December 12, 2011

韓国のツインタワーが9.11を想起させると米激怒、会社が謝罪:Firm Sorry for Design Resembling 9/11 Attack

(c) Peter C. Brandt/Getty Images; MVRDV/AP (via abc)

Far-fetched or obvious?

A Dutch architecture firm MVRDV has apologized for a design of two Seoul skyscrapers that to some New Yorkers resembles the Twin Towers during the 9/11 terror attacks.  Despite the criticism, the firm has no plan to change it.

As msnbc says, the towers are part of the Yongsan Dream Hub designed by Daniel Libeskind -- the master plan architect for reconstruction at New York's Ground Zero.  It's a bit unbelievable that they 'did not see the connection in 3 months of design process.'

大抵のことは「そんな細かいことでガタガタ言うな」と思う私だけど、これは初見で「え…」と引いてしまった…。

韓国ソウルに建設予定のビルのデザイン「ザ・クラウド(雲)」(右)が「9-11で爆発するツインタワーそっくり」、「雲というか煙ではないか」、「いったい何を考えてるんだ!」と一部アメリカ人・遺族の反感を買い、オランダの建築デザイン会社MVRDVに非難が殺到。殺人予告まで行く騒ぎとなり、同社は「そんなつもりは全くなかった」とサイトで謝罪した。

同じアメリカ人でも「考え過ぎ」、「アメリカが中心で世界回ってるわけじゃないんだから海外で何建てようが自由でしょ」、「いい加減克服しようよ」と擁護する声もあるけどね。

このツインビルは龍山駅前再開発事業「龍山ドリームハブ(Yongsan Dream Hub)」の一環で、msnbcによると龍山ドリームハブの方のデザインはなんとあのグランド・ゼロ(世界貿易センター跡地)再建のグランドデザインを考えた建築家ダニエル・リベスキンドだったりする。そのアイディアを元にオランダの会社が発展させたデザインということなので、「デザインには3ヶ月かかったが、その間一度も考えもしなかった」(MVRDV)というのは余計に信じられない気も。

韓国の開発会社広報はAFPに「9-11にインスパイアされたなんて根も葉もない話だ。事業の見直し・変更の予定はない」と話しているので、このまま建ってソウルの新たな観光名所になりそうだ。2013年竣工、2015年完成予定。

UPDATE: 韓国の開発会社Yongsan Development Co.広報が「19ある案のうちのひとつで、本決まりではない」と発言を後退させた。

[msnbc]


0 comments:

Post a Comment