March 27, 2006

サウナで商談:Secret Finnish Business Weapon

This hip-looking TV reporter is Nils Torvalds, the son of the poet Ole Torvald and the father of Linus Torvalds. (courtesy: Verket diskussion)

I found it researching about Finnish tradition of using sauna ("sauna" is a Finnish word) for deal making.

Whenever my husband visits Nokia headquarter, for instance, the business meeting ends abruptly in half way, then all the executives go up to the top floor where a full sauna facility awaits for firing up deals.

"The Finnish Parliament has a sauna. Nokia has a sauna in its headquarters. Nokia CEO Jorma Ollila built one of the world's largest saunas at his summer home. [...] Finns take customers, suppliers and competitors to a wooden room heated to 180 degrees, and with them in the nude." -USATODAY - Naked truth on Finnish business strategy: Start with sauna - Kevin Maney

The USA Today article (great read!) says that Nils took journalists to the sauna room and showed them how to flay themselves with birch branches.

Finland has two million saunas for a population of just over five million. The strategic use of sauna goes back to the Cold War period when Finland remained the only autonomous state on the Soviet Union's western border.
Finnish President Urho Kekkonen entertained Soviet apparatchiks with elaborate sauna parties that are now legend. "The whole sauna culture evolved to a different level" during this period, says the Finnish trade commissioner, Lasse Baldauf. -Fortune
Unlike German or Swedish sauna,  Finnish sauna is not co-ed.  But once you jump from sauna into the lake,  there's no fence in between.

このヒップなTVレポーターは誰?

ライナックスの父リーナス・トーパルズのそのまた父ニルス・トーパルズである。そのまた父のオール・トーパルズはフィンランドの国民的詩人。万人平等思想と、裏方に回ろうとすればするほど中心に押し上げられてしまうカリスマ性は、親子3代のものらしい。

フィンランドではサウナを会議室代わりに使う。家族が首都ヘルシンキのノキア本社に行くと会議はいつも途中でお開きとなり、お偉方だけ最上階のサウナルームに階を移して、そこからバスタオル一丁で詰めの交渉が始まるのだという。

総人口500万ちょっとの小国にサウナ(フィンランド語から派生した言葉)は優に200万室。一家に1台みたいなノリらしい。

”サウナ接待”の伝統が生まれたのは冷戦時代だ。凍てつくユーラシア大陸からカチンコチンに心も体も凍った冷凍マグロ状態で訪れる旧ソ官僚を灼熱のサウナで接待漬けにし、独立を死守したウルホ・ケッコネン大統領が”元祖仕掛け人”(Fortune)。サプライヤ・顧客はもちろん、競合さえも隙あらばサウナに連れ込んで裸のお付き合い…というのが、フィンランド流ビジネスの肝というわけね。

因みにこのケッコネン氏、1956年から25年間も大統領をやっていた。25年って、すごくない? この国家機密を引き継げる側近がいなかったんだろか…。

今では国会議事堂にもサウナ、大使館にもサウナ。ノキアのヨルマ・オリラ会長兼CEOは夏の別荘に世界最大級のサウナをあつらえている。

写真のニルズ氏も、息子を訪ねてきた外人ジャーナリストの一行を大使館のサウナでもてなした。その時の様子をUSATODAYケビン・マーネイ記者が書いているが、見るからに精悍な体つきのニルズ氏は華氏180度でもまだ物足りないとばかりに、焼け付く石に水をバシャバシャかけて蒸気をモウモウと立ち昇らせ、意識が朦朧となった記者団に樺の枝を配り、「こうすると血行が良くなるんだよ」とフィンランド秘伝の鞭打ち法を伝授したそうだ。記者団も仕方なく「うすらボンヤリと昔ディスカバリー・チャンネルでみたゴリラの交尾を連想しながら言われた通りにした」(マーネイ記者)というのが笑える。

因みにスウェーデンやドイツのサウナと違ってフィンランドでは男女別だけど、サウナから湖に飛び込むとそこから先は、混浴だ。

0 comments:

Post a Comment