July 18, 2012

オリンピック村、コンドーム10万個用意:Olympians Go Wild

Home to more than 10,000 athletes at the Summer Games and 2,700 at the Winter, the Olympic Village is one of the world's most exclusive clubs. To join, prospective members need only have spectacular talent and -- we long assumed -- a chaste devotion to the most intense competition of their lives. But the image of a celibate Games began to flicker in '92 when it was reported that the Games' organizers had ordered in prophylactics like pizza. Then, at the 2000 Sydney Games, 70,000 condoms wasn't enough, prompting a second order of 20,000 and a new standing order of 100,000 condoms per Olympics."

夏季は1万人超、冬季は2700人のアスリートが集うオリンピック村は、世界で最も入会が難しいクラブのひとつ。参加するには秀でた才能と、人生最高のレースに全身全霊捧げる貞淑さが求められる…と長年思われてきたわけだが、'92年に五輪主催者がコンドームをピザの出前のように注文してると報じられてから、五輪といえば禁欲主義というイメージに揺らぎが生じ始めてきた。2000年シドニー五輪ではコンドーム7万個では足りなくて2万個を追加注文する事態となり、今では五輪1回につき10万個発注する新規則となっている。 - Athletes spill details on dirty secrets in the Olympic Village - ESPN
ESPNが、オリンピック村でうるさいマスコミと親の目を離れて羽目外す五輪選手たちの内幕を報じ、話題。

気になる人は自動翻訳で読んでね。翻訳するとアドセンスとまるから。

要は、オリンピアンともなると朝から晩まで運動、運動に明け暮れて、出会いの場がほとんどない。孤独の極み。ただし体力もピークにある彼らが1万人も寝起きを共にすると試合が終わった人から順に舞い上がってしまって生涯忘れぬ思い出づくりに励む…という話。

1日に3人の女の子と寝たアメリカ人選手、金メダルあげるから寝てくれって迫るドイツ人ボブスレー選手、ドア常時オープンのイタリア人、フリーダムなロシア人、野外、ホテル、ジャグジー、家…まあまあまあまあ、いろんな「さもありなん」な話が出てるのだけど、あんま中身ないよ。

へーと思ったのはコンドーム発注数ぐらいか…単純に割り算で1人10個用意する計算。というか、なぜ配る! 



[ESPN]

2 comments:

Yoshinori_K said...

配るのは HIV 対策のためだと思います。
途上国支援の工事ではレイバーに教育を兼ねて配ったりします。レイバーとアスリートを一緒にするな、と怒られるかもしれませんが。

satomi said...

そか、途上国の選手もいますもんね。全部使うわけじゃなく、お土産に持ち帰る選手もいそうですよね

Post a Comment