November 6, 2009

女性はキスで免疫がつく?:Why Humans Kiss?




"To spread germs," says Dr. Colin Hendrie from the University of Leeds.

According to his romantic finding published in the journal Medical Hypotheses, the bug called Cytomegalovirus found in saliva can be extremely dangerous in pregnancy, sometimes killing unborn babies or causing birth defects.  But man can pass the bug to woman through kissing (because female is typically shorter, Mother Earth's gravity leads the way) to help her build an immunity to it before she gets pregnant.

"Kissing the same person for about six months provides the best protection," added Dr. Hendrie.

人は何故キスをするのか?
英リーズ大学コリン・ヘンドリー博士が見つけた答えは、「ばい菌を広げるため」。

唾液なんかに入ってるサイトメガトウイルスは、普段はどうってことないのに、妊娠中の女性が初めて感染すると体内感染で胎児が死産・難病にかかることもある危険な存在。だけど、男性から女性に口移しすると(普通は女性の方が背が低いので母なる地球の重力でそうなるそうな)、身ごもる前に女性の体に抗体ができて、妊娠中初感染の危険性が減る、というわけね。

このロマンチックだかなんだかわからない研究報告を「Medical Hypotheses」に発表したヘンドリー博士は、「同一人物と半年続けるのが最善の予防策だ」と話している。本当か?

[The Telegraph, Fox TV]

0 comments:

Post a Comment