April 29, 2009

今週のジョーク:Enough


Enough
by Hal Dendurent, Catalyst

-in Japanese

あるアメリカ人の実業家がメキシコの小さな浜辺の漁村の港にいると、猟師がたった一人の小さな舟が港にとまった。小さな舟の中には大きなキハダマグロが何匹かいる。

「見事な魚ですねぇ」と漁果を褒め、アメリカ人は釣るまでどれぐらいかかったか尋ねた。メキシコ人は「なに、ほんのちょっとで釣れましたさ」と答えた。

「もっと粘ればもっと釣れるのに何故そうしないんです?」
「なあに、これだけありゃ当分家族養うには十分」
「そんな…じゃあ残りの時間は何して暮らすんですか? 」

するとメキシコ人の猟師は言った。

「ぐっすり寝坊して、ちょっと魚釣って、子どもと遊んで、カミさんのマリアとシエスタ、日が暮れると毎晩町に出てワインのみながらアミーゴとギター弾くんでさあ。こう見えて毎日忙しくて充実してるんですぜ、セニョール」

フンと鼻で笑い、アメリカ人は言った。

「そういうことはぺンシルバニア大ウォートンスクールMBAのこの私に任せてくださいよ。まず漁はもっと長くやること。そして魚を売って得た収益でもっと大きな舟を買う。もっと大きな舟からあがる収益なら舟も何艘か買えます。そしてゆくゆくは漁船の1団が自分のものになる。

獲った魚は仲買人に売るのではなく直接水産加工業者に売ることですね。するとゆくゆくは自分の缶詰工場を構えて、製品・処理・配送を一手にコントロールできる。ここまで行ったら、もうこんな小さな沿岸の漁村でくすぶってる必要はない。メキシコ・シティ、LA、ゆくゆくはNYCなり住んで、そこで日々成長する企業の経営に当たればいいんです」

メキシコ人の猟師は訊いた。
「けどよ、セニョール、それ全部終わるのにどんぐらいかかるんで?」
アメリカ人は答えた。「ざっと15~20年ですね」
「けどよ、セニョール、それからどうなるんですかい?」

アメリカ人は笑って言った。

「それからが一番いいところですよ。良さそうなタイミングでIPOを発表し、会社の株式を公開し、大金持ちになるんです。資産何億円も夢じゃない」
「ひゃー何億円もですか、シニョール? それからどうなるんで?」

アメリカ人は言った。

「それからは定年退職でしょ。小さな浜辺の漁村に悠々自適隠居して、ぐっすり寝坊して、ちょっと魚釣って、子どもと遊んで、奥さんとシエスタ、日が暮れると町に出てワインのみながらアミーゴとギター弾くんですよ」

0 comments:

Post a Comment