August 22, 2013

全米オープンのボールパーソン選考会:US Open Ballperson tryouts

[...]Andy Roddick always wants extra towels, “because he knows he sweats a lot.” Don’t even think of taking Rafael Nadal’s empty water bottles away. He wants them right there in a row. Never, ever, no matter what, hand a player back the same ball that he or she has just lost a point using. 
例えばアンディー・ロディックは「汗かきだと自覚してるので」タオルは予備が必ずないとダメ。ラファエル・ナダルは空瓶も全部並べておかないと気が済まない人なので、水が空になってもボトル捨てようなんて思わないこと。失点したとき使ったボールを拾って渡すことだけは何があっても絶対絶対ダメらしい。

[...]Last year, more than 500 people tried out for 75 openings. Pay begins at $7.75 an hour, which is not bad in a profession where most would work for free, just to be around the sport and appear on TV.  
昨年は75人の応募枠に500人以上が挑戦した。時給は最低7ドル75セント(760円)。スポーツ選手のそばにいてTVに映るんだから無給でもやるという人がほとんどの職種にしては、悪くない。

Source: News reporter tries out to be a tennis ballperson at the US Open
Nadal's water bottles (and banana)...lol.   I've been wondering how they choose ballpersons all my life and now I found it out.  More here.

テニスのボールボーイ、ボールガールってどう選んでるんだろうなって、ずっとずっと不思議だったのだけど、選考会で決めるんだね! しかもそれが結構な倍率で、2次選考まであるようだ。

こちらの女の子が1次予選でやらされたのは、ネット際、後ろ、スイング脇の球拾い。ボールパーソンには必ずワンバウンドで投げなきゃならなくてこれが壁(他のグランドスラムは転がすので全米だけ)。

こちらの記者さんは選考会に行くなり「なんで頭剃ってこないの?」と言われ、「アンドレ・アガシは一度も剃ったことない」と言ったら、「あなたはアンドレ・アガシじゃないでしょ」とたしなめられた。それは冗談かもだけど、後ずさりは絶対アウトで、走るのは常に前向きなんだって。名古屋の嫁入りトラックのように。

あと本番で難しいのは、各選手の細々とした験担ぎに付き合わされることらしい。ナダルは確かにペットボトルとバナナは1mmも動かせないテンション…あれ動かしたらどうなるのかな。天地割れて世界が終わるんかな。







0 comments:

Post a Comment