November 28, 2010

「グーグルをハックしたのは中国」ウィキリークスが機密外交電文25万本をリーク:Wikileaks - China Was Behind Google Hacking

Whistle-blowing website Wikileaks has disclosed a quarter-million confidential American diplomatic cables mostly from the last three years, and the site is currently under DDOS. You can still view them at NYTimes, Guardian, Spiegel.  Some highlights from NYTimes below.

内部告発サイト「ウィキリークス」が予告通り米国の機密外交光電約25万本を公開し、サンクスギビング明けの眠たい朝からDDOS攻撃でダウンしている。

今回漏えいしたのは、米国務省とアメリカ大使館・領事館など世界中の外交の前線との間を行き交った主に過去3年間の電文(密通者逮捕の経緯)。外交の内幕が分かる内容だけにオバマ政権は公開を控えるよう強く求めてきた。公開前に英ガーディアン独シュピーゲル、仏ル・モンド、西エル・パイスにも流していたので、そちらでコピーが読めるよ。NYタイムズ(ガーディアンからのもらい原稿。アメリカで事前に流されたCNNとWSJは「報道協定違約金10万ドル」の交換条件にサインを拒んだ)から何点か拾っておこう。

・South Korea wants to reunite both Koreas
韓国は北朝鮮が内破した場合、南北統一に本腰を入れる

Gaming out an eventual collapse of North Korea: American and South Korean officials have discussed the prospects for a unified Korea, should the North’s economic troubles and political transition lead the state to implode. The South Koreans even considered commercial inducements to China, according to the American ambassador to Seoul. She told Washington in February that South Korean officials believe that the right business deals would “help salve” China’s “concerns about living with a reunified Korea” that is in a “benign alliance” with the United States.

北朝鮮がいずれ崩壊する可能性: 米韓政府高官は経済的困難と政権継承がもとで北朝鮮が国家内破を起こした場合を見据え、南北統一の展望を話し合った。在ソウル米大使によると、韓国は中国に金銭的に色をつけて誘うことすら検討していた。彼女が2月ワシントンに伝えた話によると韓国政府高官は、中国としかるべき事業提携を結べば、米国と「良好な同盟」関係になる「再統一後のKoreaと共生することに対する中国側の懸念」も和らぐと信じている、という。

・China's Politburo directed the Google hacking
グーグルのシステム侵入を指揮したのは中国共産党中央委員会政治局だった

A global computer hacking effort: China’s Politburo directed the intrusion into Google’s computer systems in that country, a Chinese contact told the American Embassy in Beijing in January, one cable reported. The Google hacking was part of a coordinated campaign of computer sabotage carried out by government operatives, private security experts and Internet outlaws recruited by the Chinese government. They have broken into American government computers and those of Western allies, the Dalai Lama and American businesses since 2002, cables said.

世界的コンピュータ侵入活動: 今年1月北京アメリカ大使館に中国人コンタクトが話した情報によると、中国国内にあるGoogleのコンピュータシステムへの侵入を指揮したのは中国共産党中央委員会政治局(Politburo)だったと、ある外交電文は伝えている。例のGoogle侵入は中国政府がリクルートした政府諜報員、民間のセキュリティの専門家、インターネットのアウトローが行うコンピュータ・サボタージュ活動の一環。彼らは2002年から米政府および西側同盟諸国、ダライ・ラマ、米企業のコンピュータに侵入する活動を行ってきたと電文は伝えている。

・Afghanistan VP carrying $52 million in cash
現金5200万ドル所持して旅するアフガン副大統領
Suspicions of corruption in the Afghan government: When Afghanistan’s vice president visited the United Arab Emirates last year, local authorities working with the Drug Enforcement Administration discovered that he was carrying $52 million in cash. With wry understatement, a cable from the American Embassy in Kabul called the money “a significant amount” that the official, Ahmed Zia Massoud, “was ultimately allowed to keep without revealing the money’s origin or destination.” (Mr. Massoud denies taking any money out of Afghanistan.)

アフガン政府汚職疑惑: アフガニスタン副大統領が昨年アラブ首長国連邦を訪問した際、地元のドラッグ取締管理局職員が所持品の中に現金5200万ドルを発見した。在カブール米大使館からの電文によると所持金は「相当額」だったが、Ahmed Zia Massoud氏は出元と行き先も明らかにしないまま結局持参を許されたそうだ(氏本人は現金国外持ち出しを否定)。

・Putin and Berlusconi have close relationship
プーチンとベルルスコーニは仲良し
An intriguing alliance: American diplomats in Rome reported in 2009 on what their Italian contacts described as an extraordinarily close relationship between Vladimir V. Putin, the Russian prime minister, and Silvio Berlusconi, the Italian prime minister and business magnate, including “lavish gifts,” lucrative energy contracts and a “shadowy” Russian-speaking Italian go-between.

アメリカの在ローマ外交官が2009年イタリア人コンタクトから得た情報によると、ロシアのウラジミル・V.・プーチン首相とイタリアのシルビオ・ベルルスコーニ首相(大物実業家)は異常に近しい間柄で、ロシア語に堪能な「闇の」イタリア人を間に立て、「贅沢な贈答品」や儲かるエネルギー事業契約を交わし合っている。


・What Ramzan Kadyrov brought to a ravish wedding?
ラムザン・カディロフ大統領が用意した結婚式のお祝い

Even in places far from war zones and international crises, where the stakes for the United States are not as high, curious diplomats can turn out to be accomplished reporters, sending vivid dispatches to deepen the government’s understanding of exotic places.

In a 2006 account, a wide-eyed American diplomat describes the lavish wedding of a well-connected couple in Dagestan, in Russia’s Caucasus, where one guest is the strongman who runs the war-ravaged Russian republic of Chechnya, Ramzan Kadyrov.

The diplomat tells of drunken guests throwing $100 bills at child dancers, and nighttime water-scooter jaunts on the Caspian Sea.

“The dancers probably picked upwards of USD 5000 off the cobblestones,” the diplomat wrote. The host later tells him that Ramzan Kadyrov “had brought the happy couple ‘a five-kilo lump of gold’ as his wedding present.”

戦地・国際危機から遠く離れた、アメリカの国益がそんなに高くない現場でも好奇心旺盛な外交官たちはベテラン記者顔負けの取材力を発揮し、生き生きとした報告を送り、見知らぬ土地に対する政府の理解を深めるのに一役買っている。

慧眼のアメリカ人外交官から入った2006年の報告によると、露コーカサスDagestan一帯に広い人脈を抱えるカップルの豪華挙式には、戦争で荒廃したチェチェン共和国からラムザン・カディロフ大統領が出席。

客たちは酔っ払って子どもの踊り子に100米ドル紙幣のおひねりを投げ、夜のカスピ海にウォータースクーターに繰り出した。

「ダンサーらが玉砂利から拾った金はおそらく5000米ドル台はくだらないだろう」と外交官は書いている。後で主催者から聞いた話によると、ラムザン・カディロフは幸せなカップルに結婚式のお祝いの品として「5kgの金塊」を持参したという。
小説のネタに使えそうね。

Wikileaks[NYTimes, Guardian, Spiegel]

0 comments:

Post a Comment