January 15, 2010

中国を検閲ソフト盗用で訴えた会社もサイバー攻撃:Law Firm Suing China Hit By Cyber Attack

The L.A. law firm that filed a lawsuit last week against Chinese government for $2.2 billion in an Internet-censoring software piracy case said they came under cyberattack originating China this week. There's no evidence that indicates the Chinese government was a mind-master.

"It would be a very strange coincidence indeed if the attacks were unrelated to the lawsuit, because our firm does not ordinarily in the course of business experience these kinds of attacks," said Gregory Fayer, an attorney at Gipson Hoffman & Pancione. - WSJ

Their client, CYBERsitter, alleges about three thousands of lines of its code were copied by Chinese software developers for the Green Dam software. The company also claims there have been thousands of attempts originating in China, at least one originating from a government agency, to gain access to its private servers.

先週中国政府をソースコード盗用で訴えた法律事務所(Gipson Hoffman & Pancione)も、今週グーグルに似たサイバー攻撃を受けていたことが分かった。

中国政府は昨年6月全PCへの検閲ソフトのプレインストール義務化を発表したが、その際配った政府指定ソフトに米CYBERsitter社のウェブフィルタリングソフトのソースコード約3000行がパクられていたことが判明。同社は今月5日、中国政府と開発2社、ベンダー7社を相手取り賠償金総額550億ドル(約2000億円)の支払いを求める訴えを起こしていた。

ハッカーは社員からのメールを装い、トロイの木馬の入ったウェブや添付にクリックを誘導したが、受信した弁護士は10人とも文面がなんか怪しいのでクリックしなかったそうだ。グーグルの事件もそうだが、こちらも中国政府関与を裏付ける証拠は一切残ってない。が、「訴訟と無関係の偶然にしては出来すぎ。普段の業務でこの種の攻撃を受けた経験はないからね」と事務所の弁護士は話している。

訴状によると、原告のCYBERsitter社は中国発のシステム攻撃に何千回と晒されており、うち少なくとも1回は中国政府官庁からのものだったという。

[LA Times, WSJ, PC World, AFP, 21世紀中国ニュース]

0 comments:

Post a Comment