December 23, 2010

スカイプCEO、世界的なシステム障害の現況・原因を語る:Skype CEO Tony Bates - update on Skype downtime


Skype CEO, Tony Bates, spoke to Om Malik about the massive outage the service experienced yesterday. It seems that "a handful of Windows clients failed and set off a chain reaction that brought down Skype." He looks exhausted...


昨日世界的にスカイプが繋がらなくなった件で、トニー・ベイツCEOがGigaOMのオム・マリックに現況を説明した。

サービスは80%復旧したようだ。気になる原因だが、なんでも「片手で数えられるぐらいの少数のWindowsクライアントに障害が起こり、それがチェーンリアクションを引き起こし、スカイプ本体がダウンした」そうだ。

原因は分かっているので再発しないよう対策もできる、「メガ・スーパーノード」の導入に余分なコストはかからない、迷惑をかけたユーザーには返金する、詳細はまた追って、ということだ。

さすがに憔悴し切ってるなぁ…。

---

First explanation posted on Skype blog yesterday;
昨日公式ブログに出た最初の説明;
Some of these computers are what we call ‘supernodes’ – they act a bit like phone directories for Skype. If you want to talk to someone, and your Skype app can’t find them immediately ... your computer or phone will first try to find a supernode to figure out how to reach them.

Under normal circumstances, there are a large number of supernodes available. Unfortunately, today, many of them were taken offline by a problem affecting some versions of Skype. As Skype relies on being able to maintain contact with supernodes, it may appear offline for some of you. - Skype
スカイプは、従来の電話やIM(インスタント・メッセージ)ネットワークのようなネットワークではなく、稼働するために何百万ものコンピュータや携 帯電話同士の個々の接続に依存しています。いくつかのコンピュータは、我々が「スーパーノード」と呼んでいるもので、これらはスカイプにとって電話帳に似 たような働きをします。もし、ユーザーが誰かと話したいと思い、スカイプのアプリケーションがその人をすぐに探せない場合(例えば、異なる場所やデバイス から接続している場合など)、ユーザーのコンピュータや携帯電話は彼らを探す方法を探るために、まず、このスーパーノードを探そうとします。

通常の状態であれば、多くのスーパーノードが使用可能状態にあるのですが、本日は、多くのスーパーノードがいくつかのスカイプのバージョンに影響を及ぼす障害によって、オフライン状態になってしまっています。スカイプはスーパーノードとの接続状態で使用できるため、何人かのユーザーの方々にはオフラ インと表示されているかもしれません。現在、スカイプではこの障害を解決するために、エンジニアが新しい「メガ・スーパーノード」を早急に作成しているところです。―Skype日本語ブログ - 本日のスカイプの障害について

UPDATE:
Now stabilized. 復旧。




[GigaOM]

December 21, 2010

ヒットラーもタイム「今年の人」だった:Hitler was TIME's Man Of The Year in 1938


1927 Charles Lindbergh, solo flight across the Atlantic (c) TIME
チャールズ・リンドバーグ/NY-パリ大西洋単独横断飛行

1930 Mohandas Gandhi (c) TIME
モハンダス(モハトマ)・ガンジー/独立運動指導者

December 19, 2010

タイム「今年の人」受賞挨拶にジュリアン・アサンジ乱入の巻:SNL - Julian Assange vs. Mark Zuckerberg



hahaha... Julian Assange, Readers' Choice for TIME's Person of the Year 2010, interrupted Mark Zuckerberg's 'Person of the Year' thank-you message on last night’s Saturday Night Live.

米タイム誌が、読者投票トップのウィキリークス創始者ジュリアン・アサンジを置いて10位のフェイスブック創始者マーク・ザッカーバーグを「今年の人」に選んだが、その授賞の挨拶をするザッカーバーグにアサンジが突然割り込む設定のコメディ(動画上)が夕べ深夜番組サタデーナイトライブで流れて、ちょっとした話題だ。日本からは観れないかな…。

Bill Hader's Julian Assange (c) SNL
豪邸でスコッチやりながらムワハハハと笑う
ビル・ヘイダー扮するアサンジ
[Transcripts]

MZ: Hi, I'm Mark Zuckerberg. On Tuesday afternoon, I was named as a TIME magazine's Person of the Year. Well, this is a great honor for me. I could not have accomplished it without half a billion users to make Facebook a social network...

JA: Hello again. It's me, Julian Assange. He-ll-o... So, you may have heard that I was released from British prison on bail on Thursday. It's nice. Tonight, I want to take a moment to congratulate Time Magazine on the excellent selection of Mark Zuckerberg as Person of the Year. Time Magazine always on the cutting edge, discovering Facebook only weeks after your grandmother.

What are the differences between Mark Zuckerberg and me? Let’s take a look. I give you private information on corporations for free and I’m a villain. Zuckerberg gives your private information to corporations for money and he’s man of the year.

Thanks to Wikileaks, you can see how corrupt governments operate in the shadows and lie to those who elect them. Thanks to Facebook, you can finally figure out which Sex and the City character you are. I'm a Samantha, but if the Swedish police ask, I'm a Charlotte.

If you want to make a movie about Mark Zuckerberg, you’ll have to make stuff up to make it interesting. If you want to make a movie about me, just to rate it R, you’ll have to leave stuff out.

TIME chose Mark Zuckerberg for a Person of the Year because he was the more dynamic choice. Let's check back in with him.

MZ: ...and I think we can all agree that's an algorithm for fun! hahaha...

JA: In conclusion, a final reminder that no matter how I die, even if there's a video of me peacefully dying of natural causes, it was murder. And here's a status update; Democracy is dead. Happy Holidays.



MZ:  どうも、マーク・ザッカーバーグです。火曜午後タイム誌の「今年の人」に選ばれちゃいました。いやーこんな名誉なことありませんね。これもひとえにご利用くださる5億人のみなさんがFacebookを今のようなソーシャルネットワークにしてくれたおか…

JA:  ヘローアゲイン、僕だよ僕、ジュリアン・アサンジ、わすれちゃったかな~? ムワッハハハハ(笑) もうみんな聞いたと思うけど木曜イギリスの刑務所から無事保釈されちゃいました。やっぱり外はいいね。さて今夜はマーク・ザッカーバーグを「今年の人」に選んだタイムの英断に心から祝辞を述べたいと思ってこうして出てきましたよ。いやーやっぱり常に先端を走るタイム・マガジンだけのことあるね、みんなのばあちゃんの耳に入ってたった数週間でフェイスブックの存在に気づいたんだからな~。

マーク・ザッカーバーグと僕の違いは何か? 

僕は企業のプライベートな情報をみんなに無料で提供する、悪者。ザッカーバーグはみんなのプライベートな情報を企業に有料で提供する、パーソン・オブ・ザ・イヤーだ。

ウィキリークスのお陰でみんなは政府が裏でどれだけ腐敗したことをやってて、彼らを選んだ国民にどれだけ嘘ついてるか知ることができる。フェイスブックのお陰でみんなは自分が「セックス・アンド・ザ・シティ」のどの登場人物に当てはまるかやっと知ることができる。ちなみに僕はサマンサ。スウェーデン警察に聞かれたらシャルロットかな。ムワッハハハハハ。

マーク・ザッカーバーグの映画を作ろうと思ったら、いろいろ話を作らないと面白くならない。僕の映画はありのまんまでR指定だ。ムワッハハハハ。[...]

最後にひとつ。僕がどういうかたちで死のうと ―たとえ安らかに自然死する僕の映像があったとしても― それは殺人だと思ってくれ。ステータスアップデートはこう。

「民主主義は死んだ。ハッピー・ホリデイズ」

Julian Assange on TIME cover, Dec 13, 2010


Time's reader's choice poll results
タイム読者オンライン投票結果





1Julian Assange ジュリアン・アサンジ
382026
2Recep Tayyip Erdogan トルコ首相
233640
3Lady Gaga レディー・ガガ
146378
4Jon Stewart and Stephen Colbert スチュワート&コルベア
78145
5Glenn Beck グレン・ベック
91746
6Barack Obama バラク・オバマ
27478
7Steve Jobs スティーブ・ジョブズ
24810
8The Chilean Miners チリ坑夫
29124
9The Unemployed American 失業中のアメリカ人
19605
10Mark Zuckerberg マーク・ザッカーバーグ
18353


UPDATE: 同じ動画。こっちは日本から見れるかな…?


[Hulu via Forbes]


December 18, 2010

クリスマスの絵本のiPadアプリが明日まで無料だよ~ん:moglue offering iPad app 'Twas The Night Before Christmas' for free now

Moglue is offering its first iPad app 'Twas The Night Before Christmas' ($2.99) on http://bit.ly/e2UXS3 for free 'till tomorrow (PT).  It supports English, Korean, and Japanese. Chinese and iPhone & Android versions are coming in January.

Moglue is a startup that provides 'an interactive ebook building platform which enables anyone to create interactive ebook easily and quickly.'  Its founder, TaeWoo, (who sat next to me at RealTime CrunchUp last year) e-mailed me to tell that he had just got an investment from GS SHO. Sounds like a good start.


moglueのiPadアプリ「Twas The Night Before Christmas」($2.99、日・韓・英対応)が今なら無料でダウンロードできるそうです。セールは明日日曜(西海岸時間)まで。

moglueは、誰でも簡単に素早くインタラクティブなeブックが作れるプラットフォームを提供するスタートアップで、これが記念すべき第1作目。中国語版、iPhone、Android版も来月出るそう。創業者のTaeWooさんの話だとGS SHOって会社から投資もついたってよ? 

去年リアルタイムクランチアップで隣に座ったよしみで先ほどメールで教えてくれたのだけど、まあ、無料だし耳寄りかなーと。うまくいくといいね。

公電漏えい容疑者ブラッドリー・マニングの地獄:WikiLeak's Alleged Leaker Bradley Manning in Hellish Solitary Confinement

Bradley Manning, alleged leaker of secret government documents to WikiLeaks, turned 23 in jail Friday.  His attorney told Daily Beast's Denver Nicks that those are the books on his birthday and Christmas wish list;


Decision Points, by George W. Bush
Critique of Practical Reason, by Immanuel Kant
Critique of Pure Reason, by Immanuel Kant
Propaganda, by Edward Bernayse
The Selfish Gene, by Richard Dawkins
A People's History of the United States, by Howard Zinn
The Art of War, by Sun Tzu
The Good Soldiers, by David Finkel
On War by Gen. Carl von Clausewitz
- Bradley Manning's Prison Hell |- The Daily Beast

But his condition seems to be deteriorating.  As Salon's Glenn Greenwald reported on Wednesday, he's been sitting in a solitary confinement for seven straight months already.
Since his arrest in May, Manning has been a model detainee, without any episodes of violence or disciplinary problems.  He nonetheless was declared from the start to be a "Maximum Custody Detainee," the highest and most repressive level of military detention, which then became the basis for the series of inhumane measures imposed on him.

From the beginning of his detention, Manning has been held in intensive solitary confinement.  For 23 out of 24 hours every day - for seven straight months and counting -- he sits completely alone in his cell.  Even inside his cell, his activities are heavily restricted; he's barred even from exercising and is under constant surveillance to enforce those restrictions.  For reasons that appear completely punitive, he's being denied many of the most basic attributes of civilized imprisonment, including even a pillow or sheets for his bed (he is not and never has been on suicide watch).

[...]And as is true of many prisoners subjected to warped treatment of this sort, the brig's medical personnel now administer regular doses of anti-depressants to Manning to prevent his brain from snapping from the effects of this isolation.

- The inhumane conditions of Bradley Manning's detention - Glenn Greenwald - Salon.com

On top of that, he's been held under Prevention of Injury (POI) watch. No means to kill himself. No exercise. Not even allowed to go insane. Ah...that's horrible... Why?

US authorities have stepped up their efforts to prosecute Julian Assange by offering Bradley Manning, the American soldier allegedly responsible for leaking hundreds of thousands of government documents, the possibility of a plea bargain if he names the Wiki-Leaks founder as a fellow conspirator. Freed on bail – but US steps up efforts to charge Assange with conspiracy - Americas, World - The Independent

There.  Maybe Manning is the only bargaining chip the US got for putting Julian Assange on criminal charge.


ウィキリークスに機密情報を漏えいした容疑で捕まったブラッドリー・マニング兵が昨日、独房で23回目の誕生日を迎えた。The Daily BeastのDenver Nicks記者が弁護士から聞いた話によると、クリスマスと誕生日のお祝いには以下の本を家族に買ってくれと頼んでいるそうだ。



Decision Points, by George W. Bush
Critique of Practical Reason, by Immanuel Kant
Critique of Pure Reason, by Immanuel Kant
Propaganda, by Edward Bernayse
The Selfish Gene, by Richard Dawkins
A People's History of the United States, by Howard Zinn
The Art of War, by Sun Tzu
The Good Soldiers, by David Finkel
On War by Gen. Carl von Clausewitz
- Bradley Manning's Prison Hell |- The Daily Beast


だが、SalonのGlenn Greenwald記者が水曜伝えたところでは、現在拘留されているバージニア州クアンティコの米海軍ブリッグ(一時勾留場所)の環境は地獄らしい…。
5月に逮捕されてからのマニング兵は暴力・素行の問題もなく模範生だ。にも関わらず、彼は最初から、軍の勾留で最も抑圧レベルが高い「最大監視下の抑留者」と宣言され、その後もそれを根拠に一連の非人間的扱いを受けた。

始めからマニングは厳重警備の独房に隔離され、1日24時間のうち23時間 ―それも7ヶ月連続で、これを執筆している最中にも刻々と時間は積み重なっている― 独房に完全に独りで座る生活だ。自分の独房の中でさえ行動は厳重に制限されている。運動も禁止で、運動しないよう監視カメラが常時見張っている。そしてこれは懲罰以外の何ものでもないと思うのだが、普通の市民的扱いの禁固で認められているものの多くが否定されている。ベッドは枕もシーツもない。

[...]また、この種の扱いを受ける囚人の多くがそうであるように、このブリッグでも隔離の影響でマニングの脳がキレぬよう、医療班が定期的に抗うつ剤を投与している。 - The inhumane conditions of Bradley Manning's detention - Glenn Greenwald - Salon.com

しかも「Prevention of Injury(POI)」監視下に置かれているので怪我もオチオチできない。自殺も運動も発狂もできない生き地獄…。まだ刑はひとつも確定してないのに酷い話である。ジュリアン・アサンジを刑事告訴するにはアサンジもリークに関与したというマニングの証言がどうしても必要だから(アサンジは否定してるので)、締め上げてるんだろか? 

The Independentが、「アサンジの指図でリークしたと証言したら司法交渉に応じてもいいと政府がマニングに働きかけてる」という噂を伝えた…。

In the video below, you can view the gate of the brig where Manning has been held.
拘留中のブリッグは以下動画に正門が写ってるよ。






[Salon, The Daily Beast, The Independent]

December 16, 2010

ヤフー、Deliciousなど8サービス閉鎖?:Yahoo Closing Delicious?

Sunset...

MyBlogLog co-founder, Eric Marcoullier, tweeted out the shocking 'Sunset Slide.'  As you can see, products to be shut down indlude YahooBuzz, AltaVista, AllTheWeb, MyBlogLog, and Delicious.  What's up next...?

MyBlogLog共同創業者エリック・マークリエが先ほどツイートしたスライド(上)が衝撃を呼んでいる。米ヤフーが今週社内で従業員にプレゼンした資料なのだが、左の「Sunset(日没)」リストにあるのが今後閉鎖する8つのサービス。ご覧のようにYahooBuzzAltaVistaAllTheWebMyBlogLog、そしてDeliciousの名前まで出ているのだ。あ~あ、次はどこ?

UPDATE: delicious blog » What’s Next for Delicious?
The official blog says that it's not going to be closed. They're just looking for a buyer.
Delicious公式ブログに「閉鎖はない。買収先を探しているだけだ」という見解が出た。


[SearchEngineLandAllThingsD]

December 15, 2010

WikiLeaksの「サイバー戦争」を他のDDoS攻撃と比べてみると…:The Internet Goes to War - Arbor Networks

ABC News proclaimed “Welcome to Infowar, Version 1.0″. Fox warned of the “growing data war”. And the Guardian provided minute by minute coverage on the opening salvos of this first “Internet-wide Cyber War”. [...] So are we now in a permanent state of cyber-war?

[...]So if we’re in a Cyber-War, then very large (50+ Gbps) traffic floods and sophisticated application attacks are the front-lines. Which brings us back to the question of Wikileaks and the retaliatory hactivist attacks. Were these attacks massive high-end flooding DDoS or very sophisticated application level attacks?

Neither. - Arbor Networks Security
ウィキリークスの公電公開に抗議する人、擁護する人の間でDDoS攻撃が飛び交い「サイバー戦争」とArbor Networks Securityによると量・質ともに影響は少なく、「戦争と言うよりは暴動」レベルらしい。

同社がまとめたDDoS攻撃概況(この種のデータでは史上最大)によると、今年は50Gbps超えのDDoS攻撃も何度か記録されたという。また、攻撃の内容も高度になっており、トラフィックを浴びせてサイトをダウンさせる2000年式のDDoS攻撃より、今はアプリケーションを狙って攻撃しリアルタイムの売上げ集計を激落ちさせたりするプロのハッカーの方が怖いんだってね。

Growth in DDoS Attacks Over Time (c) Arbor Networks Security
世界インフラストラクチャ セキュリティ調査加盟ISP120社が報告した各年最大のDDoS攻撃
ウィキリークス報復攻撃の最大値(赤)はそこまで大きくない

"DDoS activity against multiple Wikileaks hosting sites on third day (December 1)
following 'Cablegate'. The DDoS traffic (red) never grew beyond 3-4 Gbps."
公電公開3日目(12/1)、ウィキリークスのサイトが受けたDDoS攻撃(赤)
これも3-4Gbpsは超えていない (c)  Arbor Networks Security


ATLASを使って同社が得たデータによると、今回ハクティビスト(ボランティアでハックする社会運動家)がアプリで行ったDDoS攻撃の大半(70%)はMac&PCにダウンロードできる「Low Orbit Ion Canon(LOIC)」プログラムとウェブベースのJavascript版(JS-­LOIC)からのものだった。

20%は新型「LOIC-2」発。LOICはIRCだけだが、LOIC-2はRSS、Twitter、Facebook経由の遠隔操作も可能なもので、HTTP処理時間を長くして攻撃対象に負荷をかけたりもできる。

「げ、もうLOIC-2出たの?」と思ったら、なんと匿名ハッカーたちは既にマルチスレッド対応で最高265サイトまで同時にHTTP攻撃できる「High Orbit Ion Cannon(HOIC)」と「Geosynchronous Orbit Ion Cannon(GOIC)」というのまでリリースしたんだって。いやぁ…。


[The Internet Goes to War - Arbor Networks Security]

December 14, 2010

英法廷、ジュリアン・アサンジの保釈認める:Julian Assange granted bail

Julian Assange on his way to court today
暗窓バンで法廷に向かうアサンジ
(c) Peter Macdiarmid -Getty Images
WikiLeaks founder Julian Assange was granted bail today in London on five conditions; "£200,000 in security, surety of £40,000 from two people, a curfew, daily reporting to police, and surrender of his passport."

Sweden-side lawyers have two hours to lodge an appeal.

ウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジ氏の釈放が先ほど認められた。スウェーデン側は2時間以内に異議申立てしなくてはならない。

英紙ガーディアンによると保釈の条件は5つ。
  1. 保釈金£200,000(2631万円)
  2. 2人から保証金£40,000(527万円)
  3. 夜間外出禁止
  4. 最寄りの警察に毎日報告を上げること
  5. パスポート放棄
弁護士が昨夕面談に行った際には、先週より生活環境は厳しくなっていたそうで、毎日30分の休憩時間を除き、TV・本・他の受刑者と接触のない独房に隔離され、24時間監視カメラが見張り、マスコミからの手紙は一切届いてなかった。アサンジ氏は食事の時に抜けた歯が独房から盗まれたと文句を言っていたそうだ。

UPDATE: Julian Assange to stay in jail as Sweden fights bail decision - guardian.co.uk
なんと!スウェーデン検察が異議申立てして刑務所に戻っちゃったよ。公聴は48時間後。

UPDATE2:  Released. 釈放になった。友人の別荘にかくまってもらう。


[Gguardian]

December 11, 2010

バーナード・マドフの長男自殺:Bernie Madoff's Son Found Dead in Apparent Suicide


"Nobody wants to hear the truth. Take care of my family." - last note to lawyer (source:ABC)

On the 2nd anniversary of his father's arrest, Mark Madoff, the older son of Ponzi schemer Bernard Madoff, was found dead earlier this morning. He hanged himself by the dog leash in his NY apartment. RIP.

米史上最大の金融詐欺で父親が逮捕された日から今日で2年。懲役150年の刑期を務めているナスダック元会長バーナード・マドフの長男マーク・マドフさんが自殺した。

2年前の今日、家族に罪を告白し「1週間待ってくれ」と頼む父親を無視し、FBIに通報したのはマークさんだった。彼自身は刑事犯には問われていないが、どの会社にも雇ってもらえず被害者からの誹謗中傷が絶えなかった。ABCによると、弁護士に残した最後のメールには「誰も本当の話など聞きたくない。家族を頼む」とあった。

4歳の息子を連れてフロリダに住んでいる妻に「愛している、息子を見てくれ」とメールした後、NYのアパートで2歳になる息子の隣の部屋で、犬の紐で首を吊って死んでいた。




December 10, 2010

ケイティー・ペリーがシングル3枚連続トップ。Firework歌詞和訳:Katy Perry Breaks Chart Records With 'Firework' + Lyrics


Katy Perry claimed her fourth #1 single with 'Firework' this week.
Perry's third consecutive chart topper makes her the first female artist to achieve the feat in eleven years, after Monica achieved three successive number ones with 'The Boy Is Mine', 'The First Night' and 'Angel Of Mine' in 1998 and 1999.-Digital Spy

象と駱駝に囲まれて結婚したケイティー・ペリー。その2ndアルバム「ティーンエイジ・ドリーム」から3枚目のシングルカットとなる「Firework」が今週ビルボードNo.1に輝いた。1枚のアルバムからNo.1シングル3枚以上を出す女性アーティストは史上10人目。3枚「連続」制覇はモニカ(1998-1999年「The Boy Is Mine」)に次ぐ史上3人目。

うちも娘が朝から晩まで聴いてて耳タコだ。コールドプレイ×クリスマスサウンドっぽいかな。


『Firefly』(対訳)

Do you ever feel like a plastic bag
Drifting throught the wind
Wanting to start again

Do you ever feel, feel so paper thin
Like a house of cards
One blow from caving in

Do you ever feel already buried deep
Six feet under scream
No one seems to hear a thing

Do you know that there's still a chance for you
Cause there's a spark in you

You just gotta ignite the light
And let it shine
Just own the night
Like the Fourth of July

Cause baby you're a firework
Come on show 'em what you're worth
Make 'em go "Oh, oh, oh!"
As you shoot across the sky-y-y

Baby you're a firework
Come on let your colors burst
Make 'em go "Oh, oh, oh!"
You're gonna leave 'em fallin' down-down-down

You don't have to feel like a waste of space
You're original, cannot be replaced
If you only knew what the future holds
After a hurricane comes a rainbow

Maybe you're reason why all the doors are closed
So you can open one
that leads you to the perfect road

Like a lightning bolt, your heart will blow
And when it's time, you'll know

=repeat=

Boom, boom, boom
Even brighter than the moon, moon, moon
It's always been inside of you, you, you
And now it's time to let it through

=repeat=
自分はビニール袋だって思うことない?
風に揺られてフワフワ漂う
始めからやり直したい袋

紙みたいに薄っぺらって思うことない?
トランプで組み上げた家
フッと吹けば崩れてしまう

もう深く埋葬されてるって思うことない?
叫んでも6フィートの土に閉ざされて
誰の耳にも届かない、みたいな

でも知ってる?まだチャンスはあるんだよ
あなたの中に火花はあるんだから

ただ火をつけてやるだけでいい
そして 光らせてやるの
この夜をひとり占めにしちゃおう
7月4日(独立記念日)の花火みたいに

だってベイビー あなたは花火
自分の価値 見せてやろうよ
みんなをOh, oh, oh!って言わせてやろう
この空ずっと 翔けながら

ベイビー あなたは花火
自分のカラー 炸裂させようよ
みんなをOh, oh, oh!って言わせてやろう
みんな落ちてくよ ずんずんずん

粗大ごみだなんて感じることない
あなたはあなた 誰も代わりにはなれない
未来が見えたらいいのにね
嵐の後には 虹が出る

ドア全部閉まってるのは自分のせいかも
だったら自分で開けちゃおうよ きっと
ドアの向こうには完璧な道が続いてる

稲妻みたいに心が弾ける
その時これだって 分かるはず

=リピート=

ブーン、ブーン、ブーン
月、月、月よりもまだ眩しい
you、you、youの中にずっとあったもの
今こそ解き放とう

=リピート=




[TV Newsroom]

December 8, 2010

A氏の戦争(備忘録)

アメリカに来たのは、卵。
おいしい卵が食べられると思って来たの。

そしたらあんまり味がなくってね。
「なーんだ、なんのために来たのかな」って(笑)。

そのうち戦争になって母親に連れられて日本に帰った…。

December 7, 2010

4chan、ウィキリークスと取引停止の銀行などDDoS攻撃:4chan rushes to WikiLeaks' defense - Ars

Absolutely hilarious graphic by Arstechnica
いや、これが見せたかっただけ…(画像クリックで拡大)

The forces of Anonymous have taken aim at several companies who are refusing to do business with WikiLeaks. 4chan's hordes have launched distributed denial-of-service attacks against PayPal, Swiss bank PostFinance, and other sites that have hindered the whistleblowing site's operations. ―Arstechnica

ウィキリークスと取引き停止した企業各社に英語圏最大のネット掲示板「4chan」がDDoS攻撃を開始、ネットがWW3化している。

寄附口座を停止した米ネット決済サービス「ペイパル」は本体は持ち堪えたがブログが一時落ちた。ウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジ氏の口座を凍結したスイスの銀行「PostFinance」は17時間以上前から落ちており、現在も繋がらない。最新のターゲットは性犯罪容疑アサンジ氏を今朝逮捕したスウェーデン検察庁サイトだが、こちらも現在落ちている。

「Operation Payback」というバナーで攻撃を呼びかけたグループの自称スポークスマン(Coldblood)は「政府の圧力に屈した」サイトはすべて攻撃対象だと話している。

UPDATE: Facebook and Twitter Suspend Operation Payback Accounts - Forbes
It seems they do more harm than help... it's gone out of hands. 
うーむ、応援のつもりでやってるんだろうけど、ダメージの方が大きい気がする。

UPDATE2:More WikiLeaks: The 24-hour Athenian democracy | The Economist
"Anons do understand their limitations. [...] It is not cyberwar. It's a propaganda coup."
ザ・エコノミストがDDoSやってる世界中の名無しにチャット取材。「抗議活動であってサイバー戦争ではない、限度はわきまえてる」とのこと。

UPDATE3: First arrest made in WikiLeaks revenge attacks
It's a Dutch 16-yr-old boy. He's already admitted to being part of the attacks on Visa and Master Card. 最初の逮捕者が出た。オランダ在住16歳。同国ハイテク犯罪捜査班が逮捕した。マスターカードとビザカードのサイトの攻撃に協力した点は既に自供済みらしい…。

ジュリアン・アサンジ氏が豪紙に寄稿「使者を撃つな」:Don't shoot messenger for revealing uncomfortable truths

IN 1958 a young Rupert Murdoch, then owner and editor of Adelaide's The News, wrote: "In the race between secrecy and truth, it seems inevitable that truth will always win."

His observation perhaps reflected his father Keith Murdoch's expose that Australian troops were being needlessly sacrificed by incompetent British commanders on the shores of Gallipoli. The British tried to shut him up but Keith Murdoch would not be silenced and his efforts led to the termination of the disastrous Gallipoli campaign.

Nearly a century later, WikiLeaks is also fearlessly publishing facts that need to be made public.

Read more; Don't shoot messenger for revealing uncomfortable truths | The Australian

出頭の朝、故国の新聞ザ・オーストラリアンに載った長文記事をザッと訳しておく。

Don't shoot messenger for revealing uncomfortable truths

Julian Assange, December 8, 2010, The Australian


1958年、アデレードの「The News」編集長兼オーナーだった若き日のルパード・マードックは、こう書いた。「秘密と真実を競わせたら真実が常に勝つ。それは避けようがない」

彼の論考はおそらく、父キース・マードックの暴露報道を受けてのものだったろう。氏はガリポリの海岸で無能な英国司令官らのせいで豪州志願兵の命が無為に犠牲になった事実を報じた。英国は彼の口を封じようとしたが、それで黙るキース・マードックではなかった。彼の努力はやがて功を奏し、壊滅的被害を出したガリポリの戦いは終わった。

あれから1世紀近く経った今、WikiLeaksも恐怖にもめげず果敢に、公表すべき事実を公開している。

僕はクイーンズランドの田舎町に育った。そこではみんな自分の思うことを明け透けに喋っていた。大きな政府は信用しない、用心して見張らないと腐敗するかもしれないから―そんな土地柄だった。実際、フィッツジェラルド審問前のクイーンズランドは、政府が腐敗まみれの暗黒の時代だった。政治家が真実を伝えるべきメディアに報道規制をかけるとどうなるか。それを示す何よりの証拠だ。

こうしたことは僕の体の中にずっと残っている。WikiLeaksはこうした価値を軸に据え、その周辺に創成された。インターネット技術を全く新しいやり方で活用しながら真実を報じる―この発想は僕がオーストラリアで授かったものだ。

WikiLeaksがあみ出したのは、「科学的ジャーナリズム」という新しいタイプのジャーナリズムである。我々が他の報道機関と一緒に連携して働くのは、人々にニュースを伝えるためもあるけど、報じる内容が事実に間違いないんだよ、と証明するためでもある。科学的ジャーナリズムにおいては、ニュース記事を読んだその人が、記事のベースとなる元の文書までクリックして見ることができる。こうすれば読み手は自分の目でニュース判断ができる。この記事は本当だろうか? 記者は正確に伝えたのか? と。

民主主義社会には強いメディアが不可欠だ。WikiLeaksはその一翼を担う。政府を正直な状態にキープするお手伝いをするメディアのね。WikiLeaksはこれまでにもイラク、アフガン戦争に関する厳然たる真実を白日の元に晒し、企業の不正をスクープしてきた。

僕を反戦主義者と呼ぶ人もいる。念のため断っておくが、それは違う。国には戦争にいかなければならない時もある。正義のための戦争もある。だが、こうした戦争について政府が国民に嘘をつき、戦線に国民の命と税を出すよう嘘の上塗りを迫るほど間違ったことはない。戦争が正当化できるものなら、そのまま真実を述べればいい。支持するかどうかは国民が決めることだ。

ウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジ逮捕:Wikileaks' Julian Assange Arrested


Wikileaks founder, Julian Assange, turned himself in to Scotland Yard this morning to face a Swedish arrest warrant. The bail was denied today, and he'll remain in custody until 14 December.

ウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジがロンドン警視庁に出頭し、逮捕された。性犯罪容疑については保釈金による釈放も可能のはずだが、それは拒否され、14日まで身柄は拘束される。

Related:
Don't shoot messenger for revealing uncomfortable truths - Julian Assange
ジュリアン・アサンジ「使者を撃つな」(出頭の朝、豪紙に残した原稿)
Wikileaksジュリアン・アサンジ編集長逮捕 - ギ

マンザナー強制収容所の日系人とUSSカリフォルニア:110% American - Japanese Internees at Manzanar

"100% American Japanese Internees at Manzanar"
by Mike McKenna, EastSide Magazine, Spring 2008


I read this three-page article on the 10,046 Japanese Americans imprisoned in Manzanar, approx. 100 miles south from where we stayed last Christmas.


The first Japanese-American internees set foot in Manzanar on March 25, 1942. On the same day, the USS California sunk by the 7 December 1941 Japanese raid on Pearl Harbor was raised from the sea floor.  The author draws a parallel between those two American symbols.


The free local magazine was on the side table.  With nothing else to read, I picked it up.  It was only after I finished reading did I realize the issue dates back to two years ago. Bizarre.  It was even more bizarre 'cause I found a lot more books and mags in the same room right next morning. Maybe I have to visit Manzanar someday. Not as part of my ski trip, though.  I should drive down Hwy 395.

これは去年スキーの投宿先で拾った記事。他に読むものもなかったので、ポツンとテーブルにあった無料ローカル誌を拾い読みしていたのだが、読み終わって日付けを見たら2年前の雑誌だった。おかしなこともあるものだ。翌朝起きたら同じ部屋に他にも本・雑誌が沢山散らばっていたので余計に狐につままれた気分だった。―一度きちんと行かなくちゃな、マンザナー。スキーのついでとかじゃなく。

Farm, Farm Workers, Mount Williamson in background
Ansel Adams Photo Collection (c) Library of Congress

110% American - Japanese Internees at Manzanar

 BY MIKE MCKENNA

 - in Japanese

1941年12月7日は、アメリカ屈辱の日*である。

あの運命の日曜朝、日本は真珠湾を攻撃し、アメリカは第二次世界大戦参戦を余儀なくされた。2000人を超える男女がこの日ハワイで命を落とし、戦艦5隻が沈没。うちUSSカリフォルニアは100名を乗せ海に沈んだ。

1942年2月19日もアメリカ屈辱の日だが、こちらは遙かに知名度が低い。あの運命の日、フランクリン・ルーズベルト大統領は大統領行政命令9066号に署名し、ヘンリー・スティムソン陸軍長官に西部全州における日系アメリカ人退去・「軍事エリア」収容に関し「長官が必要と判断する適正な行動」をなんでも良いので取るよう指示した。現在「戦争収容所」として知られている場所のことだ(おそらく最もふさわしい呼称は強制収容所)。

アラバマヒルズすぐ北のオーウェンズ・ヴァレー。夕暮れ時に雪を頂くシエラネバダの山影に抱かれるマンザナーの一帯も、そんな強制収容所のひとつだった。

Girl and volley ball, Manzanar
Ansel Adams at Manazar collection(c) Library of Congress



December 2, 2010

駐米中国大使館の公電がリークしたらこんな内容?:What China may be saying about America - NYT

Thought-provoking, fun-to-read column. From Tom Friedman's "What China may be saying about America,"  a fictional rendition of a Chinese Washington embassy cable leaked by WikiLeaks;

Finally, record numbers of U.S. high school students are now studying Chinese, which should guarantee us a steady supply of cheap labor that speaks our language here, as we use our $2.3 trillion in reserves to quietly buy up U.S. factories.

「ウィキリークスが駐米中国大使館の公電をリークしたら大体こんな感じだろう」と、NYタイムズ紙トム・フリードマン論説委員が中国の外交官になり切って書いた公電が笑えた。


What China may be saying about America


by Tom Friedman, New York Times

- in Japanese

在ワシントン大使館発 在北京中華人民共和国外交部行き
最高機密指定/件名:今日のアメリカ

中国にとっては好ましい状況です。アメリカは相変わらず政治の二極化が根深く、米国から経済・国家世界一の地位を奪う目的を掲げる中国にとっては好ましい情勢が続いています。が、何よりも大きな楽観材料は、アメリカ人が全くしょうもないことで二極化していることですね。

こちらには自らすすんで自滅する空気が漂っており、まるでアメリカが世界中のありったけの時間と金をみみっちい政治に注ぎ込んでいるかのようです。彼らが言い争うことと言えば例えば — 作り話じゃないですよ— 空港のセキュリティ警官がどこをどう触るか、といったこと。またある時は — これは朗報 — 最近ロシアと行った核軍備削減条約のことで喧々諤々。共和党はオバマ大統領の弱体化に執着する余り、イランなどの問題で米露協力体制強化に役立つはずの条約をみすみすドブに捨てる有り様なのです。米露接近をもたらすものは、我が国の孤立を招く要因にもなり得るので、米国の国益より我が国の国益を優先し、本条約の上院批准を阻止したアリゾナ選出Jon Kyl 上院議員には多謝多謝です。さっそく大使がKyl上院議員夫妻をMr. Kaoの中華レストランまで夕食に招き、米国の(我が国の、と読む)国益を守る絶え間ない努力を讃えました。

アメリカ人は先日、彼らが「選挙」と呼ぶところのものを終えたばかりです。どんな行事かと言いますと、まあ要するにある政治家が他の政治家より多くの金を集めるんですな(全部自分が規制するはずの企業から)。向こうの男が先手を打つ前に、その男にまつわるもっとでかい嘘を、もっとじゃんじゃん頻繁にTVで流せるように。我々はこれを見て安堵しましたよ。つまり彼らには、膨れ上がる財政赤字、学力低下、崩れゆくインフラ、才能ある移民の減少など自国の構造的問題の解決になるようなことは一切真面目にやるつもりがない、ということですから。

大使は最近、アメリカ人が高速列車と呼ぶところのもの— Acela —にも乗りました。ワシントンからNYCまでの区間ですから、北京と天津を結ぶ我が国の新幹線なら90分で移動が可能な距離ですが、3時間もかかったのです。 — 定刻通りで! 大使は途中で大使館に携帯で電話をかけられたのですが、1時間で12回も通話落ち— これも作り話ではありません。大使館の我々の間ではこんなジョークもあるんですよ。「今は中国から来る電話も隣の部屋と話してるようだが、アメリカで隣の部屋から来る電話は中国と話してるように聞こえる!」。在ザンビア中国大使館に駐在経験のある連中なんかもアメリカに比べたらアフリカの携帯サービスの方がまだマシだった、とよく話してますよ。

ところがこれがアメリカ人にはまるで目に入らない。海外旅行を滅多にしないので、どれだけ自国がよその国に追い越されてきたかも知らないのです。そんな井の中の蛙のアメリカ人が今度は、どんなに自国が「素晴らしい」国かをめぐって大喧嘩してるんですから、大使館の我々から見れば笑止千万ですよ。何度も言いますが、これも作り話ではありません。ワシントン・ポスト月曜朝刊トップにちゃんと共和党サラ・ペイリンとマイク・ハカビーが「アメリカの素晴らしイズム」を否定したと言ってオバマを非難した記事がデカデカ載ってますよ。アメリカ人は素晴らしくなるよう努力するのではなく、まだまだアメリカも素晴らしいぜ、と言い合うような国になってしまったのです。素晴らしいという形容は他人様だけが自分について言える言葉であって、自分で自分を「素晴らしい」と宣言しても素晴らしくなれないことすら彼らは分かってないようです。

外交政策についてですが、オバマがアフガニスタンから米軍を撤退する可能性は全くないです。それをやれば共和党議員に弱虫呼ばわりさるのが分かっているので、これからもアメリカは1日当たり1億9000万ドルの出血大赤字を出し続けるでしょう。従って、アメリカには他地域で我が国と争ってるような軍事的余力はありません。特に北朝鮮。あそこでは我々の狂った友人が半年置きにアメリカの鎖を引っ張って騒いでいます。あれも中国になだめてくれとアメリカ人が泣きついてくるようにやってるわけですが。アメリカ人がアフガニスタンから本当に撤退する頃にはアフガン人はアメリカが心底嫌いになってるはずなので、あの国に既に進出済みの我が国の鉄鋼会社もきっとアフガニスタンのレアな鉱山資源を全部買い占めることができるでしょう。

国会に選出された新人共和党議員は、人間がもたらした気象の変化を科学者がいくら説いても信じないような議員ばかりです。アメリカの政治家は大体が弁護士 — 我が国の議員みたいにエンジニアや科学者ではなく — なので、科学についてトンチンカンなこと言っても、誰も何も言いません。これは良いことですよ。クリーンエネルギー技術の開発を促進する法案は支持しない、ということですからね。クリーンエネルギーは我が国の今後5カ年計画の柱。しかしアメリカは、我が国の風力・ソーラー・核・電気カー各産業支配に向けた努力をただ指くわえて見てるだけでしょう。

最後に。米国では今、中国語を学ぶ高校生の数が過去最高に達しています。我が国は準備金2兆3000億ドルで静かに米国の工場買い占めに動いているわけですが、お陰でここにも我々の言葉が話せる安価な労働力の安定供給が望めそうです。以上、米国内における中国情勢は良好。

それにしてもあれが中国でなくて良かった。アメリカ人に我々の公電が読めないのは何より何よりです。

ワシントン大使館より

---


Related:
Julian Assange says WikiLeaks wants to expose China and Russia as much as US - The Guardiain
↑ ジュリアン・アサンジ「ウィキリークスは米国同様、中国・ロシアも漏えいしていく構え」

December 1, 2010

ノーベル賞経済学者スティグリッツ「銀行家は刑務所に行け、さもなくば経済再生はない」:Nobel Economist Stiglitz 'Jail the Bankers'

As Wikileaks readying another massive leak of bank's internal documents, you may wonder "for what?"   Then, read what Nobel prize winning economist Joseph Stiglitz recently told AOL's DailyFinance...
ウィキリークスが大手銀行の内部文書公開を予告した件で「なんで銀行が?」と思った人は、こないだ2001年ノーベル経済学賞受賞者のコロンビア大ジョセフ・スティグリッツ教授がDailyFinanceに語った話が参考になるかも。

This is a really important point to understand from the point of view of our society. The legal system is supposed to be the codification of our norms and beliefs, things that we need to make our system work. If the legal system is seen as exploitative, then confidence in our whole system starts eroding. And that’s really the problem that’s going on.

A lot of the predatory practices in automobile loans are going to be able to be continued. Why is it OK to engage in bad lending in automobiles and not in the mortgage market? Is there any principle? We all know the answer to that. No, there’s no principle. It’s money. It’s campaign contributions, lobbying, revolving door, all of those kinds of things.

これは社会的観点から理解しておくべき極めて重要なポイントです。法システムとは本来、我々の規範と信念、我々のシステムがうまく機能するのに必要なものを法典化したものであるはず。もし当の法システムが搾取的と見なされたらその時には我々のシステム全体が蝕まれ始める。そしてこれが今まさに起こっている問題なんですよ。

自動車ローンの人を食い物にする商慣行の多くは今後も続くでしょう。なぜに車なら不良貸付けOKで、住宅ローン市場ならダメなんです? 何かそこに原理原則のようなものはある? 答えはみんな知っての通りです。ない。そんな原理原則なんてもの全くない。あるのは金、選挙献金、ロビーイング、回転ドア(頻繁な人事交代、天下り)、そんな類いのものばかりだ。