October 23, 2006

金太郎日本を歩く:Kintaro Walks Japan



Kintaro Walks Japan (URL) - 67 min

Tyler MacNiven's 2,000 mile trek ... all from the bottom of Japan to the very top. His five-month odyssey was meant to impress a girl and to find his American father's Japanese birthplace. 
Searching for Buck's in Woodside, Cavacavien came across this page and left its URL here. Kintaro Walks Japan?! The only Kintaro I know is a hunter. I read the whole story and got interested in his girlfriend's father, George Meegan, so I checked Wikipedia. -No entry. But instead it showed "Kintaro Walks Japan"! From there I got this vid.

It reminds me of a biker I met when I was in high school. He was biking all the northern part of Japan. I and my mom found him sleeping on the floor in our local station. We left there, but it was chilly outside, and we knew the heater would be turned off shortly. So we drove back to pick him up and let him stay our home.

My home was 15 min. away and I could see him getting uneasy as we drove through dark mountains. But my mom was so sure that he needed a bath. There was no question about it. Having taken the hot tub, he was more relaxed, enjoying Sake served by my dad. As he made his way back, his parents sent us a huge package of peanuts from Chiba. The gift arrived every year for like 5 yrs, and it's been my dad's favorite tale untill he died last year.

Actually all my big brothers did the same as they finished their school. The eldest ended up spending all his money to get rescued by my uncle. The second brother motorcycled all around the northern part, which was way too easy. The third was headed to Hokkaido, same as Kintaro's destination. So, even if the film were an edited recreation, what it shows is quite true.

I liked the way Tyler's grandmother painted her frontdoor, Tyler's visit to George Meegan, the author of Longest Walk (Larry King looks so young!), the depiction of Wind, and the encounter with Temple Servant (the guy looks just like Shigeru Matsuzaki! I wonder if he pulled the cart from SF to NYC.)

If you suddenly miss the wind swirling around in a bamboo forest, the best place to visit in Bay Area is Hakone Garden, Saratoga (left). It's one of the filming locations for Memoirs of a Geisha.
('Bamboo' uploaded by minmax)


これは、ここcavacavienさんが残してくれたリンク先の動画。

ウッドサイドの名物レストラン「Buck's」オーナーの息子タイラー・マクニブン君が九州南端・佐多岬から北海道北端・宗谷岬まで全長2,000マイルを歩いた旅の記録である。

隣の美女AYUMIちゃんは、南米アルゼンチン最南端から北米アラスカ北端まで19,017マイルを2426日間かけて歩いた神戸商船大講師ジョージ・ミーガン氏のお嬢さん。前人未踏の長い旅の途中に授かったことから、「歩海(あゆみ)」と名付けた。

Buck'sのご主人がミーガン氏の大著「Longest Walk」(邦訳)を読んで感銘を受けて友達になった矢先に、2人は旅先で知り合った。そして彼女に認めてもらいたい一心からタイラー君は、日本生まれの父親の故郷を探す日本徒歩縦断の旅を決意する。それを記録したのがこのショートムービーだ(ミーガン氏の名前をWikipediaで検索すると「関連性9.3%」でこの動画がヒットするのが笑える)。

ちゃきちゃきのアメリカ人だけど、タイラー君の父親は宣教活動で家族が赴いた先の北海道で生まれた。生後6ヶ月で帰米したので場所の記憶がない。タイラー君のお祖父ちゃんは故人だし、お祖母ちゃんも地名は覚えていない。手がかりはお祖母ちゃんが描いた岬のスケッチだけ(絵心のあるお祖母ちゃんらしく、出発前に出迎えた自宅ドアのペイントも素敵)。

面白いのは道の途上で出会う光景。酔っ払い、トンネル、海、山、老人、日本語訛りの英語、子ども、ラジオ体操、田舎道、国道、コンビニ、カプセルホテル、甚平、BBQ、神社、温泉…日本在住日本人なら気にも留めない日常風景がたくさん収録されており、逆に東京の喧騒は早送りである。最近アメリカ人の間では日系人が企画した田舎の民家宿泊ツアーが人気だって聞いたけど、この視点の違いが面白い。

終盤に差し掛かったところで重要なヒントをくれるTemple Servantは松崎しげるソックリ! 「サンフランからNYまで歩いた」って言うんだけども、まさかこの人力車で?アリゾナ横断? (アメリカ徒歩縦断の松崎しげるにお心当たりの方、情報お寄せください。笑)

ヨロヨロと神戸を訪ねたタイラー君を、ミーガン氏は心底うれしそうな顔で出迎え、こう語る。
「運転は景色を素通り(throught the scenery)だけど、歩くと自分も景色の一部になれる(part of the scenery)」
時間でも空間でも光でも音でもいい、自分が何かに溶け込んだと最後に感じたのは、いつだっけ。

3 comments:

cavacavien said...

お疲れ様でしたー(^0^)//
がはは!松崎しげる!ホントに似てたね。昨夜気づいて、動画を見始めたら途中でやめられなくなっちゃった。
後半、梅雨時の日本を歩く彼、疲れが出てきたんだろうか、せつなかった。
旅先で、ワタシもめちゃくちゃ歩くんだけど、むなしくなるんだよね。周りは普通の生活してるわけだし、あぁ、あたしこんなとこで何してるんだろうって(笑

東京の映像が他の部分と全然違っていたでしょう?今日、表参道歩きながらなるほどなあって思ったわさ。
・・・でも、日本てけっこういい国じゃんか!歩いてみようかな(笑

cavacavien said...

校閲のおばさんですょー
タイトルがKingaroになってるっちゃ

satomi said...

き、Kingaro....直しました!!! 「松崎しげる」思い出すのに半日かかりましたyo。

>歩いてみようかな
歩きましょ歩きましょ。老後とか。もうね、着用するシャツも決まってるんです。「徘徊老人ではありません」ってロゴ入ったT。

Post a Comment