August 19, 2006

シリコンバレーのトリビア⑬:Silicon Valley Trivia Quiz 13

Q:   This is the life-size cutout of HP's co-founders David Packard and William Hewlet. Created by a local artist Julie Newdoll as part of ZeroOne Art/Tech Festival, they were set out to travel on Aug 5 from a parking lot in San Jose. The duo has been hitchhiking across Bay Area with GPS mobile phone on their back (route and journal is here) , but there was one place where they couldn't get in. Where was it? After the Chronicle Blog's reporting, a company contacted Julie to purchase it for $6,000. Which company was that?

これはHP社共同創設者デイビッド・パッカード氏とウィリアム・ヒューレット氏の実物大レプリカ。地元のアーティスト、ジュリー・ニュードールさんが今週開催の「ZeroOne芸術祭」出展用に作った。現在地がトラックできるよう背中にGPS搭載のケータイを括り付けて8月5日サンノゼ市内の駐車場を出発! 通りかかった親切な人が車に積んで好きな場所で降ろす、この繰り返しでベイエリア一円を楽しくヒッチハイクしてきた(地図と旅日記はココ)。ところがこの2人。一ヶ所だけ門前払いを食らった場所がある。どこ? この予想外の冷遇をクロニクル紙がブログで伝えたところ、バレーのある企業がレプリカを$6,000で買い受けた。どの企業か分かるかな?


Ejoying the gorgeous view
from Lick Observatory.
(courtesy: Travelogue of HP)
サンノゼ東、標高4000フィートのMt.ハミルトン山頂から
素晴らしい太平洋の眺めを一望する2人

On the fourth day of their journey, they were dropped in front of the UCSC's Lick Observatory. The director left a very warm message here; "We were delighted when Bill and Dave showed up here yesterday. This seemed like a totally appropriate place for them to visit, as one of their very first 1938 garage projects was building a piece of custom electronics for one of our Lick Observatory telescopes. Dave described this in his book 'The HP Way', pages 39-40. "

4日目:リック天文台到着。所長は諸手を挙げて2人を歓迎し、こんなメッセージを残している。「昨日ビルとデイブが寄ってくれ所員一同感激しています。当リック天文観測所は2人の訪問地としてこれ以上ないぐらいピッタリな場所。1938年にガレージで2人が最初に手がけた事業の一つが当リック天文観測所からの天体望遠鏡用電子機器のカスタム発注だったんですからね。これについてはデイブが自著”HPウェイ"のp.39-40で触れていますよ」

-書棚から慌てて本を引っ張り出してページを確かめる所長の姿が目に浮かぶようで、微笑ましい。



A:
HP Headquarter Lobby
ヒューレットパッカード本社ロビー

According to this morning's San Jose Mercury, it was sold to its rival, Sun Microsystems, and its chairman Scott McNealy was photographed with the duo.

A HP executive didn't like the idea of commercializing the co-founders' image. The artist's response is here. A half of the amount will be split among all volunteers who carried them, she wrote.

The Intel, in contrast, is ready to welcome its co-founder and IC co-inventor, Robert Noyce, who is currently missing. Other hikers and their current locations are here.


今朝マーキュリー紙が伝えたところによると、レプリカの買い手はHPのライバル、サン・マイクロシステムズ。木曜は社内のUNIXやSolarisの各部署をまわり、スコット・マクネリー会長が2人とにっこりカメラに収まっている。

HP社のエグゼキュティブは同紙の取材に、「ビルもデイブも自分の似顔絵に数千ドル払うなんて話、絶対認めないでしょ」とコメント。これを読んだアーティストが「半分は車で協力してくれた方たちと分け、残り半分で経費をカバーします。やっとトントンですよ」と書いている

対照的にインテルは歓迎ムード一色。「インテル博物館に置いてもいいぐらいだよ」(広報)と共同創業者ロバート・ノイス氏(IC共同発明者)のレプリカの訪問を首を長くして待っているのだが、同氏は現在行方不明中だ。笑

【その他の偉人ヒッチハイカーと現在地
  • リー・ド・フォレスト博士(Lee de Forest):特許取得数180件余り。サンノゼの電子歴史博物館着。
  • ウィリアム・ショックレー博士(William Shockley):トランジスタの父。懐かしのショックレー・ラボ跡地(今は果物の露天)に無事帰還。
  • フレデリック・ターマン博士(Frederick Terman):シリコンバレーの父はシカゴ郊外でTGAトーナメント観戦後、消息を断った。

トリビア⑫:Trivia Quiz 12トリビア⑭:Trivia Quiz 14

Tags; ,,

2 comments:

cavacavien said...

へえー×1000!
車酔いもせず、天文台に上り、ウエルカムBBQまでありのレポートおもしろーい!

で、もっと面白かったのがグーグルマップで移動経路が見れるところでしたっ。

あ。コメント欄が以前と違う!βバンに無事移行できたということかな。

satomi said...

フロリダとジョージア回ってきましたー。さすがに6日間キー触らないと変ですね。荷物がまだシカゴなので写真はまた後ほど…!

Post a Comment