February 11, 2011

スイス政府、ムバラクの隠し資産を凍結:Swiss freeze possible Mubarak assets

Sharm el-Sheikh (c) Getty Images
(via The Guardian)
As Hosni Mubarak flew to Red Sea resort of Sharm el-Sheikh, Switzerland has swiftly frozen assets possibly belonging to him.
"I can confirm that Switzerland has frozen possible assets of the former Egyptian president with immediate effect," spokesman Lars Knuchel said, declining to specify how much money was involved.-Swiss freeze possible Mubarak assets, Reuters
How is that possible? Well, they changed the law just in time;
In October, the Swiss Parliament passed the Restitution of Illicit Assets Act, which took effect on Feb. 1. Among other things, it allows the Swiss Cabinet to freeze contentious assets even if a country has not formally asked Switzerland to do so. -How Switzerland was able to freeze Mubarak's Swiss bank accounts. - Slate

According to The Guardian, Middle East experts estimate his assets "could be as much as $70bn (£43.5bn), with much of his wealth in British and Swiss banks or tied up in real estate in London, New York, Los Angeles and along expensive tracts of the Red Sea coast."  How about other Egyptians?  Mohamed ElBaradei says, "more than 40 percent of Egyptians live on less than $2 per day. Nearly 30 percent are illiterate."  With $70bn, you can buy a ton of bread for them.

Slate says other dictators whose assets got frozen include "Laurent Gbagbo, the president of Cote d'Ivoire who lost a November presidential election but has refused to step down, and Zine el-Abidine Ben Ali, the disgraced former president of Tunisia."

ホスニ・ムバラク前大統領が今朝大統領府からヘリで国外退去し、紅海のお気に入りのリゾート地シャーム・エルシェイク=写真=に着陸したかしないかのうちにスイス政府が隠し資産と思しき銀行口座をカチンコチンに急速冷凍してしまった。

スイス政府Lars Knuchel報道官がロイターに明らかにしたもの。凍結措置は即時有効となる。

スイスと言えば世界中からいかがわしい金が舞い込む絶対顧客秘密保持の国…と思っていたのだけど…なぜこんな早業が?

Slateによると、「これじゃあスイスのイメージが余りにも悪い、独裁者が盗んだ金の隠し金庫じゃないんだからさ」とスイス国会が一念発起。不法財産対策法案なるものを昨年10月に通過させ、それが2月1日から施行になったらしいのね。これによりスイス内閣は相手国からスイス政府に資産凍結の正式な申し入れがなくても、反対意見が多い資産は凍結してOKな取り決めとなった、というわけ。

ムバラク氏は元々は軍の契約事業で貯めこみ、サダト大統領暗殺で副大統領から大統領に繰り上げ就任後30年間ありとあらゆる事業で貯めこんできた。中東専門家たちの分析によると、一族の隠し資産は700億ドル(5兆8450億円)にも及び、そのほとんどはイギリスとスイスの銀行、NY、ロンドン、LA、紅海の高級不動産とされる…(ガーディアンABCには推定400億-700億とある)。

一方、国民は貧富差が日に日に開くばかりで食糧難もひどい。エルバラデイIAEA事務総長によると「エジプト全国民の40%以上は1日2ドル未満で暮らしており、30%近くは読み書きもできない」そうよ? 20%は1日1ドル未満の貧困層という報道も目にした。こういう国民からネコババしたお金は切り崩して、さっさとパン配らないとね。

イングランド銀行はエジプトからの申し入れがマストだけど、きっとこちらも要請は出るだろうし凍結になるんじゃあるまいか。

避難場所はドバイという案もあったらしいよ。サダト元大統領暗殺後30年なし崩し的に続いた緊急事態宣言を悪用し、罪もない市民を逮捕・拷問してきた警察官は今後大量検挙が予想される(馬とか駱駝にまたがって無抵抗なデモ市民を何百人と殺した罪もあるしね…)ため、そういう責任追及が及ばない街というと近場ではドバイ、なんだそう。

そんなことより心配なのはがんだよね…。ムバラク前大統領は昨年3月ドイツで胆嚢がん手術を受け3週間逗留した。同7月には「余命あと1年」とワシントン・ポストが報じている。緊急手術をまた受けるんじゃないかと噂されたが、ガーディアンによると、スレイマン副大統領はそれはないと言っている。ドイツも受け入れを拒んだらしい…。

0 comments:

Post a Comment