April 27, 2009

ジョブズが最も忌み嫌うジャックリング邸:Steve Jobs Wants Jackling House Demolished

 
Bathroom in Jackling House © Scott Haefner (via)


“one of the biggest abominations of a house I’ve ever seen” - Steve Jobs on Jackling House
「これまで出会った中で最も忌々しい家」-スティーブ・ジョブズ

Steve Jobs bought this old 14-bedroom "Jackling House" in early 1980s and lived there for a decade before renting it out.  It stayed vacant for another decade, and Jobs decided to build a new home and asked the town for permission to demolish it in 2001. They fulfilled his request, but local preservationists formed a group called "Uphold Our Heritage" and sued both the town council and Jobs, successfully upholding the decision.

Having failed to find someone who is willing to move the structure and preserve (remember, it's 17,250-square-foot house), Jobs is once again trying to pursuade them by stating building new 6,000-square-foot house would cost less ($8.2 million) compared to renovating the old mansion ($13.3 million), and the application will be reviewed tomorrow. (More on Mercury News).

In relation to this news, I saw the mansion's recent photographies on Apple 2.0 (More here).   The mansion looks really spooky.  I can't believe this is where Chelsea stayed and Mr. and Mrs. Clinton visited for dinner. Is this just a setup photography?  Maybe a pinch of dust here and there?  No?

In fact, this sort of preservation vs. demolition conflict is quite commonplace here.  Google co-founder and soon-to-be-dad Larry Page recently stirred similar criticisms when pursuing permission to demolish his "historic" Palo Alto home to build a new eco-friendly mansion only a block away from Jobs' home.

It affects average citizens as well. The other day, my neighbor told me that a lady she knows bought a house in Los Altos without knowing it's a "historic" landmark.  Being unable to rebuild a new house nor to resell it (other home buyers know better), she felt "trapped" in the old, outdated, collapsing home and "that stress caused her to be diagnosed with cancer."  At least, that's how she puts two stories together.

If it were in a commercial area, there would be an alternative path to take. Tokyo's state-owned historic mansion, Ogasawata-tei built in 1927, for example, was beautifully rennovated and now serves the community as a modern party, wedding and dining facility.  Huge mansion Jobs once lived and hated?  I bet tourists flock to see that place!

Why in the first place they put "historic building" for sale?  If it serves the entire community that much, let the government buy it.

Is that a bird nest? Pipe Organ in Jackling House
雨漏りで荒れ放題のパイプオルガン。左のは鳥の巣か? © Scott Haefner (via)


これはスティーブ・ジョブズ氏が米屈指の高級住宅街ウッドサイドに1980年代前半、Macを売り出した頃に買った家。

スパニッシュコロニアル様式を西海岸一帯に広めた建築家ジョージ・ワシントン・スミスが1926年、銅鉱山の大物実業家ダニエル・ジャックリングの私邸として設計したもので、全14室+バスルーム10室という広壮な構え。庭園も美しい。

ジョブズは10年間住んでからパロアルトの小さな家に越し、ここは人に貸していた。が、空き家の状態が10年続き、2001年、建て替えのため取り壊し許可を町に申請した。いったんは許可が下りたのだが、歴史建造物保存運動の市民団体「Uphold Our Heritage」が議会と氏を訴え、許可撤回となり今に至る。

「このウワモノを動かせる人には屋敷ごとくれてやる!」とヤケのやっぱちで引き取り手を捜したが、なんせ17,250平方フィート(1600平米)もあるので、そう簡単に引き取り手が見つかるはずもない。

途中から修理も諦め朽ちるに任せてきた氏だが、昨年やる気も新たに「小さな6000平方フィート(550平米)の家なら新築予算(820万ドル)の方が修復予算(1330万ドル)より安い」という見積もりを添えて町に再度申請した。その審議が明日議会に諮られる。

それにしてもすさまじい荒れようだ。上の写真は、このニュースの関連でApple 2.0に掲載されていた建物内部の近影だが、とてもチェルシーさんを泊め、クリントン夫妻を夕食に招いた家とは思えない。カメラマンのサイトにもっと写真があるけども、パイプオルガンなんて鍵盤もパイプもガタガタ。撮影用にゴミでも散らしたんじゃないの? と疑いたくなるほどひどい。

保存か倒壊かをめぐって家主と住民が対立するケースは、この辺ではよくある話だ。今度パパになるグーグル共同創業者ラリー・ページもパロアルトの自宅(ジョブズの家から1ブロック先。やはり歴史建造物)を拡張しようと周辺の土地を4軒分買い占め、いざエコな家に建て替えようと思ったら、「歴史建造物の取り壊し反対!」とさっそく周辺住民の反対に遭っている。

近所の友だちからこないだ聞いたのは、ある知り合いの女性がロスアルトスに家を買ったら、これが歴史指定建造物で(事前に知らされていなかった)、自分の家なのに建て替えもできなければ売るにも売れず(その辺の人はみんな知ってるので売り手がつかない)、古めかしい家に“囚われの身”となったストレスで「とうとうガンになって寝込んでしまった」んだそうだ。因果関係はハテナだが、まーそう話してた。

これが商用地なら東京の小笠原邸(1927年建造、結婚式場やレストランを備えモダンに生まれ変わった)のような持って行き方もあるんだけどね…。一般公開して「ジョブズが住み、忌み嫌った家」と宣伝すれば物好きな観光客が大挙して訪れるだろう。

そもそもいつも不思議なんだけど、そこまで社会のためになる建造物なら、なぜ一般市民なんかに売るんだろう? 国や自治体が買うべきではないの?? 


 

[Apple 2.0, Mercury News]

0 comments:

Post a Comment