を報じる方が受けはいい。善と悪の戦いで、アメリカ人は善、肌の茶色いイスラム教徒は悪、という構図の方が受け入れやすいからに他ならない。

昔はマスコミも、堕胎反対で産婦人科医院を襲撃する人々のことを「キリスト教徒のテロリスト」ときちんと報じていたものだが、最近はとんと聞かなくなった。アメリカの産婦人科は5軒に1軒の割合いで襲撃されているというのに。これも受けが悪いのだろう。結局ここは「キリスト教国家」。国内の敵に目を向けざるをえないニュースを不快に思う人も多い。下手するとチャンネルを変えてしまうからね。

アメリカでは1日30人が銃で殺され、家庭内暴力で1日3人の女性が殺されている。こういう話もあんまり多くは報じられない。これも同じ理屈による。逆にあの恐ろしい褐色のイスラム教徒による凶行をどう阻むべきなのか、という話になると専門家がとっかえひっかえ出てきて口角泡を飛ばして激論を交わす。しかし現実にはイスラム教徒より冷蔵庫が倒れて死ぬ確率の方が高いのだ。

僕はこの記事でマスコミのビジネスモデルを変えようなんてこれっぽちも思ってない。読んだ人の中から「テロリストが全員イスラム教徒というわけでもないんだな」と気づいてくれる人が出ればそれで。 実は本当に小さな割合なので。イスラム教過激派の脅威を無視しろと言ってるんじゃないよ。冷蔵庫にも気をつけようね、と言いたいだけ。


related: Muslims and Latinos much more prominent in TV crime news than in real-life crime イスラム教徒による犯罪のテレビ報道、発生率の割に多め―米調査

UPDATE: 乱文直しますた。汗