July 14, 2012

フェイスブックのタイムライン化で終わった800億円産業:The Facebook tweak that killed a billion-dollar industry @Fortune

ファン1万人超のページ500超の訪問1回当たりの平均タブビュー数
ウォールとタイムラインのビュー数は含まれていない
(c) Page Lever via Mashable
Here's where things get interesting. According to PageLever, a firm specializing in Facebook analytics, user engagement with tabs on Facebook Pages is down a staggering 53% since Timeline launched. "Without the option to set a custom tab as the default view, most users will never see a tab again," explains PageLever founder Jeff Widman in an interview with Mashable. "We've heard from several users they didn't even realize tabs still existed with Timeline."
フェイスブック解析が専門のPageLever社によると、タイムライン化を境にFacebookページのタブのユーザーエンゲージメントは53%激減しているそうだ。「カスタムのタブをデフォで見るオプションもないので、みんなタブなんて見ないですよ」、「タイムラインにタブがまだあることすら気づかなかったという声も聞こえてます」とPageLever創業者ジェフ・ウォドマン氏はMashableに話している。

So what? Over the years, countless companies were born to help brands customize the look and feel of those default landing tabs and other tabs on Facebook Pages.[...]A good part of the business at Vitrue (acquired by Oracle (ORCL) for $300 million in May), Context Optional (acquired for $50 million in May 2011) and Buddy Media (acquired by Salesforce (CRM) for $689 million in June) is dedicated to customizing those very tabs for corporate and enterprise clients. Just those three companies alone are valued at more than $1 billion.Now - nearly overnight - a significant piece of their business model has been compromised by a seemingly minor tweak in Facebook's layout (Betabeat's Jessica Roy goes so far as to ask if that's why Buddy Media was so eager to sell).
ここ何年かで巷には、ブランドのデフォルトのランディングタブやFacebookページのタブのルック&フィールのカスタマイズを行う会社が無数に生まれてきた。[...]例えばオラクルが5月に3億ドルで買収したVitrue、2011年5月に5000万ドルで買収されたContext Optional、6月にセールスフォースが6億8900万ドルで買収したBuddy Media――どこも企業・法人クライアント向けタブのカスタマイゼーションが主業務で、この3社だけでも企業価値は合計10億ドル(793億円)を超える。そのビジネスモデルの柱がフェイスブックの一見瑣末なレイアウト変更でほぼ一夜にして飛んでしまったかたちだ。(Betabeatのジェシカ・ロイ女史などは、だからBuddy Mediaはあれだけ売却に熱心だったのだとまで言っている)

Style gives way to substance, suggests Mashable's Lauren Indvik, allowing companies to devote fewer resources to developing tabs and "more to the content that appears on their walls." .
格好ではなく中身になった、と言うのはMashableのローレン・インドヴィク記者だ。
これで企業もタブ開発につぎ込むリソース(人・格好ではなく中身。これで金・労力)を減らし、そのぶん「ウォールに出るコンテンツに力を振り向けることが可能になった」
In other words -- no matter how nice a Facebook Page looks -- if a business doesn't have anything engaging to say, it's never going to get the views that matter.
つまり、これからはどんなに見栄えのいいFacebookページを用意しても駄目で、ユーザーを巻き込むことが何ひとつ発信できない企業は価値あるビューを稼げないということだ。
Source: Fortune

こう書いた上で、筆者のHootSuite社CEOのRyan Holmes氏は「マーケティング部門でも、ページ構築&保守アプリから、ぴったりのタイミングでぴったりな人々にぴったりのコンテンツを出すアプリに流れが動いている。タブ構築サービス(Vitrue、Buddy Media、Context Optional、Involver)が後部座席に追いやられ、主役はストリームライン・コンテンツ発行やユーザーコメントへの企業対応を改善するソーシャルメディア管理システム(CoTweet、HootSuite、TweetDeck)となってきた。さすがにツイートや投稿を代筆するツールはまだないが、ベストなツールともなれば投稿予約時間を最適化し、特定のユーザー向けにジオターゲットする(位置情報で対象を絞る)ところまでやってくれるし、Facebookや他ネットワークの意見をモニタリングして対応が素早くできるものもある。タブは死んだ、タイムライン万歳」と結んでる。なるほどねー。


Related:
Facebookビジネスは終わったのか?:つながり方の見直しへ | Social Media Experience
Facebookページ「新タイムライン」と「新カスタムタブ」における7つの要点まとめ

[Mashable, Fortune]

0 comments:

Post a Comment