November 28, 2009

ツイッター有料版を疑似体験:Twitter Japan's Premium Service NOT coming, but What Twitter Payments Could Look Like?



Twitter's partner, Digital Garage, retracted what its subsidiary COO said in mobidec2009.;

The recent media reports are likely a result of a misunderstood presentation by a DG subsidiary, DG Mobile, about potential business opportunities that it could explore as a third party. DG Mobile's presentation was unrelated and separate from the Twitter and Digital Garage partnership. - Twitter blog: Recent Press Coverage about Twitter Service in Japan

IT Media broke the story on Nov. 25, which prompted a strong backlash in Hatena and Twitter users among others. MediaAsia picked the story (they had reported Twitter Japan's more adventurous approach to premium subscription models a day earlier), then.... poor Serkan Toto!!

Well, by now we all know Twitter and Twitter Japan are not like Yahoo! and Yahoo! JAPAN whose largest stockholder is Softbank. Digital Garage is a local partner of Twitter, but they haven't had a joint-venture arrangement. Also, Digital Garage Mobile is just a subsidiary arm of Digital Garage, and what its top executive talked about was a third party service, not Twitter.jp's official move. Got it? ...I know... it's confusing... Read Asiajin's explanation and get even more confused.

In the meanwhile, Marc Glasberg of iCents created a Twitter mockup "that implements the exact functionality TechCrunch has described. It sells fake Robert Scoble SuperTweets." Take a look and mouse over & click the link. You see an alternative future there!


Twitter日本語版有料サービス開始のニュースは「誤解」だそうで。

"本件に関する報道は、DG の子会社である株式会社DG モバイルが、サードパーティとしての有料サービスの可能性について誤解を招きかねない説明を行ったことが発端になっています。DG モバイルの説明は、Twitter 社とデジタルガレージのパートナーシップとは関係ない別個のものです。"- Twitterブログ- Twitter 関連サービスに関する一部報道について

「本件報道」というのはmobidec2009のこちらのセッションでDGモバイル杉健一COOが発表した内容をITメディアが25日報じはてブやTwitterで大反発が起きたもの。

Twitter Japanが独自にサービス有料化の試みを展開している話を26日紹介したMediaAsiaが27日英語で紹介TechCrunchも飛びついて検証記事まで書いたトトさんだったが、急に梯子外されてかわいそうな結果になってしまった。

読者の中には「反発があまりにも大きかったので、子会社の説明が一部報道機関に誤解を招いたという話にしちゃったんじゃないの?」とコメント書いてる人も多いけど…。

ともあれこの釈明で、Twitterと日本版運営母体デジタルガレージ社は提携は結んでるけど、ジョイントベンチャーじゃない点も明らかになった。Yahoo!本家とYahoo! JAPAN(ソフトバンクが筆頭株主)みたいな対等関係じゃないのね…。また、DGモバイルは子会社で、今回はサードパーティーの展開について経営陣が公けの場で言及しただけであって、Twitter.jpやTwitter.comの動きじゃない(←修正)ってことで…。なんともややこしいが、その辺の詳しい話はakkyさんがAsiajinに英語で書いている(もっとややこしい!)。

ところで上のサイトは、小口決済サービスiCentsMarc Glasbergさんが作ったTwitter有料コンテンツのモックアップ(偽物)。「ロバート・スコーブルの偽SuperTweets(小口決済ツィート)を例にとり、TechCrunch書いた通りに再現した」ものだ。面白いので、課金リンクをマウスオーバしたりクリックしてみてね!

みんな有料化というとすぐ目くじら立てるけど、こういうスマートな運用なら笑えるっていうか、悪くないと思う。それにしても1円からって…すごい…。

Related:
Twitterの課金問題で知ったブログメディア&Twitterコンボの怖さ - Distribution

0 comments:

Post a Comment