April 13, 2008

アメリカの聞き語りを集めるStoryCorpsの試み:"Listening Is an Act of Love"


The essense of America lies not in the headlined heroes...
but in the everyday folks who live and die unknown,
yet leave their dreams as legacies.
- Alan Lomax, 1940


I first came across the StoryCorps via a remarkable audio recording on MediaStorm I introduced here. StoryCorps, launched by Dave Isay in 2003, is a project to record the conversation bet'n two who are special to each other and to archive it in the Library of Congress. The notion is dead simple;
"Everybody’s story matters and every life counts."
To turn nothing into something, we need a little magic spell, which is StoryCorps.

When I found their book "Listening Is an Act of Love" in Heavenley Valley, I brought it to the casher without checking the price. I finished reading it on aboard to Hawaii for Easter break.

I loved every single story; some are funny, others are sad. It shares a bizarre yet beautiful experience of a father who lost his son, fascinating story of a steelmaker whose father was also a steelmaker, impressive testimonial of 9-11 witnesses, a prisoner talking about a life in prison days before death, and so on.

On a lot of levels, the book reminds me of 'Gig: Americans Talk About Their Jobs' I once tried to translate. Publishers in Tokyo really loved my book proposal, but unfortunately none of them could (or bothered to?) get the licenses from 50+ writers and 50+ interviewees.

The stories here offer broader range of topics. Conversation is more intimate, resonating, and true to oneself.

On p.190-193, there's this retired sanitation worker talking to his wife about his first 65-days-strike that happened back in 1968. The couple was there at Mason Temple where MLK delivered his last speech a night before he got killed. A week later, I noticed a traffic spike to my 'I have a dream' page, and that's when I realized it was 40 years after his death.


これは昨年出版された本『Listening Is an Act of Love』。

ここで紹介したMediaStormの声の録音があまりにも素晴らしくて、誰が録音したんだろうと、音声レポートの方の名前をクリックしたらStoryCorpsというサイトに飛んだ。これは、そのStoryCorpsの本だ。

StoryCorpsは小さなバスで全米を回って市井の人の声を収録し、米国会図書館にアーカイブ保存して、後世の人が誰でも聞けるようにする米史上最大の聞き語り収録プロジェクト。創設者デイブ・アイセイ(Dave Isay)氏の音頭で、2003年10月23日NYグランド・セントラル・ターミナルを皮切りに、これまで3万人の声を収蔵している。

クリスマスにタホのスタバで見つけ、「わー、本になったんだー!」と迷わずレジに持ってったはいいけど、なかなか時間が取れなかったところ、こないだ春休みの機内で読み切れた。

録音はこんな風に行う。
  1. ブースに予約を入れ、友人・家族・ご近所・知り合いなど親しい誰かと2人1組で訪問
  2. インタビューは聞き役が用意した質問にもう片方が答える形式で進める。連れのいない方には窓口の経験豊富なボランティアが聞き役を務める
  3. 制限時間40分。完全に音を締め出した暗いスタジオで1対1向き合って行う
  4. 質問内容は「人生で一番楽しかったこと」、「苦しかったこと」、「生まれたときのこと」、「誰かが亡くなった時のこと」、「今まで言いたくていえなかったこと」などなんでもOK
  5. 終了後、CD1枚は本人に、1枚は本人が同意すれば図書館収蔵に

「普通の仲の良い同士の会話なんて…つまんないんじゃないの?」と思うかもしれないけど、これが意外と…良いのよ。人の、声の、懐かしさ。どの話もひとつひとつに深い味わいと発見、共感、愛情、構えない真実がある。アイセイ氏は「ポエティック」と表現しているけど、まさに、そんな感じ。

聞き語りと言えば、こっち来てすぐの頃、日本の出版社に『Gig』という本の翻訳出版企画書を出したことがある。アメリカのいろんな職業の人が一人一人自分の仕事を語るオンライン・マガジンの人気シリーズが本になったもので、いわば聞き語りの巨人スタッズ・ターケル(Studs Terkel)の名著"Working"の現代版だ。人は何故働くのか?―働くことの意味を考えさせてくれる。

死体清掃人とかカジノ警備とかエスコート嬢とか、スーパーでドアマンやって楽しくてしょうがない元教授とか、社会の断面とその人の内面が同時に見えるところが、とてもとても気に入ってしまい、是非とも日本語にしたかったんだけど、なんせ駆け出しライター総勢50人以上が50人以上にインタビューかけた人海戦術の本なので、日本側の反応は上々でも版権交渉のところで躓いて見送りになってしまった(何年か後に読み返したらサンプル訳がしょうもなかったので、こちらが原因だったかも!)。

StoryCorpsは身内や友人同士なので会話はもっと親密でリラックスしている。息子を亡くした父親の不思議な体験、親子2代に渡り鉄をつくる人の話、刑務所の単調な暮らしを語る2人(1人は収録から間もなく死亡)、9-11のときWTC105階にいた人が見たもの…ノー・ジャンルだ。

p.190-193では定年後の清掃作業員が奥さんに、1968年65日間の初ストライキ決行の時の模様を話している。夫妻はキング牧師最後のスピーチ「I've Been to the Mountaintop」に立ち会った(翌日キング牧師は暗殺された)。1語1語圧倒されるばかりの内容だ。

読了の翌週、「I have a dream」のエントリが少し混んでるなと思ったら、4日は氏の没後40年の日だった。

Amazon.co.jp:Listening Is an Act of Love: A Celebration of American Life from the StoryCorps Project
Amazon.com:Listening Is an Act of Love: A Celebration of American Life from the StoryCorps Project

0 comments:

Post a Comment