April 28, 2011

オバマの出生証明書が怪しいこれだけの理由:Top 20 Conspiracy Theories Surrounding Obama's Birth Certificate

(c) Gavon Laessig

President Obama has finally released his Hawaiian birth certificate in order to quiet the "birthers" (such as Donald Trump) who question his citizenship, only to see another set of conspiracy theories sprung up around his Birth Certificate...


「オバマは米国生まれじゃないから大統領になる資格はない」

と言って譲らない出生陰謀論者(911陰謀論者がtruthersならこちらはbirthers。大統領出馬に意欲を燃やすドナルド・トランプが最近再燃させた)を黙らせるため、オバマ大統領がホワイトハウス公式サイトにハワイ州発行の出生証明書を公開したら、

「こんな出生証明ニセモノに決まってる」

とまたまた陰謀論が活気づき、収拾がつかなくなっている。まったくねぇ。The Smoking Gunの記事・コメントから代表例20をピックして図解したBuzzFeedが笑えたので訳しておこう(図は面白いので是非リンク先でご覧ください)。

オバマの出生証明書が怪しいこれだけの理由


1. 分厚いページに閉じられていた割には背景の模様が均一過ぎる
2. 受理日が「出生日」の4日後
3. 立会人の隣のボックスがにじんでる
4. 証明書に署名した医師は都合よく8年前に死んでいる
5. 「双子」、「三つ子」の上に不審なX印がふたつ
6. 書類の右サイドに説明不能な「8991」
7. 書類の右の「41」も怪しげ
8. 同じ病院で1日遅れで生まれた人の出生証明書の番号の方が小さい
9. 公印がない
10. 「Certificate of Live Birth(生児出生証明書)」なんて表現をまだ使ってる
11. 1961年なら父親の人種は「アフリカン」ではなく「有色」「ネグロ」のはず
12. 「白人」の文字が完璧過ぎる。とても1961年のタイプライターでこれは打てない
13. 足型はどこだ
14. 生まれた時の体重がないぞ
15. 立会人と母親の署名がソックリ過ぎる
16. 出生時間の「M.」と「P.M.」のフォントが違う
17. オバマの生家の住所が高速道路のド真ん中になっている
18. ハワイ州知事は最近になるまで出生証明書はないと言っていた
19. 間違いなくフォトショップ。レイヤー入ってる!
20. 本名が「Barry Soetoro」でパキスタン訪問のあと「Barack Obama」に変えたことぐらい、みんな知ってる


[abuzzfeed via BB]

UPDATE:
President Barack Obama made jokes about his birth certificate, Donald Trump during his remarks at the White House Correspondents' Dinner speech.(AP via WP)
ホワイトハウス記者晩餐会でジョークのネタにするオバマ。会場のドナルド・トランプにも気遣いを見せる余裕のスピーチでございました。

0 comments:

Post a Comment