January 18, 2010

グーグル対中方針はセルゲイ・ブリンの意向:Sergey Brin's behind Google's China Ploy

Google's bold stand against China was Sergey Brin's personal decision.  The Independent shares some of his life stories.;
Brin was born in Moscow in August 1973, to parents whose ambitions had been thwarted by the state. His father, Michael, was an aspiring astronomer – but the communist party barred Jews from studying physics or astronomy. He became a mathematician, and even then was forced to take more challenging exams than his non-Jewish peers to gain entry to university. He passed, as did Eugenia – later his wife, and Sergey's mother. The family lived with Michael's mother in a small, three-room apartment in Moscow but, after meeting Western delegates at a Warsaw maths conference in 1977, Michael decided his future lay beyond the borders of the USSR.

After applying for an exit visa, Sergey's father was fired from his job, so in the long months before the Brins were at last given permission to leave the country, he taught his young son computer programming.   -read more at The Independent

You can view rare photo of Sergey, 6, with his father here


グーグルの対中方針転換はセルゲイ・ブリン氏の意向らしい。

The Independentによると撤退の話は前からあったようで、そもそもエリック・シュミットCEOが中国進出の際に検閲に同意したことがセルゲイはずっと気に入らなかった。2008年5月8日グーグル年次株主総会で会場から中国撤退の動議提案がなされた際もラリー・ページ氏とエリック・シュミットCEOは反対票を投じたのに、セルゲイは投票を棄権してしまったのだという。

検閲停止宣言は法務最高顧問(CLO)の署名入りだが、決めたのは共同創始者2人。WSJは中国に残ろうと言い張るエリック・シュミットCEOと撤退派の共同創業者2人の間で今、白熱した議論の最中だと伝えている。

セルゲイ氏の自由願望は、ユダヤ人迫害を逃れて一家で渡米した生い立ちにある、と言われている。
ブリンは1973年8月モスクワ生まれ。両親はふたりとも国家の手により将来の夢を摘み取られた人である。父Michaelは天文学者になるのが夢だった。が、共産党はユダヤ人に物理学・天文学の学問を禁じている。そのため数学者になった。それでもまだ大学受験では非ユダヤ系の同級生より難易度の高い試験を受けるよう強制された。試験は見事合格。合格者にはEugeniaもいた。後の妻で、セルゲイの母となる人だ。

一家はMichaelの母とともにモスクワ市内の小さな3部屋のアパートに同居した。しかし1977年ワルシャワで開かれた数学の学会で西側代表団と知り合ったMichaelは、自分の未来はUSSR(ソ連)の国境の向こうにあると確信、出国を心に決める。

出国ビザ申請後セルゲイの父は会社を首になる。そして一家に出国許可が降りるまで何ヶ月もの長い期間、彼は幼いセルゲイにコンピュータプログラミングを教えて過ごした。-The Independent

渡米してすぐの1980年春に撮った父子はこちら(転載不可)。
セルゲイ当時6歳、とある。


[The Independent]

0 comments:

Post a Comment