February 27, 2007

カノンロックのトリビア:Canon Rock Trivia

Before (02:08)
After (02:06)

Trying to update my previous entry, I realized that NYT 'revealed' FunTwo's true identity just a couple of weeks after my posting. By now, Wikipedia has entries about its arranger Jerry C and Jeong-Hyun Lim, a.k.a. FunTwo. I'm happy to know they credited JerryC for arranging the song, though Digg folks say JerryC should be the one with the article about him ( I agree).

People will argue all day long over who plays the best and there are no clear winners. "Less is better" blog compared Symheris (France) with FunTwo. In the comment field, it provides Canon Rock Tab location (JerryC no longer provides it on his web) and the following tips. ;
[...]Funtwo stopped when the song goes to that sign with the green walk sign. If you look at the bed sheets you will see they have moved slightly.... Also if you look at where the mouse is and the positioning of the mouse mat you will notice it is moved as well...Thus by not playing the entire song the entire way through he loses this fight...I can't believe no one has noticed this... (posted by TenchuX on Dec. 18)
Actually iamexcite at Digg had already pointed it. So I captured the images to see the difference. Yeah, they're right...the mouse grows in two seconds with the mouse pad sliding a little away from FunTwo. Devil's details...;)

But again, FunTwo has already admitted in NYT interview that he had recorded the video and audio independently. So, if he combined the best performances together, it's OK. Everybody does it, and he never imagined he'd stay on top of YouTube for such a long time.

I wish each one of those great Canon Rockers get what they deserve. Just like Coke+Mentos guys who got a contract, Asian Backstreet Boys, Rahmens who now plays in Get a Mac ad, and ...hey, what happened to the Revolution of Dance guy? Any news? :)

Look at Jerry C. He's way too skinny. Why doesn't he put some donation box or wish list on his web? Or is there any other way to monetize it? ...I'm just wondering.


Jerry C(Taiwan) / FunTwo(Korea)
Virose(Indonesia) / Symheris(France)



カノンロックのFunTwo君、本名はJeong-Hyun Lim君という。

ソウル在住の23歳でギター歴6~7年。2000年に1ヶ月ギターを習った以外は独習だ。ニュージーランドのオークランド大学 に数年留学経験もあって英語は堪能。来月そちらの大学に戻る予定らしい。カノンロックはネットでJerryCを見て夢中になって彼のウェブからTabをDLして掲示板のアドバイスを参考に練習した-。

昨夏「カノンロック聞き比べ」というエントリを書いて約2週間後、こんなFunTwoの“正体判明!”のニュースがNYタイムズに載った。続報ではJerryCの話もあるし、ニセFunTwo(マイスペースに「自分がFunTwoだ」という嘘ページ作ってすぐ削除した子がいた)の写真やコードの解説もある。Diggでは「JerryCを取り上げるべきだろう」との批判が目立ったけどね。まあ、おかげで今は2人ともウィキに入る有名人だ。
Jerry C
FunTwo(本名Jeong-Hyun Lim)

一番うまい弾き手はだれ? という議論は相変わらず続いているけども、昨夏と違って最後は「やっぱり編曲して広めたJerryCが偉い」というオチが目立つようになった。

ここのブログさんSymheris vs. FunTwo対決で盛り上がっている。コメントが妙に面白くて読んでたらCanon RockのHTMLタブ解説)とあと一つ、こんなコメントが…。;
[...]Funtwoは青信号のところで演奏やめてるんだ。ベッドのシーツを見てごらん。ちょっとズレてるだろう。マウスマウスパッドの位置もそう、動いてる。通しで弾いてないから勝負は彼の負け。誰もこれに気付かないなんて信じられないよ。(TenchuX氏、昨年12月18日付け)
実は同じ指摘はDiggでも8月に出ている。確かめてみたのが上のスクショだが、どうだろう? マウスは確かに2秒で大きくなっている。マウスパッドもややズレてるような…。細部の悪魔。

でもFunTwo君、これ別に隠してるわけじゃなくてNYタイムズには「録画と録音は別々にやってます」と正直に話してる。ベストなパート繋ぎ合わせるのなんてレコーディングではみな普通にやっていることだし、まさかこんな長くYouTube音楽部門のトップ独走するなんて本人も思っちゃいなかったようだから…。

「まだまだっすよ、もっと練習しなきゃ」、「ビブラートが甘いって言われたので今特訓中です」…と、飽くまで謙虚なFunTwo君。このアジア人特有の“謙虚さ”がまた感動なんだけど、同じアジア人としてはJerryCもあの后舍男生とか、ラッセル・ピーターズ とかCoke+Mentos契約とった2人鮨ビデオで有名になったラーメンズみたいに契約とれんのかしら?とつい思ってしまう(ダンスの進化の彼は今…?)。 ウェブでこれだけ話題で収入がゼロっていうのは哀し過ぎ。「もうちょっといい生活させてやれ」というxpotechi氏に1票だなあ。

パッヘルベルのカノン(英名「Pachelbel's Canon in D」、原題「Kanon und Gigue in D-Dur」) は1680頃作曲された室内楽。子どもの頃から馴染みのあるこの曲を、台北のギタリストJerry Chang氏(25)が2005年夏、2週間がかりでアレンジしたのが「カノンロック(Canon Rock)」で。動画をGoogleVideoにアップするなり世界中からTab、バッキングトラック、バスラインの問い合わせが殺到、氏はウェブのLESSONコーナー(現在閉鎖中)で情報を公開した。日本の練習サイトはここ(ほかにもご存知の方がいらしたら教えてください)。

0 comments:

Post a Comment