May 3, 2010

米当局がアップルを反トラスト法で調査?:Apple May Face Anti-Trust Inquiry from DOJ or FTC

The New York Post reported that the DOJ and FTC are now talking over who will begin an antitrust inquiry into whether Apple's new iPhone developer agreement requiring to use only its approved coding languages kills competition.
"However, thanks to the popularity of the iPod and iPhone, Apple is having a tough time continuing to play the role of David fighting against Goliath. Indeed, its market cap of $237.6 billion exceeds that of the world's largest retailer, Wal-Mart, whose market cap is $201.7 billion."

On the day Steve Jobs posted "Thoughts On Flash," for example, Adobe shares fell 2 percent.

This morning Apple announced that it sold its one millionth iPad.


反トラスト法執行機関の米司法省(DoJ)と連邦取引委員会(FTC)が今、どちらがアップルの調査開始を担当するか話し合ってる最中だと、NYポストが情報筋の話として伝えた。

アップルは先月iPhoneデベロッパ規約を変更し、iPhoneやiPadのアプリはアップルが推奨する開発言語オンリーと定めたが、当局ではこれがアップル端末上でのみ動くアプリを開発するか、競合相手のグーグル、マイクロソフト、RIMが出してる様々なOSでも使えるアプリを開発するかの二者選択を開発者に迫り、競争を阻害してるのではないか、見極めたいのだそう。

一昔前まではちっちゃなダビデだったアップルも、今は市場価値$237.6B(2376億ドル)で、小売業界世界トップのウォルマート($201.7B/2017億ドル)よりまだ大きなゴリアテだ。ジョブズCEOが「Thoughts on FlashFlashを使わない理由)」を発表した当日にはアドビの株価が2%落ちた。

下調べであって本格捜査ではない。仮に捜査となれば当局からアップルに召喚状を出し、関連文書提示を求める運びとなる。DoJもFTCもアップルもNYポストからの取材にはノーコメント。

アップルは今朝、iPad販売台数が金曜100万台突破したと発表した。

0 comments:

Post a Comment