January 12, 2011

GoogleのH.264サポート停止にMicrosoftがパロディで反論:An Open Letter from the President of the United States of Google

Google's Chrome team announced to drop H.264 support, and the director of Microsoft's Windows and Silverlight technical evangelism team responded. グーグルがChromeのH.264サポート打ち切りを宣言し(上)、マイクロソフトがすかさずパロディーで反撃した(下)。訳しておくね。

HTML Video Codec Support in Chrome(ChromeにおけるHTML動画コーデックのサポートについて)



ウェブのオープンかつコミュニティ主体の開発モデルは、その急速な進化、ユビキタスな普及の鍵を握る。WebMプロジェクトは昨年、オープンな世界随一の動画コーデックをウェブに実現するため始動した。以来、オープンな開発モデルのメリットは我々も現場で実感している。

* 動画エンコーダー&デコーダーの急速な性能改善。これはコミュニティの開発者多数の尽力の賜物。
* ブラウザ、ツール、ハードウェアベンダーに幅広く浸透
* 独立した(ただし互換性のある)実用化。これでユーザー、パブリッシャー、デベロッパーの選択の幅が広がるだけでなく、健全な競争・イノベーションの育成にも繋がる

我々は向こう1年でウェブメディアプラットフォームがさらに急速な技術革新を遂げることを見越し、オープンウェブの原則に基づき開発・ライセンスされた技術に投資を集中させる所存だ。そのゴールに向け、ChromeのHTML5サポートを変更し、オープンなChromiumプロジェクトが既にサポートするコーデックに足並みを合わせたサポート体制を現在組んでいるところだ。つまり今後はオープンなコーデックに切りかえる。H.264は動画では重要な役割りを果たしているが、我々のゴールがオープンなイノベーションを可能にすることである以上、このコーデックのサポートは解除し、完全にオープンなコーデック技術に我々のリソースを振り向けることとする。

この変更は今後数ヶ月の間に行われるが、HTMLをお使いのコンテンツパブリッシャーおよび開発者が自分の担当するサイトに必要な変更を加える機会を与えるためにも発表は前倒しして今行った次第だ。

Mike Jazayeri
グーグル製品マネジャー


An Open Letter from the President of the United States of Google(グーグル合衆国大統領からの公開書簡)



世界中の人々がお互いコミュニケートできることは、その急速な進化、経済発展の鍵を握る。エスペラント語は前世紀、平和と国際理解を育成する政治的に中庸な言語として発明された。以来、人工言語のメリットは我々も現場で実感している。
  • 文化的コンテキストに汚されないピュアな意思疎通のかたち
  • 1万人もの話者に幅広く浸透
  • 独立した(しかしながらほぼ互換性のある)方言の数々。これで話者の選択の幅が広がるだけでなく、健全な競争・イノベーションの育成にも繋がる

我々は向こう1年でさらに人々のコミュニケーションが活発になることを見越し、人工言語に基づいて生み出された言語に投資を集中させる所存だ。そのゴールに向け、この国で読み書きに使用する言語を変更し、Language Creation Societyが既にサポートする言語形式に足並みを合わせたサポート体制を現在組んでいるところだ。つまりエスペラントおよびクリンゴンをサポートし、今後は質の高い言語へのサポート拡大も検討していく。 英語は今日の会話では重要な役割りを果たしているが、我々のゴールがオープンなイノベーションを可能にすることである以上、今後はこれを我々国家のコミュニケーション手段として使用することは禁じ、実社会の利用に害されない言語に我々のリソースを振り向けることとする。

この変更は今後数ヶ月の間に行われるが、他の言語をお使いの市民に世界中の図書館の本をエスペラント語に翻訳する機会を与えるためにも発表は前倒しして今行った次第だ。
Dankon, nedankinde!

Tim Sneath
マイクロソフトWindows&Silverlightエバンジェリズムチーム・ディレクター


[Chromium Blog, MSDN Blogs ]

0 comments:

Post a Comment