November 10, 2006

大統領に一番近い女性:Nancy Pelosi


Rep. Nancy Pelosi is the most talked about person of the week. She has what it takes to become the nation's first female speaker of the House, and seeing her right next to Bush is such a refreshment.

今週はどのチャンネル回してもこの人、ナンシー・ペローシ民主党議員。

今回の民主党勝利で年明けから“女性初の多数党院内総務”に就任が決まった女史は全米屈指のリベラル票田サンフランシスコ第8区選出の議員。多数党院内総務というと副大統領の次に大統領に近い人だが、女史は遠慮のないブッシュ叩きで知られる。

「あれだけ自分に批判的な相手と、どうOvalで一緒にやっていかれるおつもりですか?」というCNN記者の単刀直入な質問に、大統領は「ロデオは初めてだからねえ」とうそぶいてみせた。悪友ラムズフェルドも去って急に身辺閑散として見えるのは、気のせいか?

さすがに膝つき合わせる距離まで攻め込んでしまうとこれまでのようにはいかないようで、ペローシ議員の方も大統領弾劾の可能性は否定、「対立からは何も生まれない」と協調化路線に。もっともこれは「次期政権は民主」という旗色が濃くなったことからくる本気路線と見ることもできるよね。政局というのは本当に一晩で何もかも引っくり返るもんなんだなー、と実感中。

調子に乗ってやりたい放題やったブッシュの隣にチョコンと腰掛けるペローシ女史は、なんだかヘップバーンみたいだ。

Meeting in the Oval Office of the White House in Washington, Thursday, Nov. 9, 2006
(photo coutesy of EFE)


女史はイタリア系のバルティモア市長の娘。父親の政治資金の元帳を手伝って政治感覚を身につけた。政治は裏庭のような生い立ち(元帳整理を娘に頼む市長というのも、すごいけど)。

22歳で知り合った投資バンカー、ポール・ペローシ氏と結婚し、夫の故郷サンフランシスコで子ども5人を生み育てた。政治の世界に飛び込んだのは子育てが一段落ついた46歳の時、20年前のことだ。資産は夫が運用している。

お金の出入りに敏感なのは生まれ性だろうか? 今回選挙では計5,900万ドルの政治献金を集めビル&ヒラリー・クリントン夫妻並みの集金力を示した。上院初の女性党首に選ばれた2002年から起算して1億ドル超。アルマーニを好む優雅な風貌からは想像がつかないぐらいタフなのだ。

因みに、こういう馬車馬のような集金力と牽引力、統率力を備えた政治家をアメリカではブルドーザとは呼ばず、「トルネードのようなひと」という。


[Off-Topic/おまけ]:フセイン絞首刑判決に対するBBC読者の反応:ちゃめblog

Tags;

2 comments:

ちゃめ said...

 わっ、リンク有難うございます。
 ペローシ女史はこんな人だったのですね。
 太平洋を挟むと「ブッシュ叩き」だけが強調されて、報道されているような気がします。
 ブッシュ氏の「ロデオは初めてだからねえ」も大笑い。

satomi said...

眉間に皺寄せて相手をなじるタイプの人じゃないですよね。華のある人です。

コルベアの晩餐会も笑えたけど、このツーショットもなかなか笑えました。

Post a Comment