April 25, 2006

[quiz]シリコンバレーのトリビア⑧:Silicon Valley Trivia Quiz 8

Q:  Which billionaire pursuaded Al Gore
to make this film 'An Inconvenient Truth'?
元副大統領アル・ゴア氏に
映画「An Inconvenient Truth」を作るよう
口説いたシリコンバレーのビリオネアは誰?



For better quality, try Apple | Official Web Site

"Hi, I'm Al Gore, and I used to be the next president of the United States." He's not Al Gore we thought we knew. Hits theaters on May 26.

A:

Jeffrey Skoll
Founding President of eBay
Chairman of the Skoll Foundation
Participant Productions Founder and CEO
(photo courtesy of Skoll Foundation)


ジェフリー・スコール氏
eBay初代社長、スコール財団会長
パーティシパント・プロダクションズ創業者兼CEO


The film was executive produced by Jeff Skoll, and Guggenheim (Director), for Participant Productions whose 2005 films were honored with a total of 11 Academy Awards nominations.

new!Joi Ito's Review-Interesting debate is going on.
Wired 14.05: The Ressurection of Al Gore
Richard Cohen | Only a fool would ignore Al Gore on global warming
Oscar Buzz for Al Gore|TerraPass: “An Inconvenient Truth”

大統領選に二度は無いが、バレーでは依然として情報スーパーハイウェイ構想でインターネットの発展を政策面から支えたゴア元副大統領に恩義を感じる人がいる。ネットが産んだ巨人のひとつ、競売大手イーベイ初代社長ジェフリー・スコール(写真)もきっとその一人。

氏はスタンフォード大MBAを出てイーベイ立ち上げ参画後、イーベイ財団設立のブレインとして働き38歳で独立。起業家の手法を社会活動の活性化に応用するスコール財団を1999年に創設し、2003年春「最も貢献したフィランソロピスト」の年間賞に輝いた

2004年1月創業の社会派インディ映画製作のパーティシパントは2006年アカデミー賞に4作品計11部門ノミネート。最新作の「The World According to Sesame Street」と「Fast Food Nation」と本作品にはエグゼキュティブ・プロデューサーとして参画している。

来月24日から劇場で順次公開となる「An Inconvenient Truth(邦題:都合の悪い真実)」はゴア氏が60年代に大学で温暖化を学んで衝撃を受けて以来ライフワークとして取り組んでいる地球温暖化の現況を分かりやすく伝えるドキュメンタリーだ。2000年の大統領選に惜敗してから氏が何を考え何をしてきたのか、それがもう一つの見どころ。

1月のサンダンス映画祭では、スライドを抱えて全米行脚し「元次期大統領のゴアです」と冗談を飛ばすゴア氏の意外な一面と、無料レクチャー用に氏が使った映像の衝撃度が話題を呼び、初公開後スタンディング・オベーションで迎えられた。

「2008年大統領選でヒラリーの対抗馬になる前座か?」「来年のオスカー賞ドキュメンタリー部門最有力候補」なんて下馬評もあるが、京都議定書離脱を断行したブッシュに投げた直球は、主題が環境だけに数字と数字の終わりなき闘いの前哨戦だ。保守系は劇場公開前だというのに「デマ」「地球はもう温まってない」などゴア叩きモードに一気にシフトチェンジだ。

真実かどうかは一人一人が見て決めよう。同タイトル書籍も同日発売。

new!Joi Ito氏の試写会報告-「認識が改まった、絶対見た方がいい」という伊藤氏報告に「そんなプロパガンダ信じていいのか?」と反論百出、白熱した議論が展開中だ。

コメント#28のMKD教授はマイケル・K・ドルセイ氏、ブラジルで行われた地球サミットに参加した最年少のNGO代表だ。要約すると「懐疑論が土台とする統計そのものの信憑性を疑う必要がある。現に南太平洋の島嶼国ツバルでは全国民の海外移住を検討中だし、イヌイット族は北極の氷が溶けた結果、生命と生活基盤を脅かされている。その彼らに”そんなの起こってない”と言ってみろ」

トリビア⑦:Trivia Quiz 7|トリビア⑨:Trivia Quiz 9

0 comments:

Post a Comment