May 24, 2010

史上最も株ですった男ジョブズ:The Dumbest Trade Ever = Steve Jobs' $10B Loss

AAPL 2003-2010 (c) Google Finance

When you have a titan of finance, John Paulson, a hedge fund manager who made the biggest gain ever by betting against subprime mortgage bonds, you have, of course, the dumbest trade ever. And that, according to Market Watch, is Apple CEO Steve Jobs.

"He currently has 10 million shares. At the latest prices, around $250 each, that's made him a thumping $2.5 billion."  But IF he didn't cancel all his options in return for a far smaller number of shares, worth about $75 million at the time, he would have made "$10.3 billion" more.   In short, even Jobs couldn't foresee the remarkable growth the company is enjoying now.

It may be dumb by his part, but I think it's a lot better than robbing somebody else's money and house.


史上最も株で荒稼ぎした男がヘッジファンド界の帝王ジョン・ポールソン(サブプライムローン関連証券でボロ儲け)なら、史上最も大損こいた男は、なななんとスティーブ・ジョブズであることがMarket Watchの調べで分かった。

その取引きが行われたのは2003年3月。

当時は世界の株式市場は底打ちで、イラク侵攻直前の不安な時期だった。2000年はじめのネットバブル崩壊の後、ナスダック総合指数はピーク時から80%落ち、右も左も倒産の嵐。ご多分にもれずアップル株価もピークの$36から約7ドルまで落ち、ピーク時に支給されたストックオプションが水没した社員も多かった(上のチャート参照)。

今は1株$250。ジョブズ氏は現在1000万株持ってるので、$2.5B(25億ドル、約2253億円)ある計算だが、もし7年前の3月、時価約7500万ドル相当のオプションを全部解約して少数株に替えてなかったら今ごろはなんと$10.3B(103億ドル、1兆円弱)余分に儲かってたんだって!

ジョブズもまさかここまで伸びるとは思ってなかったってこと? 1兆円パーするなんてアホだけど、他の人の家や資産奪うよりはマシよね。


[Apple's Jobs blunders on options swap Brett Arends' ROI - MarketWatch]

0 comments:

Post a Comment