April 28, 2014

「黒人と付き合うな」と愛人を叱るクリッパーズオーナーの差別発言(訳):A Clippers Owner Donald Sterling's Racist Rant



It's so yesteryear.  In some instances, it's just another couple fight.


愛人がマジック・ジョンソンと3人で撮った写真インスタグラムに流したのに腹を立て、「黒人と付き合うな。黒人を連れて試合にくるな」と小言を言ってるクリッパーズのオーナー、ドナルド・スターリング氏(80)の会話の録音が暴露され、全米が「チーム手放せコラ」と怒り狂っている。

声の主はスターリング・オーナーと黒人×ヒスパニックの(元)愛人V・スティビアーノさん。

先月スティビアーノさんは、「資産家の老人に貢がせる詐欺女。夫が買い与えたフェラーリ1台、ベントレー2台、レンジローバー1台、現金25万ドル(2560万円)、180万ドル(1億8500万円)の家を返しなさいよ」とオーナーと冷え切った関係のスターリング夫人に訴訟を起こされ、「貢ぐのは悪いことではないわ」と反論中。スティビアーノさん側弁護士は、「録音テープをTMZに暴露したのは彼女ではない」と言っている。

まあ、ただの痴話喧嘩に聞こえないこともないが、こんなもんなんだろうなあ…


[発言の要約]

Donald Sterling: なぜあんなもの宣伝するんだ?
GF: 何も宣伝してなんかいないわよ。
Sterling: マイノリティと写真なんか撮って、なんのつもりだ。
GF: マイノリティのどこが悪いのよ。黒人で何が悪いの?
Sterling: 別に悪いなんて言ってないさ。
GF: ヒスパニックで何が悪いの?
Sterling: なんか敵と話してるみたいだな。マイノリティはどこも悪くない、最高だ。ただ少しはこっちの気持ちもわかってくれよ。ヒスパニックが黒人に何か感じるように、黒人も他のグループには何かを感じる。昔からそうなんだ。これからもずっと。
GF: でも私はそうは思わないし感じない。
Sterling: でも世界はそうなんだから、おまえも少しは合わせないと。
GF: 私は差別主義者にはなれない。
Sterling: それは結構なことだ。私には私のカルチャーがあって、その中で生きていかなきゃならない。それだけ。おまえはおまえの思う通り生きればいい。頭の硬いやつだ。
GF: わかってるよ。あなたはそんな風に育って、それがあなたのカルチャーだってことぐらいわかるつもり。
Sterling: じゃあなんでそんな無視するんだ。
GF: 誰を無視してるっていうのよ。
Sterling: 目の前の世界をさ。黙って歩いてれば白人かラティーノの女の子で通るのに、なんで黒人と歩くの我慢できないんだい? なぜだ? なんかメリットあるのか?
GF: メリットって何よ。白でも青でも黄色でも関係ないでしょ。
Sterling: そんなこともわからないのか。バカなのかもな。みんなおまえのことどう思ってるのかも知らない。当然関係あるんだよ。大ありだ。
GF: 私、いちおう混血なんだけど。知ってた?
Sterling: 知らない。
GF: 知ってるくせに。
Sterling: そういうのは抹消するって言ってたじゃないか。「わかった」って言ったじゃないか。毎日ころころ言うことが変わるんだな。ったく痛いやつだ。
GF: 誰かから電話がきて「インスタグラムに黒人の写真が出てたよ」って言われて困ってるんでしょ。
Sterling: ああそうさ。参ってる。黒人と付き合いがあるって触れ回ってるんだからなあ。する必要ないでしょ?
GF: あなただって黒人とは付き合いがあるじゃない。
Sterling: 私は私、おまえはおまえだ。おまえはデリケートな白人かデリケートなラティーノの女の子ってことになってんだ。
GF: 私は混血だってば。あなたが愛してる相手は黒人とメキシカンの混血なの。あなたが嫌でも、世の中が受け入れなくても、それが私、私の血筋なのよ。それをあなたは排除しろと言う。周りの目ばかり気にして。そういう育ちだから? 私に黒人を嫌えって言うの?
Sterling: 嫌えとは言ってない。それは周りの人間がやってることであって、それで物事が引っくり返ってしまうんだ。おまえには黒人も好きでいて欲しい。影で。一生付き合っていい。毎日一緒にいていい。ただ…
GF: 公の場ではダメだって言うのね。
Sterling: なんでインスタグラムで宣伝して、うちの試合に連れてくる必要がある? 
GF: なによ、黒人を試合に連れてっちゃだめだって言うの? 私はね…
Sterling: もうこの話はやめよう。別れるなら今別れよう。
GF: 未だに差別とヘイト抱えてる人たちに囲まれてるあなたって、かわいそうな人ね。あなたも未だに差別の人なのね。
Sterling: おまえはなんでも好きなようにできて気楽だよ。誰とでも寝ていいし、誰を連れてきても自由だ。俺が頼んでるのはほんの些細なことではないか。宣伝するな。試合に連れてくるな。それだけだ。

(中略)

GF: じゃあ白人とだったら歩いていいの? (マジック・ジョンソン往年のライバル)ラリー・バードとだったら歩いていいの?
Sterling: ったく口だけは達者な奴だな。おまえのような女と誰が住みたい。何かっていうと喧嘩腰。ほんとに生まれつきのファイターなんだな。
GF: 怒らせてごめん。
Sterling: おまえの口は最悪だ。なんでそこでラリー・バードが出てくる。家族とでも徹夜で歩いてればいいだろ。
GF: 尊敬してる人に会ったんだもん。マジック・ジョンソン尊敬してるんだもん。
Sterling: はいはい。
GF: コミュニティ、世界、人々のために彼はいろいろやってくれたのよ、マイノリティのために。
Sterling: なぜそんな食えない話を今するんだ?
GF: 尊敬する人に会ったから写真を撮っただけ。それが黒人だっただけよ。ごめんね。
Sterling: 彼のことは私もよく知ってる。尊敬して当然だ。私は単に、目立たないところで尊敬しろって言ってるだけ。一生尊敬したいだけしてろ。連れ歩くなり、口ア~ンするなり、◯◯するなりすればいい。こっちの知ったこっちゃない。おまえが何しようとおまえの自由だ。だがインスタグラムに出して世界中に喧伝すると、こっちに電話かかってくるんで、それはやめてくれって言ってるの。あと試合には連れてくるな、いいな?



[TMZ]

UPDATE:
Sterling got lifetime-ban from Los Angels Clippers and NBA.
結局この発言が元でスターリングはNBAとチームを永久追放になった。

0 comments:

Post a Comment