September 10, 2009

日本はアメリカ人が守りたい何番目の国?:Countries Most Americans (Don't) Want to Defend

 

A new Rasmussen Reports  national telephone surveys of 1,000 adults finds that 46% of Americans believe the United States should provide military assistance to Japan if it is attacked. 41% disagree, and 13% aren't sure.

I'm not sure it's a favorable number or not, but Japan placed the sixth in terms of countries America should assist, following Canada (78% favors aiding), Great Britain (73%), Mexico and Israel (each with 59%), and Germany (53%), surpassing France (45%).

"As for the remaining countries on the list, there is more opposition than support for helping them if they are attacked," concludes Rasmussen. Really?

Topping off the adversary list (i.e. countries most Americans don't want to defend) are Iran and North Korea (74% opposes military assistance),  China and Russia (each with 72%).


「日本が攻撃されたら軍事援助すべき」と考えるアメリカ人は全体の46%、「すべきでない」は41%、「わからない」は14%いる。

これは米世論調査会社ラスムセンが今月はじめ成人1000人を対象に電話で行った世論調査の結果。

それによると、アメリカ人が有事に守りたいと思う国ランキングで日本は、カナダ(78%)、英国(73%)、メキシコとイスラエル(各59%)、ドイツ(53%)に次ぐ第6位。イギリスから独立を勝ち取って2世紀以上、ドイツ・日本を破って60年以上経つ。昨日の敵は今日の味方?

因みに旧同盟国フランスは日本より若干少な目の45%で、あと残りの国々は守りたくない人の方が多かった。

逆にアメリカ人が一番守りたくない国はイラン・北朝鮮(ともに74%)、次いで中国・ロシア(ともに72%)で、こちらは冷戦時代のメンタリティーが根強く残っている。

仲間 有事に守るべき 守るべきでない

中国

19%

26%

13%

72%

日本

59%

10%

46%

41%

ロシア

17%

27%

15%

72%

イギリス

85%

5%

73%

18%

イラク

17%

41%

30%

57%

ドイツ

66%

5%

53%

33%

ベトナム

21%

21%

19%

64%

カナダ

86%

4%

78%

16%

サウジアラビア

23%

25%

26%

59%

フランス

61%

4%

45%

37%

イスラエル

70%

8%

59%

29%

北朝鮮

4%

75%

13%

74%

メキシコ

54%

11%

59%

28%

イラン

5%

70%

13%

74%

パキスタン

12%

28%

29%

49%

アフガニスタン

15%

40%

33%

50%

ベネズエラ

20%

34%

25%

56%

エジプト

39%

9%

38%

41%

(source: US Standings for Various Countries around the World - Rasmussen Reports)


[Rasmussen Reports™]

0 comments:

Post a Comment