April 27, 2012

裸足の弁護士陳光誠氏が軟禁脱出、米大使館?から動画公開:China dissident Chen Guangcheng 'in US embassy'



It was not at all easy, but I finally escaped. All the stories online about the brutal treatment I have received from the authorities, I can personally testify they are all true.

They broke into my house and more than a dozen men assaulted my wife. They pinned her down and wrapped her in a blanket, beating and kicking her for hours. They similarly violently assaulted me. My mother was violently attacked and my daughter harassed.

"We don't care about the law" Policemen told me. "We ignore the law. What can you do about it?"

I may be free but my worries are for my family… my wife, my child, my mother. Perhaps because of my leaving, they may become the target of more brutal abuse.

I want Premier Wen to open a probe into this corrupt behaviour. The money paid by the people in taxes should not be wasted by corrupt local officials to hurt us.

簡単ではなかったが、ついに脱走した。オンラインには私が当局に残酷な扱いを受けた話がいろいろ出ているが、ここに改めて証言する、あれは全部本当の話だ。

当局は僕の自宅に押し入り、男が十数人がかりで妻を傷めつけた。押さえつけて毛布にくるみ、何時間にも渡って殴る蹴るの暴行を加えた。僕にも同じぐらい激しい暴行を加えた。母も傷めつけられ、娘も嫌がらせを受けた。

警官たちは「俺たちは法律なんかどうでもいい。法律なんて無視でいいのさ。それに対して、あんたに何ができるのさ?」と言った。

自分はこれで自由の身になったかもしれないが、家族のことが心配でならない…妻、子ども、母親。私が去ったことでさらに手酷い目に遭っているのかもしれない。

温首相には、この汚職の実態にぜひ捜査のメスを入れていただきたい。こんな人民を痛めつける腐りきった地方官僚に国民の血税を無駄遣いさせてはならない。

Chen Guangcheng, who has been under house arrest for almost 20 months following his release after serving four years in jail, escaped the house arrest and posted this video.  According to BBC, he's said to be in US embassy in Beijing now (US offers no comment.)  

山東省臨沂市が一人っ子政策で女性7000人に中絶・不妊を強制していた実態を暴き、別件で逮捕され4年の獄中生活のあと20ヶ月近く自宅軟禁が続いていた盲目の人権運動家・陳光誠さんが逃走、北京にある安全な場所に保護された(一部支援者は「北京のアメリカ大使館に匿われた」と言っているが、米国務省はノーコメント)。 

子どもの頃に失明した陳さんは、盲目のため大学には通えなかったが、独学で法律を勉強し農民や障害者、女性の人権のために運動を展開、中国では「裸足の弁護士」として知られる。

去年の暮れにはバッドマンのクリスチャン・ベイルが自宅を訪問し警備員にボコボコに殴られている。


Related:

0 comments:

Post a Comment