June 27, 2007

iPhone行列1番乗りの男…:The 1st iPhone Camper

The 1st iPhone Camper interviewed by Gizmodo

iPhone行列100+時間の耐久レースが始まった。

ギズモでも話題はこのNYミッドタウンに現れたiPhone行列一番乗りの男(初報インタビュー動画)である。「想定カスタマーとはおよそ似ても似つかない人物」だが、いざ現れてしまうとこれまたこれほど「iPhone行列一番乗り」にふさわしい人物はないわけで。

今日はもうiPhoneだけで22本。おこす端からもう次が…(こやつの続報も混じってる)。

蛇足ながらギズモードも25日をもちまして月間300万PVを突破。去る20日にはTechCrunch日本語版も無事一周年を迎えた(滑さん本の健闘も良い循環をもたらしているyo)。

UPDATE:
(via Gizmodo: iPhone一番乗り男グレッグ・パッカー氏アイコラコンテストより)

June 24, 2007

脱がなくていい試着室: Magic Mirror Try-on

IconNicholson, NY) Video DEMO(デモ)
Nanette Lepore, Bloomingdale's 59th St. Store, March 2007


Icon Nicolson's interactive mirror (above) lets you connect live with others while you digitally try on the clothes. You don't have to take your boyfriend any more. You just send him your live video and he can IM back his comments.

これは服を脱がなくても試着できるマジックミラー。今年3月、百貨店ブルームデールNY59番街店に3日間披露されたときのクリップだ。

鏡をネットで繋いで友だちに試着中の動画を送信すると、それを見た感想がインスタントメッセージで返ってくる。「これが似合うんじゃ?」と友だちが同じデザイナーの服からオススメを選んでサムネイルをメールすると、それがミラーに拡大されて“試着”した感じを一緒に眺めて楽しめたり。

NYのIcon Nicolsonが開発し、年初の全米小売業協会(NRF=National Retail Federation)恒例展示会で初公開した。現在クライアント募集中。

Cisco's Smart Fitting Room

Cisco developed RFID tag system that allows you to check the store's inventory for the correct size. You can then call salesperson and tell which size you want to try. Mitsukoshi estimates that "the system has reduced customer waits for merchandise by about half, while cutting the time workers spent searching for inventory by 30 percent."(SiliconValley.com)

シスコは試着室から在庫の有無を確かめ、電話で試着室に持ってきて欲しいアイテムを店員さんに伝えるICタグシステムを開発。1年前に三越15店舗が各店40ある試着室のうち4つに設置したところ買い物客の待ち時間は半減し、店員の在庫探しの時間は3割短縮したという(三越の見積もり)。

試着室も様変わり、というお話。

Ralph Lauren's Street Shopping Touch Screen


Here, Boris Becker is touching Polo Ralph Lauren's Street Shopping Touch Screen unveiled last week at its London flagship store. It lets customers shop 24/7. Open 'till Wimbledon's final.

(photo ©AP)

おまけ。元ウィンブルドンチャンピオンのボリス・ベッカーがいじっているのは、ラルフ・ローレン・ロンドン本店のラス窓に登場した78インチの“ウィンドウショッピング”用タッチスクリーン。24時間いつでもオーダーできる窓だよ? 決済確認は翌日メールか電話で。昨年のNY店に続く第2弾で画面も大きくなった。7月上旬のウィンブルドン終了まで公開中。

[via SiliconValley.com - You don't have to undress in smart dressing rooms, FOXNews.com - Ralph Lauren Launches Street Shopping Touch Screen]

June 19, 2007

"Women In Art" Locations:女の肖像画で見る西洋美術の500年-全収録作品



Wondering where you can meet all those women? angelfire.com has revealed all the thumbnails and originals (great!) and Politica OnLine Forum has a series of enlarged images (che meraviglia!). Below, just click on each title to meet her. 美人画をモーフィングで繋いだ話題作「Women in Art(アートの中の女~女性の肖像画で見る西洋美術の500年)」に収録の絵画90点の所蔵場所を調べてみた。サムネイル全覧はここ原画全覧はここ拡大イメージ(一部)はここ。以下の表ではタイトルを押すと原画の美人に会えるよ。

Women in Art - All Titles & Locations

No. Title
click to see the image
Artist Date Location
1 Arcangelo-大天使(male?) Scuola di Novgorod (Novgorod School) XII sec Russia-露
2 La Scapigliata (Female Head) Leonardo da Vinci -レオナルド・ダ・ヴィンチ, 1452-1519 c. 1508 Galleria Nazionale, Parma -パルマ国立美術館(伊)
3 The Madonna with the Carnation Leonardo da Vinci -レオナルド・ダ・ヴィンチ, 1452-1519 1475 Alte Pinakothek, Munich-アルテ・ピナコテーク(独)
4 Mona Lisa (La Gioconda)-モナ・リザ Leonardo da Vinci -レオナルド・ダ・ヴィンチ, 1452-1519 1503-1506 Louvre Museum -ルーブル美術館
5 Lady with a Unicorn -一角獣を抱く貴婦人 Raphael Sanzio or Raffaello-ラファエッロ・サンティ,1483-1520 c.1505 Galleria Borghese, Rome-ボルゲーゼ美術館
6 The Birth of Venus -ウェヌスの誕生 Sandro Botticelli -サンドロ・ボッティチェッリ, 1445/45 -1510 1485 Galleria degli Uffizi, Florence-ウッフィッツィ美術館(伊)
7 Portrait of a Young Woman Tiziano Vecellio (Titian)-ティツィアーノ・ヴェチェッリオ, c.1485-1576 1536 The Hermitage- エルミタージュ美術館(露)
8 Portrait of a Lady as St Lucy Giovanni Antonio Boltraffio-ジョヴァンニ・アントニオ・ボルトラッフィオ,1466-1516 c.1500 Museo Thyssen Bornemisza, Madrid-ティッセン・ボルネミッサ美術館(西)
9 Sacred Conversation Giovanni Bellini-ジョバンニ・ベリーニ, c.1430-156 c.1490 Galleria dell' Accademia-アカデミア美術館(伊)
10 Profane Love (Vanity)-俗愛 Tiziano Vecellio (Titian)-ティツィアーノ・ヴェチェッリオ, 1485-1576 1514-1515 Galleria Borghese-ボルゲーゼ美術館(伊)
11 Judith with the Head of Holofernes Tiziano Vecellio (Titian)-ティツィアーノ・ヴェチェッリオ, 1485-1576 c.1515 Galleria Doria-Pamphili, Rome-ドーリア・パンフィーリ絵画館
12 0:20 Mary Magdalene -マグダラのマリア Pietro Perugino-ピエトロ・ペルジーノ, c.1445-1523 1500 Palazzo Pitti, Florence- ピッティ宮殿(伊)
13 Portrait of Ginevra de’Benci-ジネブラ・デ・ベンチの肖像 Leonardo da Vinci-レオナルド・ダ・ビンチ, 1452-1519 c.1474 National Gallery of Art, Washington -ワシントンナショナルギャラリー(米)
14 La dama con l'ermellino -白貂を抱く貴婦人の肖像 Leonardo da Vinci-レオナルド・ダ・ビンチ, 1452-1519 1483-1490 Czartoryski Museum, Cracow-チャルトリスキ美術館(ポ)
15 Virgin Annunciate -お告げを受ける聖母マリア Antonello da Messina-アントネット・ダ・メッシーナ, c.1430-1479 1475 Museo Nazionale, Palermo-パレルモ国立美術館(伊)
16 La Donna Velata (Woman with a Veil)-ヴェールを被る婦人の肖像 Raphael Sanzio or Raffaello-ラファエッロ・サンティ, 1483-1520 c.1516 Palazzo Pitti, Florence, Italy- ピッティ宮殿(伊)
17 Portrait of a Young Venetian Woman-若いベニスの女性 Albrecht Dürer-アルブレヒト・デューラー, 1471-1528 1505 Kunsthistorisches Museum, Vienna- ウィーン美術史美術館
18 Portrait of a Woman Lucas Cranach the Elder-ルーカス・クラーナハ(父), 1472-1553 c. 1525 The National Gallery, London-ロンドン・ナショナルギャラリー(英)
19 Porträt der Maria Maddalena Portinari Hans Memling-ハンス・メムリング, 1435-1494 1470-1480 Metropolitan Museum of Art, NY-メトロポリタン美術館(米)
20 Lais of Corinth Hans Holbein the Younger-ハンス・ホルバイン(子), 1497-1543 1526 Kunstmuseum Basle,バーゼル市立博物館(ス)
21 Portrait of Elsbeth Tucher Albrecht Dürer-アルブレヒト・デューラー, 1471-1528 1499 Staatliche Museen Kassel-カッセル美術館(独)
22 Georgiana, Duchess of Devonshire Sir Joshua Reynolds-サー・ジョシュア・レナルズ, 1723-1792 1775-1776 Huntington Art Gallery, San Marino, ハンティントン美術館(米)
23 Jane, Countess of Harrington Sir Joshua Reynolds-サー・ジョシュア・レナルズ, 1723-1792 1778 Huntington Art Gallery, San Marino, ハンティントン美術館(米)
24 Mrs. John Hale Sir Joshua Reynolds-サー・ジョシュア・レナルズ, 1723-1792 1762-64 Harewood House, Yorkshire-ヘアーウッド・ハウス(英)
25 Mrs. Abington Sir Joshua Reynolds-サー・ジョシュア・レナルズ, 1723-1792 1771 Yale Center for British Art, New Haven-エール大学英国美術センター(米)
26 Charlotte-Aglaé d'Orléans Pierre Gobert-ピエール・ゴベール, 1662-1744 1700-1761 Château de Versailles- ベルサイユ宮殿
27 Portrait of Suzanna Huygens Caspar Netscher-カスパール・ネチェル, 1635-1684 1667-69 Private collection-個人所蔵
28 The Marquise de Seignelay and Two of her Children Pierre Mignard -ピエール・ミニャール, 1612-1695 1691 The National Gallery, London-ロンドン・ナショナルギャラリー
29 Madame Victoire de France Jean-Marc Nattier-ジャン=マルク・ナティエ, 1685-1766 1748 ?
30 Portrait of an Unknown Woman in a Blue Dress with Yellow Trimmings Fyodor Rokotov-フョードル・ロコトフ, 1736-1809 1760s Tretyakov Gallery, Moscow-トレチャコフ美術館(露)
31 Le Chapeau de Paille-麦わら帽子 Peter Paul Rubens-ピーテルパウル・ルーベンス, 1577-1640 1622-1625 The National Gallery, London-ロンドン・ナショナルギャラリー(英)
32 Self-Portrait in a Straw Hat-麦わら帽を被った自画像 Élisabeth Louise Vigée-Le Brun, 1755-1842 1782 The National Gallery, London-ロンドン・ナショナルギャラリー(英)
33 Portrait of Lady-in-Waiting to the Infanta Isabella -孤児イサベラを待つ夫人の肖像 Peter Paul Rubens-ピーテルパウル・ルーベンス, 1577-1640 1620s The Hermitage, St. Petersburg- エルミタージュ美術館(露)
34 Lady with a Flower in her Hair El Greco-エル・グレコ, 1541-1614 c.1590-1600 Private collection-個人所蔵
35 Madame Barbe de Rimsky -Korsakov Franz Xaver Winterhalter-フランツ・ヴィンターハルター 1864 Musée d'Orsay, オルセー美術館(仏)
36 Young Housewife Alexei Vasilievich Tyranov-アレクセイ・ティラノフ 1840s The Russian Museum, ロシア美術館(露)
37 Portrait of M. I. Lopukhina Vladimir Lukich Borovikovsky -ウラジミール・ルキッチ・ボロヴィコフスキー 1797 The Tretyakov Gallery-トレチャコフ美術館(露)
38 Portrait of V. S. Putyatina Alexey Gavrilovich Venetsianov -アレクセイ・ガブリロヴィッチ・ヴェネツィアノフ, 1780/04-1840 1815-1816 The Tretyakov Gallery-トレチャコフ美術館(露)
39 Madame Pasteur-マダム・パストゥール Antoine-Jean Gros-アントワーヌ=ジャン・グロ, 1771-1835 1795-96 Louvre Museum -ルーブル美術館 (仏)
40 Amalie von Schintling Joseph Karl Stieler-ジョセフ・カール・シュティーラー, 1781-1858 1831 Schloss Nymphenburg, Munich-ニンフェンブグル城(独)
41 Portrait of M. A. Kikina Orest Adamovich Kiprensky-オレスト・アダモヴィッチ・キプレンスキー, 1782-1836 1821-1822 The Russian Museum, ロシア美術館(露)
42 Woman with a Pearl-真珠の女 Jean-Baptiste-Camille Corot-ジャン=バティスト・カミー・コロー, 1796-1875 c.1858-1868 Louvre Museum -ルーブル美術館 (仏)
43 The Reading-読書 Édouard Manet-エドゥアール・マネ, 1832-1883 1869 Musée d'Orsay, オルセー美術館(仏)
44 Berthe Morisot -すみれのブーケをつけたベルド・モリゾの肖像 Édouard Manet-エドゥアール・マネ, 1832-1883 1872 Private collection-個人所蔵
45 Charlotte Dubourg Henri Fantin-Latour-ファンタン=ラトゥール,1836-1904 1882 Musée d'Orsay, オルセー美術館(仏)
46 Portrait of an Italian Woman Alexey Tyranov-ティラノフ, 1901-1859 c.1851 The Russian Museum, ロシア美術館
47 Princess Albert de Broglie Jean Auguste Dominique Ingres-ドミニク・アングル, 1780-1867 1851-53 Metropolitan Museum of Art, NY-メトロポリタン美術館(米)
48 An Elegant Beauty William Clark Wontner-ウィリアム・クラーク・ウォントナー, 1757-1930 undated Private collection-個人所蔵?
49 Souvenir William-Adolphe Bouguereau-ウィリアム・アドルフ・ブグロー, 1825-1905 1895 Carnegie Museum of Art-カーネギー美術館
50 La Belle Liseuse (The Beautiful Reader) Lêon François Comerre-レオン・フランソワ コメール, 1850-1916 undated-不詳 Private collection-個人所蔵
51 Modesty William-Adolphe Bouguereau-ウィリアム・アドルフ・ブグロー, 1825-1905 1902 ?
52 Pavonia Lord Frederick Leighton-ロード・フレデリック・レイトン, 1830-1896 1858-59 unspecified-不詳
53 A Portrait of a Young Lady Eugene de Blaas-ユージーン・デ・ブラス, 1843-1932
?
54 Musette Eugene de Blaas-ユージーン・デ・ブラス, 1843-1932 1900 Private collection -個人所蔵
55 An Arab beauty ? Lêon François Comerre-レオン・フランソワ コメール, 1850-1916 ? ?
56 Girl Braiding Her Hair (Suzanne Valadon) Pierre Auguste Renoir-ピエール=オーユスト・ルノワール, 1841-1919 1885 Private collection -個人所蔵
57 Portrait of Madame Henriot-アンリオ夫人 Pierre Auguste Renoir-ピエール=オーユスト・ルノワール, 1841-1919 1877 National Gallery of Art, Washington -ワシントンナショナルギャラリー(米)
58 Two Sisters on the Terrace Pierre Auguste Renoir-ピエール=オーユスト・ルノワール, 1841-1919 1881 Art Institute of Chicago-シカゴ美術館(米)
59 Portrait of the Actress Jeanne Samary Pierre Auguste Renoir-ピエール=オーユスト・ルノワール, 1841-1919 1878 The Hermitage, St. Petersburg- エルミタージュ美術館(露)
60 Young Woman Braiding her Hair (Mademoiselle Muller) Pierre Auguste Renoir-ピエール=オーユスト・ルノワール, 1841-1919 1876 Louvre Museum -ルーブル美術館 (仏)
61 Blonde Nude-金髪の浴女 Pierre Auguste Renoir-ピエール=オーユスト・ルノワール, 1841-1919 1882 ?
62 La Promenade-散歩 Édouard Manet-エドゥワール・マネ, 1832-1883 c. 1880 Tokyo Fuji Art Museum-東京富士美術館(日)
63 Portrait of Maggie Wilson Frank Duveneck-フランク・デューベネック,1848-1919 1898 Museum of Fine Arts, Houston-ヒューストン美術館(米)
64 Woman with a Pearl Necklace in a Loge-真珠の首飾りをつけた桟敷席のリディア Mary Cassatt-メアリー・カサット, 1844-1926 1879 Philadelphia Museum of Art, フィラデルフィア美術館(米)
65 Ideal Head Julian Alden Weir-ジュリアン・オールデン ウェイル, 1852-1919 undated-不詳 Private collection-個人所蔵
66 Portrait of a Woman Paul Cesar Helleu-エリュー, 1859 - 1927 1909 The Hermitage, St. Petersburg- エルミタージュ美術館(露)
67 Ols Maria Anders Zorn-アンダース・ゾーン, 1860-1920 1918 Private collection-個人所蔵
68 The Artist Alphonse Maria Mucha-アルフォンス・マリア・ミュシャ, 1860-1939 1920 Private collection-個人所蔵
69 The Matyr of the Solway John Everett Millais-ジョン・エヴァレット・ミレイ, 1829-1896 1871 Walker Art Gallery, Liverpool-ザ・ウォーカー美術館(英)
70 Madeleine Bernard Paul Gauguin-ポール・ゴーギャン, 1848-1903 1888 Musee de Grenoble, -グレノーブル市立美術館(仏)
71 Woman with a Hat Henri Matisse-アンリ・マティス, 1869-1954 1905 Private collection -個人所蔵
72 Madras Rouge Henri Matisse-アンリ・マティス, 1869-1954 1907 Barnes Foundation-バーンズ財団(米)
73 Cocolo Francis Picabia-フランシス・ピカビア, 1879-1953 1936-38 Private collection-個人所蔵
74 Damenbildnis (Ritratto di signora) Gustav Klimt-ギュスタブ・クリムト, 1862-1918 1916-17 Ricco Oddi, Piacenza-リッチ・オッディ美術館(伊)
75 La fleur (serigraph) Henri Matisse-アンリ・マティス, 1869-1954 1907 ?
76 Portrait of Lydia Delectorskaya, the Artist's Secretary Henri Matisse-アンリ・マティス, 1869-1954 1947 The Hermitage, St. Petersburg- エルミタージュ美術館(露)
77 The Mask Louis Welden Hawkins-ルイス・ウェルデン・ホーキンス, 1849-1910 1905 ?
78 Les Fleurs du Mal (Flowers of Evil) Rene Magritte-ルネ マグリット, 1898-1967 1946 Private collection-個人所蔵
79 F. Champenois Alphonse Maria Mucha-アルフォンス・ミュシャ, 1860-1939 1897 Mucha Museum, and others-ミュシャ博物館ほか
80 Cycles Perfecta Alphonse Maria Mucha-アルフォンス・ミュシャ, 1860-1939 1902 Mucha Museum, and others-ミュシャ博物館ほか
81 Raphaelesque Head Exploding Salvador Dali-サルバドール・ダリ, 1904-89 1951 National Galleries of Scotland-スコットランド国立美術館(英)
82 Head Bombarded with Grains of Wheat Salvador Dali-サルバドール・ダリ, 1904-89 1954 Private Collection-個人所蔵
83 Apparition of a Face with a Fruit Dish on a Beach Salvador Dali-サルバドール・ダリ, 1904-89 1938 Wadsworth Atheneum, Hartford- ワズワース美術館(米)
84 Woman Torso Kazimir Malevich -カジミール・マレービッチ, 1878-1935 unknown The Russian Museum, ロシア美術館(露)
85 American Beauty (The Movie Star) Knud Merrild, 1894-1954 1928 Oakland Museum-オークランド美術館(米)
86 Portrait of Lunia Czechowska Amedeo Modigliani-モジリアーニ, 1884-1920 1919 Private collection-個人所蔵
87 Tumblers Pablo Picasso-パブロ・ピカソ, 1881-1973 1905 Staatsgalerie, Stuttgart- シュツットガルト州立美術館(独)
88 Maternity Pablo Picasso-パブロ・ピカソ, 1881-1973 1905 Private Collection -個人所蔵
89 Nude Woman In A Red Armchair Pablo Picasso-パブロ・ピカソ, 1881-1973 1932 Tate Gallery-テートギャラリー(英)
90 Portrait of Françoise Pablo Picasso-パブロ・ピカソ, 1881-1973 1946 Musée Picasso- ピカソ美術館(仏)
[source: angelfire.com, Politica OnLine Forum]

June 12, 2007

アメリカ的世界観:The world according to the United States of America

(Courtesy of The Funny Pages)
Click image to enlarge! /画像クリックで拡大します。


参考訳(左から)
Countries Smaller than Hooterville(フータービル村*よりまだ小さい国々)/ More America!(ここもアメリカ!)/ Holleywood(ハリウッド)/ Moose(ヘラジカ)/ Hockey(ホッケー)/ America / New York!/ Tequila(テキーラ)/ Evil Co*munists!(悪の共産主義国家!)/ Evil drugs!(邪悪なドラッグ)/ Coffee / Jungle / New best friends(新しい親友)/ Friends / Sand / Jungle / Diamonds / Here There Be Dragons (竜が棲むと言われる未開の危険ゾーン) / Bad*ies(悪いやつら)/ Oil / Osama bin Laden / Former Enemy(元敵国)/ New best friends / Curry(カレー)/Jungle / Evil Co*munists!(悪の共産主義国家!) / We say they are friends(こちらは友だちのつもり)/ Unrest(動乱)/ Kangaroos(カンガルー)/ Movie studio(映画スタジオ)/ Xena/ Bombed here(爆弾落とした場所)

*Hooterville:米国のお茶の間ドラマに出てくる人口3千人の架空の村。


[doheth.co.uk via GMSV]

June 11, 2007

久々の昼飯「コンピュータがテーブルに化ける」:MS Surface and Multi-touch

In the 2005 film "Island"(photo), Sean Bean's character "Merrick" plays a computer-enabled table that was inspired by Microsoft Surface which is the topic of my Nikkei Business column.

(Screenshot: Island Official web)


今回のコラム「シリコンバレーで昼飯を」はマイクロソフトのSurfaceとマルチタッチのはなし

マルチタッチの話はこのブログでも紹介してるけど今月発売iPhoneもそうだし今とても面白い分野だと思う。

Surfaceは2005年映画「Island」の冒頭にも出てくる。2001年10月からハードウェア部門Steven Bathiche氏とマイクロソフト・リサーチAndy Wilson氏の2人が主体に開発を進めてきた。ハードのデザインは2005年完成。

技術的な話はこちらで読めるけど、主な特徴は以下4つ。:
  • 直接インタラクト可能
  • マルチタッチ(Surfaceの複数同時認識は一度に52ポイント識別できる)
  • マルチユーザ(複数のユーザが同時に使える)
  • オブジェクト認識(近くにあるものが認識できるカメラ5台をテーブルの下に搭載)

11月にT-Mobileのお店、Harrah、Starwoodホテルで導入ということなので見かけたら是非触ってみたい。それにしてもマイクロソフトがソフトだけかというと近ごろはXBox、Zune、Surfaceなどハードも作り出しているところが要マーク、ですね。

WWDC2007ライブブログ中

070610gizapplewwdc07.jpg


I'm now translating Gizmodo's WWDC live coverage. 今朝はギズモードでWWDCリアルタイム翻訳中。暇だったら覗いてね。

UPDATE:There're two major announcements; 1)Leopard coming in Oct., 2)Programmers can write apps for iPhone via Safari, 3)You can download Safari for Windows XP and Vistahere. 主なポイントは1)Leopardは10月公開、2)外部ディベロッパーもiPhoneアプリが書ける(Safariで)、3)Safari 3はWindows XP、Vistaにも対応(DLはこちら)。

June 9, 2007

見えすぎるGoogleストリートビュー:Google Street View Knows...

Forgot his key?

Google Mapにパノラマのストリートビュー備わって1週間―。先行5都市で見てはいけない市民の日常が続々確認され、「顔にモザイクかかるまでダメなんじゃないの?」と物議を醸している。

[報告例]

米国では公共の場で撮影するのは合法だ。グーグルは「人が道を歩いていて見える風景となんら変わらない画像を見せている」という理屈。

「これはどうかな?」という画像があったら「Street View Help」を押すと一番下に「Report inappropriate image (不適切な画像の報告)」リンクが出るので、その先(こんな感じ)で報告できる。車の助手席でどうした弾みか黒のソング半出しの状態でカメラに収まってしまった不幸な女性の画像なんかは、もう削除されているようだ。

ローンチ時点で公開の写真は、専属クルーがバンでカバーエリアを回ってゲリラ的に撮影したもの(こんなカメラだよ)。今後はエリア拡大、定時更新を予定している。


↑デモはグーグル社ウェブ担当ライアンさん、アイコンの中の人ですな。

[“Google Maps street views a revealing candid camera”-ABS-CBN, “Google spies on America“ - Slate]

Update:
from UK:英国上陸!→グーグルStreetViewの運転手の話: Google Street View Driver Chats with eKstreme
from Japan:日本上陸!→Google Maps ストリートビューが凄すぎて2ちゃんは祭りに

June 8, 2007

自分の足を切断し救助を求めた男性、助かる:Can you cut your leg off to stay alive?

I read a story of Al Hill, 66, in Iowa Hill who partially amputated his own leg pinned beneath a fallen tree for 11 hours on June 1. He used pocket knives to cut off his limb below his knee in a failed attempt to free himself. The neighbor, Eric Bookey heard his cry for help and helped him out. Incredible...

Mr. Bookey said: “Only me, Al and God were there that day.”


この人は木の下敷きになった左足を自分で切断を試み、助かった加州アイオワ・ヒルの男性アル・ヒルさん(66)。

1日午前8時半頃、山中でひとり木の伐採作業中、左足が倒木の下敷きになって身動きがとれなくなった。11時間後やむなくポケットナイフで膝から下を切り落とすことに決め、途中まで切って大声で叫んでいるところを通りかかった住民が助け病院で完全切断、一命を取り留めた。

アイオワ・ヒルは州都サクラメントから北東60マイルの人口200人の小村で、助けたのは新住民エリック・ブッキー(Eric Bookey)さん(31)。トラックに乗せ、2マイル先で携帯が繋がりヘリに引渡した。

現場に駆けつけた消防署長は20年以上も前からヒルさんを知ってるが、「物静かで人が良く、働き者」と語り、気も失わず持ち堪えたのは「たいしたものだ」と舌を巻いている。

これで思い出したのが、2003年5月、遭難5日目に岩にはさまれた右腕をポケットナイフで切断し歩いて助かったコロラドの27歳男性ロッククライマーのはなし。あれも血の気を失ったが、見上げた生命力である。鉈で切り落とすのとはわけが違う。ペンナイフで1本1本神経を切り離していく意思の力、そこまで生きたいと思う何かが自分には…ある?

「あの日そこには僕とアル、神だけがいた」
とブッキーさんは振り返っている。

[The Sun Online, Photo courtesy of Auburn Journal]

June 7, 2007

写真7枚で見る世界:The World in only 7 Pictures

clipped from www.tocforme.com

The World in only 7 Pictures

Tokyo Water Park in Japan

See the rest at tocforme.com. 残り6枚はこちら

blog it

June 5, 2007

偽スタンフォード大生のはなし:Stanford Imposter from Orange County...

Netflix sent me the 2002 film 'Orange County' last week. I didn't quite remember adding to my rental que... but anyway I watched it.

It's about a surfer boy from Orange County who stumbled upon a life-changing book authored by a Stanford lecturer and dreamed about studying with him to become a writer. He got rejected because his SAT scores were switched with those of the worst student in his school. Being unable to give up, he drove up to Stanford to convince admission officer. In the end, he finds value in the life of not-that-perfect but still caring folks, and the movie ends with these two words; "Stanford **cks!"

Next morning, I saw news headlines telling quite contrary story about an 18-yr-old Orange County native and Troy High graduate Kim Azia (photo on campus, high school prom) who spent 8 months on campus pretending to be a Stanford student, taking Santa Clara University ROTC programs showing fraud transcripts.


According to The Stanford Daily that broke the news, the possible penalty charge is $175 per day. My friend says, the funny part is that $42,000 for eight months costs less than the regular Stanford board and tuition. The university and ROTC are unlikely to seek criminal charges against Kim, though...

Another impostor, Elizabeth Okazaki, was found frequenting the Varian Physics Laboratory for years. Well, it's a wake-up call for overbearing Asian parents.

In Kim's Facebook profile (deleted by now), she wrote her favorite movies are Catch Me If You Can, Mission Impossible, etc... and her favorite quotes; "You are what you pretend to be" - Kurt Vonnegut. 


全米の親、大学、高校は月末からこの話題一色。

全米屈指の名門トロイ高を昨年6月に卒業し9月18日からスタンフォード大構内の学寮に8ヶ月間住んで普通の学生に混じって授業に出て教科書を買いテスト勉強していた“偽スタンフォード大生”、エイジア・キムさん(写真1写真2=高校のプロム) のニュースだ。

動機は不明。元同級生の間では「名門一直線の親の手前、まさか落ちたとも言えなかったんじゃ?」と同情の声も多い。

同じ高校の子が「あれ?」と最初1ヶ月で気づいたがズルズルいって学内新聞「The Stanford Weekly」 に先月載って全米のマスコミの見出しを飾ってしまった。今も学内新聞(上)はノーベル賞受賞者のアンドリュー・ファイアー教授とロジャー・コーンバーグ教授の話、米陸軍高性能コンピューティング研究センター(AHPCRC)への軍からの助成金$105M反対運動を押さえてキムさんの続報が一面トップ。記事下のコメントは読めたものではない。

寮の友だちには「手続きの不備で自室の割り当てがない」と相談し泊めてもらった。4月18日からはアジア系のOKADA寮に移り、日本に1学期短期留学する人のルームメートAさんに話をつけ窓から部屋に出入り。Aさんは彼のところに外泊が多く挙動不審には気づかなかった。寮からきた警告のメールにも「もうここにはいません」とAさんになりすまして嘘の返事を書いたりしていた。

学外の人間が無断で学寮に泊まった場合、大学当局が課す罰金は1日175ドル、8ヶ月で42000ドル。「単位はもらえないけどスタンフォードの授業料 +寮費より安いのがまた笑える」と友人氏。けど、大学も刑事責任を追及する気はないようだ。

キムさんはスタンフォードの成績表を偽造し、近くのサンタクララ大学にある予備役将校訓練課程(ROTC = Reserve Officer Training Corps)にも2学期だけ参加していたが、真面目で教官も全く疑わなかった。こっちも正式契約で履歴調査が入る前にやめたので処罰の対象にはならない。

スタンフォードには数年前から物理研究ラボに出入りしている偽学生もいて、そちらはオカザキさんという日系アメリカ人。アジア系の学歴偏重の現れと言われてもしょうがない一面も。

ところで、たまたま先週このニュースが入った前の晩に見たのが2002年のB級作品「Orange County」(上)で、これがキムさんと同じオレンジ・カウンティの男の子が主人公の映画だった。海岸で読んだ本に感動して、その作家が教鞭をとる憧れのスタンフォード目指して猛勉強するんだけど楽勝のはずが高校の手違いで落ちこぼれの子の成績表と摩り替わって落ちる。諦め切れずに大学に乗り込んで教官を説得するハチャメチャ劇で、最後の 台詞は「スタンフォードなんて○○くらえ!」

キムさんのFacebookのプロフィ(削除済み)には好きな映画にCatch Me If You Can、Mission Impossibleなど、好きな言葉にはカート・ヴォネガットの「You are what you pretend to be」とあった。

June 1, 2007

グーグルπ棟の怪談:The Horror Story of Google's Pi Building

I knew there's such a thing as Building Pi (thanks to "the 22 things to see at the Googleplex before you die"), but what I didn't know was BBspot's "Irrational Building Number Causes Tragedy at Google". The way it ends reminds me of Infinite Loop...

BBspot is Geek's ONION best known for its news satire, just in case you're wondering what happend to Google employee Findowski...

死ぬ前に見たいGoogleplex名所22というマップやBlogger本部の写真でグーグルに「π棟」が実在することは知ってたけど…これは知らなかった! ソースのBBspotはハイテク版ONION、嘘ニュースが専門のサイトだよ。

無理数のビルが生んだグーグルの悲劇

報告=Brian Briggs記者&Don Mowbray記者

[加州マウンテンビュー発] 気まぐれでつけた無害な建物の番号が単なる緊急要請を悲劇に変えた。グーグルは社員の知的優越感を満たすため建物に0、1、e、πという数字をあてている。ところが悲しいことに国の911緊急システムは無理数が識別できない。かくして検索会社を悲劇が襲った。

以下は、グーグル勤務ボクモ・ミツケルスキさんと市の緊急通報交換台との間で交わされた会話の全容である。

交換手: こちら緊急911、どうされました?
ミツケルスキ: あ、サラド・ドライブ1501番地のグーグル開発研究所で火事です。インターンがサーバファーム、オーバークロックしようとして...
交: 分かりました、直ちに緊急出動を要請しましょう。今いらっしゃるのはどちらのビルですか?
ミ: ビルティング「π」です。
交: は?
ミ: πですよ、円周を直径で割って出るギリシャ文字の。
交: おお~、そうでしたね、そういえば幾何で習ったような覚えがあります。
ミ: 頼むから急いでくださいよ!--- 煙が濃くなってきてるんです。
交: あ、すみません。でも、あいにくこちらの出動要請用ソフトはギリシャ文字サポートしてないんですよ…数字でお願いできます?
ミ: 3.14です。
交: 3.14 -- 本当にそれでビルの号数に間違いないんでしょうね? なんかカフェテリアが出てきちゃいましたよ? 確かさっき出火場所は開発研究所っておっしゃいましたよね? それで合ってます?
ミ: じゃ、3.14159入れてみて…早く急いで!
交:い、いや~、ビル3.14159号棟はメンテ小屋になってます。
ミ: (ゴホゴホ咳き込みながら)22/7は?
交: す~みません…あいにくうちの出動要請用ソフト、分数とかは認識できないんですけど…。
通報者が何度も咳き込んで電話が切れる。

消防車は現場に急行したものの、どの建物か分からず闇雲にキャンパスをぐるぐる何度も回るばかり。着いた時には既に手遅れだった。

[via Googlified]