March 6, 2009

「アメリカは2010年崩壊する」ロシア人教授が予言:Russian Igor Panarin Says, US Will Collapse Next Year

 
Prof. Igor Panarin (c)  Misha Japaridge - AP


"There is a high probability that the collapse of the United States will occur by 2010," said the Dean of the Russian Foreign Ministry diplomatic academy, Igor Panarin, during his lecture at the Russian Foreign Ministry's Diplomatic Academy, Moscow, on March 3,  that (1) Pres. Barack Obama will order martial law this year, (2) U.S. will break up into six autonomous regions, (3) Alaska will revert to Russian control, (4) Russia and China will become the new world's leaders.

Russia is also undergoing its worst economic crisis in a decade, but he's 100% positive that (5) "the collapse of Russia will not occur."

As a former spokesman for Russia's Federal Space Agency, he probably misses foreign media coverage...

ロシア外務省外交アカデミー国際関係学部学部長のイゴール・パナリン教授が3日火曜、キャンパスの外交官の卵たちを前に、「アメリカの崩壊はおそらく2010年までに起こる」と語った。「おそらく」もなにも、来年ではないか。

[要旨]
1. バラク・オバマ大統領は年内に戒厳令を発動する。
2. アメリカは2011年までに6つに分裂。
3. そのどさくさに紛れてアラスカはロシア領になる。
4. 米崩壊後はロシアと中国が世界のリーダーになる。

…。 会場からは講師の一人が、「ロシアも今は10年来最悪の経済危機と民主主義崩壊の最中で、ロシアの終焉を予測する学者もいます。そちらの予言をもっと詳しく」と注文をつけたが、そちらは自信たっぷりに「ロシアの崩壊は起こらん」と言い切った。

氏は元ロシア連邦宇宙局報道官のパナリンさん。20分の講義にはAPなど海外メディアを名指しで招聘したそうだから、きっとマスコミが恋しくなったのかも。

[AP]

0 comments:

Post a Comment