July 30, 2009

iPhoneアプリ削除を知らせるアップル社員と開発者の会話:There’s No App for That - Riverturn


The best ad placement ever? 
(screenshot taken from Riverturn)



The outcry over the Google Voice ban on the App Store is still going on. Some shifted the blame to AT&T. Whatever the reason is, the conversation between VoiceCentral (one of the Google Voice apps removed) developer and Apple is so wrong. Google ad knows better.

アップルがグーグルVoice Appを却下し、騒ぎなっている。AT&Tが悪いという話になってきたが、理由がなんであれ、削除されたVoice Appアプリのひとつ「VoiceCentral」開発者がアップル社員と交わした電話のやり取りには気が滅入る。「今すぐ“ごめん”と言え」というグーグル連動型広告にヘラヘラと力なく笑ってしまったよ…。

There’s No App for That(お探しのアプリはありません)

by Riverturn, 07.28.2009.

-in Japanese

所でられいるように今日は、アップルが当社のVoiceCentralアプリをApp Storeから削除したという残念なお知らせだ。突然あっという間に起こった話で、アップルからは文字通り何の事前予告もなかった。

昨日アップルに何度もメールを入れたが、今に至るまでナシのつぶて。 (同じように今回アプリが削除された)競合の会社に電話したのと同じリチャードから、うちの本社にも留守電が残っていたんだが、間の悪いことに“話し合い”が持てたのは今日になってからだ。話し合いと言っても、情報を出さぬよう意図された会話なので、とても話し合いという言葉には収まらない。まるで珍劇だ。やり取りの内容は大体こんな調子だった。:
リチャード:「こうしてお電話差し上げたのは、VoiceCentralがApp Storeから削除されたことをお伝えするためです。理由はiPhoneの諸機能とダブるからです。」
僕:「そんな理由じゃ納得できない。その理屈だと、Textfree、Skype、fring、あとiCallもダブりと見なされるんじゃ?」

リ:「他のアプリに関するお話はできません」
僕:「アプリそのものの話ではない。単にルール適用に一貫性がないと言ってるんだ」
リ:「私にお伝えできるのは、そちら様のアプリがiPhoneの諸機能とダブっており、ユーザーのコミュニティに混乱をもたらしていた、ということだけです。これは弊社のポリシーに違反します」
僕:「今頃になってポリシー違反なんて、前となんか状況が変わったの? 過去4ヶ月ずっと問題なくストアに置いてきたじゃないか。それに先立つ1ヶ月半、おたくで“審査中”のときも問題はなかった。ストアで売り出してからアップデート出したときにも問題は一度も持ち上がらなかった」

リ:「それは言えません。―私に言えるのは、そちら様のアプリが弊社のポリシーにそぐわない、ということだけです」
僕:「アプリのどの部分がダブりなのか教えてくれないか?」
リ:「細かいディテールはお話できません」
僕:「これをやったら準拠回復してストアに戻れるという、何かこちらにできる変更や修正はないのか?」
リ:「お話できません」
僕:「あのね、問題の所在も分からないんじゃ、アプリを再提出すべきかどうかも判断できないじゃないの? 他の開発事業に投資を回すべきかどうか、どう判断できる? これから出すアプリにも影響が出てくるんだよ」
リ:「それにつきましては、私にはお力になれません」

僕:「こんなシナリオで物事が動くんじゃ、アップルを今後もパートナーと見なしてこちらの成長にプラスかどうか判断のしようがない。僕の身になって考えてもみてよ。自分に口を挟む余地もなく、いつ殺されてもおかしくないようなものに、君なら血と汗と金を注ぎ込み続けるのか? 」
リ:「仰ることは分かります。が、それにつきましても私にはお力になれません」

僕:「どうせあのアップルの誰かに電話かけろって言われたんでしょ。 その頼んだ人間と話させてくれないかな?」
リ:「本件に関してあなたがお話になれる相手は私だけです」
僕:「この提携関係に意味があるのかどうか、当社も戦略決定が下せるよう、こちらの質問にちゃんと答えてボールのやり取りができる人間がいるはずだろう」
リ:「あなたがお話できるのは私だけです」
僕:「君が嫌いで言うんじゃない。この電話はかけろと言われたんで仕事でかけてることぐらい分かってる。でもさ、今のこの2人の会話、全然かみ合ってなくないか。質問と回答のボールのやり取りもない。質問には一切答えてならないと言われてるんだね。頼む、お願いだから、僕と内容のある話をしたい人がいないか、上司に聞いて回ってくれないか? 必要ならオフレコだって構わない。トップシークレットのNDAにまたサインしなきゃならないなら、それも構わん。が、今のままでは全くラチがあかない。 開発を続けることに意味があるかどうか、当社としても経営判断が必要なのだ」
リ:「それは上司たちに報告しておきます」

(脚注略)

[There’s No App for That - Riverturn]

0 comments:

Post a Comment