May 1, 2010

インド、中国の携帯輸入を禁止:India bans import of china mobile phone

(c) Distra


India has banned telecommunications equipment from China citing national security reasons. More on SiliconValley.com and Straits Times.

中国に次ぐ世界No.2の携帯大国インドが、セキュリティ保全のため中国から通信機器の輸入を禁じた。

中国のハッカーによるインド政府・軍ネットワーク侵入事件を受け、インド政府から口頭による命令は何ヶ月も前から出ていたが、APによると通信・情報技術省から今週、国内大手電話会社に書面で正式に通達が回ったとのこと。

理由は、中国のスパイがインドの電話通信ネットワークにアクセス可能になるスパイウェアやマルウェアが埋め込まれている恐れがあるため。華為(Huawei)や中興通訊(ZTE)など、中国ベンダーが製造を手がける通信機器は基本的に禁止で、中国製通信端末の輸入事業計画はすべて使用機器の詳細を国土省に提出し、「セキュリティ認証」を受けなくてはならない(なので政府は「禁輸ではなく規制」という言葉を使っている)。

さらにインド政府は、電話通信ネットワークの運営・メンテの作業は「全面的に」インド人エンジニアが執り行うよう命じた。

昨年インドは、IMEI番号(各携帯追跡用についてる15桁の番号)のついてない中国製携帯端末の輸入も禁じているが、それもやはり盗難された携帯が脅迫やニセ電話に使われる恐れがあるという、治安上の理由だった。(←@scorpiiusさんが教えてくれたけど、国際規格IMEIとは別の中国独自規格があって日本も無縁じゃないんだって!)

インドでは携帯新規加入が毎月2000万人という勢いで増えており、携帯利用人口は2014年までに今の倍の10億人となる見込み。おいしい市場なので、禁輸はインド・欧米のメーカーにとっては朗報だが、大丈夫かなぁ…。インド紙ストレイツタイムズは「中印2国間貿易額は今年1000億ドル突破することが予想される中、この動きは貿易摩擦の引き金になり兼ねない」と書いている。


[SiliconValley.com, Straits Times]

0 comments:

Post a Comment