April 24, 2013

ウィル・アイ・アム、Artyの曲の盗用認める:Will.i.am . admits he stole @Arty_music & Mat Zo's Rebound

Arty & Mat Zo - Rebound


will.i.am ft. Chris Brown - Let's Go



house producer Arty accused Will of jacking the beat for Will's new song "Let's Go" featuring Chris Brown. According to Arty, the beat was stolen from an Arty & Mat Zo song called "Rebound." 

AND HE WAS RIGHT. Will just called in to KIIS FM, admitting he used the Arty beat saying, "I'm a fan of Arty. I think he's great and the world needs to know about how talented those guys are."

ウィル・アイ・アムのクリス・ブラウン参加曲「レッツゴー」にビートを無断で使われた、とハウスのプロデューサーArtyが怒っている。盗用されたビートの元ネタはArty&マット・ゾーの「Rebound」という曲らしい。

彼の言ってたことは本当だった。ウィルはKIIS FM生放送中にArtyのビートを使ったのは事実だと白状し、こう述べた。「俺はArtyの大ファンだ。本当にスゴいので、世界中の人たちに彼らの才能を知ってもらいたいと思った」- Will.i.am Admits ... I.AM. A SONG THIEF | TMZ.com

Hey, good find, will.i.am.  Yes, it's way better than 'Let's Go'...
うん、確かにいいね惚れる。ウィルよ、よくやった(違うって)。




April 23, 2013

2013年最悪の職種は新聞記者(米調査):Newspaper reporter is ‘worst job’ in 2013



米就職情報サイトCareerCastが選ぶ「2013年ワースト職種ランキング」で、木こり、掃除作業員、ごみ収集、バス運転手、油田作業員、検針員を抑えて新聞記者が堂々のワーストワンに輝いた。

調査は今年で25年目。分析では200の職種を対象に、労働省、職業安全衛生局、業界団体の統計をもとに仕事環境・収入・支出・ストレスなどの要因を総合評価した。「若干主観がまじるところもあるが、飽くまでもデータに導かれての結果だ」と発行人のトニー・リー(Tony lee)氏。

新聞記者は万年ランキングの下半分を推移してきたが、ここ5年は落ち込みが激しい。不人気の理由には新旧ある。

[昔からある不人気な理由]

  • 安月給
  • ストレス(締め切りに追われ、常に衆目に晒されており、なんかあるとすぐ叩かれる)
  • 時間的拘束(24時間体制。発生モノがあるとやってることを中断して飛ばなきゃならない)


[昔はなかった不人気な理由]

  • 採用減:2013年には史上初めて採用数がマイナスになった。今から2020年までは更なるレイオフ・採用減で雇用収縮は続く)
  • 仕事増:昔は締め切りは1日1回だったが、今は一日中ツイッターとかブログでヘタすると動画も撮らなきゃならない。時間同じで仕事が倍。
  • 将来に対する不安:自分の会社がいつどこに買収され、自分の処遇がどうなるかわからない。テック記者ポール・ギリンは「印刷モデルは持続性がない。10年後には消えてるだろう」と言っている。

去年はまだ油田作業員、木こり、兵士、農業従事者より上だったが、今年はあっさり抜かれてしまった。木、作物、油田、戦争は明日もあるけれど新聞は…っていうところですかね。


[CareerCast via Poynter]

ボストン爆破だけテロと呼ぶ違和感:Why is Boston 'terrorism' but not Aurora, Sandy Hook, Tucson and Columbine? @guardian

Over the last two years, the US has witnessed at least three other episodes of mass, indiscriminate violence that killed more people than the Boston bombings did: the Tucson shooting by Jared Loughner in which 19 people (including Rep. Gabrielle Giffords) were shot, six of whom died; the Aurora movie theater shooting by James Holmes in which 70 people were shot, 12 of whom died; and the Sandy Hook elementary school shooting by Adam Lanza in which 26 people (20 of whom were children) were shot and killed. The word "terrorism" was almost never used to describe that indiscriminate slaughter of innocent people, and none of the perpetrators of those attacks was charged with terrorism-related crimes. A decade earlier, two high school seniors in Colorado, Eric Harris and Dylan Klebold, used guns and bombs to murder 12 students and a teacher, and almost nobody called that "terrorism" either.

In the Boston case, however, exactly the opposite dynamic prevails. Particularly since the identity of the suspects was revealed, the word "terrorism" is being used by virtually everyone to describe what happened. After initially (and commendably) refraining from using the word, President Obama has since said that "we will investigate any associations that these terrorists may have had" and then said that "on Monday an act of terror wounded dozens and killed three people at the Boston Marathon". But as Abunimah notes, there is zero evidence that either of the two suspects had any connection to or involvement with any designated terrorist organization.- The Guardian

この20年、アメリカではボストン爆破より多数の死者を伴う無差別大量殺人事件が少なくとも3回起こっている。ツーサン銃乱射事件ではジャレッド・ラフナーにガブリエル・ギフォーズ上院議員含め19名が撃たれて、うち6名が死亡した。オーロラ映画館乱射事件ではジェイムズ・ホームズに70名が撃たれて、うち12名が死亡した。 サンディフック小学校銃乱射事件ではジェイムズ・ランザに26名(うち20名は子ども)が撃たれて死亡した。どれも罪のない一般市民に対する無差別殺人だが「テロリズム」という言葉はほぼただの1度も使われた試しがない。テロ関連犯罪で告訴された犯人もいない。それに遡ること10年前にはコロラドの高校で最上級生のエリック・ハリスとディラン・クレボルドのふたりが爆弾・銃で教師と生徒12名を殺害したが、あれもほとんど誰も「テロリズム」とは呼ばない。

ところがボストンの事件ではまるで正反対の方向に力学が働いた。特に容疑者の身元が割れてからは、文字通り万人が「テロリズム」という言葉で事件を語った。最初のうちこそ(立派に)その言葉の使用を控えていたオバマ大統領も、その後は「ふたりのテロリストの交友関係を徹底的に洗い出す方針だ」、「月曜、ボストン・マラソンを襲ったテロ行為で大勢の人がけがをし3名の方が命を落とした」と言っている。しかし、アブニマー氏の言う通りで、今回の容疑者2人をテロ組織と結びつける証拠、テロ組織の関与を裏付ける証拠は何ひとつあがっていないのだ。 - The Guardian

Well-said.  I've been wondering the same thing since the very beginning and have refrained from using the term.  If younger brother says they did it alone, so be it.  He says he did it for religious reason.  Why religion?  Part of its answer is self-evident here.

これは最初から私もすごく不思議に思っていた。

なんの証拠もあがらないうちからテロテロ連呼する政府、それをそのまま伝えるマスコミ。犯人の片方が捕まって単独犯行の線が濃厚になると「罪のない一般市民を大勢巻き添えにする行為はおしなべてテロだ」とか言っちゃってさ…なんかヘンじゃない? 世の中には「無差別大量殺人」という便利な言葉があるのに。

捕まった弟の証言によると、犯行は兄弟が単独で行ったものであり、動機は「宗教」らしい。では宗教に向かわせたものは何だったのかってことになると、この世の中のこういうところにあるんじゃないのって気がしてしまうよ。


[The Guardian]


April 20, 2013

オレゴンの暇村:Boring, OR




Boring, OR
pop.  8,000
nickname. "The Most Exciting Place to Live"
Named after William H. Boring, an early resident
Sister City: Dull, Scotland

オレゴン州ボアリング
人口:8千
愛称:「世界一エキサイティングな町」
市名の由来:一番最初に住んだ人がたまたまウィリアム・H.・ボアリングさんだった。
姉妹都市:鈍村(Dull村、スコットランド)

[Wikipedia]


UPDATE:
Idiotville, OR (thnx, Sho Ito)

Sho Itoさんによると、なんとオレゴンにはボケ村(イディオットヴィル)もあるようだ。あまりにも山奥なのであんなところで働くのはよっぽどの物好きだということでついた名前。ボケ川にボケ橋が架かっててボケ川ロードを車でゆくのだが標識がないので「ボケッとしてると通りすぎてしまう」(動画)。


April 19, 2013

ボストン封鎖の被害額=1日332億円:Cost to Shut Down Boston for a Day

“Boston is a $1 billion-a-day metropolitan area,” Jim Diffley, a vice president and chief economist at IHS Global Insight, says. “But all that economic activity doesn’t all go away due to the shutdown...” [...]Diffley estimates it would be between $250 million and $333 million a day. “A billion [dollars] is just where you start from. Take off a quarter to a third at most for a shutdown, would be a very rough guess.”

「ボストンは1日10億ドルの経済活動が行われる都市圏だ」「閉鎖で全商業活動が止まるわけではない」ので「全市閉鎖による被害額は1日2億5000万~3億3300万ドル(249億~332億円)と見るのが妥当だろう」―ジム・ジフリー、IHSグローバルインサイト社VP兼チーフエコノミスト

-Business Week

The whole city of Boston is under lockdown except for a Dunkin Donuts.... It seems the lockdown was lifted right now... 現在ボストンで開店営業してるのは、なぜか機動隊の待機場所の特命を受けたダンキンドーナッツだけである…とか書いてたら今外出禁止令解除されたね…。

UPDATE: Stay-inside order reinstated. 外出禁止令復活。
UPDATE: Lockdown lifted. 解除。

ボストン爆発犯兄弟の人物像まとめ、弟はマット・デイモンの名門高出:What's known about Tsarnaev brothers so far



ツァルナエフ兄弟はキルギス生まれ、10年前に露ダジェスタンから米国に亡命した。兄は永住権保持者、弟は2012年9月11日から米国籍。実家はスターリンにロシアに強制移住させられた離散チェチェン人。両親は昨年ダジェスタンに帰国している。


Tamerlan Tsarnaev(タマラン/タメルラン・ツァルナエフ)26歳
ボクシング選手。全国大会出場レベル
・コミュニティカレッジで会計/工学を学んだ。
・ポルトガル&イタリア系美人と交際、彼女は彼の影響でイスラム教に改宗
・家庭内暴力で一度捕まる。
・結婚して3歳の娘がいる。



Dzhokhar Tsarnaev(ジョハー/ジョハル・ツァルナエフ)19歳
・レスリング選手。
・マサチューセッツ大学ダートマス校在籍。
・マット・デイモンら俊才を排出した名門公立高Cambridge Rindge and Latin School卒
・「成績優秀なオーナーストゥーデントでレスリング部、クラスでは冗談を飛ばしす人気者だった」(高校時代の同級生たち)
・2011年にはケンブリッジ市から2500ドルの奨学金も獲得
・ロシアのソーシャルネットワークVKにページをもっている(上のスクリーンショット)
・「フォトジェニック」な子として近所でも評判
・「天使のような子だった」(父親)

オジA「信じられない」
オジB「生きてる資格ない」「自首して詫びろ」と報道陣のマイクに絶叫(Ruslan Tsarniさん/動画下)


 
「チェチェンの恥さらし」と怒るオジ

兄は銃撃戦で殺され弟は逃走中。夜の銃撃戦ではマサチューセッツ工科大学(MIT)の警官SeanCollier氏が撃たれて亡くなっている。


UPDATE:
捜査本部が今日午後ある民家を爆破する計画を明らかにした。ボストン市内に全戸外出禁止令を出し、1戸1戸捜索中。

父親「自首してロシアの家に帰ってこい」

おば(Maret Tsarneavaさん)「証拠はどこよ?信じられない。はめられたとしか思えない」

兄弟の自宅:Apartment 3, 410 Norfolk Street, Cambridge, massachussets
View Larger Map


UPDATE: 弟(?)の潜伏場所はヘリの熱感知カメラで割り出し現在包囲中。

UPDATE:生きて逮捕された。

April 18, 2013

FBIが公開したボストンマラソン爆破容疑者2名の映像:FBI releases images of two bombing suspects





白人の坊やふたりですのぉ。CNNの飛ばしでは「黒人」とあったけど。あの距離をひとりでは無理だと思うから想像通りというか…かなり確率高い予感。

容疑者1は白帽、容疑者2は黒帽。
容疑者2は爆発の直前、爆弾を置いていくところが確認されている。

ふたりとも「武装しており危険」なので近寄ったりはしないように、と担当のFBI捜査官Richard DesLauriers氏は先ほどの記者会見で市民からの情報提供を呼びかけた。

UPDATE:  兄の方は射殺され、弟は現在逃走中。


[FBI via Boston Globe]

ボストン爆発の現場にいただけで捕獲された哀れなサウジ青年の話:The Saudi Marathon Man @NewYorker



Why the search, the interrogation, the dogs, the bomb squad, and the injured man’s name tweeted out, attached to the word “suspect”? After the bombs went off, people were running in every direction—so was the young man. Many, like him, were hurt badly; many of them were saved by the unflinching kindness of strangers, who carried them or stopped the bleeding with their own hands and improvised tourniquets. “Exhausted runners who kept running to the nearest hospital to give blood,” President Obama said. “They helped one another, consoled one another,” Carmen Ortiz, the U.S. Attorney for Massachusetts, said. In the midst of that, according to a CBS News report, a bystander saw the young man running, badly hurt, rushed to him, and then “tackled” him, bringing him down. People thought he looked suspicious. -More on The New Yorker

その青年は20歳、ボストンマラソンを見物にきて爆発の衝撃で体がズタズタに傷ついていた。

それは彼だけではなかった。他にも負傷者は170人いて、3人が死んでいた。が、病院で傷の手当てを受けている間に自宅のアパートが「物々しい厳戒態勢」(住民によると”大勢”の警官隊と捜査官と警察犬も2隊投入)で家宅捜索されたのは彼ただひとりだった。

近所住民が見守る中、所持品が紙袋で外に運び出されたのも、「爆弾しかけるようなやつじゃない、スポーツが好きないいやつだ」と納得してもらうまでルームメイト(同じく学生。「怖かった」と語っている)が延々5時間尋問されたのも、彼だけだった。

「学校に行かせてくれよ」と両手で顔を覆って半泣きで言うルームメイト、それに追いすがるFox Newsプロデューサー。本当に一緒に暮らしていたのは殺人犯じゃないのかと何度も何度もマイクを向ける。

なぜ彼だけ家宅捜索、尋問、警察犬、爆弾処理班、「容疑者?」と実名ツイート…なのか? 爆発発生後はみんな全方位に走って逃げた―それは青年も同じだ。彼同様、多くの人がひどい傷を負っていた。助け起こして運び、素手で血を止め、ありもので止血帯を作るといった通りすがりの人の揺るぎない善意で一命を取り留めた人も多い。

「ランナーの方々は疲れ切った体で最寄りの病院まで駆けていった」(オバマ大統領)
「互いに助け慰めあった」(マサチューセッツ連邦検察検事Carmen Ortiz)

その善意の只中で見物人の見守る中、青年は重傷を負ったあるひとりの青年に駆け寄られて「タックル」され地面に組み敷かれた(CBS News)。不審人物と思われたのだ。なぜ? 

青年は走っていた(みんな走っていた)。
警察は、青年から爆発物の臭いがすると思った(傷を見たら理由はわかる)。
救助の人たちを狙って2番目の爆発があるかもしれないと言い、その通りになった(よくあることだ。それが理由で走っていたんなら機転が利く人だろう)。
青年は死人がいないか聞いて回っていた(みんなそう叫んでいた)。
青年はサウジアラビア国籍だった(この辺りで論理的思考が止まる)

外見が違う、それだけのことなのか? それとも混乱の中、みんなと違う神の名でも叫んで、それが不審に思われたのだろうか。


ともあれ捕まえてしまったら、あとははやかった。「ボストン・マラソン爆発事件捜査本部がサウジアラビア国籍の容疑者の身柄を確保したようです」とNYポストが報じ、それをFox Newsが引用し、こうして人々の不安にまだ顔写真もない「サウジ国籍の容疑者」が輪郭を与えた。(後略)

---

すぐ釈放されたから良かったようなものの、グアンタナモには今も沢山こういう人が拘束されている。令状も法も順序もあったもんじゃない万年国家非常事態…怖いな。爆風のようにガツンとくる記事。


[The New Yorker]

おまけ:

I was told by one of these sources, who is a law enforcement official, that this was a dark-skinned male.  - John King, CNN
「捜査の人によると(捕まった実行犯は)肌の黒い男ということです」

このCNNの犯人逮捕の大誤報もひどかったね…黒人記者協会が怒りの声明を出したけど。

April 17, 2013

4ちゃんがボストン・マラソン圧力鍋爆弾実行犯特定...か(逮捕報道はガセ):4chan Found The Boston Marathon Bomber?



Too many to pick one, but you may find some suggestions really convincing. For more details, they compiled all the related info in this Google Spreadsheet (Torn Pants guy was . Worth a look.

今朝一部に流れたボストン・マラソン爆弾テロ犯逮捕のニュースはガセとわかり、FBIは会見を延期した。重要参考人捕まえて尋問したらアテが外れたのかもね…。

上に埋め込んだのはFBIが公表した爆弾の残骸と持ち込みに使われたバックパックの写真を手がかりに、4ちゃんユーザーたちが爆発前後の現場写真から怪しげな人物を特定したものだ。

関連情報は全部こちらのGoogleスプレッドシートにまとまっていて、上のタブを押すと、爆弾、被害者、物証・現場写真、犯人像、不審者(コードネーム)が出てくる。すごいな…この一番最初の「Torn Pants(パンズが破けた男)」は今朝ニュースで「あの人は犯人ではありません!逃げ惑う市民です!」とキャスターが声を枯らしていたけども…

残骸の特徴は…

・バックパックは黒。
・もしかしたら肩のところにグレーの縞が入っている。
・もしかしたらポケットにジッパーがついている。
・圧力釜はかなりでかい。

ということ。FBIは動画でもう犯人特定したらしいけど…この中にいるのかな…
今回の連続爆発では3名が死亡、負傷者の数は176名となっている。

UPDATE: 犯人の兄弟が特定された(4ちゃんの予想は全部はずれ…いや、冒頭の写真がだね…違う、なんか民間の傭兵部隊みたい)。兄の方は射殺され、弟は現在逃走中。

[Daily Dot, Fox News]

シリコンバレーの高級住宅街の高校がレイプ自殺で大揺れ:Audrie Pott Case

Audrie Pott
(c) AP via SJ Mercury
When I heard that Canadian 17-year-old girl, Rehtaeh Parsons, hanged herself after photos of her being gang-raped went viral, I told myself "Boys went uncharged? Only in Canada...our police can do better job." I was wrong.

Days after, parents of Audrie Pott, a 15-year-old Saratoga High student who committed suicide 8 days after being sexually assaulted by three classmates, held a press conference about the matter.

The reactions from Saratoga High is typical; the photos never went viral, the whole school didn't know about it, she had another issue with bullying friends, and so on and on...

Californian three boys, who were initially released, were arrested last week.  It took seven months 'till the school and police responded.


カナダの17歳少女が2年前に集団レイプされた時の写真がバイラルで広まっていじめられたのを苦に首吊り自殺した話を聞いて「これで警察動かないなんてカナダだなぁ」と思ってたら…

ここシリコンバレーの豪邸街サラトガのサラトガ高校でも去年9月にフットボール部員3人にレイプされた15歳少女オードリー・ポットさんが現場写真が広まったのを苦に8日後首吊り自殺していたことが、今頃になってわかった。

月曜両親が亡くなった娘の実名・写真を公開し、成年犯罪と同じ処罰を求める記者会見を開き、明らかになったもの。3人は先週木曜に逮捕され少年鑑別所にいる。

地元紙には在校生が「ネットでバイラルで広まったなんて噓」、「事件のことは自殺まで学校ではほとんど誰も知らなかった」と語って名誉挽回に必死。加害者側弁護士は「レイプと自殺を直接結びつけることはできない」と防衛線を張った。遺族は逮捕の当日まで謹慎処分ゼロのまま3人を放置した学校側を提訴した。

事実と判明しているのは以下の点。

  • 親が留守の友人宅に同級生と集まってパーティー中、酒入りゲータレード飲んで酔いつぶれて朝起きたら下着が脱がされ胸・局部付近など全身にマジックで落書きされていた。
  • 加害者男子は携帯でその体を撮って友だちに見せた。
  • 学校でその男子の携帯の周りに人垣ができているのを見たオードリーさんは「人生終わった」とフェイスブックに書き込み、自殺。


警察は9月に被害届があったものの、お咎めなしで3人を釈放していた。どこのボンか知らないけど、ここもカナダと似たり寄ったりね…。



View more videos at: http://nbcbayarea.com.

April 14, 2013

カリフォルニア大学サンタバーバラ校訪問記:Visiting UC Santa Barbara




ボケッとしてたら息子も合格通知の時期で、なんとかマグレで引っかかった大学から見学の案内がきたんで行ってみた。なんと去年カルポリ訪問記でバカにした隣のパーティースクール、カリフォルニア大サンタバーバラ校(UCSB)である。

「カルポリはどうだったの?」って聞いたら「ハッと気づいた時には願書締め切り過ぎてた」だって…(ー_ー;)

UCSBは三方を海に囲まれていて、図書館や寮から海が見える。サーフィンは国内最強。霧で肌寒い中、サーフボード抱えてる子、波の延長でスケートボードしてる子も目についた。美人多し。

こんなんで勉強できるのかな…(;一_一)と思いつつ説明会へ。

・(秋新入生を立たせて)みなさん合格おめでとう(パチパチヒューヒュー)
・学部卒業しただけで就職市場で差別化が図れるとは思うな。工学部・経済&会計学部などの例外もあるが、今は院卒がマストだ。
・UCSBは全コースともTA(院生)ではなく教授陣が教える。
・オーナーの学生は教授の研究・論文も手伝うので院進学の推薦も取りやすい(オーナーとは入学時・1年終了時・2年終了時の成績優秀なTOP10%。授業登録も優先的に行われる)
・講義1時間につき自習2時間
・卒業までに海外留学1年、インターンもやること
・学部は入学してから決めていい。ただし理系はとりあえずなんてもいいから申請しておかないと、「未定」だと登録順位が後回しになって人気の講義はとれない=4年で卒業できなくなる。

どこがパーティースクールだ! サーフィンしながら本読むん? 受験がマラソンなら大学生活はトライアスロンだわね…。


April 12, 2013

ツイッター楽曲アプリ本日解禁(但し有名人のみ):Twitter Music app Launched Today (but only for famous people)


For the rest of iPhone users, another week of wait.

ツイッターのiOS対応の楽曲発見アプリが本日公開となった…が、とりあえず利用が確認された人類は「アメリカン・アイドル」司会者ライアン・シークレストただひとりのようである。

週末コーチェラ・フェスティバルでもっと大勢のセレブに使えた使えたと騒いでもらって、残りの人類に解禁になるのは1週間後となる見通しだ。


[AllThingsD]

April 10, 2013

27年間人と話さなかった山の隠遁男、窃盗逮捕:North Pond Hermit arrested



"He said he just came into the woods one day in 1986," Perkins-Vance said. "He claims he hadn't had a conversation with another human being since the mid-1990s, when he encountered someone on a trail. I was the first person he talked to since the 1990s. People are like, 'No way!' But yeah, it's true."

"He didn't give a reason," said Perkins-Vance. "He said he frequently asks himself that same question."

「1986年のある日なんとなく森に入ったそうです。法廷で誰かに質問されると、1990年代半ばから一度もヒトと口をきいたことがない、と言ってました。1990年代以降初めて口をきいた相手が私だったんです。みんな”うそだろ!”って言うんですけど、本当なんです」(州警察パーキンズ-ヴァンス婦警)


Another Chris McCandless...
クリス・マッカンドレスだけじゃなかったのね…

日本がバブルの真っ盛りの頃から米メイン州の森に篭ってテントを張り読書と瞑想をして暮らしてきたクリストファー・ナイツ(Christopher Knights)さん(47)が先週木曜、里におりてきて食べ物を物色しているところを暗視カメラに撮られ逮捕された。

付近のキャンプ場では時折出ると噂になっていたが姿を見た人はおらず、「ノースポンドの隠遁者」という伝説になっていた。

「生きていくのに必要なものだけ年40回ほど頂戴した」と自供しているため、余罪は40×27で1000件以上にのぼる見通し。

1990年代以降初めて口を聞いた人類となった婦警によればナイツさんは離れ小島に漂流する男の物語「ロビンソン・クルーソー」の大ファンで影響を受けていたようだが、森に篭った直接の動機については何も語っていない。

というか自分でもなんでこんなことしてんだろなと森でよく考えていたそうだ。


[Morning Sentinel, NY Daily]

April 1, 2013

木登りショットに続きパンツ1丁ゴルファー登場:Golfer Andreas Harto's water shot in underwear



Following Sergio Garcia's single handed shot from treetop (below),  Danish golfer, Andreas Harto, took off his trousers for shot to avoid taking penalty.   He's a man! 

セルジオ・ガルシアの木登りショット(下)に続き、日曜モロッコのハッサンIIゴルフトロフィーでデンマークのゴルファー、アンドレアス・ハルトが靴もスラックスも脱いでパンツ1丁で池に入って打ち、朝から何度もTVで流れている。一度脱いでしまったら履くのも面倒くさくて、最後はグリーンをペタペタ歩いていって打った。男だわ。




[Deadspin, Larry Brown Sports]