February 21, 2006

ムハンマドのバラ:Roses of the Prophet Muhammad

Things from Denmark? Humnnn....Andersen, cheese, LEGO, and...yes, yes, Danish pastry!

Iranians love it. So, instead of banning it, they decided to give it a new name, "Roses of the Prophet Muhammad." Sure, it looks like... a rose. If the US House representatives call french fries 'Freedom Fries' at the Capitol Hill, why not Iranian folks do the same!

According to the news last week, a cleric offered a $1 million bounty for killing the cartoonist (there are 12 of them. If the cleric knows it remains unclear). Renaming a flaky dessert, all of sudden, seems a lot more peaceful, impeccant alternative.

At least 50 people have been killed, and it all started from 12 cartoons (click the image below for full image). It could have been anything, but why they published such a provocative material? The editor explained it all.

He argues;
"Jyllands-Posten decided to do it by adopting the well-known journalistic principle: Show, don't tell. "
"And by treating Muslims in Denmark as equals they made a point: We are integrating you into the Danish tradition of satire because you are part of our society, not strangers. The cartoons are including, rather than excluding, Muslims."
Including...but the Islamic society bars any depiction of Muhammad, and we know it, right? How can he include them this way...? If that's what he really meant, these cartoons needed long, long and long captions!

The cartoons reprinted on Magazinet
(Full Size-->
AFP/Getty Images)


デンマークと言えばアンデルセン童話、チーズにレゴにダニッシュ・ペストリー。

…だが、デンマークの風刺漫画に抗議するためテヘランの製菓組合が先週、市内全カフェのメニューにある「ダニッシュ・ペストリー」を「預言者ムハンマドのバラ」に書き換えるよう命じた。

イラク参戦反対のフランスにムカッときた米議員たちが、キャピタルヒルのレストランで「フレンチフライ」を「フリーダムフライ」と呼んで憂さを晴らしたのとパターンは同じ。「その漫画家(実は12人いる)を殺した人には100万ドルの懸賞金」と信者を煽る聖職者までいるらしい。

イラン外相は昨日暴動沈静化を訴え、デンマーク首相も今日やっと「事態は収束に向かっている」と発表した。

この騒動で出た死者の数は延べ50人超。
たった12枚の諷刺漫画でこんなに死ぬなんて…。

イスラム教で偶像崇拝がご法度なのは周知の通りだ。それを知っててわざわざ風刺に描いたのだからデンマークの新聞も性質が悪い。こんなことして世に問わなきゃならないほど、近ごろのヨーロッパはモノ言えぬ空気が広がってるんだろうか…。その辺りの編集事情はユランズ・ポステン紙文化部長のフレミング・ローズ氏自身の釈明に詳しい。

抄訳は小林恭子氏ブログにあるが、この「語るのでなく、見せろ」の、「他の宗教を扱うときと同様の方法をイスラム教にも使った」の次に原文では;
「そうすることで何を言いたかったか。それは皆さんはもう余所者ではない、我々の社会の一員なんだから皆さんのこともこれからは風刺というデンマークの伝統に統合していきますよ、ということだ。あの漫画はイスラム教徒を仲間に入れるためのものであって排除が目的ではない」
とある。これはどうかなあ。あの漫画で伝わる話じゃないような…。

Photos| Slide | Why I Published Those Cartoons by Flemming Rose
Truthdig - Denmark, Iran Near War Over Pastry Naming Rights(satire)

0 comments:

Post a Comment