May 28, 2013

日本でモデルやるシベリア少女の実録で暗くなる:Girl Model - The Most Sickening Film Ever

Yikes. It's the most disturbing documentary I've ever seen.  I don't know where to start.   It's following Nadya Vall, an 13-year-old innocent girl who flew to Japan in hope to support her family in rural Siberian village.  But all she got was $2700 in debts.

What disturbed me the most was the ex-model and scouter, Ashley Arbaugh, who imposes exploitive child labor scheme on underage girls.  After the release of film, Ashley's business shrank.

As it premiered on PBS in US in March 2013, the modeling agency in Tokyo, Switch Models, also suspended its scouting operation (in the film, a Japanese photographer asked them to lie about their age, which is against local law. They cannot hire kids under 15 in Japan).

The business exists where supply meets demand.  I guess Japanese publishers should stop pretending they don't know anything about this human trafficking.   (Why don't they make Japanese version of this film? Or is it not meant to be broadcast in Japan?)

The directors said on PBS that it was Ashley Arbaugh who approached them first to sell the story idea. She showed them ton of semi-nude images of underage girls who 'sometimes end up in prostitute.'  Watching the film, I kind of sensed that it was her original intention.  The way she talks about it gives me goosebumps.  Nadya's family's response here.


夕べ何気なくNetflixで観て胸がムカムカしてしまった。キクエイゴさんご指摘の通り東京のエージェントは全米放映の1週間後に斡旋業務休止宣言していた。そりゃそうだ…

外国人モデルの「取扱い」。

映画は水着審査のシーンで始まる。思春期前のポキッと折れるようなフレッシュな体を求めてシベリアの寒村に出向くスカウター。なんでもいいから外の世界に出て家族を養いたい少女たち。品評会のような審査で見事グランプリに輝きティアラを頭に載せた13歳の少女ナディアは「日本に行けばモデルの契約が2つあって実家に8000ドル送れる」という甘い言葉を信じ、意気揚々とシベリア横断鉄道に乗った。が、しかし…

・成田には誰も迎えにきていない
・狭いワンルームにモデル仲間とふたり
・日本人には「年齢は15歳と言ってね」と言われる。それ労基法違反だから
・契約の話は噓で、来る日も来る日もキャスティング。仕事がない
・撮影に引き回すが写真の行方はわからず、ギャラがいくらかもわからない

・交通費・食費・家賃・コピー代は全部8000ドルから天引かれる

・契約書(英語で意味もわからないままサイン)をよく読むと、ギャラは「諸経費を引いた後」とあり、実質借金だらけ
・契約書には「契約内容は毎日更新の可能性」の1項もあり、完全にエージェントの言うなり
・結局ろくな仕事はとれず雑誌の写真も口だけ映って終わる。
・2700ドルの借金を抱えて帰国
・今は他のアジア地域で働く日々

まーここまでは映画みる前からほぼ想像がついたのだけど、気味悪いのはスカウターのアシュリーだ。自分も元モデルで、東京で働いた経験もあるのだが、「モデルの仕事が嫌で嫌で死にそうだった」と昔の暗かった自分を熱演なんぞしてる。

その割には今はコネチカットの豪邸にひとり暮らしで、若いモデルを食い物にして世界を旅してるんだから、わけがわからないよ。テーブルの下でモデルの下半身の写真を盗撮して集めるのが趣味で、水着写真を上下真ん中でハサミで切ってパズルみたいにマッチングしたり、なんか壊れてしまってる感じ。

「借金返せなくて売春する子もいる。モデルと売春婦は紙一重よ。私はやらせないけどね」と映画では笑ってるけど、監督インタビューを読むと、映画のアイディアを最初に監督に持ちかけたのはアシュリーの方なんだって。

最初は話だけ聞いて興味は示さなかった。すると2年後いきなりセミヌードの女のコが沢山写ったDVDもってきて、「私、この子たちのこと追いかけてんの。12~15歳ね。売春婦になっちゃうこともあるのよ。これはロシア、ウクライナで撮った映像だけどね。一緒にきて、映画撮らない?」ってな風に持ちかけてきた。監督はそんな危ないもの撮るのは勘弁だと思って、それじゃない何か、観た人が「こういうモデルの写真見てモノ買ってる自分も共犯だな」と感じられるような映画を目指した、と話してる。

それ読んで、あーそれだ、吐き気がするのはそれだって思った。このアシュリーの意地悪な目。それがずっと通奏低音のように流れててゾゾゾッとくるのだ。

とにかくこれじゃあ日本は思春期前のポキッと折れるようなフレッシュな体を求めてシベリア娘だまくらかして攫うヘンタイ国家だわね。日本で公開されないのは、それだから?* 映画本来の趣旨からいうと、日本の出版・ファッション界の人にこそ見せなきゃいけないんじゃないのって思うのだけど。



UPDATE:
Statement from Japan Modeling Agencies Association - "about Girl Model"
The auto-translation is a bit off, but basically JMAA is pretty upset about the documentary, for 1) the directors didn't unveil their true intent while shooting in Japan; 2) they require foreign models under 15 to be chaperoned either by parents or guardians; 3) they're not actively scouting underage or underweight models.  Well, now you know why it's not broadcast in Japan...

日本モデルエージェンシー協会の抗議声明(via @tsukaueigoさん)
*やっぱりエージェンシーには制作意図伝えてなかったんだね。まあ、そうだろうなとは思ったが。公開後に内容知らされたナディアと親はカンカンで監督とは没交渉


[MommyishFashionista, PBS下町ロンドン日記CTBNL]

2 comments:

Anonymous said...

これって実話がベースなんですか?
話の筋だけ見ると、よくあるストーリー展開なんですが(例えば「セックス・トラフィック」という、売春婦にさせられたモルドバの女が女衒になってモルドバの若い女をイタリアに連れ込むドラマに似ている)

一昔前の日本ならともかく、今の日本でこんなことやっても、8000ドルの元も取れないと思うんです(今の日本なら、モデルのオーディションなど受けさせずいきなり売春を強要するのではないかと)

Satomi Ichimura said...

(コメント消えてしまってましたね!再掲) 実話みたいですよ。よく撮影OKしたなぁ…と思ったら内容は知らされてなかったようです。公開後ナディアが「世界中から同情の声が届くんですけど、どうしてですか」と監督に問い合わせて初めてロシア語字幕版が送られてきたとのことです。Source

Post a Comment