May 4, 2006

[video]マスコミとブロガーの直接対決?コルベア暴言報道:Was Colbert Funny or Not?

Colbert Roasts President Bush - 2006 White House Correspondents Dinner(GV)

The buzz is by no means slowing down. Here's a, (), and . '' is worth reading, and messages are flooding to (

29日ホワイトハウス記者晩餐会でテレビ深夜トークショー「コメディ・セントラル」の人気司会者スティーブン・コルベア(*)が大統領とマスコミをコントでメッタ斬り(動画全文EP版|全文Kos版)。会場にはマスコミ関係者と政府高官、著名人など2,700人がいたのに「誰も報じなかったのは何故?」とブロガーたちが大騒ぎし、「面白くなかったからだ」とマスコミが反論、「面白いvs.面白くない」で世論を二分する闘いが続いている。

テクノラーティ検索タームは今週stephen colbertがトップ独走中()。事の経過はが詳しい。シロー氏が見たYouTube動画3部作は削除された(DL用動画(9.9mbWMV)。この後、彼が出演したABCニュースの動画はココ。

問題発言をちょっと拾ってみよう。;
  • 低い支持率なんか気にするな。あれは事実に基づいているんだからね。”事実”には知っての通り、リベラルのバイアスがかかってる
  • 退役軍人にデモをやめさせるのは簡単。退役を拒否すればいい
  • 小さな政府が良い政府。その基準からすればイラクに作った政府は最高だ
  • 月曜に何か決めると大統領は水曜になっても信念を曲げない。火曜に何が起こっても。
  • 我々は亡国のリベラル報道機関に包囲されている。Foxニュース(保守系)は例外だが。Foxは両サイドの言い分を伝えるからね。大統領サイド、そして副大統領サイド。
  • もう一回ルールをおさらいしよう。流れはこうだ。大統領が何か決める。彼は決定者だ。報道秘書官が決定を発表する。で、みなさん報道機関がこれをタイプに打ち込む。決定・発表・タイプだ。 スペルチェックにかけて家に帰って家族に顔を見せ奥さんと寝る。頭の中でこねくり回して小説を書く。そう、政府にたてつく勇敢なワシントン特派員の話だ。そう、フィクション。

2年前の記者晩餐会で大統領 が”WMDはどこ?ここ?ここか?”とテーブルの下やファイルの下を探し回った時は、あんなに大笑いしたのに(これは後日ビデオが暴露され「戦地で若者が大量に死んでる時に 冗談にも程がある」と大問題になった)おかしいじゃないか、大統領の話じゃないと笑わないのか、と今回単独で騒ぎの火付け役となったは鋭い点を突いた。

晩餐会後のは 37%の最高視聴率(ThankYou投書箱)。しばらく目が離せそうにない。

関連




異変追跡ブログ→maclalalaweblog|Seven Degrees
new!→「コルベア」で検索してくる人、激増。
new!→人選ミス?というまとめ。ワタシの感想はコメント欄です。


*Colbert:コルベール、コルバートで表記が分かれる。ここでは動画の発音に従いコルベアとした。アイルランド系の氏は「コルバート」と呼ばれると、いちいち「コルベア」に直し、番組名「Colbert Report」も「コルベア・ラポール」。「ベア=熊」とかけ「熊恐怖症」のキャラで通している。問題は誰もカタカナで検索してこれないこと。こういう時は何通りか書く方が懸命だろう。アメリカでは外国名の発音は統一できないし、「親から教えられた発音が母国語の人と違ってることに30過ぎてようやく気付いた」なんて人も多い。自分の名前を訛って呼ばれても直さないしね。

Tag: , ,,

0 comments:

Post a Comment