August 10, 2012

グーグル社員は死んでからも福利厚生がいい:Here's What Happens To Google Employees When They Die @Forbes

Should a U.S. Googler pass away while under the employ of the 14-year old search giant, their surviving spouse or domestic partner will receive a check for 50% of their salary every year for the next decade. Even more surprising, a Google spokesperson confirms that there’s “no tenure requirement” for this benefit, meaning most of their 34 thousand Google employees qualify.

In addition to the 10-year pay package, surviving spouses will see all stocks vested immediately and any children will receive a $1,000 monthly payment from the company until they reach the age of 19 (or 23 if the child is a full-time student).


創業14年の米グーグルでは社員が死亡すると遺族の妻あるいは同居中のパートナーに向こう10年間、年棒の50%が毎年支払われる。さらにグーグル広報に確かめたところ、給付金受給には「在職期間の要件がない」、つまり約3万4000人いるグーグル社員のほぼ全員が受給対象というから驚きだ。

[...]10年間の遺族年金に加え、株も直ちに全額換金して伴侶に支払われる。また残された子どもには19歳になるまで(フルタイムの学生なら23歳になるまで)会社から月1000ドルの手当てが支払われる。

-Here's What Happens To Google Employees When They Die - Forbes

Google, the best place to die.


[Forbes]

2 comments:

Torao Takami said...

退職金のある日本企業なら死亡退職金といったところですね。
英語のソースの方で読んでたんですけど年俸の50%を10年かけて払うのか、毎年年俸の50%が支払われるかどちらなんですかね。毎年50%のチェックを受け取るで良いのかな。

satomi said...

あ、そうですそうです、50%×10年です、「毎年」足しました。すごいですよね。。。

Post a Comment