February 28, 2009

不況で浮気調査依頼75%減る:Infidelity too pricey? - CNN


The private investigator from Massachusetts has seen a 75% drop in infidelity cases last year. It's a loss of $2,500/day or $15,000/week. Wow.  Less infidelity?  That sounds good for couples, but the CNN goes on to tell that wives and husbands are just snooping around by themselves, while cheating couples are shifting to economic mode by staying at home instead of dining out and dating in the park (or parking lot) rather than staying at pricey hotels.  The couples simply cannot afford divorce.

マサチューセッツ州の私立探偵事務所では昨年、浮気不倫調査の依頼が75%も減ったそうだ。日給2,500ドル(25万円)、週給15,000ドル(147万円)の大穴。

「浮気するお金もないの? 夫婦は安泰ね」と悠長にニュース眺めてたら違うんだな。探偵に頼まないだけで今の夫婦は携帯やメールや電話の履歴チェックや尾行も自前でやる。浮気する方も高級レストラン・ホテルの外食・外泊から自宅・モーテル・車・公園の“不況スタイル”に切り換わっただけ。

アメリカンアカデミー所属の離婚弁護士の77%は「離婚が減った」と答えてるけど、浮気・不倫が減ったわけじゃなく「離婚するお金もない」(探偵氏)というのが真相に近いみたいね。

投資の神様バフェット氏も利益62%減:Warren Buffett's worst year at Berkshire

(c) AP - WSJ


Billionaire Warren Buffett's Berkshire Hathaway revealed its worst-ever year in 2008, a 62% drop in net income, including a 44 percent loss in shares and $7.5 billion in losses in investments and derivatives (that is about one tenth of Japan's national budget [$907.7 billion] just approved by lower house).

世界最大の投資持株会社バークシャー・ハサウェイのウォーレン・バフェット会長(語録'08年世界長者番付け第1位)が土曜、株主宛ての書簡で同社の利益が2008年1年間で62%減ったことを明らかにした。うち投資・デリバティブだけで75億ドル(7.3兆円)のロス、日本の国家予算(来年88兆円)の10分の1ぐらいすった勘定になる。投資の神様の神通力もこの不況では…。 

February 27, 2009

「早合点は禁物」CM:Don't Judge Too Quickly... We Won't.


Ameriquest Mortgage Company's ads broadcast during 2005 Superbowl. In 2006, it closed all 229 branches in the wake of the subprime loan crisis before it was bought by Citigroup in 2007. Waited too long?

1. Romantic Dinner / 2. Concert / 3. Hospital / 4. Airplane

間の悪いタイミングで勘違いを生むシチュエーションを集めたアメリクエスト・モーゲージのCM「Don't Judge Quickly... We Won't(早合点は禁物。…当社は急ぎません)」が今も人気だ。

アメリクエストは2005年当時のサブプライムローン米最大手。政治献金と広告には熱心だったからCMの質は悪くない。広告代理店はDDB、 製作はMJZ

でも、こんなの作ってあこぎな商売で訴えられたりしてるうちにサブプライム市場が縮小、2006年には全229支店閉鎖・廃業、2007年にはシティグループに買収されてしまった。―待ち過ぎも禁物?

February 26, 2009

「千の風になって」原作者の話:Attribution of "Do not stand at my grave and weep"

 

Do not stand at my grave and weep

Do not stand at my grave and weep;
I am not there. I do not sleep.
I am a thousand winds that blow.
I am the diamond glints on snow.
I am the sunlight on ripened grain.
I am the gentle autumn rain.
When you awaken in the morning's hush
I am the swift uplifting rush
Of quiet birds in circled flight.
I am the soft stars that shine at night.
Do not stand at my grave and cry;
I am not there. I did not die.
- by Mary E. Frye

In her interview with Kelly Ryan "A Poetic Journey" broadcast on CBC Radio in 2000, Mary Frye (November 13, 1905 - September 15, 2004) said she originally wrote the poetry in 1932 for a German Jewish girl, Margaret Schwarzkopf (photo below).; 
She couldn't visit her dying mother in Germany due to the anti-Semitic feeling at home. This led to Margaret Schwarzkopf's tearful comment to Mary Frye, after a shopping trip, to say that she had been denied the chance to "... stand at my mother's grave and say goodbye". This prompt caused Mary Frye to write the verse there and then on a piece of paper torn from a brown paper shopping bag, on her kitchen table, while her distressed friend was upstairs. Mary Frye said the poem simply 'came to her'.(Businessballs.com)

Thinking about universal appeal of this verse, it seems meaningless debating over who wrote it first. That being said, I feel Mrs. Frye's account is very credible. I also believe similar verse and idea could be found in every culture.

In Japan, Man Arai ricasted Frye's poem as a song "Sen no kaze ni natte (千の風になって,  A Thousands Winds)" in 2001, which was sung by acclaimed tenor Masafumi Akikawa to mark the biggest selling single of 2007 in Japan.   Frye didn't copyright the poem, while Arai obtained a trademark for his translated version.  It's possible that he wasn't aware of her authorship at all when he translated it (may have been inspired by Geoff Stephens' ver.).  In his book, he mentioned about Mrs. Frye as one of the possible authors and suggested it's better kept "Author Unknown" because there is no conclusive evidence.  Oh, well...

UPDATE: Man Arai admitted and apologized to Shii Hae that he copied Hae's translation published in 1995 without permit.

Mrs. Margaret Schwarzkopf (c) CBC Radio


『千の風になって』は米バルティモアの主婦メアリー・E.・フライヤーさんが1932年、ドイツ系ユダヤ人マーガレット・シュワルツコフさん=写真=のために書いた詩、という説が最も有力だ。

マーガレットさんはメアリーさん夫妻と同居していた親友の若い女性。祖国で母が危篤と分かってもドイツは反ユダヤ運動の最中で帰れず、死に目に会えなかった。一緒に買出しのあと「私はお母さんの墓前に立って、さよならを言うこともできない」と泣くマーガレットさんを気の毒に思ったメアリーさんが、彼女が2階に塞ぎ込んでる間に台所のテーブルで茶色い紙袋を破って一気に書き上げたのが、あの詩だ。

2000年CBCラジオでこの秘話を明かしたメアリーさん(1905年11月13日-2004年9月15日)は、「(あの詩は)ただ言葉の方から自分に降りてきた」と話している。(参考:Businessballs.comほか)

メアリーさんは98歳でこの世を去った。その時の英タイムズの訃報には、「オハイオ州デイトン生まれ。3歳で孤児となり、12歳でバルティモアに越した。正式な学問を修めたわけではないが、読書が大好きで、素晴らしく物覚えの良い人だった。1927年Claud Frye氏と結婚。夫(1964年逝去)は洋品店経営、メアリーさんは花を育てて売っていた」とある。

メアリーさん自身は、生まれて初めて書いた詩に著作権を取るなど考えも及ばなかった。ただ詩に感銘を受けたマーガレットさんの両親の友人が16行詩を12行詩に改訂して葉書=写真下=に刷って配り、そこから人の手から手に渡って、千の風になって世界中に広まった。

マーガレットさんの両親の友だちが刷った葉書 (c) CBC Radio

その後いろんなバージョンが生まれ、告別式のスタンダードとなり、映画や歌にフィーチャーされ、その原作者をめぐってはネイティブアメリカン起源説・ケルト起源説など諸説乱立。

ずっと「作者不詳」のままだったが、66年後の1998年になってアビゲイル・ヴァン・ビュレン女史(Abigail Van Buren、本名Jeanne Phillips、ユダヤ系)が「原作者はメアリーさん」と突き止めて人気新聞コラム「Dear Abby」で紹介(女史からメアリーさんへの感謝状はここ)。それをきっかけに、メアリーさんの名前を原作者として明記する人が増えたが、こうしてカミングアウト後もメアリーさんは著作権を主張せず、詩は生涯パブリックドメインのまま残した。

空から降ってきた言葉は風のように広がるのが、ふさわしい。


ところ変わって日本。新井満氏が2001年に翻訳・作曲した『千の風になって』が、秋川雅史氏の美しいテノールで国民的ヒットとなり、2007年トップセラーになったが、最初の頃、新井氏はネイティブアメリカンの詩と紹介していた(途中から言わなくなった)。

Wikipedia日本版を読むと、雑誌「プレイボーイ」が先述のタイムズの訃報をベースに原作者メアリーさんの存在を報じたことがわかる。こちらの記事で執筆者・矢山氏は、「オリジナルには著作権がないのに、その翻訳版にしっかりと著作権が設定されている状況を、風になって舞いながら、原作者はどう見ているのでしょうか」と書いておられる。確かに…。

まあ、「千の風」はいかにもネイティブインディアン(墓に書き言葉で残ってる可能性は低い)やケルト(これまた書き言葉なし)が言いそうなことだし、原作者論争は野暮かもね…。普遍性が分かってるからこそメアリーさんも自分の言葉にしたがらなかったわけだし、詩もちゃんと相手を選んで降りてきたわけだ。ふむふむ。

世界に広まったことについて生前メアリーさんはこんな詩を残している(右は試訳)。例によってタイトルはない。たぶん著作権も。

One day I wrote a poem,
The words came from my heart.
It passed along from friend to
friend, its message to impart.

I never dreamed these words of
mine would travel far and wide,
Across God's mighty oceans,
And every countryside.

From this I've learned
that when you try
To help others with their grief
It will lighten all your sorrows
And bring you lasting peace.

ある日わたしは詩を書きました
その言葉は私の心から生まれたもの
やがて友から友へと伝わり
メッセージは広まっていきました

まさか夢にも思わなった 私の言葉が
こんなに 遠く 広く 旅するなんて
言葉は神の偉大な海原を渡り
野山という野山をめぐる

ここから私が学び得たもの それは
悲しむ人を助けようとする時
自分の悲しみはすべて軽くなり
そして永遠の安らぎを
運んでくれるということです

UPDATE: なんと新井満氏の訳(+表紙P)は、南風椎氏が両親を亡くして間もない1995年当時出版した『1000の風』のパクりだった。ありえない!→『1000の風』と『千の風になって』 1 | 南風椎の「森の日記」

February 24, 2009

村上春樹エルサレム賞受賞スピーチ「卵と壁」海外の反応:Haruki Murakami in Jerusalem

 

Haruki Murakami made a powerful "Egg and Wall" speech at the 24th International book fair in Israel on February 15th, explaining his controversial decision to accept Jerusalem Prize while Israel is still at war. Back in Japan, the mainstream media reported as if Haruki expressed his strong objection against Israel, but his speech (full scripts) doesn't specify who's the Wall.  To me it sounds more like a warning from a post-war generation. 

"Egg and Wall" has always been the main theme in his literature.  Rather, what caught my attention was this rare recollection of his father who was sent to China during WW2, joining the invading force of Imperial Japanese Army. ;
"My father died, and with him he took his memories, memories that I can never know. But the presence of death that lurked about him remains in my own memory. It is one of the few things I carry on from him, and one of the most important,"
I wonder how many in the audience realized a magnitude of the implication; he's telling them how it's like to be an invader's son.  This reminds me of his 1995 novel "The Wind-Up Bird Chronicle" which revolves around the 1939 massacre of Japanese troops by Soviet soldiers in the Mongolian desert of Nomonhan.
In 1994, Murakami visited the Nomonhan site, where spent cartridges and shards of helmets from the battle still can be found. "I felt as though I had experienced the battle myself," he told Ian Buruma. "I wondered what I would have done if I had been a Japanese living in 1939." [...] "The most important thing is to face our history, and that means the history of the war," Murakami told Buruma. "People talk about the atomic bomb, but they don't want to talk about the massacres in China--I think I have a responsibility for those things," he told Harper's Bazaar (March 1993). - via Ilusão da Semelhança

Haruki revealed Ian Buruma off-recordly that his father once told him some really disturbing war experiences, saying "it may be the reason why I still can't eat Chinese food."  Totally horrified, he was too afraid to ask further questions.  Later Buruma put it into print, and Haruki was so furious that he demanded her to take down. (source)

An Egg can be turned into Egg Crusher by the System. Then the Egg has to carry all the lives it's taken for the rest of its life.  And it doesn't end in one generation.




The Wind-Up Bird Chronicle in Israel /イスラエルのねじまき鳥クロニクル』



村上春樹のエルサレム賞受賞スピーチ(全訳)を遅まきながら読んだ。これはイスラエル批判と言うより、侵略者の次の世代からの警告ではないかと思った。

「壁と卵」は氏が文学でずっと取り組んでるテーマだが、演説では、滅多に語らない父親の話が目を引いた。氏はこれを語るため制止も誤解も恐れず行ったんじゃないか。

氏の尊父は院在学中に陸軍に召集され中国の戦地に赴いた。要は侵略側。今のガザのイスラエルと同じである。
「父は亡くなり、彼が抱えていた記憶も消えました。もう僕には知る術もない記憶です。でも父の周囲に影を潜めていた死の存在は、僕の記憶に今も残ってます。父から受け継いだものは数えるほどしかないんですが、これはそのひとつ。一番大切なもののひとつです」(スピーチ試訳)

システムは卵を卵潰しに変えることもできる。卵は奪った命を背負って生きる。それは、ひとつの世代では終わらない。

中国というと『ねじまき鳥クロニクル』のノモンハンの皮剥ぎに連想が行ってしまうが、あの執筆の折、氏はこんなことを漏らしている。
この執筆に当たり村上春樹は1994年ノモンハンの戦場跡を訪れ、弾薬やヘルメットの破片が今に残る現場を見た。「まるで自分で戦争を体験しているような気分になった」と、氏はイアン・ブルマ氏に語った。「もし自分が1939年の日本人だったら何をしていたんだろう、と考えてしまった」、「一番大事なのは歴史に向き合うこと。そしてここで言っているのは戦争の歴史のことだ」。

Harper's Bazaar1993年3月号では「みんな原爆の話はするけども中国の大量虐殺の話はしたがらない。―僕には、こういったことを語る責任があると思う」と述べている。(Ilusão da Semeより)

海外の反応

(1)Publishers Weeklyより抜粋;

“卵と壁”のメタファーは氏の立ち位置に何の疑念も残さなかったが、会場には最近のガザ攻撃に関し村上にもっと突っ込んだ明確なイスラエル批判を期待した人もいたようだ(他の大勢の作家、最近ではAmos Ozがやったように)。充分踏み込んだと見る人もおり、スタンディングオベーションは大体半分で、残り半分は石のように静まり返っていた。[...]

村上はすぐ会場を出てしまい、直に話せる機会を楽しみにしていた文学仲間の期待に水を浴びせた。参加者の非公式の溜まり場American Colony Hotelのバーにも姿を見せず、それも失望に追い討ちをかけた。きっと賞金2000ドルでは飲み会にワンラウンド顔を出すほどのこともないよと、誰かに吹き込まれたんだろう。(試訳。英ガーディアンには「賞金1万ドル」とある)

(2)イスラエル在住・漂流博士さんのルポ  現地は村上春樹フィーバー。会場で直に聞いた人には“イスラエル批判”にはきこえなかった。「You are the biggest reason why I am here/何よりもみなさんがいたからここにこうしてきたんです」という言葉もあっただけに、翌朝の日本の報道には「引っくり返りそうになった」。

(3)Haaretz.com (イスラエル最古の新聞ハーレツ)講演全文のコメント抜粋;

1.  村上氏へ、卵からひとこと(哲学者)
第1に、ようこそ。第2に、文学は巧妙な嘘という貴方の言い方には賛同し兼ねます。嘘とは定義上、悪意の欺きを含むものであるのに対し、文学は空想であって、そこに悪意はありません。残念ながらTVの国際放送で最近貴方が耳にされているイスラエル情勢の多くは実は捏造で、フィクションとさえ呼べないものです。貴方はイスラエルが壁で、パレスチナ人は卵だと仰る。それも私たちが戦車を持っているからという、たったそれだけの理由で。どうも貴方はパレスチナ人が世界で10億人を超えるイスラム人口の一員であることをお忘れのようですね。彼らの多くは可能でありさえすればイスラエルを根絶やしにしたいと思っているのです。さらにまた形勢が逆転し、戦車がパレスチナ人の手に渡れば、中東に卵(ユダヤ人)などひとつも残らないということもお忘れのようです。私たちが築いた壁は、外で待ち伏せする狼から、まさに私たち卵を守るためのもの。テロリストが自分たちの卵を盾に利用しなかったら、卵が割れることもなかったのです。 敬具

2. The System and the Eggs(Richard, 米テキサス州)
壁: 過激派。そのイマーム(イスラム指導者)とリーダーは、誰を嫌うべきかも知らない幼子に嫌悪の心を教え、武器をとり爆弾を自分の体に巻きつけ、社会を築くより他者を殺すことに専念するよう誘導する。

卵: (殉教する子どもを誇りに思わず)子どもを育て、家を築き、畑に水を引き、平和に暮らしたい、それだけを願う罪なき市民。

全ての壁が悪で、全ての卵が善と前もって分かるような人はみな、壁と卵を正しく見分けたかどうかよく確かめた方がいい。この小説家はまるで逆だ。正誤を判断すべき重要な問題に“全部ワンサイズ”のキャッチーなフレーズ考えるより、事実を分析すべき。

3. 4. 村上ファンからのサンキュー。#1、#2に対し「彼の本読んでから書こう」
5. #1発言者に「よくぞ言った」

6. Murakami(Ruth Brandt、ビバリーヒルズ)
なんで僕たち、自分の足を自分で撃つような真似続けてるんだろう。公の場で僕らを非難する人たちをわざわざ招いたりして― 彼らにはこれまでいくら払ったんだい? 100万ドル???  だったらもういいから、彼には卵になってもらって、残りのアジアに壁になってもらって、その上で彼の言ってることがどれだけ正しいか、とっくり見させてもらおうじゃないの。彼のようなの招いて恥晒しもいいところだよ。―こんな馬鹿なんじゃ馬鹿にされてもしょうがないけど!!!

7. Like Quixote tilting at windmills(FedUp、バルセロナ)
この人の書く本は中毒になる面白さかもしれない。それは疑わないんだけど、“壁”と“卵”に世界がきっぱり二分できるという間違ったオントロジー(存在論)を土台にした物語なんて、夢中になる価値ない。#1が言うように、戦車を動かす人だって、それなりに脆い存在なんだ。その彼らに“壁”というラベルを十把ひとからげに貼って人間性を否定し、あたかも“システム”という名の邪悪な怪物の一部のように扱う。これは自分勝手なモラルの腐った土台に騎士道の薄っぺらなビニールを上塗りする行為に等しい。

この数年、Sderotで何が起こってきただろう? ガザ市民はシステムという怪物を前に絶望に駆られるあまり自分たちを取り囲む壁に卵を投げつけたが、それ以外に選択肢は残ってなかったとでも? 卵が落ちてくる逆サイドの人たちは爆弾シェルター(“壁”ですかね)に避難した。これでも飛んできた方の卵は割れる以外なかったの?

村上さん、壁だけで卵は割れないんですよ。卵を投げつけてくる誰かがいない限り。


8. wall & eggs(JR、アムステルダム)
傷ついた民間人が卵で、イスラエルの戦車・爆弾が壁…としか考えられないのは、ちょっとアレかな。大きなイスラムの壁に包囲された“イスラエルの地”という小さなバスケットに入った卵がイスラエル人だと、考えてみたことはないんだろか? ここで重要なのは裏づけのある事実だけ。フィクションは無しにしよう、ミスター。 オランダより


Kafka on the Shore in Israel/イスラエルの『海辺のカフカ』


(4)Jerusalem Post(イスラエル日刊英字紙エルサレムポスト)のコメント抜粋;

2. It is good(Sugihara, Japan)
J PostはHaarezよりずっといい。村上はイスラエルに反対だったのにも関わらず、その彼が言ったことをそのまま紹介した。

4. どっちが先? (Amir)
村上には鶏と卵と壁、どれが先か説明できるのか? 壁が鶏・卵の産物なら、壁も私たちの一部。私たちの存在の一部としてあるべき存在なのでは?


5.  身の安全を護るため身を寄せ合ってぶら下がってる脆い卵が壁で、ぶつかってくる方の卵に爆弾や榴散弾が入ってることもある(Sau)
 『アンダーグラウンド』の取材・執筆をした村上なら、それぐらい分かるんじゃないの? オーム真理教事件のサバイバーの集会でも、こんな風に訓示を垂れるのか? 村上が人間の魂に投じる光は自分が思っていたほど明るくもなく、心に染みるものでもない、それが今頃になって分かったよ。彼の作品はまだ好きだし読み続けると思うけど、これからは彼の本と自分の心を直接繋ぐ道に、ちょっと苦みが差しそう。

 6.  Murakami II (nehama purta, Israel)
村上の受賞メッセージは考えうる限り最悪のテイスト。特に、主催国の正当な批判さえ全力で回避する日本文化の一員というところがね。イスラエル賞受賞者としては別に異例のことでもないけど。そもそも受賞者の選考委員会が職務怠慢なんだよ。傍目にはまるで受賞予定者にこの種の無作法で敵意に満ちた振る舞いを求めてるような節もある。これは誰かが真剣に反省しなくては。一体誰がこんな委員選んだのよ? 

7. prize(Yosef, Israel)
どんな“芸術的”な言葉で言い表そうと、モラルの相対主義は精神破綻の現れだ。今もこれからも。それより悪いのは彼がハマスの“壁”に何らの落ち度も認めてないこと。さらに最悪なのは、ハマスの壁なんか見てもいないってことさ!! 随分と才能に恵まれたブラッファーもいたもんだ。― よりによって彼に賞をあげたの??? 

(5)Salon(米サンフランシスコのリベラル系オンラインマガジン)コメント抜粋;

1. Salut!
なんと勇気ある素晴らしい言葉。ありとあらゆる場所にいる"卵"より。チアーズ。おめでとう! (Brian Stegner, 米ミネアポリス)

2. (ユダヤ人)入植地近在でそれは言わない方が身のため
こんなこと言って入植地界隈を出歩くと、"Rabin"(訳注:パレスチナ和解を進め、アラファト議長と一緒にノーベル平和賞をとったが1995年暗殺されたイツハク・ラビン元イスラエル首相)にされるぜー。イスラエルでは壁は無数にあって増える一方だ。卵にとって良い場所ではない。(Jason Wolfe, Newhall)

3. システムに魂はない。そのシステムを作ったのは我々
記事のタイトルとリードは要・書き直し。村上ははっきりと革命を宣言している。ジョージ・オウエルとアルドス・ハクスレイの声で。激動前の静けさで、意識と思考に抜本的変革を求めている。我々の本質、我々の魂がそれを求めている(kernelmaize)

4.5.賛辞。感銘。

6. アキラ・クロサワは言った。「アーティストたるもの目を背けてはならない」
アーティストとは何か。それを君、ハルキ・ムラカミは身をもって体現してくれた。政治的なことは薄い表層であって、その下にはみんな分かり合えるヒューマニティがある。“他者”の懐に飛び込む勇気さえあれば。サンキュー。(bquick)

7. 影響
アメリカ人作家じゃなくて良かったね。彼がアメリカ人なら出版契約は二度と結べないだろう。シオニスト(ユダヤ主義者)は東アジアのメディアは支配していない-まだ。だからこうしてメインストリームの人が権力者に本当のことを言うチャンスも、残っている。

8.  自分のこととして関わる仏教徒の視点
システムを作るのは我々。我々はシステムを変えることができる。ゆっくりでも、一人ひとりが自分の責任を引き受けることによってのみ、それは可能だ。村上さんの話は、自ら関わる仏教徒の行いの真ん中を突いている。イスラエルによるパレスチナ攻撃、米国によるイラク&アフガニスタン攻撃を取り巻く問題には終りはない。死の商人は両方から利益を得ている。が、これは各自が責任を全うすることによってのみ変わる。我々は卵にもなれる。壁にもなれる。その中間はない。正式な停戦合意までイスラエル全面ボイコットは支持するし、パレスチナ人には人道的な物資・サービス(および国際協定の国境線)の保証も必要だが、村上さんがエルサレムに行ってこのような話をしてくれたのは嬉しい。彼は非暴力の解決策があると信じる我々みんなのために、語ってくれた。(Poetagainstwar)

―中締め。また興味深いコメントがあったら追加していきますね。

February 21, 2009

IBMサポートのシャツ: IBM Support Tee

 

Hanzi Smatter, Tian, got this from his reader who's been wearing this for years and a bit concerned if it says anything stupid.

No, it doesn't.  As his associate, Alan, points out, it seems have been randomly copied from IBM Service Center's Disclaimer of Warranty and Liability, and possibly Used Computer Purchase Policy.   So when we look at it, we understand right away that you cannot treat outlet items as regular products... we have to agree with your policy or else... it's up to the inventory status ... price is subject to change.. and if there's an initial failure[初期不良: this comes right in the middle], you only provide us repair services. 

So, there's nothing to worry about. Next time you see your friends, just say 'Hi' and smile.

西欧のCMやタトゥーに出回る変な漢字を集めてるティアン氏のブログ「Hanzi Smatter 一知半解」で見つけた変シャツ。映画『マトリックス』のカタカナが、IBM顧客サポートになってる。

質問者ニックさんはこのシャツを2003年頃、イギリスのチェーン店「Officer's Club」(昨年経営破たん)で買い、以来ずっと愛用してるんだけど、念のため「馬鹿なこと書いてないよね」と問い合わせてきた。日本語に詳しいアランさんが、0120-20-5550が実在の番号ということまで丁寧に回答してるよ。

「初期不良」が、素敵です。

February 20, 2009

チョコ1個のよろこび:The Power of Chocolate

 

After begging dozens of times, Gizmodo Japan got a box of chocolate on Valentine's Day.  From a sweet mind at Japan naval base. Disappointed? Far from it. They're ecstatic!

まさか日本人口127,288,419人で1個とは、送ったご本人も思ってなかったろうなあ…。

米誌スミソニアン「チョコレート小史」によると、チョコレートの起源は南米アステカの「xocoatl」で、元々はカカオ豆を煎じたほろ苦い飲み物だった(後のラテン・ギリシャ語「Theobroma cacao(神の食物)」)。甘くなったのはスペイン侵略後。

オルメック人やマヤ人も飲んでたし、昔は豆を捨て果汁でお酒も造った。ペンシルバニア大が昨年11月発表したところによると、ホンジュラスから出土した紀元前1400年の壺にはカカオの痕跡も残っていたそうだ。

マヤ人もアステカ人もカカオ豆には魔法の神秘的効用があると信じ、生・死・結婚の神事に使った。アステカでは死ぬ前にとても踊ってられないほど落ち込みの激しい生贄がいると、チョコレートを飲ませて気分を高揚させたという(『The Chocolate Connoisseur』より)。ギズ編集部がチョコ1個であれだけ喜び手を叩くのも無理ない話なのである。

U2ニューアルバムがリーク、全曲公開に:U2 - No Line on the Horizon Revealed

"U2 - No Line on the Horizon" Cover Art by Hiroshi Sugimoto
Some wonder why U2 placed the equal sign...

According to the band, the photograph was taken by Japanese artist Hiroshi Sugimoto and represents “an image of the sea meeting the sky.” There’s also an equals sign, but it doesn’t actually obscure the horizon, thus No Line on the Horizon.- Rolling Stone
Following the accidental leak by Universal Australia, US officially revealed the entire new album on MySpace Music.  Why not iTunes?  I don't know.  Maybe a conflict bet'n iTMS and Universal Music? Or because of the $100 million Bono's Elevation Partners invested in the iPhone-killer maker, Palm?


発売を2週間後に控えたU2の新アルバム『No Line on the Horizon』が18日、豪州のユニバーサルのウェブに約2時間うっかり売り出され、コピーが大量に出回った。

20日にはMySpace Musicで全曲丸ごと正式にストリーミング開始したからいいが、報道陣に評価用コピーも配らず、試聴パーティーでも電子機器端末全部取上げてリーク防衛に躍起だったレーベルが「自分でばら撒いてんじゃ世話ないわい」と呆れられてる。

それにしても何故iTunesじゃなくMySpace? iTMSとユニバーサル、うまくいってない? ボノのプライベートエクイティ「Elevation Partners」が、iPhoneキラーのPalm Pre作ってるPalmに暮れに$100M(1億ドル)投資したのが効いたんだろか?

因みにカバーは日本人アーティストHiroshi Sugimoto氏の写真だよ。「完全二等分の画像にあんなイコールの記号入れられて、スギモトはどう思ってんだ?」と心配の声も。…そか、イコールか…。

February 19, 2009

Tumblrが個人攻撃のリブロガー5人を停止処分→撤回:Tumblr's Blocking Anonybloggers

標的になったTumblrのプチ著名人ジュリア・アリソン(c) NonSociety-Julia


Tumblr moderator on Monday suspended a handful of anonybloggers for attackin Tumblr's celeb, Julia Allison, and newly added “harassment” provision to its Content Policy on Tuesday.;
Harassment. Accounts with the sole or primary purpose of repeatedly harassing or abusing specific members or groups within the Tumblr community will be suspended.
Facing criticisms, CEO David Karp promptly took back his decision, saying "the timing was a mistake."  For now, the Content Policy only states the following.;
Hate Content, Defamation, and Libel. Hate speech and other objectionable content content that is unlawful, defamatory, and fraudulent. Note that an allegation of defamatory expression, in and of itself, does not establish defamation. The truth or falsehood of a bit of expression is a key element in establishing defamation, and we are not in a position to make that sort of fact-based judgment. That said, if we have reason to believe that a particular statement is defamatory (a court order, for example), we will remove that statement.
Tumblr secured the second round of investment of $4.5 million last December. The company claims it has 15 million monthly uniques.

NYのマイクロブログサービス「Tumblr」が月曜、看板ユーザーのジュリア・アリソンを専門にバッシングする匿名ブロガー(anonyblogger)5人のアカウントを一時停止処分にし、火曜コンテンツ方針に「ハラスメント」の新条項を加えたところ、一部の人たちから「順序が逆だ」、「検閲」などと非難され、「確かにタイミングは悪かった」とデヴィッド・カープ(David Karp)CEOが火曜のうちに処分を撤回し、新条項をひとまず削除する騒ぎがあった。

これが見直し中の「ハラスメント」条項。
ハラスメント  Tumblrコミュニティの特定のメンバーやグループに繰り返し嫌がらせ・暴言を浴びせるだけが唯一あるいは主な目的のアカウントは、これを一時停止処分とする。

今は以下条項だけ。ブログ5つも復活した。
ヘイト・コンテンツ、誹謗中傷、名誉毀損  ヘイト(憎悪)の表現、違法性のあるもの、誹謗中傷、事実捏造その他不快なコンテンツのこと。誹謗中傷表現の申し立てがあっても、それ単体で名誉毀損は成立しない点に留意。名誉毀損成立の鍵を握る要素は、表現の一言一言が本当か嘘かであり、我々は事実を踏まえた上でこの種の判断を行う立場にはない。但し、ある特定の記述が誹謗中傷に相当すると判断するに足る理由(例えば判決)がある場合は、その記述を削除するものとする。
Tumblrはウェブで見つけたお気に入りをクリップして再掲する「リブログ(reblog)」が売り。そのノリは「リブログ戦隊タンブラー」、意義は「リブログについて」で掴めると思うけど、人が増えると楽しい波長のタンブラーばかりじゃないようで…。

アリソンは、22歳のイケメンCEOカープ氏とは仲良しなので、彼女の悪口ばかり書いてる匿名リブロガーなんか出てけ~と言いたい気持ちは分かるけど(個人的感情で下した判断ではない、とCEOは否定)。

Tumblrは2008年創業。同年12月Spark Capitalがリードする第2ラウンドで450万ドル調達し、タイムワーナー元SVP John Borthwick氏を取締役に、CNet元ディレクターJohn Maloney氏をプレジデントに迎えた。月間ユニーク数1500万人(同社発表)。

February 14, 2009

プロポーズBEST(動画): Best Marriage Proposals

A Happy Valentine's Day!

1. Airport Wedding Proposal/空港のプロポーズ


Navy Officer, with the help of the passengers. 搭乗口で待つ彼女に乗客がバラをあげ最後に海軍将校が跪く。


2. Filming their house from a plane/セスナでプロポーズ


'She saw the banner on the ground, she turned around and saw the ring.-"Tu veux-tu?"' 準備4ヶ月。「家を空から撮影しよう」と機内に連れ出し、バナーを見た彼女が驚いて振り返ると「欲しい?」とリング。うーむ、さすが、フランス人!

3. TV commercial wedding proposal/テレビCMでプロポーズ


Rand at MySuperProposal.com bought a TV commercial during her favorite show 'Veronica Mars.' 彼女の大好きな番組のCM枠を購入・出演。

4. Newspaper Marriage Proposal/新聞でプロポーズ



He proposed in the Valentine's day edition of the San Antonio Express-News. バレンタインデーの朝刊1面でプロポーズ!

5. CBS Weatherman proposes to ABC news anchor/ライバル局の生放送に特別出演


ABCニュース生放送中に、CBSの元天気予報マンが割り込んでアンカーに求婚。

6.  Let Plane pull a banner/飛行機のバナー



Cute! Good that she woke up:)  どろ~んと日光浴する彼女の脇でソワソワ空を見る姿がかわいい。

February 13, 2009

13日の金曜日(小史):History of Friday the 13th

 
"Loki and Sigyn" (1810) by Christoffer Wilhelm Eckersberg
北欧神話の邪神ロキ(左)を「13=凶数」の起源と見る説も



Did you know we have 3 Friday the 13th this year? Today, March and November, just like 1987, the year when we had Black Monday.  Mercury says the triple witching won't occur again untill 2015.

The fear of Friday the 13th is called paraskavedekatriaphobia. The name alone is already intimidating... Read its brief history here and here, and chill out your fear.

今年は13日の金曜日が3回もある(今日、3月、11月)。

Mercuryによるとトリプルで来るのは、ブラックマンデーが起こった1998年以来で、次にくるのは2015年だ。400年サイクルで13日が金曜になる確率は平均年1.72回だそうな。

ノースカロライナ州にある「Stress Management Center and Phobia Institute(ストレス管理センター&恐怖症協会)」の創設者Donald Dossey氏(ストレス・迷信・恐怖症の専門家)によると、13日の金曜日が怖いアメリカ人は推定約2000万人。会社を休んだり、ひどい人になると一日中布団から出てこない。旅行や大きな買い物、事業を避けたがる人の影響で生じる穴は、推定平均$700-$800M(7億-8億ドル)という。いやはや。

以下は13日の金曜日をめぐる迷信と歴史。

[迷信(ソース:TIME)]
・13日の金曜に髪を切ると家族の誰かが死ぬ。
・13日の金曜日生まれの子は不幸。
・13日の金曜に葬列の車(アメリカでは墓地まで車を1列に並べて野辺送りする)に会うと次に死ぬ。

[歴史]

?   (北欧神話)12の神々がバルハラ(Valhalla、北欧神話の天国)で宴を開いていた。そこに13番目のロキ(Loki、悪と災いの美男の巨神)が潜り込み、歓喜と光の神Balderを殺すよう殺し屋に命じる。Balderが死んだ途端、世界は闇に閉ざされた。「これが13に対する恐怖心の起こり」(Dossey氏)

?   (北欧神話)「Friday」の起源は愛と豊穣の女神Frigga。古代スカンジナビアとゲルマンの部族はキリスト教改宗の折、Friggaを山頂に幽閉し、「魔女」のレッテルを貼った。意地悪になったFriggaは毎週金曜、他の魔女11人と悪魔を招き13人で集会を開き、翌週見舞う不幸の相談をするように。-Charles Panati, Panati's Extraordinary Origins of Everyday Things, 1987, p. 13.-Wikipedia

1700BC  (中東)ハンムラビ法典には13条がない66条と99条もないが)。これは13が凶数だから。

?BC/AD  (西欧) キリストの最後の晩餐には13人が列席し、13人とも悲運に晒された。これを迷信の始まりと見る歴史家も。

1881        (以下は米国)13のイメージ向上のため有志13人が「The Thirteen Club」結成。初会議では梯子の下を歩いて塩を撒いた部屋に入った(米国では食卓塩が倒れて塩がこぼれるのは不吉な印。梯子の下を歩くと罰が当たるという迷信は諸説あるが「キリスト教の3位一体をけがすから」という説が有力)。会員数は400人を超え、セオドル・ルーズベルトら歴代大統領が4人もいた。

1907 ボストンの株ブローカーThomas Lawsonが書籍『Friday the Thirteenth』出版。悪者ブローカーが1ヶ月で一番の厄日に株式市場崩壊を目論むというストーリーは、宣伝効果もあり初週2万8000部達成。

(1913  NYの牧師、13日の金曜日の挙式を無料にし、新婚カップルの恐怖緩和に励む)

1916 『Friday the Thirteenth』映画化(サイレント映画)

(1939 インディアナ州の小村で「13日の金曜は村内すべての黒猫の首に鈴をつける」よう命令、施策は3年続く)

1987.10.19. ブラックマンデー。世界的に株大暴落。未だに「あれは13日の金曜がトリプルの年だったからさ…」と言う人がいる。

1980  パラマウントが映画『Friday the 13th』公開、シリーズ化。凶数と思えないぐらい儲かる。

1989.10.13.  ダウジョーンズ史上2番目の下落幅。「ミニ暴落の年」に。

---

「13日の金曜日恐怖症」のことは専門用語で「paraskavedekatriaphobia」と呼ぶ。病名の方が怖いぞ。

[Houston Chronicle, TIME]

NY州バッファローで旅客機民家墜落、死者50名:Plane Crash in NY kills 50

 

The death toll counts 50 by now including all 49 people aboard and one local resident. Voice recording on LiveATC.net shows nothing unusual. A sudden engine malfunction or icing?  According to AP, among those killed there was a woman whose husband died in 9-11.  A night before, I was watching Larry King Live's "Hudson River reunion" in which Capt. Chesley "Sully" Sullenberger, his crew and survivors shared the amazing stories.   Such a sad turn of event...

12日午後10時20分頃、NY州でコンチネンタル航空3407便(全74席)がバッファロー・ナイアガラ国際空港から8km離れた民家に墜落、機内の49名(乗客44名、乗務員5名全員)が全員死亡し、さらに墜落した先の民家の住民1名が死亡した。

米国では空の死亡事故は死者49名を出したコムエアー旅客機墜落事故以来2年半ぶり。乗客1人は、9-11同時多発テロで夫を亡くした女性だった。

管制室とのやり取り(mp3)を聞いても別段変わった様子はない。飛行機は突如エンジンが停まったかのように民家1軒めがけて真っ逆さまに墜ちた。家にいた女性と22歳の娘は幸い避難し軽傷。事故機は燃料推定5000ポンド(2.5トン)分を積んでいた。

気になる事故原因だが、ちょうどこの頃、ほかのパイロット2人からもエンジンが凍てつく被害の報告があったことから、専門家は凍結かエンジン不良が原因ではないか、と話している。

CNNでは前日まで2夜連続でラリー・キングが「ハドソン川の奇跡」の機長・乗務員とサバイバーたちを事故後初めて引き会わせる特集を組んでいた。生き残った喜びと感動をかみ締めあう姿を見ながら(あと座席別生存率まとめながら)、打つ手ナシの事故もあるよなあ…と、ふと嫌な予感がしたのだけど、うーむ…なんという残酷なタイミングだろう。

 
A commuter aircraft similar to this crashed in Clarence Center, N.Y.
事故機はこの「Bombardier Dash-8 Q400」に似た小型旅客機 (c) AP

February 12, 2009

ストリートビューのプロポーズ男、5月にゴールイン?:'Proposal 2.0' with a Happy Ending..


He's been holding the banner for 6 months by now. 'Still no answer?' I wondered. Then, I dugg a bit and realized that she already said YES for his proposal 1.0.  'Then, why their online poll still has 98 more days to go?'  Well, they seem to have tentatively set their wedding date for May 24:)  Congrats!  Their photos here.  His video here.

「結婚してくれ、レスリー!」と、半年以上バナー持ってるグーグル社員Michael Weiss-Malikさん。G本社前で、撮影車通過予告で社員がどっと繰り出した昨夏のスナップだ。

最近この周辺だけ残してアップデートされたみたいね。「まだお返事はないのかな?」と思ったら、ブログには「1回目のプロポーズ1.0でもうYESの返事はもらった」とある。

「じゃあ、なんでオンライン投票が“残り98日”なのかな?」と思ったら、それは5月24日に式の日取りは仮予約してるからみたいね。レスリーさんとの2ショットはここ。働いてるマイケルさんの動画はこちら

[Marry me, Leslie!, LA Times]

ファーストクラスを選ぶ理由?飛行機はでも後ろが安全:It's safer in the Back of the Plane

"Another Reason to Upgrade to First Class" (US Airways, via Reddit)

In reality, it's safer in the back. According to Popular Mechanics, people sitting behind the wing are about 40% more likely to survive a crash than those floating on the boat in the photo above.

USエアウェイズの「ハドソン川の奇跡」のこの写真では、「ファーストクラスを選ぶ理由がまたひとつ増えたねえ」という冗談が流行った。でも実際墜ちると、安全なのは断然後ろの席だ。

どれぐらい安全かというと、米Popular Mechanics誌が米国内で1971年から発生した全飛行機死傷事故を対象に座席位置と被害度を検証した結果では、後ろ数列の方が前数列より生存率は「40%」高かった。

[要点]

・ 全20件のうち11件は後部座席、5件は前の方が被害が軽かった。

・ 1982年のエア・フロリダ90便墜落事故(ワシントンD.C.)、1972年のイースタン航空401便墜落事故(NYケネディ空港)でも数少ない生き残りの乗客はみな一番後ろの数列に座っていた(1985年の日本航空132便墜落事故も同じ)。

・ 1978年のユナイテッド航空173便墜落事故(「DC-8がポートランド空港着陸進入時に、機長が胴体着陸の可能性しか考えられなくなり燃料切れを考えなかった結果、燃料切れで墜落」―kiske3の絵日記より)でも死者7人は全員、前の4列に座っていた。

・ 奇妙なことに前の方が比較的有利だった5件は全て1988年から1992年の間に起こっている。

・ 例えば1989年のユナイテッド航空232便緊急着陸事故(アイオワ州スーシティ)では生存者175名の過半数がウィングより前だった。前の座席が際立って有利だった事故は1件だけ。1989年USエアのボーイング737-400旅客機滑走路事故(NYラガーディア空港)の死亡者はたった2人で、両方とも25列ある中の21列目に座っていた。

[全体の生存率]
 後部座席(69%)、ウィング上とその前のエコノミー(56%)、ファーストクラス&ビジネスクラス[全席エコノミーは前から15%](49%)


 
(c) Illustration by Gil Ahn. Diagram Courtesy of seatguru.com

UPDATE: NY州バッファローで旅客機民家墜落、死者50名:Plane Crash in NY kills 50
-I didn't expect this to happen hours later. Obviously in some cases it doesn't matter wherever you sit... 同じ日の晩にこんな悲しいニュースが…。全員死亡する場合、席順は関係ない。

[Source: Popular Mechanics]

February 11, 2009

ペプシの引力と新ロゴ背後の深遠なロジック:Pepsi Gravitational Field


This brand identity document was supposedly produced by the Arnell Group during their recent redesign of the Pepsi logo. It traces back the evolution of 5000+ years of shared ideas in design philosophy, BREATHTAKING Brand Heritage, evolution of Pepsi ethos, DNA of Pepsi logos, Golden Ratio, Pepsi's gravitational pull, and looks toward the future of Pepsi Universe.  -This is a joke, right?


これはペプシの新ロゴを最近デザインした広告代理店Arnell Groupが、その背景にある深遠なロジックを27ページにまとめた内部資料。

人類5千余年のデザイン哲学の進化、息呑むブランド伝統、ペプシのエトスの変遷、周囲波動との因果関係、ペプシ歴代ロゴのDNA解析、貝殻・モナリザ・神殿に眠る黄金比、光の進路を曲げるペプシの引力(上図)、角度によって表情を変える新ロゴ(左図)の妙味を説き、ペプシ宇宙の未来を展望する壮大なプレゼンである。

広告予算を湯水のごとく使うペプシのことだから、「ずっと真っ二つもアレなんで今度はスマイリーっぽく曲げましょうよ。は? 曲げ具合? それは商品ごとに気分で変えます。いろんなスマイリーがいた方が面白いですからね、あはは」では困るんだろう。

[via GMSV, Gawker, Transcript]

February 10, 2009

レイプで女の子を自爆テロ犯に仕立てた鬼婆御用:Woman Set Up Suicide Bomber Rapes

See Video (c) SkyNews

Early this month I read a report about Samira Jassam, an Iraqi woman, 51, who confessed to organising the rape of more than 80 women so she could recruit them as suicide bombers by convincing that "martyrdom was the only way to escape the shame."  It made my stomach turn. She was nichnamed as Um al-Mumenin, the mother of the believers. What a joke...

Now I read another story from Saudi Arabia, "Girl gets a year in jail, 100 lashes for adultery" via Digg. This unmarried 23-yr-old woman was raped by 5 men, got pregnant, and then trying to get abortion, was arrested and put in jail. She'll have to be lashed after delivery of her unwanted baby. Where is justice?

イラクで自殺爆弾に女子80人以上をリクルートした女性Samira Jassam(51)が先月逮捕され、「死ぬ以外に恥を逃れる道はないと説得しやすいよう男にレイプさせていた」事実を自供したニュースには、まったく胸が悪くなった。当局によると彼女はみんなに「Um al-Mumenin(全信者の母)」と呼ばれていたという。冗談にもほどがある。

「バージン72人と永遠のパラダイス」を約束するというようなロジックが女子には通用しない。動機付けが男子より複雑で難しいと言われる。にも関わらず米軍統計では女子の自爆テロ犯は実行・未遂含め2007年7人が2008年は36人に増加した。その背後には、この鬼婆(未遂事件28件への関与を認めた)の考えたみたいな巧妙なスキームがあったというわけだ。

イラクではレイプ被害者は社会的に日陰者として扱われる。それもひどい話だよ、と思ってたら、先ほどDigg経由でサウジアラビアの「レイプ被害者に懲役1年鞭打ち100回の実刑」というニュースを読み、アラブ世界ではそれが通例なんだと分かった。こっちも酷くて、23歳の独身女性が「無料で車に乗せてあげるから」という男の口車に乗ってついていった先で5人の男に夜通し襲われ妊娠、中絶に行って捕まり、「不貞」および「中絶未遂」の罪を自供、有罪が確定した。鞭打ちの刑は出産を待ってするそうだ。鬼か?

February 9, 2009

Bloggerに「関連エントリ」をつけてみた: Adding Related Posts Widget on Blogger


I've just added a "related post" to my blog. I believe this is the easiest solution on the web. You just copy this script and paste it right below data:post.body in your expanded HTML templates. That's it. Next thing you know, all your useless fantoms show up from your past. Enjoy.

ブログに「関連エントリ」のウィジェットを加えてみた。やり方は簡単。

1)このスクリプトをコピー
2)「Layout」>「Edit HTML」>「Expand Widget Templates」をチェックマーク
3) data:post.body のすぐ下に1)をペースト、保存。おしまい。

恐る恐るブログを開くと過去の亡霊がうじゃうじゃ蘇ってるではないか! 表示数変えたい人はスクリプトの中にある以下の数字を変更して保存してね。

maxNumberOfPostsPerLabel = 100; (ラベルごとの最大投稿表示数)
maxNumberOfLabels = 3;       (ラベル最大表示数)

[How To Add A Related Post Widget | Blogspot Tutorial]

February 8, 2009

Obama HOPEポスターのアーティスト落書きで逮捕さる:Shepard Fairey Arrested Again, Also Accused of Plagiarism by AP


On the eve of Shepard Fairey's first major exhibition at ICA, AP accused L.A.-based street artist, Shepard Fairey, 38, for infringement of its photograph, and on Saturday he was arrested on two warrants after he tagged property in Boston with graffitti.  This was his 15th arrest in the last two decades.

Shepard has been open to admit Obama HOPE poster was based on the image he found on Google Image Search but failed to attribute it to its photographer, Mannie Garcia. Too bad it wasn't Reuter's Jim Young, but Mannie Garcia himself didn't reveal any anger.  Is this just a publicity stunt by AP?    If he could take videotapes like Andy Warhol did, he could have avoided such troubles.

 
 (c) Left: Mannie Garcia, AP / Right: Shepard Fairey, Obey Giant

上の動画のひとはオバマHOPEポスター(写真右)で有名になったLAのストリートアーティスト、シェパード・フェアリー(38)。

ボストン現代美術館(ICA)展示会のオープニングを前に「APからの依頼でマニー・ガルシア氏が撮影した写真を無断でHOPEに借用した」とAPに著作権侵害で訴えると脅され、土曜には会場に講演で向かう途中、無断で市内にポスターを貼って回った容疑でボストン警察に逮捕された(数時間後釈放)。グラフィティーで逮捕されたのは、これで15回目だ。

Obama HOPEポスターでは、「Googleイメージ検索で見つけた写真をベースにした」ことは最初からTIMEインタビューなどで公言していたんだけど、撮影者まで遡れなくてクレジット明記の一手間を怠っていた。

最初ウェブでは、「ロイターのジム・ヤング氏の写真を裏焼きで使った」という説が有力だったが、ジェイムズ・ダンジガー氏の記事に寄せられた読者からの情報で1月下旬、上の写真にソースが特定された。カメラマン本人もダンジガー氏から連絡があるまで全然気付かなかったと書いており、怒ってる感じはない。訴訟も逮捕も宣伝のうちか? 

アンディー・ウォーホールみたいに動画撮影もできたら、特定されづらいのにね。

UPDATE:  Fairey sued AP on Monday.  「写真使用はフェアユース」とアーティスト側がAPを月曜訴えた

Related:
Shepard Fairey, of Obama poster fame, arrested in Boston - BostonHerald.com
Obey Plagiarist Shepard Fairey ← 無断借用は過去にも結構ある。「パロディーは無断使用OK」という寛大な人もあるが、何にインスパイアされた作品かぐらいは解説で特記しないと。

February 6, 2009

ネットを第六感に変える(動画): Turning Internet Into a Sixth Human Sense - MIT


Wow. Our future life is becoming more like a virtual reality. I like the loading sign projected on the book, though I hate to imagine myself carrying clouds on my shirts;)

これはMITメディアラボFluid Interfacesグループのパティー・メーズ(Pattie Maes)女史がTEDで発表したウェアラブル・コンピューティング・システム。

「人間の“第六感(sixth sense)”を作るのが目的です」と女史が言うように、本・シャツなど、どんな面もインタラクティブなディスプレイ画面に変え、そこに携帯からバーチャルガジェットやネット情報を思いのままロードし、用事が済んだらドロンできる。

動画出演は本プロジェクトのブレインPranav Mistry君(女史の門下生)だ。首に端末を提げ、4本の指に赤・青・緑・黄にマーカーで色づけしたキャップをつけ、カメラが手の動きを色で感知できるようにしている(このソフトはMistry君が作った)。プロトタイプは材料費たったの$350。普通のウェブカムとバッテリー駆動の3Mプロジェクタ、それに鏡をつけて、全部ケータイに繋げ、そこからネットに繋いでいる。

いやあ、すごい。なんでもいいけど、このシャツに浮かんでくるクラウドだけは勘弁だなあ…。女史も「これは論議を呼びそうな機能ですね」と言って会場が大笑いになったそうな。

搭乗券を指でなぞると、航空会社のウェブでフライト状況が確認できる。左手首に右手で丸を描くと腕時計になって今の時間が分かるので、シチズンやセイコーには脅威かも?

[TED: MIT Students Turn Internet Into a Sixth Human Sense -- Video | Wired.com]

February 5, 2009

バービー50歳に:Barbie Turns 50


As the Nuremberg Toy Fair kicked off today for a six-day run, live models showed 50 years of Barbie fashions. Richard Dixon, President of Barbie World Wide, looks sort of like Barbie's second boyfriend, Blaine. It's hard to tell since I only know one version of Blaine wearing swimming suite (One day, my daughter decided it's about time to get a boy for dozens of barbie dolls, and that was it).

Its manufacturer, Mattel, announced Wednesday that its Q4 profit fell almost by half on QoQ basis. Maybe they need some buzz.

Barbie was born on March 9, 1959.   So, she's a little younger than Madonna (born August 16, 1958).  When they were in Junior High, Japan's hero figure Ultraman (July 17, 1966) was still in the elementary school.


今年はバービー生誕50年。

誕生日を1ヵ月後に控えた木曜、独ニュルンベルク国際玩具見本市初日にバービーそっくりのモデルさんたちがバービー・ファッション50年の移り変わりを披露した。

動画の男性はバービー・ワールドワイドの代表リチャード・ディクソン氏だが、どことな~くバービーが43年付き合ったケンと別れて乗り換えたニューカレBlaineに似てる…。「そろそろボーイを買ってやらないと」と言って、娘がウヨウヨいるバービーたちのために調達した海パンのBlaineしか知らないから断定はできないが…。

製造元マテルが水曜発表した昨年第4四半期決算では利益が前年同期比で半減近い落ち込みだった。ここらでパッとした話題が欲しいんだろうね。

バービーは1959年3月9日生まれで、マドンナ(1958年8月16日生)とは同級生。2人が中学生の時、ウルトラマン(1966年7月17日生)はまだ小学生だった。


Highlights of 50 years(バービー50年の主な出来事):
Behind the Barbie-Ken Breakup, BusinessWeek
Barbie is dating again, this time it's a hunky Australian - Jun. 29, 2004, CNN

February 4, 2009

24年前に50円収賄のインド人に懲役判決:Indian man jailed for taking 50 cents 24 years ago

Indian Rupee (c) WP Clipart
 
Justice Finally Served In India...  From Reuters;
インド当局が火曜明らかにしたところによると、インドの裁判所は四半世紀近く前に50セント収賄した医師(75)に懲役判決を下した模様だ。インド連邦警察が逮捕したのはBalgovind Prasad医師。1985年にニセの診断書を書く見返りに掃除夫から25ルピー(51セント=50円相当)もらったと署は話している。裁判は長引きに長引き、Prasad容疑者には1992年懲役1年の有罪判決が下ったが、同容疑者がこれを不服として控訴したため、とりあえず釈放されていた。

インド東部Bihar州高等裁は火曜、「収賄額があまりにも小さい」として懲役1年を3ヶ月に減刑したものの、有罪は有罪なので身柄を取り押さえるよう警察に指示した。

インドでは氷河のペースで判決が長引くことがよくあり、エンドレスな聴聞で数十年続く裁判もある。

[via J-Walk]

February 3, 2009

大麻でマイケル・フェルプスは「謝らなくていい」:"Michael Phelps Should Not Apologize for Smoking Pot"


'Who sold this to the tabloids?' - was my first reaction.  After I read this and this, I feel a little better.


マイケル・フェルプス(23)が大麻する写真(上)が英タブロイド紙に掲載された件で、ネットユーザーたちが「謝罪する義理はない」、「こんなの隠し撮りしてタブロイドに売るやつは最低だ」と怒っている。日本の感覚からは想像しづらいと思うけど、Diggでトップ独走中の記事を要約しておこう。;

水ギセルで大麻を吸うフェルプスの写真がネットに流布し、彼は「若気の至りの不適切な行動だった」と謝罪、二度とやらないと約束した。1億ドルの広告契約への影響を心配する声もあるようだが僕の考えはこうだ。

「大麻を吸う人間は怠け者のカウチポテトだ」という神話にフェルプスは打撃を与えた。彼は人類史上誰よりも多くメダルを獲っている。大麻を少々吸引した程度では健康と業績に影響がない何よりの証拠だ。彼は水泳の偉業を踏み台に事業でも成功を収めている。バラク・オバマからマイケル・ブルームバーグNY市長まで、大麻を少々吸っても成功している高潔な人は僕らの周りにいくらでもいる。

フェルプスは若気の至りとは認めたが、ドラッグ問題を抱えてるフリもしなければリハビリに行く約束もしなかった。セレブがドラッグ所持で捕まると、涙ながらに謝罪し更正すると言って済ませるケースがあまりにも多い。フェルプスはドラッグで問題なんて抱えてないのだ。問題のない人間に貴重な治療時間を割く必要はない。

「これで何百万ドルもの打撃になる」と予想する “専門家”もいるが、この大麻の一件でフェルプスの人間らしい面を見た人は多く、人気が増す可能性もある。これまでフェルプスは確かに驚異的な業績をあげてきた。が、1日8時間泳ぎ、カロリー消化分取り返すのにハンバーガー23個食べなきゃならない人間を誰が身近に感じるだろう? 帽子を後ろ向きに被って叩かれる姿を見て僕は前よりもフェルプスを身近に感じた。高校生の半分は卒業前にマリファナを試しているのだ。そんなファンがこの写真見て幻滅するかどうかなんて、分からないよ。(後略)
[via Digg]

February 2, 2009

英文メールの結語:How to Sign Off an Email

(c) Cognitive Daily
(緑)プライベート/(青)ビジネス、(下)他人行儀/(上)馴れ馴れしい

I never gave much thought as to how I should sign-off my e-mail untill I translated "Why Google Employees Quit." (I had a difficulty finding Japanese equivalent to Cheers!)  As I researched, I came across this article suggesting that "Best" may indicate that a relationship is cooling down.
As negotiations started to break down, the sign-offs started to get decidedly shorter and cooler,” Mr. Troutwine recalled. “In the beginning it was like, ‘I look forward to speaking with you soon’ and ‘Warmest regards,’ and by the end it was just ‘Best.’ - New York Times
Humnn. Read what others say here, here, and here.

Google社員が辞める理由(訳)で困ったのが「Cheers」。「Take it Easy」みたいなポジティブな結語なんだけど、等価の日本語が思いつかなくてカタカナで残してしまった。湿っぽい話も最後に「チアーズ」がくるとテンションが落ちて、正しい側にいる連帯感が生まれる。逆に毎度「チアーズ」でしめる人が名前だけでバイバイすると、「ん?怒ってる?」と気になる人もいたり、結語って面白い。

紙の時代は「Sincerely」、「Yours truly」、「Love」で間に合ったのが、メールの登場で結語もバリエーションが増えている。NYTの記事では「Best」をプライベートでやると「拒絶」に感じるという話があって驚いた。CNN元幹部の女性がデートの後に「Chat Soon(今度チャットしようね)」と結んだら、相手から「Best」で返ってきて「タイプじゃなかったんだ」と慄然ときたと話してる。へ~。
「交渉が物別れになるにつれ結語も断然短く冷たくなった」と企業家Troutwine氏は振り返る。「最初は“I look forward to speaking with you soon(次回お会いできるの楽しみにしています)”や“Warmest regards(よろしくお願いします)”だったのが、最後は単に‘Best(草々)’ だった」―NYT

以下は覚えとくと便利なメールの結び。

Thanks万能
Thanks!万能
Thanks in advance頼みごとの時
Thanks again感謝メールの結びに便利
Regardsビジネス。英国調
Best Regards万能。ビジネス
Best上の略。冷たく取る人も。
Very best上より丁寧
All the Best上より丁寧
Best Wishesややくだけた感じ
Warm Regards丁寧(よろしくお願いします)
Warmest Regards丁寧なビジネス調
Kind Regards丁寧なビジネス調
Cheers万能。英国調。アカデミア
Cheers!万能。英国調。アカデミア
Yoursビジネス
Yours trulyビジネス
Sincerelyフォーマル
Love家族・親しい友だち
Take careくだけた感じ。他人でもOK
Warmly温かい感じ。他人でもOK
Soon後で会う&電話する場合
Have a great rest of the day親しい人に
Have a safe and relaxing weekend親しい人に。金曜
XOXOキス&ハグ。女の子限定
(名前だけ)失礼じゃないけども…
*書き出しは、Hi, Hello, Dearを使い分けて。女の子は「Hi,(ファーストネーム);」、男同士は「(ファーストネーム);」だけでもOK。同期メールは「Everyone;」(丁寧)や「All;」(部下に出す感じかな)。