February 1, 2011

米国圧力でムバラク大統領が不出馬表明:US Urged #Mubarak to Pledge to Step Down

Reporter "No one wants you to run."
Mubarak "I wasn't going to run for president again anyway."(via @RickSancheztv)
記者「誰もあなたの出馬なんか望んでませんよ」
ムバラク「どっちみち大統領に再出馬する気などなかったわい」

Obama Administration has dispatched former ambassador Frank G Wisner to tell Egyptian President Hosni Mubarak to step aside later this year.  U.S. Senator John Kerry, chairman of the Senate Foreign Relations Committee, also urged him to step down on his column on NY Times;

The proof was seen over the weekend: tear gas canisters marked 'made in America' fired at protesters, US-supplied F-16 jet fighters streaking over central Cairo," he wrote. "Congress and the Obama administration need to consider providing civilian assistance that would generate jobs and improve social conditions in Egypt. - Allying Ourselves With the Next Egypt - NYTimes

オバマが送り込んだトップレベルの特使、フランク・G・ウィズナー元大使の圧力を受け、エジプトのムバラク大統領がさっき大統領選不出馬を表明した。が、こんな調子なので広場に集まった市民は怒り狂って「今すぐやめろ!」の大合唱。エジプトは当分眠れそうもない。

 Anti-government protestors waves their shoes, in a gesture o... on Twitpic
Anti-government protestors waves their shoes,
in a gesture of anger, after #Mubarak speech (GETTY)
ムバラク大統領の演説後、靴を振りかざして怒る群衆

昨日は上院国際関係委員会委員長ジョン・ケリー上院議員もNYタイムズのコラムで、今年の選挙に絶対出ないと宣言するよう迫っていた。
先週の情勢を見た人の間からは、米国がこれまでエジプト政府に我慢してきたことに対する非難の声も出た。外向けの言葉と内憂が必ずしも一致していないのは事実だが、二国間関係が米国の外交政策に利をもたらし地域の平和に貢献したという現実的理解があったのもまた事実だ。断じて言うが、生産的関係は両国・中東にとって今後も重要であり続ける。

その目的に向け米国は、エジプト国民への現実的支援を外向けの字句通りのものにしなくてはならない。随分長いことエジプトとの同盟関係は軍事支援がほとんどを占めてきた。週末にはそれを裏付ける光景も見られた。キャニスターに「Made in America」のマークがついた催涙ガスがデモ市民に発射され、米国が供給したF-16戦闘機が耳をつんざくような轟音をあげてカイロ中心部上空を飛んだ。国会とオバマ政権はエジプト国内に雇用を生み社会環境を改善する、もっと民主的支援を考える必要がある。- Allying Ourselves With the Next Egypt - NYTimes

[ NYT, The Guardian]

0 comments:

Post a Comment