October 7, 2011

黒ジョブズの逸話:In Praise of Bad Steve - D.B.Grady

Mac G4 Cube Fish Tank
Mac G4 Cube Fish Tank
(c) Small Dog Electronics


When engineers working on the very first iPod completed the prototype, they presented their work to Steve Jobs for his approval. Jobs played with the device, scrutinized it, weighed it in his hands, and promptly rejected it. It was too big.

The engineers explained that they had to reinvent inventing to create the iPod, and that it was simply impossible to make it any smaller. Jobs was quiet for a moment. Finally he stood, walked over to an aquarium, and dropped the iPod in the tank. After it touched bottom, bubbles floated to the top.

"Those are air bubbles," he snapped. "That means there's space in there. Make it smaller."

去年アップル元社員が、こんなとっておきのスティーブ・ジョブズの逸話を教えてくれた。本当かどうかは確かめようもないけど、世界を4た男の、その人となりをよく表していると思う。

最初のiPodの担当エンジニアが、完成したプロトタイプを持ってスティーブ・ジョブズにOKをもらいにいった。ジョブズは端末をいじり、じろじろ眺め回し、両手にのせて重みを測ると、即座に却下した。デカ過ぎるというのだ。

エンジニアたちは弁明した。ここまでくるのに何度も何度も造り直して、やっとできたiPodですよ、これ以上小さくなんて絶対できません、と。するとジョブズはしばし黙り、やっと立ち上がったと思ったら水槽の方にツカツカ歩いていって、その中に試作機を落としてしまったのだ。ゴツンと底を打ち、水面にぶくぶく泡が立ち昇る。

「あの泡は空気だろ」―彼は噛み付いた。「要は中にまだ隙間があるってことだ。小さくしろ」
 -In Praise of Bad Steve - The Atlantic by D.B.Grady

2 comments:

Anonymous said...

「he snapped」って指パッチンの事じゃないですよー
鋭く言い返す時とか、ちょっぴり切れてるときに相手に投げつける言葉の音とか雰囲気の表現のしかたです

satomi said...

あ、犬が噛み付く時のsnapだなって今気づいて直しました、ありがとうございます!

Post a Comment