January 31, 2012

バーンズ&ノーブル、アマゾン出版本を店頭で売らない宣言:Barnes & Noble Won't Sell Amazon Books. War Begins

Long before iBooks Author's exclusivity clause, there was Amazon!

The company has been  pulling contents off from Nook.  Now, Barnes & Noble countered Amazon, 'That's it!  If you keep your titles all to yourself, that's fine. We won't sell your books in our brick and mortar stores. We don't get many requests for Amazon titles anyway, ha!"  Ah....let the war begin... Official statement first appeared on Brad Stone's Google+.

アマゾンがアマゾン独占販売の電子書籍を調子こいて増やし、敵機nookで売れないよう意地悪しているが、とうとう全米最大の書店バーンズ・アンド・ノーブルが「そっちがその気なら上等だ、アマゾン出版本は店頭に置かない!」と宣戦布告した。以下はジャーナリストのブラッド・ストーン氏に送った声明。

バーンズ・アンド・ノーブルはアマゾンが出版を取り扱う書籍タイトルを今後店頭に置かない方針を固めました。我々の決定は出版社、エージェント、著者との間に独占販売権を結び続けているアマゾンの動きを受けてのものです。かかる独占契約のせいで我々は我々のお客様に一部電子書籍を提供できない状況にあります。かかるアマゾンの行為は業界全体の根幹を揺るがすものであり、何百万人ものお客様のコンテンツへのアクセスを阻害するもの。アマゾンが自己利益追求のために市場からコンテンツを引き揚げ続ける以上、バーンズ・アンド・ノーブルの良き出版パートナーとならないことは自明です。アマゾン書籍にはお取り寄せのリクエストも多くはいただいていませんが、アマゾン出版書籍を当社からお買い上げ希望のお客様は、オンラインのbn.comのみの取り扱いとさせていただきます。

Jaime Carey
チーフ・マーチャンダイジング・オフィサー
バーンズ・アンド・ノーブル
iBooksの独占販売でブースカ垂れてる場合じゃないわね。


[Brad Stone]

January 30, 2012

エベレストのエレベーター:Everest Elevator



エベレストのエレベーターを10回言うとエレベスト…じゃなくて。女の子かわいいね。中の人は、あの危ない仏人コメディアン、レミ・ガイヤール。またスピードカメラのふりして捕まったようよ。



[Rémi Gaillard]

January 28, 2012

ジョブズはゲイツの手紙をベッドの脇に置いて逝った:Bill Gates: 'I wrote Steve Jobs a letter as he was dying. He kept it by his bed’ @Telegraph

After Jobs’s death, Gates received a phone call from his wife, Laurene. “She said; 'Look, this biography really doesn’t paint a picture of the mutual respect you had.’ And she said he’d appreciated my letter and kept it by his bed.”- Bill Gates: 'I wrote Steve Jobs a letter as he was dying. He kept it by his bed’ - Telegraph

英テレグラフのインタビューでゲイツがジョブズのこと、ふたりのことを、こんな風に話していた。
「スティーブは驚くべき天才で、業界に多大な貢献をした人。彼とは一緒に働いた時期もある。例えばMacintoshが出始めの頃には我々(マイクロソフト)の方が彼等(アップル)より大勢のスタッフを投入していた。やがてふたりはライバルになった。僕のパーソナルコンピュータの方がアップルよりかなり大きな(市場)シェアを確保し、5、6年前からスティーブがMac、iPhone、 iPadで目覚しい成功を納めた。見事な成果だ。ふたりともお互い(の活躍)が楽しみでもあった」

「彼は、持てる時間のかなりの部分を僕との競争に明け暮れて過ごした。僕のことをああだこうだ(厳しく)言うこともしょっちゅうだった。辛辣な言葉をいちいち拾ってたら、うんざりするほどあるさ」

ジョブズはゲイツを「想像力の欠片もない」「ちょいと狭い」二番煎じ男と見ていた。一度はインタビューで取材者に「アシッド一発やるかアシュラムでも行けばもっと大きな男になるんだが」と言ったこともある。

状況が変わったのは2007年、ゲイツがマイクロソフトを去り、ビル&メリンダ・ゲイツ財団を夫人と始めた時のことだ。「スティーブと一緒にあるイベントをやったら、これ以上ないぐらいナイスで…最後の1年は一緒に長い時間を過ごした」。ジョブズが亡くなる数ヶ月前には彼をゆっくり見舞い、「ふたりで文字通り何時間も思い出話と未来のことに話を咲かせた」という。

昔のライバルの死期が迫ると、ゲイツはジョブズに手紙を書いた。「スティーブには、自分がやり遂げたこと、自分が築いた会社を誇りに思うべきだ、と伝えた。彼の子どもたちのこともよく知ってるので、そのことも書いた」

最後に仲直りとか、そういうのではないとゲイツは言う。「和睦なんて必要なかった。戦争相手ではなかった。我々はすばらしい製品をつくった。競争は常にポジティブなもの。今さら許し許されなければならないことなど何もなかった」

ジョブズの死後、ゲイツのもとにローリーン夫人から電話が入った。「彼女は『あの…この自伝にはふたりがお互いに対して抱いていた尊敬の念が、あんまりきちんと描かれていませんよね』と言ってね。で、こう言ったんだ。夫はあなたの出した手紙に感じ入って、それをずっとベッドの脇に離さず置いていたんですよ、と」


1983年当時。「1984年マイクロソフトの売上の半分はMacintosh対応ソフトからの売上げになりますよ」
と言うゲイツに目を細めるジョブズ(1:04-)

[Telegraph]

January 26, 2012

ディズニーランド60年ぶりに従業員にヒゲ解禁(但し6.3mm):Disney to allow employees to grow beards @latimes

1/4 inch...aboutthis much? (c) Fulmbug

ウォルト・ディズニー。ぎりぎりセーフ?

Beginning Feb. 3, employees can show up to work with a beard or a goatee without worry, as long as it is shorter than a quarter of an inch.

The company has enforced rules that have earned it a reputation as having one of the strictest dress codes in the corporate world. - LA Times
最も服装規則が厳しい企業として有名なディズニーランドが、60年ぶりに従業員ヒゲ禁止ルールを改訂し、2月3日から4分の1インチ(6.3mm)までならヒゲを生やして出勤していいことにした。

「ヒゲ解禁」と聞いて一瞬小躍りしたヒゲ推進派は「4分の1インチ」と聞いて「7人の小人もアウトではないか!」と怒っている。

January 25, 2012

社説でオバマ暗殺呼びかけたユダヤ系新聞発行人辞任:Atlanta Jewish Times publisher resigns over Obama 'assassination' column

Click to enlarge (c) The Atlanta Jewish Times (via Gawker)
The Atlanta Jewish Times owner and publisher, Andrew Adler, suggested in his Jan 13th column that there were three options for Israel, should Iran acquire nuclear weapons;

1. A strike against Hamas and Hezbollah
2. A strike against Iran
3. "give the go-ahead for U.S.-based Mossad agents to take out a president deemed unfriendly to Israel in order for the current vice president to take his place"

It was first highlighted by Gawker, and he resigned.  His tearful apology here.

The entire story suggests two things;
1. Some Jewish doesn't hide their 'Obamaphobia.'
2. It's Israel that wants to attack Iran, not the U.S.  At least some Jewish folks see the Middle East diplomacy of Leon Panetta and Barack Obama as terribly naive.

Where does the fear come from?   Japan, the 3rd largest importer from Iran, has been forced to cut back the oil import from Iran when it needs it most after the nuclear disaster.  The phantom fear is killing us.



アトランタ・ジューイッシュ・タイムズのオーナー兼発行人アンドリュー・アドラー氏が今月13日付け社説で「イランが核兵器をもった場合、イスラエルが取りうるオプション」として以下3つをあげた。

1.  ハマスとヘズボラを攻撃
2.  イラン攻撃
3. 「米国拠点のモサド工作員に大統領暗殺のゴーサインを出し、イスラエルに非友好的と思しい大統領の代わりに現副大統領を立てて米国の政策を牛耳り、ユダヤ国家の諸敵国壊滅を援助させる」

いくら発行部数3500の週刊の零細ペーパーでも、この3番は聞き捨てならない。「自分がこんなトム・クランシー小説ばりのシナリオ考えるぐらいだから、ユダヤ系コミュニティーの内々でも言われていることだと思わないか?」というパートも。そうなの? 

この記事のことはさっそくGawkerが20日報じてABC放送などが取り上げ、アドラー氏は涙ながらに謝罪し、辞任した。

「読者の反応が見たかっただけ」と氏は話しているけど、これで分かったことが2つ。
1. 一部ユダヤ系はオバマ恐怖症。
 アラブ人だと思ってる。ミドルネームもフセインだし。
2. イランを攻撃したがっているのはイスラエルであって、米国ではない。
 少なくとも一部ユダヤ系はそう見ており、レオン・パンネッタやオバマが「外交的解決」を訴えるたびに「甘い」と思ってる。

だからって暗殺は犯罪じゃんね。トム・クランシー読みすぎ。


January 24, 2012

007の国で刑事が潜伏捜査中に子ども作って問題化:UK Undercover police had children with activists @guardian

子どもを抱っこする元覆面刑事ボブ・ランバート(左)
(c) The Guardian
Two undercover police officers secretly fathered children with political campaigners they had been sent to spy on and later disappeared completely from the lives of their offspring, the Guardian can reveal.
Whaaat!?

仲間のフリして政治運動の内情を洗え…と長期潜伏捜査を命じられたイギリスの刑事2人が、運動家との間に子どもをつくって何十年も姿を暗ましていたことが、英ガーディアンの調べでわかり、「どうなっとるんじゃ!」と海のこっちのアメリカで話題を振り撒いている。

ふたりとも捜査中は身元を偽装していたので、置き去られた子どもたちもまさか父親が刑事とは知らぬまま育った。

スパイのひとりはボブ・ランバート(Bob Lambert)。この写真で見る限り、モテそうな感じではある。彼は既に相手の女性にも捜査の一環で近寄りすぎた事実を認めている。

1980年代に動物・環境保護活動グループの潜伏捜査を命じられ「ボブ・ロビンソン」の仮名でグループに近寄り、女性と18ヶ月交際した。さらに1980年半ばには任務開始からたった1年で別のスパイ捜査対象の女性との間に男の子を設けている。

もうひとりは姓名不詳だが、警察に上がってくる女性の政治活動・近況に関する極秘捜査報告書を読んで、子どもと女性の成長を陰ながら追っていた。 恋よのお。

「スパイを命じられた活動家と性関係をもつことは厳密に禁じられている」と警察署長たちは主張しているが、先月になってランバートさんの元彼女を含む女性8人が「5人の覆面刑事に騙されて親密な関係を最長9年持たされた」と警察署長らを相手どって提訴する前代未聞の事態となった。原告の女性たちによると潜入捜査は1987年から2010年まで行われたものらしい。

[The Guardian]

January 23, 2012

ヴァージン・アメリカ、昨秋初就航の飛行機にジョブズに因む命名:Virgin America Names Jet After Steve Jobs - @MacRumors

(c) Virgin America via Mac Rumors

A Virgin America, sole airline based in Silicon Valley, told Mac Rumors that their plane with tail number N845VA has "Stay Hungry, Stay Foolish" tattooed on it. It first flew last fall when Steve Jobs passed away.

シリコンバレー唯一の航空会社「ヴァージン・アメリカ」が昨秋この世を去ったスティーブ・ジョブズを偲び、昨秋初就航したエアバス A320(テールナンバーN845VA)を「Stay hungry, Stay foolish」号と命名した。社内投票で決めたもの。「Stay…」はジョブズがスタンフォード大卒業式スピーチで引用した先達スチュアート・ブランドの言葉。

[Mac Rumors]

49rs延長負け。17年で最高視聴率記録:49ers Draw Highest Ratings in 17 Years

スーパーボウル、夢と散る

49ers Draw Highest Ratings in 17 Years | NBC Bay Area: "Across the nation, the game was the most watched NFC title game since 1995. The game was watched by 33.4 percent of the homes in the top 56 television markets in the country, according to a statement by FOX, who aired the game."
"Super letdown"- Yes.  49ers' Kyle Williams is now getting all the blames and death threats.  But as San Francisco Chronicle says, the most haunting memory of the game won't be his fumble.

雨降る満場のキャンドルスティック・パークでスーパーボウル出場をかけたNFC決勝戦が開かれ、サンフランシスコ49ersはNYジャイアンツに延長で惜しくも敗れた。今日のベイエリアはまるでお通夜みたいな静けさだ。


先ほどFOXが「夕べの決勝戦は全米56のTV網で生中継され33.4%の世帯が見守った。これは1995年に49ersがダラス・カウボーイズを下して以来の高視聴率」と発表した。NYのブルームバーグが「全米33.4%の世帯が見守ったジャイアンツの勝利」と報じてて微妙にムカつく(←考えてみたら「49ersの敗北」もアレか…orz…)。

致命的ファンブルで攻撃権を手放し、相手方に決勝ゴールのチャンスを与えてしまった49ersカイル・ウイリアムス選手はツイッターで「死ね」「カス」と吊るし上げられている。こんなシャツまで着せられて…かわいそうに…。でもサンフランシスコ・クロニクルは第4Qの判定の方がひどかった、と冷静に書いてるよ。

The most haunting memory of this game won’t be the fumble by Williams. It will be the officials’ decision to wave off Bradshaw’s apparent fumble late in the fourth quarter. They argued that his forward progress had stopped, negating the artful strip by the 49ers.

“We thought they should at least review it,” safety Donte Whitner said. The officials declined, and refused to let coach Jim Harbaugh challenge the call because a forward progress judgment cannot be overturned by replay. 

今試合で一生悔いが残るのは、ウィリアムスのファンブルではない。第4Q後半でジャイアンツRBアーマド・ブラッドショーが明らかにファンブルしたのに、審判が無視する裁定を下したことだ。ブラッドショーの前進が止まった後だったと審判側は言い張り、あの49ersの見事なストリップを無かったことにした。

「せめて録画見直すぐらいのことすべきだと思った」と、49ersセーフティポジションのダンテ・ウォトナー選手は言う。 が、審判側は取り合わず、前進しようとする動きの判定は一度決めたら転覆できないとしてヘッドコーチのジム・ハーボーからの判定物言いも拒否した。-The dream is over for 49ers - San Francisco Chronicle

Related:
QBスミス&LBウィリス、戦犯扱いのWRウィリアムス擁護-NFL JAPAN
GAME Hightlights - NFL.com

January 19, 2012

iBooks Author使用許諾契約の厚かましさは異常:The Unprecedented Audacity of the iBooks Author EULA @wineman


Apple just released iBooks Author, a free Mac app for creating digital books for the new version of iBooks. I haven’t played with it much, but so far it looks like a very good tool. However, a curious thing happens when you go to export your work in iBooks format: >>>read on venomous porridge - The Unprecedented Audacity of the iBooks Author EULA:

誰でもちゃちゃっと電子書籍がつくれる無料アプリがアップルから今日出て、「ひゃーこれこれこれを待っていたのよ! 今すぐ使いたい!(無料だし)」と盛り上がってたら、こんな萎える記事が出ておったわい。う~むこれは…クパティーノ・ホンダが怒るぞ~


The Unprecedented Audacity of the iBooks Author EULA

BY Dan Wineman, venomous porridge

Appleがさっき新iBooks向けに電子書籍が作れる無料のMacアプリ「iBooks Author」をリリースした。まだあんまり使ってないけど、なかなかいい。ただiBooksフォーマットの作品をエキスポートしようとしたら、妙なことが起こった。

(c)venomous porridge
(訳)自分の本の、iPad搭載iBooksで読めるバージョンを作りましょう。
注:書籍はiBookstoreでのみ販売できます。iBookstoreで自分の本を出版したい方は、File > Publishを選択ください。

iBookはiBookstoreでしか売れない、とね。ただし、これは技術的な規制ではない。文書を保存して、手持ちのiPadに普通の方法で(自分宛てメールとか)移すことは可能だ。そうして送ったものでもiBooksアプリでぽ~んと開くんだよね。

だけど、アプリのAboutのボックスからiBooks Authorエンドユーザー使用許諾契約(EULA)を開いて読んでみたら、こんな太字が一番上に出てきたのである。

重要:このソフトウェアを使って製作した書籍や他の作品(“Work”)を有料で販売する場合には、WorkをApple経由(つまりiBookstore経由)でのみ販売・配布するものとします。また、配布に際してはAppleと別途契約が必要です。
さらに第2項には配布要件として、こうある。
(i) 無料配布:あなたのWorkはどんな方法で配布しても良いです。
(ii) 有料配布(購読プロダクト&サービスの一部含む):あなたのWorkはAppleを通してのみ販売できます。配布には以下の制限・条件が適用されます。 (a)あなたのWorkを有償配布する前にApple(支社・提携先含む)と別途書面で契約取り交わしが必要です。 (b) Appleは様々な理由と自己裁量であなたのWorkを配布対象に選ばない場合もあります。

つまり、このアプリで僕が作ったものは、なんでも僕が売ろうとすればAppleに取り分を渡さなくてはならない、というルールをAppleは確立したがってる…まあ、iBooks Authorは無料だから、こういう取り決めも妥当に思えるよね。

ただここでひとつ問題があって、僕はこの契約に同意しなかった。なのにAppleは、こっちがアプリ使っただけでもう同意したことにしたがってるのだ。
このAPPLEのソフトウェアご使用の前に、このソフトウェアのライセンス契約(“LICENSE”)をよく読んでください。このAPPLEのソフトウェアを使用することで、このライセンスの定めに従わなければならないものとします。このライセンスの条項に同意できない人は、このソフトウェアをインストールしたり使用しないでください。 
そんなこと言ったって、この文言はEULA本体の中にあって、インストール前にこのcontract of adhesion(付帯契約)には署名・クリックは一切求められなかったんだよね。つまり要約すると、このソフトは使うだけで、その作品はあちらに取り分が行く、という先方の条件に同意したことになってしまうのだ。でもさ、そんな論法がまかり通って法的拘束力持つんなら、もうなんだって言えるんじゃないの? カーディーラーがダッシュボードの中に契約書忍ばせといて追加条件に従わせる、みたいな話じゃない? 車を運転したら、なんか知らないけどそれだけで「オイル交換は全部クパティーノのホンダでやります」って同意したことになっちゃってました、みたいな?

AppleはこのEULAで自社ソフトのみならず、自社ソフトのアウトプット(出力、作品)にまで権利を主張しているわけだけど、 それってMicrosoftがWord文書使って人様がやることに口出しするようなものだし、Adobeが「Photoshop使ってJPEGをエキスポートしたら、その写真はGettyに自由に売れないよ」と言い張ってるようなもの。 僕が知る限りコンシューマ向けソフトウェアの世界では、こんな慣行、前例がないよ。法人ソフトの世界ではきっと普通に行われてることなんだろうけど、法人の契約書は企業の法務が交渉した上で違反・解約条項も織り込んで、昔ながらにインクとペンで署名を取り交わしてまとめるんだから、これとは違う。使うだけで同意したものとみなす…あー因みにファイルフォーマットにも権利行使させてもらいますよって? こんなの聞いたことないぞ、僕の経験では。

僕が自分で何かつくる時は、つくるのに使うソフトがなんであれ、著作権侵害作品でもない限り、自分の好きな方法で、自分の好きなフォーマットで配らせてもらう、無料でも無料でなくても。僕にはその権利がある。「海賊版Wordで書いたからおまえには出版権ないよ」といくらMicrosoftが決めつけてきても、小説を出版する権利は僕にある。それが損なわれるというものではない。自分のiBookをiBookstoreの外で売ろうとしてたらAppleに勘付かれた、それだけで出版する権利を失うの? よくわからないな、これはまだ未踏の領域だし。

じゃあ、これは? AppleのEULAが有効で、自分もソフト使うことで暗にそれに同意したとするよね。さっそくiBook(電子書籍)作って、それを誰か他の人にあげたら、その人はiBooks Authorを一度もダウンロードしてなくて、EULAの縛りもかからない人で、その人が自分のサイトで売ってしまった――これはどうなるの?

iOSアプリを売る合法マーケットはApp Storeだけ、ということでAppleは徹底している。僕がXcodeツールセットでつくるコンテンツには法的権利を何ら主張してこない代わりに、Appleは技術的制約を加えてきてる。アプリはAppleに暗号化署名をもらわないと、改造してないiOS端末では走らないようになっているのだ。これは好ましい状況なのかな? Appleと初心者ユーザーにとっては、たぶんそうかもね。だけど、デベロッパーにとってはひどい話で、ものすごい頭痛の種でもあるわけよ。でもある意味、ソフトウェアのダッシュボードに何段落か隠しておけばそれだけで人様の作品になんでも好きな権利行使できる世界に比べたらまだその方がまだマシって気もするな。

[venomous porridge]

Related:
注意! iBooks Authorで作成・出版した本はAppleの独占販売になる![追記あり] : ギ←そうそうタイミングの問題…これだけ騒げばすぐ直るじゃろう…
iBooks Authorで作ったibooksファイルをiBooks Storeを使わず頒布する方法 | ひとりぶろぐ←そか、無料頒布はこうするのね!φ(..)
iBooks Authorでパリ旅行の写真集を作ってみた! « The Art of Marr's Blog←ひょえー早っ…! 【レビュー】電子ブックの新時代を拓く「iBooks Author」 (2) 新フォーマットの構造とオーサリングツールとしての「iBooks Author」 マイナビニュース: 「EPUB 3で実現された日本語組版に利用できる機能(ex. 縦書き、右開き)に対応しない点にも注目」←ふ~ん…

January 18, 2012

イタリア船長初出廷「転んだら救命ボートの中だった」と力説:Costa Concordia Captaid 'I Tripped Into Lifeboat'

video platformvideo managementvideo solutionsvideo player


Non avevo alcuna intenzione di scappare, stavo aiutando alcuni passeggeri a mettere in mare una delle scialuppe. Ad un certo punto il meccanismo di discesa si è bloccato, abbiamo dovuto forzarlo. All’improvviso il sistema si è riattivato e io, dopo aver sbattuto, mi sono ritrovato dentro la barca di salvataggio insieme a numerosi passeggeri... risalire era impossibile" - Corriere della Sera

"I had no intention of escaping," Francesco Schettino, 52, said during his first court hearing Tuesday, according to Corriere della Sera. "I was helping some passengers put the life boat to sea. At a certain point the mechanism for lowering it, blocked. We had to force it. Suddenly the system unblocked itself and I tripped and I found myself inside the life boat with a number of passengers."- ABC News

「逃げる気などありませんでした。乗客が救命ボートに乗るのを助けていたんです。そしたらある時点で、ボートを下げる機械にロックがかかって、無理やり下げるほかなくなりました。下げてたら突然システムのロックがひとりでに解除され、私は弾みで転んで、気付いた時には大勢の乗客と一緒に救命ボートの中にいたんです」。いったん海まで下げられたら「もう船に戻るのは不可能でした」(1月18日付け伊紙コリエレ・デラ・セーラより)


なぜ沈没する船に乗員・乗客を残して自分ひとり逃げたのか? 

イタリア沖で座礁したコスタ・コンコルディア号のランチェスコ・スケッティーノ船長(52)が火曜イタリアの法廷に初出廷し、「逃げる気はなかったのだけど、転んで気付いたら救命ボートの中だった」という、にわかには信じられない主張を展開、さらなる話題を振りまいている。

氏はまた、予定のコースを船長の一存で外れた、という話は違う、最初から予定通りのコースだった、と否定。ただし、「岩に座礁した直後、錨を下ろした」と沿岸警備隊に報告したのは嘘だったと素直に認めた。

以下は逃げた船長にキレまくる海軍中佐との事故直後の通話記録(全訳ここ)




[«Così ha abbandonato 300 persone Sulla nave anche disabili e bimbi» - Corriere della Sera]

January 13, 2012

NYフィルのマーラー第9番を中断した忌々しいiPhoneアラーム(動画):Marimba iPhone Alarm halts Mahler's Symphony No. 9


how it could've went down...Sound over Bernstein's performance
バーンスタイン指揮のマラ9でマリンバ再現。これは堪える…w

During the final movement of Mahler's Ninth Symphony, a man's iPhone marimba ringtone interrupted to cause the conductor, Alan Gilbert, to stop the performance.  It never happened before.
Actually, Patron X said he had no idea he was the culprit. He said his company replaced his BlackBerry with an iPhone the day before the concert. He said he made sure to turn it off before the concert, not realizing that the alarm clock had accidentally been set and would sound even if the phone was in silent mode. “I didn’t even know phones came with alarms,” the man said. - NYTimes
The real culprit was iPhone alarm.

NYフィルがマーラー交響曲第9番を演奏中、最前列の男性の着メロが鳴り出し、何分経っても鳴りやまないため指揮者アラン・ギルバートが演奏を中断してしまった火曜夜の事件で、世界中から非難を受けている男性にNYタイムズが取材した!

それによると男性は開演前に携帯の音はOFFにしたのだけど、公演の前日に会社支給のBlackBerryがiPhoneに機種替えになったばかりで、目覚ましがセットされていたとは知らなくて、サイレントモードにしてもアラームが鳴ることも知らなかった、「そもそも携帯にアラームがついてることさえ知らなかった」んだって。

まさか自分の携帯が鳴るなんて思ってもいないから反応が遅れたけど、ギルバート氏がずっと自分の方を見てるので周りの人の真似して携帯のボタンを念のため押してみたら止まった。アラームが設定されてたと奥さんが気付いたのは、帰りの車の中だった―。

男性は2つの会社を経営する60~70代の人で、もう何十年も前からニューヨーク交響楽団の最前列に席をとって贔屓にしているパトロン。普段は他の人の咳や携帯に腹を立ててるクラシック愛好家だけに、今回の件は相当堪えているらしく、事件以来ロクに眠れてない。ギルバート氏には電話で謝って、許してもらった。

今は男性もギルバート氏も、みんなまだこんなに真剣に生演奏のこと考えてるんだって分かったのは収穫だね、と前向きに捉えてるそうな。めでたしめでたし…気をつけよ…。



怒りさめやらぬアラン・ギルバート(翌日段階)。残業代はもらったらしいが…Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy


[Ringing Finally Ended, but There’s No Button to Stop Shame - NYTimes.com]

グーグルがケニア最大の企業データベースをスクレイピング:Google Scrapes Kenya's Biggest Business Listings Database @TNW

(c) Mocality Kenya
In September, Google launched Getting Kenyan Businesses Online (GKBO). [...] Shortly after that launch, we started receiving some odd calls. - Google, what were you thinking? - Mocality Kenya

Mocality Kenya later found out that Google's staffs are manually scraping their database and contacting their business customers, talking about their partnership with Mocality and offering a free website at GKBO.  But there was no business agreement between two.  Now Mocality is asking "Google, what were you thinking?"  and Google says it's investigating the matter.

グーグルが「ケニア企業オンライン化(Getting Kenyan Businesses Online:GKBO)」事業を昨年9月にスタートした直後から、競合であるケニア最大の企業データベース「モカリティ・ケニア」(登録17万社)のところに登録カスタマーから「ウェブ開設の勧誘を受けたが何か知ってるか」という問い合わせの電話が入るようになった。

不審に思ってモカリティがデータベースに掲載されてる各企業の電話番号を自社コールセンター経由の番号に変えて通話の内容を録音してみたところ、なんとグーグルが顧客企業に電話をかけて「モカリティと提携したグーグルですが、御社のサイトをGKBOに開きませんか」と勧誘していたことがわかり、「うちが苦労して構築したデータベースを勝手に人海戦術(途中からインドになった)でスクレイプするとはけしからん」、「いつからモカリティはグーグルの下で働いてることになったのだ」とブログで激怒。グーグルは「現在調査中」と声明を出した。いやぁ…。


[Mocality Kenya via The Next Web]

January 12, 2012

アップルマネーの3分の2は外貨:Apple's Foreign Cash Hoard @SeekingAlpha

Data from Apple Form 10-K (c) Stephen Rosenman


A whopping $54 billion of Apple's $82 billion cash and investments is in offshore accounts. It isn't coming here: The giant 35% U.S. corporate tax has created an artificial divide between U.S. and foreign holdings, a divide which cannot be easily bridged. - SeekingAlpha
アップルの手持ち現金は増えるばかりだが、そのほとんどは海外支社に貯め込んだ外貨なことがSeekingAlphaの調べでわかった。

上のグラフはアップルがSEC(証券取引委員会)に提出した10-Kフォームのデータを基にSeekingAlphaが作成したもの。赤が米国内、青が米国外だが、ご覧のようにここ3年は米国と海外の差がものすごい勢いで広がっており、2011年現在アップルの現金残高820億ドル(6.3兆円)のうち540億ドル(4.2兆円)は外貨なのである。

なぜ海外? 

海外の売行きが好調なこともあるけど、やはり大きいのはアメリカの法人税だ。仮にこの青の部分の膨大なお金をアメリカに戻すとオバーマに35%も法人税をもってかれちゃうのだ!

そんなわけで米国の税制が変わらない限り当面この差は縮まりそうもなく、アップルはアメリカ企業なんだけどアメリカで動かせるお金は3分の1、配当も株買い戻しも米企業買収もこの3分の1の範囲でしかできない計算。

グラフをまとめたスティーヴン・ローゼンマン氏は「このままいけば2013年には海外と国内の比が3:1になるだろう」、「アップルは今後もっと海外の企業を買収する。極端な話、4、5年後には資本が手近にある海外にアップル本体も移転が必要なんてことにもなりかねない」と書いてるよ。


[SeekingAlpha.com]

January 11, 2012

FoxconnのXBox工場で300人が屋上に籠城、「全員飛び降りる」と賃上げ要求:Mass Suicide threat at Foxconn XBox plant?

Internet Photo via WantChinaTimes
According to WantChinaTimes, China Jasmine Revolution reported that about 300 Foxconn employees threatened to jump off from the rooftop in Wuhan on Jan 2, asking for a raise. Their boss told them to choose either to quit with compensation or to keep their jobs with no additional salary. Most chose to quit, but the company took back the promise and didn't pay a penny.  The resistance lasted until the mayor of Wuhan came to stop them.

今月2日、Foxconn武漢工場で社員約300名が屋上に丸1日立て篭もり、「賃上げしなければ全員飛び降りる」と脅す事件があった、と中国の反政府メディア「China Jasmine Revolution」が報じた。

WantChinaTimesの英訳によると会社側は、「退職金をもらってやめるか、現賃金で残るか、ふたつにひとつ選べ」と伝えた。翌3日午後9時に武漢市長がきて説得し、自殺は思いとどまらせた。ほとんどの社員は退職金もらって辞める方を選んだのだけど、会社側は騒ぎが収まると約束をシレッと反故にし、退職金も払わなかったんだって。

XBoxの工場で起こった、ということなので、今マイクロソフトが詳しい事情を調べているところ。Foxconnでは2010年に14人が連続自殺し、あの時はアップルもだいぶ叩かれている…。

UPDATE:
NYTimes has more details;
One worker who participated in the Wuhan protest said by telephone that workers shifted to Wuhan had been promised about $450 a month in salary, including overtime pay, but that they had been given about a third less than that and that working conditions in Wuhan were much more difficult. The worker, who asked not to be identified for fear of being punished by Foxconn, said more than 100 workers had decided to protest on the roof of a three-story building on the campus. The protest lasted more than eight hours. Several threatened to commit suicide if their demands were not met, he said. “That day was very cold,” he said. “Some women could not stand the freezing temperatures and fainted.” 
NYタイムズが参加者に電話取材したところによると、3階建てビルの屋上に登ったのは100人以上で、籠城は8時間以上続き、うち何人かが自殺すると脅したらしい。みんなFoxconn最大拠点である深セン工場から武漢に嫌々転勤してきた社員で、転勤のときには「残業代込みで月給約450ドル払う」約束だったのに、いざ来てみたらその3分の2しかもらえず、労働条件もずっと過酷だった。「とても寒い日で、凍てつく気温に耐え切れず気を失った女性も何人かいました」と話している。う~…

[WantChinaTimes via Atlantic Wire]

ツイッター対グーグルのソーシャル検索戦争:Twitter vs. Google - The Battle for Social Search



Schmidt: Google+ Not Favored, Happy To Talk Twitter & Facebook Integration;

Twitter quickly issued a statement after Google’s product formally launched, saying in part:
We’re concerned that as a result of Google’s changes, finding this information will be much harder for everyone. 
Google’s then countered with its own statement, through a post on Google+ that says:
We are a bit surprised by Twitter’s comments about Search plus Your World, because they chose not to renew their agreement with us last summer (http://goo.gl/chKwi), and since then we have observed their rel=nofollow instructions.
Even before Google's social search updates, Twitter had already made tweets unsearchable - they expire in a week or two.  Look at my two-month old post. Where are all those 932 tweets gone?   I want to know.


グーグルが昨日ソーシャル検索にGoogle+だけ含めたら(動画上)、「ツイッターを含めないのはおかしい、速報はツイッターが一番早いのに、それも検索しづらくなる、反トラスト法違反だ」とツイッターがすかさず非難した。グーグルからの反論はこれ。
「Search plus Your World」に対するTwitterのコメントにはちょっと驚いた。昨夏うちとの契約更新見送りを選んだのはあちらではないか(http://goo.gl/chKwi日本語関連記事)。だからあれ以降はうちもあちらのrel=nofollowの指示を守ってきているのに。
この「rel=nofollowの指示」というのはリンク入りでつぶやくと、そのリンクにつくタグで、検索エンジンはクロールするなよ…という意味。そのタグつけてるツイッター自身が「検索に反映してもらえない」とグーグルをなじるのは本末転倒じゃないか、というのね。

確かにツイッターがグーグルのソーシャル検索からイチ抜けしたのは去年7月のことだし、どっちみちツイートはつぶやいて10日も経つとツイッター自身の検索にも引っかからない問題を抱えている。この2ヶ月前のエントリも932個ツイートもらってるはずなのに全部どこに消えたんだろうね…そっちが知りたいぞ。

まあ、フォロー推奨のところに有名人のGoogle+だけ出して他のフェイスブックとかツイッターのアカウント出さないのは行き過ぎ。これは話し合いでなんとかしてもらいたい。

肝心のソーシャル検索の感想だけど、今つかってみたら真面目にソーシャルしてないせいか、う~ん…ソーシャル検索もいいけど、あんまり自分の付き合いの範囲で話題になってることばかり検索で優先されると、全体の状況が掴めない不安が…。

外に付き合いを広げるソーシャルの揺り戻しで自分の世界に篭る波が来そうね。

[MarketingLand]

いい笑顔だね。米船がイランの遭難船救助:US ship rescues Iranians at sea - again @cbs




Nice smile.

イラン政府が米国に湾岸からの軍艦退去を求めて数日後、イランの港町ウムカスル(Umm Qasr)の東南80kmの海上で現地時間火曜未明、米沿岸警備隊が遭難中のイラン人6人を救助した。

米軍報道官によると、エンジンが故障して浸水し、発煙筒と旗で救助を求めていたそうな。米兵によるイラン人救助は1週間で2度目で、先週木曜には海賊に40日間以上に渡って人質にとられていたイラン人13名を救助した。

「お陰で命拾いしました」と笑顔で感謝するイラン人を見た英語圏の読者からは、こんなコメントがついてるよ。

・船底に誰が穴開けた? 海軍Seals?
・これが米国への’実存的脅威(existential threat)’って呼ばれてる人たちなのか?
・なんで中東の湾岸まで米沿岸警備隊が警備してるのだ
・国際水域に停泊するなって言うんだから救助しないでイランまで泳がせればよかったのに
・罠じゃないか。そのうち助けた途端、時限爆弾が…
・ドラマの「24」なら何年か前に終わったよ。
・船乗りなら海で人を助けるのは当たり前のこと。アメリカもこんな政治の点数稼ぎにつかってみっともない。
・なに、いい話をメディアが報じたから、俺らが悪者なのか? 勘弁してくれよ、これは政治に関係なく人が人を助ける、っていういい話じゃないか。イランとだってきっといつかうまくやれるさ、ベトナム、ドイツ、日本とかともうまくやれたみたいに…こういうことの積み重ねで


[U.S. ship rescues Iranians, again - CBS News]

UPDATE:Blaming U.S. and Israel, Iran Reports Killing of Nuclear Scientist - NYTimes ナタンツのウラン濃縮施設で働く核物理学者が現地水曜朝、ボディーガードの運転で通勤途中、爆弾を体に巻きつけてバイクに乗った男に激突され爆発炎上、即死した。イラン政府は「アメリカとイスラエルによる暗殺だ」と訴えている。

January 10, 2012

マイクロソフトCES基調講演のツイッター合唱隊(動画):Microsoft's Tweet Choir


choir from Venturebeat on Vimeo.

Microsoft Steve Ballmer's final CES keynote ended with a choir singing sweet tweets about Microsoft.

CESは今年で最後になるマイクロソフト。夕べのスティーブ・バルマーCEO基調講演では中盤ツイッター合唱隊がステージに繰り出してマイクロソフト製品を讃えるツイートを歌い、「なんなんだこれは」と会場の意表をつくことも忘れなかった。

Related:
WTF CES: Choir sings sweet tweets at Ballmer keynote (video) | VentureBeat
WATCH: Microsoft's Tweet Choir, The Weirdest CES Keynote Moment Ever

January 9, 2012

ティム・クック去年は年収300億円:Apple CEO Tim Cook Got $400 million in 2011

(c) SEC - Definitive Proxy Statement


Wow, Tim Cook earned 378 million times more compensation than Steve Jobs last year.
アップルが証券取引委員会に出した目論見書で、ティム・クックCEOが昨年ジョブズ前CEOの3億7800万倍の報酬をもらっていたことがわかった。ほとんどは株。

UPDATE:
Fortune adds;
What's caught reporters' eyes is the 1 million RSUs (restricted stock units) he was granted in August as a "promotion and retention award." In other words, to keep him at Apple. Half of them will vest in 2016, five years after they were granted. The other half will vest in 2021. 

フォーチュンによると、8月に支給された100万株の制限付き株(RSU)はクックCEOの首を繋ぐための賞与で、半分は支給から5年、残り半分は10年ベスティングできないんだって。このようなRSU賞与のことをアメリカでは「黄金の手錠」と呼ぶらしい(ソース:RSU (Restricted Stock Units)とアメリカの賞与 | fumilicious)。


[Business Insider]

まるでホテルの13階。米メディアにガン無視のロン・ポール:Ron Paul Still Ignored



Another leap year, another presidential election.  I enjoyed watching yesterday's NBC GOP debate, except the fact that Ron Paul, despite being the second on NBC's latest poll, was not given a fair share of his airtime.  They didn't even mention about his name in this morning's Today show recapture.  Maybe Jon Stewart was right in saying 'the media has been pretending Ron Paul doesn't exist and treating him like the 13th floor of hotel."  But as  Juan Williams said last fall, Ron Paul doesn't seem to go away anytime soon.

(c) NBC News / Marist Poll


またうるう年、大統領選の年がきた。日曜はニューハンプシャーの共和党大統領候補指名争いの予備選のTV討論会(動画上)観たけど、ほんとに言いたい放題で面白いよね。

でもNBCの最新世論調査(表上)で2番手の割にはロン・ポールのエアタイムが少ないのが気になった。今朝のNBC-Todayでも首の皮一枚のギングリッチなんか生中継しちゃってロン・ポールのロの字もないんだよね。

この総スカンは今に始まったことじゃなく、昨夏にはジョン・スチュワートが深夜番組で各局の無視っぷりを総括して「ホテルの13階かい」ってネタにしてる。



[米主要TV局のロン・ポールの扱い]
  • ニュースでも「トップは××、××、××」と有力候補の名を挙げるんだけど誰もロン・ポールはカウントしない。
  • 世論調査の報告でもロン・ポールはスルーして3番手、4番手の泡沫候補の名前を読み上げる。
  • TV討論でもロン・ポールが「イランには米国まで飛んでこれる空軍もない。イラクと一緒、また戦争プロパガンダだ。イラクにはアルカイダなんかいない、核兵器もないのに戦争を許してしまった、もうこんなのやめにしよう」と訴えて喝采浴びたらカメラがロン・ポール離れて司会の「おいおいまた始まったぜ」という顔を大写し(3:05)
  • 現地記者にスタジオ司会者が「ま~サラ・ペイリンの絵が撮れたら送ってください、ロン・ポールのは送らなくていいよw」
いや~露骨だw CNNなんて2010年の正月に米兵に「共和党にはロン・ポールは危険過ぎるって声もありますよね、あなたのような兵士を本土に返すって言ってるんですから」とネガコメ求めて、「外国にいちゃもんつけて居座る方が危険かと…イスラエルなんて…充分できるのに…」と話してる途中で映像フィードがフリーズ(録画)してる。

ジャーナリストのホアン・ウィリアムズ氏は「すごい候補だから無視されるんでしょ。ティーパーティー運動の元祖みたいな人だから」、「いてはならない人。ところがいくら目をこすってもいるんだな」と言ってる(動画下)が、まあ、そんな感じか(まさか関係ないとは思うけど、ウィリアムズ氏はこの発言の翌月、政府が支援する公共ラジオ放送局NPRの仕事を別件で首になってたりする)。



去年5月にABC放送で出馬表明した時には「なぜ共和党と主張がこんなに違うのに無所属で出馬しないんですか」と聞かれ、「ロス・ペローみたいな富豪じゃないし、共和党じゃないとジョージ、君だってこうして取材にこないでしょ」と答えてる(動画)。共和党はロムニーで決まりそうな勢いだけど、いろいろ目が離せないオッサンである。

January 4, 2012

グーグルChromeがグーグル上位八分に:Google Downgrades Chrome PageRank to zero

Google reduces Chrome browser search PageRank for 60 days: "The scandal is in some ways a worst-nightmare scenario for Google. Simply stated: Google hired company A to advertise Chrome on the web. Company A outsourced the work to Company B, which paid bloggers to write sponsored stories about the browser. Google responded by stripping Chrome's PageRank."

グーグルが広告を頼んだ会社の下請けが、ブロガーにお金を払ってChromeブラウザのダウンロードサイトにリンクを貼らせていた事実が発覚。「有料リンクで検索ランクをあげる不正操作禁止条項に自分で違反してるじゃないか」、「JCペニーの時みたいにランクさげろ!」と批判が集中したのを受け、グーグルは自社製品Chromeのサイトのページランクをゼロにした。


今のぞいてみたら、本当にゼロになってた。

今日からはグーグルで「browser」「ブラウザ」を検索してもFireFox、Opera、Safari、IEといった競合プロダクツが上にきて、Chromeはずっと何ページも開かないと出てこない。検索から完全に弾かれたわけじゃないのでグーグル八分じゃないけど、大変な埋まりようだ。このグーグル「上位」八分は最低60日間続く。


[SEOBook, SearchEngineLand 1, 2]

January 3, 2012

本人認証ミス。ウェンディ・デン・マードック夫人のツイッターは偽物だった:Wendi Deng Murdoch Twitter account is a fake


Ruperd Murdock who used to view the internet as the home to 'porn, thievery, and hackers' joined Twitter and, within 48 hours, made a blatant remark (Maybe Brits have too many holidays for broke country!)  that he later deleted.  In the meanwhile, his wife's impersonator set up a fake Twitter account that got somehow verified for mistake.

Shocked, the London-based man behind @Wendi_Deng tells The Guardian;
"When Twitter verified it, I was completely and utterly shocked. A little nervous too, if I'm honest, about what had happened and whether it had all gone too far. [...]

"When I got to hear that NI had called it legit too, by that stage I'd entered 'what the hell' territory and thought I'd just carry on and see where it went, seeing as Twitter had already verified it. I knew that sooner or later they'd realise what a dreadful mistake they'd made."
ネットは「ポルノと泥棒とハッカー」の溜まり場だと言っていた帝王ルパード・マードックが土曜ツイッターを始め、「イギリス人は国が破綻してる割には祝日多過ぎかもな!」とつぶやいて消したり正月早々絶好調だ。

ウェンディ・デン夫人も翌日ツイートを始めて本人認証マークもつき、「削除するのよ、マーク!」とか夫婦でやってたんだけど、こちらは翌日フェイクと判明した。

ロンドン在住の男性のなりすましだったわけだけど、その男性もまさかツイッターに本人と認められるとは思ってなかったらしく、ザ・ガーディアンにこう驚きを語っている。
正月休みで暇してたら、みんなルパード・マードックがTwitter始めた話で盛り上がっていたので、冗談で立ち上げただけさ。

そしたらツイッターが本人認証したので驚いたのなんの。ショック通り越して不安になってきた。正直、こんなことになって、やり過ぎちゃったんじゃないかな、と思って。これだけの有名人のアカウントをしっかり調べもしないで本人認証するなんてとても信じられない話だけど、ツイッターからは登録に使ったメールアドレスにも確認は一切こなかった。著名人の認証プロセスがこんなお粗末なんじゃ早急になんとか対策立てないと。ヘルプページ見ると「認証済みアカウント」はもうやってないって書いてるのだけど、現にルパード・マードックも認証されてるわけだし、僕のマードック夫人のアカウントに関しては何ひとつ確認もなく認証がなされたんだからね。

そのうちNI(ニューズ・インターナショナル)までもが「本人に間違いない」って言い出した日にゃもう何がなんだか「what the hell」の境地で、もうここまで来たらツイッターも本人だって言ってくれてることだし、やれるとこまでやろう、いずれ嫌でも自分の間違いに気づくはずだから、と思ったんだよね。

[Wendi Deng Twitter account is a fake | The Guardian]