May 1, 2009

出産祝いに贈る曲:Birth Songs


Madonna Singing "Little Star" on Oprah in '98
長女のため書いた曲『Little Star』を歌うマドンナ。会場には赤ちゃんも


It's a girl!  Gizmodo Japan's Editor-in-chief, Ichiro Kiyota, (a.k.a. Ichiru), got the first baby. Without much thought, I sent Ave Maria clip (Celtic Woman's version) to his wife's cellphone, but here I made a playlist of songs about birth and babies that new mom and dad could use for DVD or slideshow later on. These words say it all about how I felt when I saw my child for the first time.

いちるさん夫妻に女の子が生まれた! 咄嗟に「アヴェ・マリア」送ってしまったのだけど、出産・誕生のとき英語圏の人が聴くスタンダードって何かな?と思ってプレイリストにまとめてみた。何億枚と撮り溜めた赤ちゃんのスライドで音源に悩んでる方も是非ご参考に。

1. The Rainbow Connection - Frog Karmit, 1979

Lyric
Rainbow is a miracle God created to remind us that there's such a thing as God. So is baby. Among all rainbow songs, I think this tune represents its beautySung first by Jim Henson, who suddenly died in 1990. Even now, whenever kids hear this song on TV, they stop playing and listen to it.
虹は、神の存在を忘れかけた人間のために神が用意した秘蹟。ベビーもね。そのイメージに近いこの曲は、マペット生みの親ジム・ヘンソンが1979年かえるのカーミットを操りながら映画で歌ったのが最初。氏が1990年突然この世を去ってからも広く愛されている。


2. Isn't She Lovely - Stevie Wonder, 1976

Songfacts & Lyrics / 訳詞
Written for and sung to daughter Aisha, who is the baby crying in the beginning.  Watch Stevie and Aisha on stage in 2008. Yeah, she is so lovely!
邦題『可愛いアイシャ』。長女アイシャの産声をそのまま使って親バカ炸裂のスティービー・ワンダー。シングルカットを拒み、おかげでアルバムがよく売れた。歌手に成長した可愛いアイシャを隣に置いて歌う2008年ライブはパパ必見


3. Daughters - John Mayer, 2004
Lyrics / Video訳詞
The third single by Giz's closely monitored John Mayer.  It's about how the way parents (or any caregiver for that matter) treat their daughters affects the way they love others in the future.
ギズのアイドル、ジョン・メイヤー3枚目のシングル。「女の子はパパに愛されたように人を愛するんだから大事に育ててくれよ」と未来の悪い虫が図々しくも好きな子のパパに諭す。「自分を棚に上げてなんだこの~」と豆ぶつけられそうだけどさ。2005年グラミー賞。


4.  Unwritten - Natasha Bedingfield, 2004

Lyrics / Video1, 2
I know, I know, ...it's a song for all age groups. Anybody can start anew and today is where your book begins.  But it's absolutely true for newborn baby!
真っ白なノートの1ページ目。「誰でも今日が自分の本の始まり。この先はまだ何も書かれてない」という歌。よく聞くと「だから過去(の男)のことなんかきれいさっぱり忘れて次いこう、次!」と歌ってるように聞こえるんだけど…まあまあ。


5. The Things We've Handed Down - Marc Cohn, 2006

Lyrics
Something handed down from generation to generation. Don't blame me. "Over time that line has been Extremely well rehearsed."
「なんで僕らんとこ生まれたの? 上から見てたの? 大きくなったらどんな子になるの? ママみたいに笑うのかな。でも隔世遺伝もあるって言うからな。毛先がクルンとするのかな。僕ら譲りのものなんてそう簡単には見つからないんだよ。でもお礼は後でいいからさ」と夢見るパパだが途中からハッと現実に目覚めて「パパに似たって恨むかもな。でもそれは昔から何度も繰り返し言われてきたことだしね。お父さんのお父さんのそのまたお父さんも。僕らが君に受け継いだもの。それは誰の記憶にもない どっか遠い昔の町から来たものなんだよ」と歌う。


6. Little Star - Madonna, 1998
Lyrics / Video (see above) / Tab
Written for her daughter Lourdes. 長女ルルド(英語読み:ロードス)に捧げる歌。今はもうこんなに大きくなった


7. In My Daughter's Eyes - Martina McBrite, 2003

Lyrics & Video
One of the most-requested father-daughter wedding dance songs, which makes daughters cry. Its songwriter, James Slater, tells that "parents draw as much inspiration from their children as the children do from their parents."
結婚式で花嫁がパパとダンスするときリクエストの多い曲。作詞家ジェームズ・スレーター自身は娘はいないが、9-11後にテロも壊せないパワフルで親密な何かを謳歌する歌をつくりたいと考え書いたそう。「娘の目に映る僕はヒーロー。強くて賢くて恐れを知らない。でも本当はこの子は僕を救うために送られてきた子。だってそうだろう。この子の目の中に 自分がどんな人間になりたいか見えるんだから」


8. Lullaby (Goodnight, My Angel) - Billy Joel, 1993
href="http://yaplog.jp/fetishroom/archive/41" target="_blank">和訳
邦題『眠りつく君へ』。愛嬢アレクサ・レイ・ジョエルのために作った子守唄。当時ママとうまくいかなくなっていたビリー・ジョエルは(後に離婚)、「いつか遠く離れてしまっても僕は絶対君のそばを離れない。 いつか君の子どもが泣いて そしてこの子守唄を歌ってあげたなら その君の心の中に僕の欠片はずっといる」と歌う。

0 comments:

Post a Comment