January 4, 2012

グーグルChromeがグーグル上位八分に:Google Downgrades Chrome PageRank to zero

Google reduces Chrome browser search PageRank for 60 days: "The scandal is in some ways a worst-nightmare scenario for Google. Simply stated: Google hired company A to advertise Chrome on the web. Company A outsourced the work to Company B, which paid bloggers to write sponsored stories about the browser. Google responded by stripping Chrome's PageRank."

グーグルが広告を頼んだ会社の下請けが、ブロガーにお金を払ってChromeブラウザのダウンロードサイトにリンクを貼らせていた事実が発覚。「有料リンクで検索ランクをあげる不正操作禁止条項に自分で違反してるじゃないか」、「JCペニーの時みたいにランクさげろ!」と批判が集中したのを受け、グーグルは自社製品Chromeのサイトのページランクをゼロにした。


今のぞいてみたら、本当にゼロになってた。

今日からはグーグルで「browser」「ブラウザ」を検索してもFireFox、Opera、Safari、IEといった競合プロダクツが上にきて、Chromeはずっと何ページも開かないと出てこない。検索から完全に弾かれたわけじゃないのでグーグル八分じゃないけど、大変な埋まりようだ。このグーグル「上位」八分は最低60日間続く。


[SEOBook, SearchEngineLand 1, 2]

0 comments:

Post a Comment