March 2, 2011

スピルバーグ監督、ウィキリークス本を映画化:Spielberg lines up WikiLeaks film - Guardian

(c) IMdb

It's Woodward and Bernstein meets Stieg Larsson meets Jason Bourne. Plus the odd moment of sheer farce and, in Julian Assange, a compelling character who goes beyond what any Hollywood scriptwriter would dare to invent. - Guardian

これはウッドワードとバーンシュタイン、スティーグ・ラーソンとジェイソン・ボーンの掛け合わせ。そこに全く茶番としか言いようのない妙な展開と、ジュリアン・アサンジという、ハリウッドの脚本家の創作の上を地でいくキャラが加わる。

Steven Spielberg's DreamWorks have secured the screen rights to two WikiLeaks books; WikiLeaks: Inside Julian Assange's War on Secrecy by Guardian journalists David Leigh and Luke Harding, and Inside WikiLeaks by Daniel Domscheit-Berg, Julian Assange's former colleague.

The Guardian reported last year that a US embassy memo released by WikiLeaks reveals that diplomats or representatives from 14 Arab states gathered in April 2007 and voted to ban all films and other products related to Spielberg or his Righteous Persons Foundation that made a  $1m donation to Israel during the 2006 conflict in Lebanon.

スティーヴン・スピルバーグ監督のドリームワークスがウィキリークス本2冊の映画化の権利を買った。ひとつは米国務省外電リークで主導的役割を果たした英紙ガーディアンの記者2人の共著「WikiLeaks: Inside Julian Assange's War on Secrecy」、もうひとつはジュリアン・アサンジから離反した元同僚ルーク・ハーディング著「Inside WikiLeaks」だ。

スピルバーグ監督(ユダヤ系)はユダヤ系を支援する「ライティアス・パーソンズ基金」創設者で、2006年にはレバノンと紛争中のイスラエルに同基金を通して100万ドル寄附したが、これを根にもったアラブ諸国の外交官・代表が翌2007年シリアで会合を開き、スピルバーグ映画を全面上映禁止にする決議を行い、14カ国が賛成票を投じた。その事実も昨年12月のウィキリークスの米大使館極秘文書リークで明らかとなり、英ガーディアンが詳細を報じている。

まったく無関係じゃないので、これは楽しみね!


[guardian]

0 comments:

Post a Comment