November 12, 2011

iPhone 5は実在したけどボツになった:The iPhone 5 Was Real @businessinsider

So, it existed? (c) Mac Rumors

Well, it turns out the "iPhone 5" – or at least, a fully redesigned iPhone – was real and it was scrapped only months before the iPhone 4S was announced. - Business Insider

「iPhone 5のプロトタイプを2週間使った」という人からBusiness Insiderが、「本当はiPhone 5があったのだけど、iPhone 4S発表数ヶ月前にボツになった」、「アップルのエンジニアもiPhone 4S発売の約3ヶ月前まで全く新しいデザインのiPhoneが発表されるものだと思っていた」という話をとった。

その人によると、ボツになったiPhone 5は;

・今のiPhoneより大きな4インチ画面
・背面はiPad 2みたいなアルミ
・リキッドメタル技術でカラーの筐体も実現したいと考えていた
・試作機は複雑なカラーのプロファイルだった
・物理的なHOMEボタンはない
・ネットに出回った想像図みたいにペチャンコな薄型
・試作機はものすごく高速だったが、これは実際のパワーを隠すため、リミッターを外してたせい(そのぶんバッテリーのもちは最悪だった)。
・レンズは10メガピクセルのを入れる、とエンジニアは言っていた
・Siriも入っていた(Assistantという名前で)

ボツになった理由は不明だが、社内では、ジョブズが画面サイズが違うと製品のフラグメンテーション化に繋がるといって嫌った、と噂されてるらしい…。仮に本当なら、あれだけ沢山の媒体が幻を見たのも説明がつくかな…。

Related:
幻の「iPhone 5」が本当は今夏リリースのはずだった...突如としてボツになっちゃった真相は? : ギ

[Business Insider - The iPhone 5 Was Real]

0 comments:

Post a Comment