July 30, 2014

水不足の加州で水道管破裂、UCLAに7570万Lの水: UCLA Flooded with 20M Gallons of Water


The flooding sent more than 20 million gallons of water cascading from a water main in the midst of California's worst drought in decades. [...]The 30-inch pipe that burst Tuesday near UCLA shot a 30-foot geyser into the air that sent water down storm drains and onto campus. The pipe was still gushing 1,000 gallons a minute on Wednesday.- ABC


数十年に1度の深刻な水不足で、水撒いたり、ノズルなしのホースで洗車するだけで罰金が科せられる厳戒態勢のカリフォルニアで昨日、名門UCLA隣の水道管本管が破裂して2000万ガロン(7570万リットル)もの水が溢れ出し、自慢のポーリーパビリオンが水浸しになった。

サンセット大通りが通行止めになったほか、駐車場では車900台が浸水および立ち往生となり、体育館の前ではしょうがなくボディボードで遊ぶ学生の姿も見られた。

(c) KTLA
普通ならすぐ塞げるのだが、今回は直径が大きい本管が交わるポイント。ピークでは1分75000ガロン(28万L)も溢れ出たので、急に塞ぐと他の水道管(どこもガタがきてる)が破裂するので、それもままならない。水は今も1分1000ガロン(3800L)のペースで溢れており、復旧にはまだ2日かかる見通しだ。

原因は不明だが、破れた水道管は93年前の老朽管だった。類似事件の調査を行った団体が言うには、昨今の水不足で芝生の水撒きが週2回に制限された影響で水道管に負荷がかかり、破れちまったんではないか、という話。うまくいかないものねぇ…。


[ABC, LAT, KTLA]

0 comments:

Post a Comment