May 14, 2007

偽ジョブズの正体は誰なのか?:Who's Fake Steve Jobs?

"Welcome. Namaste." - Today's Fake Steve Jobs

Everybody seems to be questioning this;
Who's behind the wildly popular "The Secret Diary of Steve Jobs"?

The ValleyWag has been trying to find out who s/he is;
FAKE STEVE JOBS: The hunt goes on - Valleywag

And now, Business Week weighs in with an extensive details and gorgeous slideshow The Best of FakeSteve.

The truth is, Nobody Wants To Know.
The diary is too addictive:)


ジョブズになりすました謎の人物がジョブズ以上にジョブズらしい語り口で日々の出来事を綴り、テクノロジー業界の内情と本音を暴いて人気沸騰の嘘ブログ「The Secret Diary of Steve Jobs」が、本になる。いや、ほんと。

でね、「出版発表でどうも偽ジョブズ(FSJ=Fake Steve Jobs)が正体を表すらしい」という噂が出回って、もうもうもう、バレーはちょっとした騒ぎなわけだよ。

と言っても騒いでいるのは「どうせおまえらが書いてるんだろう」と濡れ衣かけられた行きがかり上、FSJ探しの陣頭指揮をとってるゴシップブログValleyWagだけどね。笑

そこも第1容疑者Leander Kahney(Cult of Macブログの人。偽ジョブズに広告出してるWiredつながり)の線が消え、また振り出しに戻った格好だ。

今朝またビジネスウィークがこの話題を取り上げ(豪華スライドつき)、偽ジョブズのブログは今すごいことになってる。上の写真は「新しい読者さん、こんにちわ」という今日のエントリ。

「ナマステ」はいいから。笑

UPDATE:
ゲイツ「俺はFSJじゃない」、ジョブズ「FSJは面白い」-D5歴史的共演より
maclalala「アップルバッシングが始まるぞ:FSJ」6/16付けFSJの全訳)

偽ジョブズの正体判明:Real Fake Steve Jobs

3 comments:

ミトウ said...

ええ、このblog、本になるんですか。確かに面白いですけども。書き手はなんとなくワカモノっぽい感じがします。BiographyはApple Storeから撤去程度で済んだわけですけど、このフェイク・ジョブス本はどうなるんですかねー。

ちゃめ said...

 面白そうですね~。
 続報が楽しみです。

satomi said...

>ワカモノっぽい
文章短いもんねー。

>フェイク・ジョブス本はどうなるんですかねー。
「フェイク」って堂々と断ってるからねえ…。笑


"Primary Colors"はNewsweekコラミスト、Joe Kleinだったけど…今回はDavid Morgenstern(eWeek.com)、Owen Thomas(Business 2.0)、Sarah Lacy(BusinessWeek元記者)、Cathy Cook(NeXT元同僚、「あんな書けないわよ」と本人否定)とかの名前が候補に挙がってるみたい。

[FSJの特徴]

・この辺の事情に詳しい
 →テクノロジー系記者?
・アップル社内の事情に詳しい(普通じゃない情報統制の内情とか)
 →アップル元広報?
・皮肉・ジョーク・スラングがbrits調
 →英国人ニック・デントン?(「俺じゃない」と本人否定)
・広告主WIRED誌Evan Hansen編集長は誰か知ってる。
 →ワイヤードの人間?(Leander Kahneyは「違うよ」と否定)
・性別不詳

広告掲載申し入れへの返信メールをWIRED社員たちが逆探知しようとして、編集長が誰か暴露しそうになるのをKahneyが「聞きたくない」って止めた話なんて面白いですよね。(以上、BusinessWeek)

ジョブズ本人が書いてるって説も、まだ残ってます。笑

Post a Comment