December 23, 2008

賭博で59億円横領のFry's幹部逮捕:Fry's Exec Charged in $65M Fraud


Fry's Electronics VP of merchandsing and operations, Ausaf Umar Siddiqui, 42, is facing charges that he defrauded the company out of $65 million+ to pay off gambling debts at Las Vegas. He spent $162 million in three years for MGM and Las Vegas Sans. That's $4.5 million per month (and he still owes debts to several casinos). Wow...

ラスベガスの賭博で借金を山とこしらえ、会社から6500万ドル(59億円)着服してその返済に充てていたシリコンバレー大手家電チェーンFry'sの幹部が19日、マネーロンダリング、有線通信不正行為の容疑で逮捕された。

月曜サンノゼの法廷に出頭した42歳のパロアルト在住オサフ・ウマール・シッディーキ(Ausaf Umar Siddiqui)容疑者は、全34店舗の仕入れを総括するVPの立場を悪用し、2005年から今年10月の発覚まで、「キックバックを得る極秘スキームを考え何億円と横領した」(訴状)。勤続10年の会社は月曜解雇された。

会社とベンダーの間の営業マンを排して1人窓口となり、架空のトンネル会社「PC International」を設立。通常コミッションの10倍(最大31%)をベンダーに水増し請求し、着服していた模様(“PCインターナショナル”…「トンネルです」と墨で大書してるような社名である。こういう命名のセンスって日米共通なのか?)。

シッディーキ容疑者は普段から高速カーを乗り回し、ポケットに100ドル札をぱんぱんに詰めて歩き、スポーツシーズンになると執務室のテレビ4台で試合観戦して熱くなって叫ぶんで有名だった。独身貴族。

かわいそうなのは、「広告で目立つ場所に載せてやる見返り」とか何とかうまいこと言って高いマーケティング手数料を巻き上げられたベンダーだろう。彼らには「自分は会社のオーナーのひとりだ」と豪語していたという。Fry'sは「製品が不当に高くなるとかの悪影響はない」と説明してるが、そういうもの?

とにかく驚くのはギャンブルの桁だ。

米内国歳入庁(IRS)捜査官が訴状に詳しく記した銀行明細によると、MGMとラスベガス・サンズのカジノだけで過去3年間に1億6200万ドル散財していた。それって月450万ドル(約4億円)…。しかもまだ借金取り立てにくるカジノが数社あるそうで、いやはや。

会社やカジノの専用ジェットで足繁く通っていたネバダには、「一生立ち入り禁止だ」と判事に宣告されてしまった。年貢の納め時である。

[San Jose Mercury News]

0 comments:

Post a Comment