July 7, 2013

やり直し決めたのは衝突1.5秒前…アシアナ衝突の瞬間の映像と交信記録:Asiana crash raw video and audio from SFO tower




Information collected from the plane's cockpit voice recorder and flight data recorder indicated that there were no signs of trouble until seven seconds before impact, when the crew tried to accelerate, NTSB Chairwoman Deborah Hersman said at a news conference at the airport. A stall warning sounded four seconds before impact, and the crew tried to abort the landing and initiate what's known as a "go around" maneuver just 1.5 seconds before crashing, Hersman said. "Air speed was significantly below the target airspeed," she said*. 

米運輸安全委員会(NTSB)デボラ・ハースマン会長が空港の会見で明らかにしたところによれば、操縦室のボイスレコーダーとフライトデータから回収した情報には衝突7秒前までトラブルを伺わせる兆候はないことがわかった。失速警報が鳴ったのは衝突4秒前で、着陸を中断しゴーアラウンド体制に入ったのは衝突の1.5秒前。「空中速度が目標の空中速度(137ノット)より著しく低かった」と会長は語った*。- Reuters
OMG...


確かに生映像(上)でも衝突直前に機首を少しだけ上げてるね... 

目撃者もみんな言ってたけど、こんなに遠くから見てても低くて遅くて滞空やっとな感じだ。濃霧でもあるまいし、これだけ遅ければもっと前に気付きそうなものなのに…。(追:会長は「追突4秒前には管制塔から操縦桿をブルブル震わせ高度あげるよう警告を送った」ことも明らかにした)

アシアナ航空214便パイロットとサンフランシスコ空港管制塔との間で交わされた更新記録の声(上)を聞いても、衝突までなんの異変もパニックもない。48"で「What happened(何が起こったんだ)」と誰か(追:これも管制塔だった)が言ってるのが最初で、1'19"で「今、救急隊が向かってます」と言ってる声、これは管制塔の声である。すべてはぶつかってからなのだ。これはどういうことなんだろう…。


*It was traveling 119 mph, 25% below the target speed of 158. 254km/hに対し25%遅い192km/hだった(Reuters

UPDATE:
There were 3 captains in cockpit but none of them raised any concern until the final moment.  Some experts speculate that, like Korean Air Crash in Guam, there had to be some oversight issue.  ボイスレコーダーにも 機長3人(3人も乗っていた)の間の会話は残っていなかった。専門家からは「計器依存」と「機長が部下の警告を無視して空港のILSが正常に作動してると思い込んで強行した」結果起こった大韓航空グアム墜落事故を想起させるとの指摘の声が早くも出始めている。

0 comments:

Post a Comment